2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ニュータイプ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ガンダムシリーズの内、『機動戦士ガンダム』を始めとする宇宙世紀シリーズに登場する概念。『機動新世紀ガンダムX』にも同じ名前の能力が登場するが、描写は異なっている。詳しくは「ニュータイプ (X)」を参照。

概要[編集]

五感の拡張・極端なまでに強い洞察力など超感覚的知覚を持った人間。「人類の革新」と認識されることが多い。ただし、あくまで人間が元から持つ能力が鋭敏になっているだけであり、超能力とは似て非なるものとされる。一説では、「宇宙空間を青色に視覚する」らしく、宇宙世紀の外伝作品『THE BLUE DESTINY』では、ニュータイプの対抗策の迷彩として、青系統の塗装が利用されている。その概念や発現する条件に関しては非常に曖昧であるが、主に若年者に発現傾向が強い事実は判明している。

「宇宙空間に適応するために人間の感覚が拡張される」とされており、そのことからギレン・ザビ等のスペースノイド側の指導者によって「ニュータイプになり得る可能性を秘めたスペースノイドこそが優良なる人種である」という選民思想のプロパガンダに利用されることも多い(ただし、ギレンは然程ニュータイプに興味を示してはいない)。一方、「戦争状態など極度のストレス状態に対する生存及び自己防衛本能から新たな感性が芽生える」という理由で覚醒する場合もあり、人工のニュータイプである強化人間は、その製造過程でコロニー落とし等の戦争によるトラウマを植え付けられたり極度に刺激されたりする。また地球育ちで戦争とも無縁だった人物であってもニュータイプに覚醒した例も存在する。

同じニュータイプ同士は直接意思の疎通が可能で、ニュータイプの概念を最初に提唱したジオン・ズム・ダイクンは、ニュータイプの「他人とより良く解り合える」能力から「争い合うこと無く他者と共存できる者」と定義しており、ニュータイプであったとされるレビル将軍も「ニュータイプというのはな、戦争なんぞせんでもいい人間の事だ。超能力者の事ではない」と発言している。

ニュータイプの力[編集]

とは言え、ニュータイプの能力が戦闘において非常に強力かつ有効であったのも確かで、特に未来予知じみた先読み能力は連邦・ジオン双方を震撼させた。敵の攻撃や挙動を直感的に感知できるということは、必然的に戦局を覆す決め手になるため、結果的に「ニュータイプ=戦うための能力」と見なされてしまうことも多い。ファンネル等のニュータイプ能力を利用したサイコミュ兵器の数々が戦場に投入されるようになった結果、ニュータイプは当初の理想とは逆に、戦争の道具として扱われるようになっていく。

宇宙世紀作品の劇中の描写から判断する限り、カミーユ・ビダンのように相手の意思を感じ取る事に敏感な者もいれば、ジュドー・アーシタのように感知するのは苦手だが戦闘で能力を発揮する者、シャア・アズナブルハマーン・カーンのように精神的なプレッシャーを与えて敵の心を戦慄させる者など、同じニュータイプであっても能力の方向性が異なるように見受けられる。

だが、「言葉を交わさず意思のみで互いと解り合える」といった部分でさえ、時として暴力以上に危険さを発揮することがあり、相手のニュータイプはおろか自分自身の身さえ滅ぼしてしまう「諸刃の剣」と化してしまう。カミーユがその最も顕著な例であり、ハマーンと共鳴し合い彼女の記憶を垣間見た結果、彼女からは完全に拒絶される結果で終わっており、パプテマス・シロッコとの決戦では、バイオセンサーの機能も用いた力を発揮させた結果、その負荷に耐え切れず精神を崩壊させてしまっている。また、ユニコーンガンダムの真の力を覚醒させたバナージ・リンクスの場合は、アンジェロ・ザウパーの精神とシンクロし、アンジェロの過去とその内面[1]を見てしまった結果、絶望からパニックを起こさせた挙句、自滅に追いやってしまった。

ニュータイプを積極的に戦争の道具として扱った者の一人に「シャア・アズナブル」こと、ジオンの実の息子であるキャスバル・レム・ダイクンがいるという事実は皮肉と呼ぶ他は無い。

ニュータイプの歴史と見解[編集]

