ウェンディ・ハーツ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ウェンディ・ハーツ
外国語表記 Wendy Hertz
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 伊瀬茉莉也
デザイン 長野拓造(原案)
千葉道徳
SRWでの分類 戦術指揮
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 14歳
出身 北米
所属 民間人→ディーヴァ
役職 看護師見習い
テンプレートを表示

ウェンディ・ハーツは『機動戦士ガンダムAGE』のヒロインの一人。

概要[編集]

キオ編・三世代編のヒロイン

キオ・アスノの幼馴染で、北米・オリバーノーツで暮らしている。

「勇気の日」にキオやレブルスたちとMSエキシビジョンを見に行く最中ヴェイガンの襲撃で街が混乱に陥る。避難の最中逃げ遅れた子供たちと共にオリバーノーツ基地に避難、そのままディーヴァに乗艦することに。学校で医療について学んでいたため、ディーヴァに乗り込んだ後は、看護師見習いとして働く。終盤ではキオの戦争終結の意志に共感し、彼の戦いを見守っていた。

激戦から4年後を描いた外伝では連邦軍の協力者となっており、ガンダムAGE-FXの新装備のモニタリング等を担当するようになっていた。ちなみに、ウェンディを巡ってキオとウットビットが恋の戦いを繰り広げている。

キオがヴェイガンに拉致された直後、ただ一人キオの無事を直感で確信しており、ウェンディもまた無自覚のうちにXラウンダーの素質を持っているであろうことが示唆されている

小説版ではキオとの立ち位置は原作通りだが、彼女の視点による戦争や世界が語られる。ヴェイガンとの和解・和平を唱えた人の一家が暴徒に襲撃され、警官ですらせせら笑いながら黙認している場面を目撃したのがトラウマ化しており、戦争を続けるよりは帰還させた方がマシとの考えを持つ。

キオの事を異性として意識していると思われる場面が多数あり、キオがヴェイガンに拉致された時にはなんとユノアの仲介を得て、ビシディアンへ志願し、バルノークに搭乗。 Gセプターのパイロットとして窮地に陥ったキオを救い、アニメでは初戦闘以来使われなかった複座でAGE-3に搭乗。本編ではボコボコにされてしまったイゼルカントのガンダムレギルスを二人で返り討ちにするという大金星まで上げた。

アニメ本編では出番が少なかった彼女だが、小説版では見事メインヒロインとして遜色ない活躍をしている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。原作同様、看護師見習いとしてディーヴァに乗り込むが、各版権キャラとの絡みで原作よりも出番が増加した。又、31話ではAGE-3に乗るという、小説版をなぞる展開となる。
中盤以降は戦術指揮も担当。「スペック低下無効」は地味に強力で、味方ユニットの弱体化に悩まされる心配がなくなる。ただし、バグによって最後の「バリア無効」が味方ユニットにも適用されてしまうので、ガオガイガーやボーナスでバリアを持っている機体は防御力がガタ落ちしてしまう。要注意。
EDではアセムからアスノ家の家族写真に一緒に入らないかと誘われる、その際「どうせ遅かれ早かれ家に入るんだろう?」と冗談を言われる(直後に息子の親友が一人いたところで問題はないとフォローを入れていたが)。

ステータス設定の傾向[編集]

戦術指揮[編集]

スペック低下無効、HP10%回復、バリア無効
『BX』で採用。

人間関係[編集]

キオ・アスノ
幼馴染。小説版ではゲーム仲間であり、それ故にGセプターの操縦が出来た。そのため、キオと二人でガンダムAGE-3に乗り込み、戦った。
レブルス・ラモンド、ケイン・ロイス、ロジー・ミリウ
親友たち。「勇気の日」にレブルスの車に皆で乗り、キオを迎えに行っていた。
ウットビット・ガンヘイル
ディーヴァメカニック見習い。歳が近いこともあり一緒にいることも多かった。彼にはウェンディの直感がキオのXラウンダー能力と同質であるように見えていた模様。
ハロ
AGEシステムのサポートメカ。艦内ではウェンディと一緒に子供達の子守をする事が多い。最終決戦ではバロノークのブリッジで共にキオの戦いを見守っていた。
ナトーラ・エイナス
逃げ遅れたウェンディたちを特例として一時的に連邦軍基地に避難させることに。その後、共にディーヴァのクルーとなる。
キャプテン・アッシュ(アセム・アスノ)
キオの父。小説版では、キオがヴェイガンに捕まった時に、彼に頼み込んで宇宙海賊ビシディアンの仲間となり、キオの救出に火星圏まで向かっている。
フリット・アスノ
キオの祖父。彼とも良い関係を築いているが、彼の対ヴェイガン感情については複雑な思いを抱いている。
ユノア・アスノ
ディーヴァ医療班長。彼女の下で看護師見習いとして働く。小説版では彼女の計らいでアッシュの元で火星に向かうことになる。
タク、ユウ、ルッカ
ヴェイガンの襲撃から避難する際に保護した子供達。彼らの子守役も兼任する。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

