2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

キュベレイ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
キュベレイ
外国語表記 Qubeley
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 永野護
分類 ニュータイプ専用汎用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 AMX-004(MMS-3)
頭頂高 18.4 m
本体重量 35.2 t
全備重量 57.2 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,820 kw
スラスター推力

30,800 kg×2

総推力
61,600 kg
アポジモーター 12
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 10,900 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン軍
パイロット ハマーン・カーン
テンプレートを表示

概要[編集]

アクシズへと逃げ延びたジオン残党が開発したニュータイプ専用モビルスーツ

一年戦争時に投入されたモビルアーマーであるエルメスの後継機であり、サイコミュを搭載している(その故に「エルメス2」と呼ばれる事も)。

肩部には大型のフレキシブル・バインダーを装備し、これによって高い機動性と運動性を獲得している。この装備により、本機の外見は白い蝶のようにも見える。また、シールドとしても使用可能。最大の特徴はビットを小型化した誘導兵器「ファンネル」を装備している事で、オールレンジ攻撃を得意としている。

本機のサイコミュは稼働の為に高いニュータイプ能力を必要とした為、実質的にハマーン専用機となっている。

ファンネル搭載機としては初期型であった為、当初の性能は『ΖΖ』時代の怪物MSの前では見劣りするものであった。しかし、ハマーンの操縦技量と他のサイコミュ搭載機の運用データを反映して行われたチューンアップによって、最終的にはほとんど遜色の無い戦闘力を獲得した。

本編での活躍[編集]

グリプス戦役末期に実戦投入され、Ζガンダムジ・Oと対等に戦い、クワトロ・バジーナの乗る百式を大破させた。

第1次ネオ・ジオン抗争時にも投入されたが、ジュドー・アーシタΖΖガンダムとの一騎討ちに敗れ、撃破された。

登場作品と操縦者[編集]