実質的な初登場作品である『機動戦士ガンダム』の時代(宇宙世紀0079年当時)は、まだ色々と「よくわかっていなかった」こともあり、ニュータイプの研究もさほど盛んではなかった。しかし、研究と技術が進歩するにつれ、ある程度の知名度と「どういうものか」を知らしめるには至ったようで、一定の理解を示す者も現れ始める。

しかしながら、ニュータイプが「オールドタイプよりも優れた者」として扱われる傾向から拒絶し続ける者も多かったようで、オールドタイプによるニュータイプへの差別的な言動は原作中でも少なくなく、一部の学者には言葉の成り立ち等から「ニュータイプはオールドタイプ(=現行の一般人類)をいずれ排斥・絶滅させる存在である」と主張する者もいる。

また、ニュータイプの力を発現させる者がごく限られた人間のみである上に、その殆どがスペースノイドであったことも、特にアースノイドからは否定的見解を示される要因となっており、同時にスペースノイド側のプロパガンダに利用される理由にもなった。第二次ネオ・ジオン戦争の後日談として扱われる外伝作品『虹に乗れなかった男』では、アクシズ・ショックがニュータイプ神話に結び付けられることで、ニュータイプやジオニズムが反連邦主義の宗教戦争に利用されていく可能性を連邦の上層部から危惧されており、目撃者の一人であるブライト・ノアは、核弾頭の提供を行ったカムラン・ブルームやモビルスーツを無断使用した民間人の息子であるハサウェイ・ノアを人質に取られるも同然の形で、アクシズ・ショックをニュータイプとは関係のないものとして証言するよう要求されている。

元々ジオニズムの根幹に関わる要素の一つとなっていたためか、その後の歴史においてもリディ・マーセナスのように自分自身がニュータイプであるという現実さえ全力で否定しようとした者、トビア・アロナクスのようにニュータイプでありながらニュータイプの優位性を自ら否定する者、「ニュータイプという言葉は、もはや撃墜王と同じ意味にまで堕している」と嘆く者、「地球連邦政府への反乱分子を生み出す危険思想」であると結論付ける者、単なる軍のプロパガンダと見做して冷笑する者……と、後期の作品になるほどニュータイプ(思想を含めて)の扱われ方はむしろ否定的なニュアンスになっている。『機動戦士Vガンダム』の時代の前後では(視聴者の目線では)ニュータイプらしき感応力を自然に発現する者が少なくないにも関わらず、その事から特にニュータイプ扱いされてはいない。その程度の感応力は既にありふれた水準となり、「ニュータイプ」自体は伝説上の存在に変転したとも言い得る。同時代でより特異な資質を発現させる人物は「スペシャル」や「サイキッカー」と呼ばれ、区分されている。

宇宙世紀の次の時代とされるリギルド・センチュリーの時代においてもニュータイプは伝説上の存在として語り継がれてはいるものの、作中ではニュータイプという単語がごく僅かな人物の口から出てくる程度である。一方「サイキッカー」などの特殊能力の持ち主については言及されていない。一応、サイコミュらしき技術を用いているのではないかと思わせるMSやニュータイプの様な勘の良い描写をされているキャラ自体はいる。

公式ではないが、松浦まさふみ氏の漫画『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』(SRW未登場)では宇宙でのモビルスーツによる哨戒任務中、ニュータイプ的な「勘」を発現しだした主人公に対し、先輩兵士が「宇宙では下手なレーダーよりもアテになる」と主人公を感じた方向へ向かわせる描写がある(そのお陰で、ある重要人物が命拾いしている)。

ニュータイプの概念[編集]

実際のところ、ニュータイプとは正確な定義自体が無い曖昧な概念であり、劇中の登場人物どころか視聴者の間でも明確なイメージを持って語られている場面が少ない言葉でもある。そのため、単に「認識力や感覚に非常に優れた(パイロット適正も高い)超人」というようなものから「誤解無しに通じ合えて余計な争いをしなくて済むような人々」のような概念的なものまで、様々な扱いがされている。