ユキ・ヒイラギ
BX』では同い年ということもあり親友となる。共に「一番星コンテスト」に出場している。
ミーナ・フォルテ
『BX』ではユキと同じく友人となる。
大河幸太郎
『BX』では「一番星コンテスト」に出たことがきっかけで、ユキ共々戦術指揮要員に指名されることに。
ハリケーン
『BX』では彼女達から衣装を借りて「一番星コンテスト」に出場していた。
ちなみに、ウェンディ自身はかなり恥ずかしがっており、ユキの犯行であることが伺える。ついでにコンテストの間、ウェンディとユキの服はハリケーン達が着ていた。
地球防衛組
『BX』での弟分および妹分。
姫木るる子
『BX』では共に医療班の手伝いをすることも。
タイダー
『BX』では達が彼をかくまった際、ディーヴァの入り口から一番近かったという理由でウェンディの部屋にかくまうことに。
オードリー・バーン
『BX』ではオードリーがザビ家の姫「ミネバ・ラオ・ザビ」である事を知り、遅かれ早かれ知る事になると考え、オードリーと友人になった他の子供達に先回りして教えた。

名台詞[編集]

「キオは必ず帰ってくるもの。どうしてだかわからないけど、私分かるの」
第36話「奪われるガンダム」より。ヴェイガンとの激戦の末、キオガンダムAGE-3ごと戦艦ファ・ガンタに収容され拉致されていったが、ウェンディは彼の無事を確信していた。
そんなウェンディに対してウットビットは「すげえんだな、お前たち」と感心していた。
「ヴェイガンのモビルスーツ達まで…キオの味方に…」
最終話「長き旅の終わり」より。ヴェイガン一般人への被害を食い止めるため一時停戦し、暴走するヴェイガンギア・シドを食い止めるためガンダムの支援砲撃をするヴェイガンMS隊を見て。
キオの意志が報われたことに感慨深げだった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

アッシュ「・・・何か言いたそうな顔をしているな」
「・・・生きていたのなら・・・生きていたのなら、どうして・・・キオの側にいてあげなかったんですか?」
アッシュ「・・・・・・・・・」
「あ、あなたがいなくて、キオやロマリーさんがどんな想いをしていたか・・・!キオは寂しそうに空を見上げて・・・!」
アッシュ「・・・・・・・・・」
「それに、フリットさんだってああなってしまったのは、きっとあなたがいなくなったから・・・!きっと、きっと今だって色んな事とか、立場とか・・・キオも、ロマリーさんも、フリットさんも・・・」
アッシュ「どうした、続けろ」
「あ、あなたがそばにいるべきだったんです・・・。そうすればこんな事・・・だって・・・・・・う、うぅぅ・・・あなたが、そばに・・・」
アッシュ「・・・そんな事でキオを助け出せるのか?」
「で、できますよ・・・!!」
アッシュ「なら、準備にかかれ。作戦開始まで、そう時間はないぞ」
「はい・・・」
スーパーロボット大戦BX第31話「生きる願い、宇宙に流れる」にて、キオの幼馴染として、初対面のキオの父親であるアッシュに思いの丈をぶつける。確かに彼がいなくなったことでキオやロマリーが寂しい思いをしたことは間違いない事実であり、フリットも息子を亡くしたと認識したことで、より極端な思想に傾いたのは疑いようは無い。アッシュは反論はせず、ウェンディの言い分を全て聞き終えた後に「・・・お前は、ずっと見ていてくれたんだな」「これからも・・・あいつを見ていてやってくれ」と彼女に静かに言うのだった。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「う、うぅ…何で私まで…しかも、こんな格好で…」
BX』第26話「三つの星が集う時」にて「一番星コンテスト」にユキと共に出場した際、ユキにハリケーン達の衣装を着せられて恥ずかしがる。
しかもこの後、騎士ガンダムを探すためにキオに連れ出され、この格好のままオービットベースをうろつくハメに…。

搭乗機体[編集]

Gセプター、ガンダムAGE-3 ノーマル
共に小説版でのみ搭乗。

資料リンク[編集]