SRWにおける「ボスユニット」として名高く、理不尽なまでのHPに加え、ファンネルの射程外攻撃によって、ガンダム系のボスの中でも屈指の強敵。

エルピー・プルプルツーキュベレイMk-IIはゲームによっては容易く手に入るが、こちらは条件を満たさないと手に入らない事が多い。また、性能もプル機やプルツー機より高く、やはりハマーンの乗る機体として別格扱いされている。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場し、ハマーンが乗る。後半何度も戦うことになる。能力はさほど高くはなく、ジ・Oに比べるとかなり低め。
第2次スーパーロボット大戦G
上記と同じだが、出番が減った。アイコンではMk-IIと区別がつきにくい。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場し、ハマーンが乗る。HP装甲値は高いが、射程がやや短い。射程8以上の武器なら射程外から攻撃することも可能だが、パイロットの回避能力が凄まじいのでニュータイプでもなかなか当てられない。さらに、反応値が高いぶんクリティカルヒットを連発してくるので、必中をかけたスーパー系の必殺技をぶつけて速攻で落とすように。
第4次スーパーロボット大戦S
ノイエDC所属。リアル系ルートでのみ戦える。1マップにしか出現せず、ジュドーで説得することで戦わずに済ませることも出来るのでどうにも影が薄い。
スーパーロボット大戦F
実質的なラストボスで、最終話でハマーンが搭乗する。HP50000を始め、基本ステータスが最強クラスでファンネルの射程・火力も優秀、更にはNT補正を受けたハマーンの能力も相俟って、当てて避けて硬いワンパン火力の超難敵。被害を負わずに撃墜することは困難を極める。ただし、ターンの経過で撤退するので、無理に戦う必要はない。リアル系のみ、倒すと強力なレア強化パーツファティマが手に入る。シリーズを通して、最も手強いキュベレイかもしれない。
スーパーロボット大戦F完結編
F』から引き続き敵として登場。ハマーンは仲間になるが、この機体は持ってこない。『F』でもそうだが、打たれ強さだけでなく、高い回避能力とハマーンの切り払いが厄介なユニット。
しかし、『完結編』の後半になると自軍の強さのインフレが進むため、さほど苦戦はしない。オージゲストとの最終決戦を乗り越えてきたポセイダルルートなら尚更である。限界が低めに設定されているので、高い運動性があまり意味を成さないことも、苦戦しない一因でもある。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ジオン軍の戦力として登場。何故かHP回復(大)、EN回復(大)を有しており、攻略本では「EOTでも使ったのか?」という声も。ただし、HPが16000程度に落ち着いた為、速攻をかければ問題なく倒せる。メインウェポンのファンネルもまだ弾数制なのでEN回復(大)の恩恵は無いに等しい。攻撃力の高いユニットなら難なく一撃で落とすことが可能。
隠し要素のフラグを満たせば終盤でスポット参戦する。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
ファンネルがEN消費制になり最大射程が11に増加。消費ENはわずか10でEN回復(大)を所持していることもあり実質弾切れすることがなくなった。スポット参戦マップでは思う存分暴れてもらえる。
スーパーロボット大戦α外伝
今回はハマーンが出ないため、隠し要素プルツーの説得を完全にこなすと入手という変わった登場。
一言で言えばキュベレイMk-IIを純粋に強化した機体。飛行可能になったことと、運動性が大幅に上昇したことが大きな変化。さらにキュベレイMk-IIの欠点だった火力も強化され、移動後攻撃可能なマップ兵器版のファンネルまでも装備し、総合的に見てUC系のMS中でもトップクラスの性能を誇る。難易度に関係なく入手できるのも良好。ただし通常版のファンネルのEN消費量が増えたため燃費は若干悪く、武器改造の上昇値の差で、ビームサーベルとビームガンの最大火力はキュベレイMk-IIに負けるなど、一部劣るところもある。マップ兵器版ファンネルが搭載されたのはこの作品が最後。
第2次スーパーロボット大戦α
HP回復(大)、EN回復(大)、マップ兵器版ファンネルを失ったが、代わりにHPは92000とF完の約2倍に増加しており、ファンネルも11という超長射程。当然、これに反撃できる機体は無いに等しく、あるシナリオでスポット参戦した時には1ターン目から超長射程のファンネルで敵軍を瀕死に追い込んでくれる。頼りになるが、放置するとそのまま敵を全滅させかねないので、可能な限り自軍のユニットで敵を撃破したいところ。
ハマーン協定ルートに行った時のみ、隠し要素で本人と共に使用可能。仲間になる前に敵仕様(HP90000)のキュベレイがNPCとしても登場し、パイロットのハマーンも敵仕様のまま。守り切らないと仲間にならないとも言われるが、そのあまりに高く、守る必要が全くないHPゆえに本当かどうかは謎である。仮にHPが減っても高レベルの底力の恩恵もあって撃墜はまず無いだろう。
第3次α』における正史は拒絶ルートだが、ゲーム中は協定を結んだ方が遥かにお得。
全体攻撃に特化した機体である為、ハマーンの小隊長能力『小隊攻撃の攻撃力+40%』とは相性が悪い。
なお、ファンネルの演出はMk-IIと異なる。
第3次スーパーロボット大戦α
残念ながらハマーンが死亡している正史となっているが、本機は隠し要素の条件を満たせば入手できる。キュベレイMk-II(プル機)の改造を引き継ぐ。
基本的に『第2次α』とほぼ同じ感覚で使えるが、ファンネルの燃費が大幅に改善され、強力になった。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
敵として登場するのは一回切りではあるが、やはり強敵である。ただ今回は同じシナリオで登場するジ・Oに機体性能が負けている。ある条件を満たせば、味方ユニットとして使える。
今回のファンネルは属性がバリア貫通ビーム兵器。移動後攻撃可能で強力かつ弾数も6発もあるトライチャージが使えるのも大きな特徴。ただし、空が飛べない。何故か修理費が戦艦を含めた自軍ユニット中最高額(というより、敵対時の獲得資金と同額である)。いざという時はロジャー交渉技術がプレイヤーを助けてくれることだろう。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
序盤から敵として登場し、第41話でスポット参戦してくれるものの、基本的には一貫して敵側。序盤からパイロットのハマーン共々恐ろしい能力でこちらを苦しめてくる強敵であり、さらにマリーダフロンタルといった強敵と共に登場することが多いので、苦戦は必至。底力を持っていないので、一気にカタをつけておきたい。
最終決戦での強化版はHPが114000と『第2次α』の92000を大幅に超える数値を叩き出した。その他、180越えの運動性・200以上の照準値を合わせて非常に手強い難敵になっており、加入したシャアですら命中率0%が当たり前の状態になっている。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
前作に引き続き敵として登場するが、ストーリー中盤にてハマーン共々無条件で自軍に加入し、右側用の味方仕様グラフィックも用意されている。
νガンダムサザビーのような単体攻撃必殺技はないが、味方仕様ハマーンはシングルアタック持ちなので、ボス戦の火力は決して弱くない。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シナリオ「サイレント・ヴォイス」にて登場。ハマーンが乗る。HP40000を誇る上、アクシズの上に陣取っているので回避防御に補正がかかり、ターン毎にHPが回復するためなかなかしぶとい。
COMPACT』ではファンネル機全体に言えることだが、隣接するとファンネルが届かなくなる。ひらめきが使えないパイロットで攻撃する場合は、ダメージを抑える為になるべく隣接しておきたい。ちなみに、カラー版ではHPが30000まで引き下げられた。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
HP30000、装甲2500はムゲ帝王と同値。攻撃力3100もあるファンネルの弾数は24。攻撃力だけなら隠しボスのサザビーより余程強い。
スーパーロボット大戦IMPACT
HP45000、攻撃力3500と更に強化。ハマーンを倒すとコンテナから入手できるが、どういう訳か、味方になるとファンネルの弾数が8になる。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
HPが減ると広域必殺技のファンネルを準備し、自分は高速離脱という戦法を多用する。発動までには若干の時間があるため、その間に射程内から脱出すれば食らわずに済むが、足の遅い機体や敵雑魚の妨害には注意。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
最終話一つ前に登場。ステージ的には直後にオリジナルライバルとの決着を控えているが、こちらの方が遙かに強い。
スーパーロボット大戦R
相変わらず、強い。が、ルート選択によっては一度も戦わないという事も。まず移動することはないのに移動力が10もあったりする。
スーパーロボット大戦D
ハマーンを味方にした際に、ザンスカール帝国カガチが奪っていたらしいキュベレイを入手する。無改造状態だが性能は高く、パイロットのハマーンの強さも合わさって頼もしい存在に。加入条件が厳しいのも納得。ユニットグラフィックは『R』のものと同じ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
「ちゅうぎ」が0に設定されており、裏技を使わなければ仲間に出来ない。異常に防御力が高い。HDリメイク版ではさすがに普通に仲間に出来る。ファンネルの威力がνガンダムサザビーより高いという地味な優遇を受けているが、命中系精神コマンドがないため、素早さや命中率を補強しないと終盤になるにつれ当てられなくなってくる。なお、ジオング百式・サザビーで説得に成功するとF完結編』のハマーンを彷彿させるデレを見せる
スーパーロボット大戦64
珍しくスポット参戦として自軍で操作できるシナリオがある。敵として登場する際はダミーを複数個所持しているが、HPは15000しかないのでダミーを使い切らせればすぐに落とすことが出来る。こちらからの先制攻撃を心がけるようにすれば何ら問題の無い相手。ニュータイプレベルの高さから、ファンネルの射程が伸びていることが良くあるので射程には気をつけよう。
スーパーロボット大戦GCXO
スーパーロボット大戦Operation Extend
スーパーロボット大戦X-Ω
2016年3月のイベント「人が望む未来」より実装。SSRシューター(後に大器型に変更)。アビリティとして指揮LV2(シューター)、ダメージは並だが高確率で暗闇を付与する必殺スキル「ファンネル」を持ち、同時に登場したシューターで状態異常の敵にダメージアップのアビリティを持つユニコーンと組むことを前提とした構成となっている。雑魚戦よりもボス戦向き、特に初手で取り巻きを排除しつつボスに暗闇を与えるファーストアタッカーとして適している。ファンネルの範囲は前方3マスなので、最前線に配置するか自分から寄るかある程度誘い込まないと当たらない点に注意。
その後2016年8月の復刻イベント「アクシズの攻防」にてSSRアタッカー、2018年8月のイベント「重なる世界」にてΩスキル搭載SSRファイターが追加。