さらに、誰がニュータイプかニュータイプではないかという点では、境界が曖昧な部分がある。劇中でニュータイプとしての描写・設定が無いキャラクターでも広範囲に強い思念が広がる一種の奇跡的な場面ではビジョンや声を知覚したり、逆にオールドタイプであると思われる人物が出す強いプレッシャーをニュータイプが感じ取っているかのような現象も起きている[2]

エマ・シーンレコア・ロンドはスパロボではオールドタイプとして扱われるが、原作ではニュータイプ的に気配を察知する場面がある。ナナイ・ミゲルもニュータイプ扱いされていないが、彼女の思惟が戦闘中のシャアに届いたり「大佐の命が吸われていきます」と彼の状態を感知していた。逆に、ジュドー以外のシャングリラ・チルドレンやルー・ルカファ・ユイリィはスパロボではニュータイプとされているが、ゲーム作品によってはニュータイプとして扱われないこともある。

スパロボシリーズにおいて[編集]

スパロボにおいては総じて、「他者の感情の動きさえ読み取る、広範かつ鋭敏な感覚の持ち主」として描写されている。システム的には特殊技能として表現されており、サイコミュ兵器を初めとするニュータイプ専用の武器や特殊能力が使用可能になる他、命中回避率にプラス補正がかかる。高レベルになるとサイコミュ武器の射程が伸びるシリーズもある。『スーパーロボット大戦Z』では、ニュータイプ専用武器ならファンネルでなくても射程が伸びるようになった。

『第3次』、『EX』ではこの技能が存在しないので、原作ではニュータイプ用武器とされるものでも、乗り換えさえできれば誰でも使用可能。

『F』や『COMPACT』等では、補正値がパイロット能力命中回避にそのまま加算され表示されるので、ニュータイプパイロットは機体の限界反応がすぐに赤くなってしまう。

スーパーロボット大戦R』と『スーパーロボット大戦D』では『切り払い』『シールド防御』『撃ち落とし』と言った一部防御系技能の発生率にも変化が加わる。

一時期は、ニュータイプと聖戦士以外はまともに避けられず当てられないバランスだったことさえあるが、シリーズが進むごとに補正値が緩やかになっていき、命中率や回避率の計算方法自体も変化したため[3]、現行のシリーズではスーパー系及びオールドタイプと比較しての優位性は縮まっている。

先天的な技能で、技能欄からの上書きは一切不可能。取得及び技能レベルのアップ方法はパイロットのレベルアップや一部イベントに限られるが、特殊技能Lv+1を取得することで技能レベルのアップができる作品もある。アムロ・レイカミーユ・ビダンのように登場時からニュータイプ技能を持つキャラが殆どだが、ハサウェイ・ノアのように育てないと開花しないキャラも存在する。

また上述した優位性があったことやリアル系であることのイメージからか、ニュータイプ(ないし同様の命中・回避補正系先天技能の持ち主)のパイロットが底力を持つのは敵パイロットのボス級等に限られていたが、同じく上述した通りその優位性も縮まっているのもあり、味方パイロットのニュータイプでも底力をデフォルトで取得する例も見られるようになってきた。

ニュータイプ研究所に連行される(『R』)、エンジェル・ハイロゥの影響を受ける(『D』)等、一部の作品ではニュータイプであることが理由で、パイロットが出撃できなくなるシナリオも存在する。

スパロボではしばしば内面に問題を抱えている他作品キャラの心情を察してアドバイス(敵の場合は喝破)をしたり、逆に不用意にナイーブな面に触れてしまうことがある。相手からはテレパシー能力者のように見られることもあるため、「少し勘が良かったり、他人の気持ちが解る程度のもので、超能力の類などではない」とわざわざ説明することになったりもする[4]

機動新世紀ガンダムX』にも同じ名前の能力が登場するが、その描写の違いなどからかゲーム中では別枠の特殊技能にされている。詳しくは「ニュータイプ (X)」を参照。

第4次スーパーロボット大戦S[編集]

MS系パイロットがニュータイプ用武器を使用するための技能。

第2次スーパーロボット大戦G[編集]

第4次に準じるが、隠し技能となっておりステータス画面では表示されない。そのため原作を知らないプレイヤーは、そのパイロットを実際に出撃させてニュータイプ用武器を使わせてみるまで技能持ちかどうか判別できない。

新スーパーロボット大戦[編集]

