Xラウンダー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

Xラウンダー(X Rounder)とは、『機動戦士ガンダムAGE』に登場する概念。

概要[編集]

人間の脳に存在する「X領域」と呼ばれる区画を解放し、鋭敏な感知能力や感覚の拡大、行動の先読みなど超常的な能力を発揮できるようになった人間を指して使われる。

能力そのものの初出は第2話「AGEの力」とかなり早く、ユリン・ルシェル直感力という形で能力を垣間見せていた。「能力者同士の感応」「ビット兵器の使用」や「複数人の共同による能力の拡大化」等、宇宙世紀ガンダムシリーズでいうニュータイプとほぼ同じ能力と言える。

アセム編の時点では連邦・ヴェイガンともかなりの部分まで研究を進めており、それぞれ適性試験、擬似的に能力を発現させるサイコメットの量産化という形で成果を挙げている。

発現の方法についてははっきりとは判明していないが、素質を持った人間が能力者と接触・交流する事で覚醒すると見られている。

しかし、この能力にはニュータイプとは決定的に異なる点がある。それは、ニュータイプが広義には「宇宙という新たな環境に適応した人類の進化の形」とされるのに対し、Xラウンダーは「原始へと退化を始めた人間」だということである。事実、ニュータイプが他者との交流など戦闘以外の使い道がクローズアップされる事も多いのに対し、Xラウンダー能力は戦闘以外の使い道が全く存在せず(直接的でなければ味方の判別や隠された爆弾の位置の特定等にも使用されているが、これも本質的には野生動物が自分の身を守るための本能の延長上に存在するものである)、能力者の中には最大限に能力を発揮した結果、理性を喪失し暴走した事例が存在する。

ヴェイガンの指導者であるフェザール・イゼルカントはこの能力の発現を「人間が理性を持たない野獣へと還っていく過程」だと述べている[1]。それを裏付けるように、ニュータイプとのもう一つの違いとして、ニュータイプ能力は理性によってある程度の制御が利くのに対し、Xラウンダーは完全に本能に依拠している点が挙げられる。実際にOVA『MEMORY OF EDEN』では、ゼハート・ガレットが最終決戦前の連邦との戦いで敵のモビルスーツを次々と撃破しながらも次第に精神が壊れ始め、イゼルカントが言う所の「真のXラウンダー=理性なき野獣」へと目覚めていく様子が克明に描写されている。

ただし、「軍内においてのXラウンダーは基本的に優れたパイロットである」という以上の扱いはされておらず、ニュータイプのように人種差別的な曲解や争いの原因になるような事態にはなっていない。ヴェイガンにおいては貴重なパイロットとして厚遇されており、そのために高慢に振る舞うXラウンダーやそれに不満を持つ者たちも居るが、目に見える諍いはその程度である。

一方で小説版では、イゼルカントの考えも間違っており、「真のXラウンダーは、本能から智慧への輝き」だと説明されている。 小説版では「現在の人間は知識と智慧を履き違えている」と指摘する箇所があるので、この考えは人類の進化の形の一つと捉えることもできる。ただし、作中の描写を見る限り、「智慧への輝き」にたどり着いたのはキオ・アスノだけだったようだ[2]

連邦軍のエースパイロットであるウルフ・エ二アクル(SRW未登場)は「Xラウンダーの戦場における先読み能力は高いが、利点はそれだけであり、戦闘における状況判断や機体の操縦というプロセスが必要な事に変わりは無い」と看破しており、非XラウンダーながらヴェイガンのXラウンダーを撃破している。この教えを受け継いだアセムもゼハートを圧倒、宿敵デシルを撃破してみせた。

スパロボシリーズでの扱い[編集]