能力に補正が入るようになった(命中・回避にそれぞれ+5)。が、この時点ではレベル制ではなく、オールドタイプとも極端な差があるわけではなかった。

スーパーロボット大戦F / スーパーロボット大戦F完結編[編集]

レベル制になり、命中率・回避率・ファンネルの射程に補正が入るようになった。最も補正が凶悪だった時代。本作では強化人間と同等の補正率。

9に到達するレベルだけが揃って異常に高く設定されており[5]、ほとんどのパイロットが通常プレイでは達成不可能。

Lv 命中・回避補正 ファンネル射程
F F完 F F完
1 +10 +10 0 0
2 +15 +15 0 0
3 +20 +20 +1 0
4 +25 +25 +1 0
5 +30 +30 +2 0
6 +35 +35 +2 0
7 +40 +38 +3 +1
8 +45 +40 +3 +1
9 +50 +43 +4 +2

スーパーロボット大戦コンプリートボックス[編集]

本作では強化人間と同等の補正率。

Lv 命中・回避補正 ファンネル射程
1 +3 +1
2 +6 +1
3 +9 +1
4 +12 +1
5 +15 +2
6 +18 +2
7 +21 +2
8 +24 +2
9 +30 +3

スーパーロボット大戦64[編集]

本作では強化人間と同等の補正率。レベルが上がるほど補正の上昇率が下がるのが特徴。

Lv 命中・回避補正 ファンネル射程
1 +10 +0
2 +14 +0
3 +18 +0
4 +21 +0
5 +24 +0
6 +26 +0
7 +28 +1
8 +29 +1
9 +30 +2

スーパーロボット大戦α[編集]

補正は入るが、オールドタイプも能力が底上げされたため、凶悪さはある程度なりを潜めた。

Lv 命中・回避補正 ファンネル射程
1 0 0
2 +5% 0
3 +10% 0
4 +15% 0
5 +20% 0
6 +25% 0
7 +30% 0
8 +30% +1
9 +30% +2

スーパーロボット大戦α外伝[編集]

レベルの上昇速度、最大レベルが抑えられ、レベル9になるのは2名だけとなっている。しかし実際の回避補正は各種媒体での表記の2倍となっており、ファンネルもそこまで強力でないため、低レベルでも強力。

Lv 命中・回避補正 実質回避補正 ファンネル射程
1 0 0 0
2 +5% +10% 0
3 +10% +20% 0
4 +15% +30% 0
5 +20% +40% 0
6 +25% +50% 0
7 +30% +60% 0
8 +32% +64% +1
9 +35% +70% +2

第2次スーパーロボット大戦α[編集]

技能Lv 命中・回避 ファンネル射程
1 +0 0
2 +5 0
3 +10 0
4 +15 0
5 +20 0
6 +25 0
7 +25 +1
8 +30 +1
9 +30 +2

スーパーロボット大戦COMPACT[編集]

本作では強化人間と同等の補正率。

レベル 命中・回避補正 ファンネル射程
1 +10 0
2 +15 0
3 +20 0
4 +25 0
5 +30 0
6 +35 0
7 +40 +1
8 +45 +1
9 +50 +2

スーパーロボット大戦COMPACT2[編集]

本作では強化人間と同等の補正率。

レベル 命中・回避補正 ファンネル射程
1 +10 0
2 +15 0
3 +20 0
4 +25 0
5 +30 0
6 +35 0
7 +38 +1
8 +40 +1
9 +43 +2

スーパーロボット大戦COMPACT3[編集]

技能レベル9まで上がるキャラに限り『特殊技能+1』込みでMAXまで上がる。

レベル 命中・回避補正 ファンネル射程
1 +3 +0
2 +6 +0
3 +9 +0
4 +12 +0
5 +15 +1
6 +18 +1
7 +21 +1
8 +24 +2
9 +27 +2
MAX +30 +3

スーパーロボット大戦IMPACTスーパーロボット大戦MX[編集]

IMPACTでは技能レベル9まで上がるキャラに限り『特殊技能Lv+1』込みで10まで上がる。

MXは他の一般的なスパロボと同様、上限Lvは9。

技能Lv 命中・回避 ファンネル射程
1 0 0
2 +3 0
3 +6 0
4 +9 0
5 +12 0
6 +15 0
7 +18 +1
8 +21 +1
9 +24 +2
10(IMPACTのみ) +27 +2

スーパーロボット大戦A(GBA版)[編集]

64と同じ。GBA版では男主人公のアクセル・アルマーを始めとするシャドウミラーの幹部勢にもニュータイプ技能があったが、以後の登場作品ではニュータイプ及びそれに相当する先天能力は持たなくなった。強化人間も同様の補正率。

技能Lv 命中・回避 ファンネル射程
1 +10 0
2 +14 0
3 +18 0
4 +21 0
5 +24 0
6 +26 0
7 +28 +1
8 +29 +1
9 +30 +2

スーパーロボット大戦R[編集]

技能所持者は撃ち落としが技能Lv/12の確率、シールド防御が技能Lv/16の確率で発生するようになる。切り払いの発生率は変化しない。敵の場合は、発生確率が計算値からさらに半減される。

技能Lv 命中・回避 ファンネル射程
1 +0 0
2 +5 0
3 +10 0
4 +15 0
5 +20 0
6 +25 0
7 +30 0
8 +33 +1
9 +35 +2

スーパーロボット大戦D[編集]

技能所持者は撃ち落としの発生率+10%、切り払いの発生率+5%。ただし、シールド防御の発生率補正がなくなる。

技能Lv 命中・回避 ファンネル射程
1 +0 0
2 +5 0
3 +10 0
4 +15 0
5 +20 0
6 +23 0
7 +25 +1
8 +28 +1
9 +30 +2

スーパーロボット大戦BX[編集]

技能Lv 命中・回避 ファンネル射程
1 +5 0
2 +10 0
3 +13 0
4 +15 0
5 +18 0
6 +20 0
7 +23 +1
8 +25 +1
9 +30 +2

スーパーロボット大戦GCXO[編集]

他の作品と比べ、かなり補正値の上昇率が小さい。またGCでは、バグファンネル系武器の射程が延びない。

レベル 命中・回避補正 ファンネル射程
1 +4 0
2 +6 0
3 +8 0
4 +10 0
5 +12 0
6 +14 0
7 +16 +1
8 +18 +1
9 +20 +2

スーパーロボット大戦Z[編集]

レベル6以降、命中回避の補正が伸びづらくなった。また、ファンネル系以外の武器にも射程延長の効果が付加された。

レベル 命中・回避補正 武器射程
1 +0 0
2 +5 0
3 +10 0
4 +15 0
5 +20 0
6 +25 0
7 +25 +1
8 +30 +1
9 +30 +2

第2次スーパーロボット大戦Z[編集]

前作同様、ファンネル系以外の武器にも射程延長の効果が付加される。

レベル 命中・回避補正 武器射程
1 +0 +0
2 +5 +0
3 +10 +0
4 +15 +0
5 +20 +0
6 +25 +0
7 +25 +1
8 +30 +1
9 +30 +2

スーパーロボット大戦Operation Extend[編集]

今回は命中・回避の他にクリティカル時ダメージへの補正が加えられた(クリティカルの発生率自体は上昇しない)。また射程はシステムの都合上変化しない。

レベル 命中・回避補正 CTダメージ
1 +6 +18%
2 +9 +21%
3 +12 +24%
4 +15 +27%
5 +18 +30%
6 +21 +33%
7 +24 +36%
8 +27 +39%
9 +30 +42%

主なパイロット[編集]