スーパーロボット大戦BX
AGE』の一部パイロットの専用特殊スキルとして実装。レベルの上昇に応じて命中率・回避率・『AGE』系MSのビット・ファンネルを使用したバリアの性能に補正がかかる。『BX』ではニュータイプイノベイターと似た仕様の能力として扱われており、「人間の退化である」という原作の設定は拾われていない。
また、フリット・アスノの推進によって、各地の学校等ではXラウンダー適性検査が義務化されている」とのことで、バナージ・リンクスアーミア・リーは「この適性検査に適合しなかった」と話している場面もあり、ニュータイプやイノベイターとは別系統の能力であることが示されている。この場面では「Xラウンダー適性が無いならば、ニュータイプやイノベイターの資質も無いだろう」と語られており、その辺りの区別はほとんど浸透していないと思われる。
なお、『BX』におけるフリットはXラウンダーを宇宙に適合した人類(ニュータイプ)の別の形」と評しており、その発言は広く知られている模様。

能力所持者[編集]

地球連邦軍[編集]

フリット・アスノ
全編に登場。地球側ではユリンに次ぐ二人目の能力者。フリット編にてその片鱗を見せ、アセム編ではその能力を活用し連邦きってのエースとして活躍。老い衰えたキオ編においても能力は健在である。
キオ・アスノ
キオ編から登場。フリットの孫。隔世遺伝なのか、初登場時からその高い能力の片鱗を見せる。そして最終話「長き旅の終わり」ではXラウンダーの力で祖父フリットの心を救う切っ掛けを作った。
『AGE』作中においてXラウンダーの力を戦うためではなく、「人を救うために」使用した数少ない人物である。このような選択に至ったのは、ヴェイガン側の事情を知ったことに加え、能力が高過ぎて『殺そうとしたら敵の死ぬ姿が音声付で見える』という限定的かつ制御不能の未来視が発露したからに他ならない。
ジラード・フォーネル
三世代編の過去の回想シーンに登場。恋人のレイナ・スプリガン共々Xラウンダーだったが、Xラウンダー能力を用いた新システムの試験の際に事故で死亡する。
また、この試験の失敗の責任も擦り付けられてしまい、この事がレイナの連邦に対する憎悪の根源となっている。

ヴェイガン[編集]

デシル・ガレット(SRW未登場)
フリット編、アセム編に登場。フリット編の時点ではヴェイガン側が認識していた唯一の能力者。そのため、弱冠7歳にしてVIP待遇を受けていた。しかし、元々の幼さを差し引いても人格形成面や素行において問題があり、フリットに大敗を喫した事が原因で精神を病む。
アセム編の時点ではXラウンダーとしてもパイロットとしても能力が衰えた結果人格面も一層歪んでおり、私情から命令違反や無断出撃を幾度となく繰り返すなどヴェイガン内においても腫れ物扱いを受けていた。フリットへの復讐に固執するも叶う事は無く、最期は能力者ですらないアセムに引導を渡され、敗北を認められないまま戦死した。
また、ユリンおよびウルフの死の原因を作った張本人でもあり、ある意味ではその後のフリットの行動に大きな影響を及ぼした人物である。
ゼハート・ガレット
アセム編から登場。デシルの弟で、Xラウンダー能力は兄以上に高いがヴェイガン側にその能力に対応できる機体が存在しないため、能力制限用のマスクを使用している(ただし、着脱の度に効果が無くなるため普段も装着したまま。またガンダムレギルスを受領して以降は外している)。
マジシャンズ8(SRW未登場)
アセム編に登場。全員がXラウンダーで構成されたヴェイガンの部隊。リーダーはドール・フロスト。ゼダスMに搭乗する。
アセムやウルフの前に幾度となく敗北を繰り返し、最終的にはノートラム会戦でのドールの戦死をもって全滅した。
フェザール・イゼルカント
アセム編から登場。ヴェイガンの指導者。Xラウンダーとしての感覚が非常に強く、地球圏にいるゼハートに火星からメッセージを送るだけでなく、キオに対し自らの理想とする世界のビジョンを見せる等、相当使いこなしている模様。また、老齢ながらパイロットとしての技量にも優れている。
フラム・ナラ
キオ編から登場。ザナルド・ベイハートが派遣したゼハートの副官その2。また、前述のマジシャンズ8のリーダー・ドールの妹。パイロットとしては未熟ながらXラウンダー能力は高い。
ディーン・アノン
キオ編から登場。ヴェイガンのコロニーに住む少年。他のXラウンダーパイロットと共にジルスベインに乗る。
ジラード・スプリガン
三世代編に登場。元連邦軍のエースパイロット。本名はレイナ・スプリガン。
過去の負傷が原因で発狂し能力が暴走した際には、その場に居たXラウンダー3人のビット兵器を全て奪うという驚異的な力を発揮した。
ゼラ・ギンス
三世代編に登場。イゼルカントの遺伝子から造られた強化クローン人間。
完全に戦闘だけを目的に強化されたため、人間的な情緒はほぼ持っていないが、ヴェイガンで最高のXラウンダー能力の持ち主である。

民間人[編集]

ユリン・ルシェル
フリット編に登場。フリットの友人の少女で、『AGE』作中初めて能力を見せた人物。そして、本人にとっては死の引き金ともなってしまった。

関連用語[編集]

スーパーパイロット
ウルフ・エニアクルによる造語。定義は「特殊な能力はないが、経験と技量によってXラウンダーと対等以上に戦えるパイロット」。Xラウンダーが「本能の塊」ならば、こちらは「理性の塊」といったところ。
場面ごとに自分のなすべき事を即座に判別し、冷静に対処するという神業を振るう者達である。極度の緊張が張り詰める戦場において、このもっとも難しい事をどこ吹く風と言わんばかりにやってのける。
キオ編以降、アセムやオブライト・ローレインといった能力を持たないベテランパイロットがXラウンダーのエースを撃破する活躍を見せ、ウルフの定義が正しかった事が証明されている。
スパロボでは『BX』においてキャプテン・アッシュを名乗るアセムの専用スキルとして採用されている。効果は気力上昇に伴う命中・回避・特殊回避率の増加。Xラウンダー、超兵、イノベイターを超える本作最強のスキル。
ミューセル
ヴェイガンが開発した、Xラウンダー能力を持たない人間にも疑似的に能力を与えるヘルメット型の特殊装置。「サイコメット・ミューセル」、略してサイコミュとも呼ばれる。
使用時には脳細胞への負担が強まるというデメリットがある。
ニュータイプ
宇宙世紀における似た概念だが、方向性は反対。
ゼロシステム
パイロットの能力とマシンの機能という違いはあれ、高度な先読みを行ったり、影響が強すぎると暴走してしまうといった点で共通している。
ニュータイプ (X)
機動新世紀ガンダムX』における似た概念。作中において最終的に否定される点も似ている。
SEED
コズミック・イラにおける似た概念。基本的に戦闘でのみ発揮される能力という点ではこちらの方がより近いとも言えるが、定義としては正反対な面もある。
イノベイター
機動戦士ガンダム00』における似た概念。こちらはGN粒子を媒体にしての広域のコミュニケーションが可能であり、相互理解のための力としての側面が強調されている。

脚注[編集]

  1. 漫画『ガンダムEXA VS』における人類進化を求めた計画「GA計画」ではこのイゼルカントの発言を受けてかニュータイプやSEEDイノベイターとは異なり徹底的に排除され、「人類進化同盟」にも『AGE』から人物は選ばれていない。人類進化同盟に選ばれなかったのは劇中、視聴者双方から見て実際の所属メンバーと比べイゼルカントやゼハートの格が落ちるのもあるだろうが。
  2. これを受けてか、『ガンダムEXA VS』では『AGE』世界からキオらしき人物のみが地球再生のために再生する進化した人類の候補に挙げられていた。

資料リンク[編集]