アムロ・レイ
機動戦士ガンダム』の主人公。元来は「ちょっと勘が鋭いだけの、内向的で機械いじりが好きな普通の少年」だったが、一年戦争を通じてニュータイプとしての才能を開花させる。ただし、ニュータイプ能力自体は一年戦争時がピークでそれ以降は弱まっているらしい。
スパロボではパイロット能力・ニュータイプ能力共にバランス良く高くなる。
シャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン、クワトロ・バジーナ
ニュータイプを最初に提唱したジオン・ズム・ダイクンの実子で、「赤い彗星」の異名を持つエースパイロット
ただし、近年のスパロボではニュータイプ能力自体は標準よりやや高い程度で、パイロットとしての技量の高さの方に重きが置かれている傾向にある。
ララァ・スン
ジオンのニュータイプ研究機関フラナガン機関のパイロット。乗機エルメスのサイコミュ兵器ビットやアムロとの交流においてニュータイプの神秘性を印象づけた。
その死後も魂は地球圏をさまよっていると言われたり、機動戦士ガンダムΖΖに霊体が登場してジュドーに力を貸すなど彼女の影響力はなかなかのもの。
なお、ララァの死はアムロやシャアのトラウマであるが、ララァがニュータイプであったが故の深い交流によって、両者の心の中に深い傷跡を残したともいえる。
シャリア・ブル
元祖木星帰りにして、初めて物語中で明確にニュータイプと定義されたキャラ。
カミーユ・ビダン
設定上は全登場人物中最高のニュータイプ能力を有するとされる。スパロボでも最も早く(または唯一)最高レベルに達する場合が多い。ただし、その鋭敏すぎる能力は徐々に彼の精神を蝕んでゆくことになる。劇場版設定では精神的な成長もあって(冨野監督の考える)真のニュータイプを体現した。
フォウ・ムラサメ
本来は強化人間だが、『第3次Z時獄篇』ではエースボーナスで特殊技能の「強化人間」が「ニュータイプ」に変更される。
パプテマス・シロッコ
シャリアに続く木星帰りのニュータイプということで、より木星の環境とニュータイプ能力の覚醒を関連したものとして印象づけた。ハマーンとの戦いでは初見でファンネルを撃ち落とす、カミーユの精神崩壊にとどめを刺すなどニュータイプ能力を使いこなした。なお、『Z』では禁断の「ニュータイプ+天才」を実現している。
ハマーン・カーン
ファンネルを使いこなし、強いプレッシャーをぶつけ合ってシロッコと渡り合うなどニュータイプ能力を戦闘で駆使する。ジュドーとの最終決戦では原理不明だが、キュベレイにバリアを発生させるまでの力を発現させた。
ジュドー・アーシタ
一部のスパロボではカミーユやアムロよりニュータイプ技能が上位の場合がある。また彼らに比べてより自然体なニュータイプであること[6]もあってか、『V』ではトビア程ではないものの底力もある程度のレベルまで持つようになった。エル・ビアンノビーチャ・オーレグ等も同様。
エルピー・プル
プルクローンがニュータイプか強化人間であるかは意見が分かれるが、スパロボではプルはニュータイプとされている。
バナージ・リンクス
劇中で強化処置と思わしき処置を受けているシーンがあり、フル・フロンタルにもそのことを指摘されるが、彼はれっきとしたニュータイプである。
リディ・マーセナス
高い素質を持っているが、本人はニュータイプの存在を、そして自分自身がニュータイプであることを否定しようとした珍しい人物。
フル・フロンタル
上記のフォウ同様、『V』ではエースボーナスで特殊技能の「強化人間」が「ニュータイプ」に変更される。
シーブック・アノーキンケドゥ・ナウ
優秀なニュータイプだが、当初本人はニュータイプについて「パイロット適正の高い人」程度の認識しかもっていなかった。
トビア・アロナクス
極めて優秀なニュータイプ能力の持ち主。しかし「人間でたくさんだっ!」というセリフに象徴されるように、本人はニュータイプを特別視する思想を嫌っている。そのせいなのか、『V』ではオールドタイプの主役級パイロットよろしく高レベルの底力も持ち合わせるようになった。
ウモン・サモン
原作では「自称」ニュータイプだが、ゲーム上では本当にニュータイプ技能がある。ただし、彼が最後にアテにするのは老兵の勘とハッタリ。
ウッソ・エヴィン
「嘘のように」鋭敏な感覚を持つ「スペシャル」。
ベルリ・ゼナム
原作では終盤で人の死を感覚で察知した描写があるもののそれがニュータイプ能力であるかどうかはぼかされていたが、『X』ではニュータイプという扱いになっている。
アークライト・ブルー
バンプレストオリジナルのキャラだが、ニュータイプという設定がイベントでも生かされる珍しい展開が存在する。彼に限らず、リアル系主人公がニュータイプ技能を持っていることは多かったが基本的には彼を除き、能力の上乗せ以外の意味がない。
現在はOGシリーズとの兼ね合いもあって、採用されていない。アクセル・アルマーが覚えていた『A』の移植である『AP』でも削除された。

関連用語[編集]

オールドタイプ
ニュータイプという概念の対義語で、ニュータイプに覚醒していない者のことを指す。
強化人間
精神操作や肉体改造等の「強化処置」をして人工的に作られたニュータイプのことを指す。
宇宙世紀憲章
オリジナルの石碑にのみ存在する第七章「未来」第十五条には、「将来、宇宙に適応した新人類(すなわち、ニュータイプ)の発生が認められた場合、その者達を優先的に政府運営に参画させることとする」と記されている。
SEED
コズミック・イラでの類似の概念。ただし、オールレンジ攻撃には空間認識能力という別の能力が関わっている。
空間認識能力
三次元空間を正確に認識・把握する能力。コズミック・イラでは、この能力が人並み外れている人がオールレンジ攻撃に対応した兵装を扱える。
作中の描写が完全に宇宙世紀のニュータイプのものと同一だったため、かなり誤解を受けている。
イノベイター
機動戦士ガンダム00』での類似の概念。Zシリーズにおいては「GN粒子によって区別される変異型のニュータイプ」と定義されている。
Xラウンダー
機動戦士ガンダムAGE』での類似の概念。ただし、当作の劇中世界においては能力は否定的に見られている傾向も存在する。

話題まとめ[編集]

  • 初代の時点では、ニュータイプの先読み能力は人間の殺気を読み取る事で生ずる能力という設定であり、人工知能制御のMSにはニュータイプ能力が通用せず窮地に陥るという没エピソードが存在する。
    • 無論この設定はスパロボに採用されていない。
  • リアルロボット戦線』ではパイロットのパラメータとして「NT(ニュータイプ)値」という数値が登場。MSの操縦に係わる数値として全パイロットに設定されているが、MSに乗れないパイロットにとっては無意味な数値である。
    • 実はオリジナルメカ(SMAP等のウルス製機動兵器)の操縦にも関わっている(なお、オリジナルのパイロットはMSに乗り換えることも可能)。さらには隠し機体のR-1までもが、この範疇に入っている。同作においては「念動力者=ニュータイプ」ということになるのだろうか?実際に同作のリュウセイのNT値も高めであるが……。
  • ときた洸一氏の漫画版『新機動戦記ガンダムW』にて、ゼクス・マーキスゼロシステム(エピオンシステム)を廃人にされることもなく難なく使いこなした点を指して「ニュータイプだから」と称されるシーンがある。これは『W』の初期設定にニュータイプの概念があったことの名残であるが、実際は作中にはこれ以外でニュータイプに言及する場面が一切出てこず、設定はそのままなかったことにされている。
    • ガイドブック『新機動戦記ガンダムW パーフェクトアルバム』に掲載されたガンダムデスサイズのバリエーション機である「ガンダムクレイジービースト」はファンネルを装備している。

脚注[編集]

  1. アニメ版では「アンジェロではなくバナージのことしか見ていないフル・フロンタル」というビジョンに変更されている。
  2. 機動戦士ガンダム』最終話「脱出」でアムロ・レイの声がホワイトベースの乗員達を導く場面、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の終盤におけるアクシズに駆けつける敵味方の兵士達、『機動戦士Vガンダム』でドゥカー・イクが戦死した後の描写等。
  3. α外伝』以降、ほぼ全ての作品で機体の運動性が命中率に影響しなくなり、同じく命中率と回避率に影響していた反応値が撤廃された。
  4. 勿論、「ニュータイプは特別な存在ではない」と正しく理解する他作品のキャラクターも少なからずいる。『α』の兜甲児南原ちずる、『R』のミスマル・ユリカ、『第2次Z再世篇』のシャルル・ジ・ブリタニアなど。
  5. 最速で8に達するアムロでさえ、9になるまで20レベル以上必要。
  6. シャングリラの下級育ちであることがその一因。

メモ[編集]

  • 同名のアニメ専門雑誌『ニュータイプ』がある。由来はもちろん、ガンダムシリーズに出てくるニュータイプから。創刊当時は『Ζガンダム』が放映中で、創刊号はガンダムMK-IIのアップだった。

資料リンク[編集]