関連作品[編集]

SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ザコ敵。空中をゆっくりと左右に移動しながら、弾を撃って来る。耐久力が高い。頭部は踏むことができ、足場代わりに利用できる。
シャッフルファイト
ザクバランクロイツの一員。第1章のステージボスとして、小国アイザックの反乱軍を迎え撃つ。
ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ハマーンの戦闘時における姿。
ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
ネオジオン所属のザコ敵として複数出現する。本体を倒さない限り、ファンネルを無限に呼び出す。
また総帥シャアに付き従っていた個体も存在するが、こちらは戦闘にならず、パイロットも不明のままクロスボーンに倒され爆死する。
リアルロボット戦線
基本的には敵だが、ハマーン・ロシュルートではハマーンが乗りスポット参戦の味方となる。
彼女が大ボスとなる際は、遥かに性能の高いボスバージョンの機体が登場する。
なお、なぜか名称表記は「キュベレイ」ではなく「キュベレイ 白」となっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームサーベル
前腕部に格納された格闘戦用兵装。ジュドーとの一騎討ちでは二刀流で応戦した。
ゲームでの使用頻度は低い。
ビームガン
ビームサーベルを格納したままの状態では、袖口から発射するビームガンとして機能する。
武装の数が少ないので、使用頻度は高い。基本的に、どの作品でも弾数が16発で設定されるという謎の拘りがある。
Z』ではトライチャージ用の武装で、移動後に使えて射程と弾数に優れるという超高性能な仕様だった。
ファンネル
機体の後部スカートに10基(あるいはそれ以上)格納されている、本機のメインウェポン。正式名称は「ファンネル・ビット」である。
ビットはジェネレーターを搭載していた為に大型であったが、代わりにエネルギーCAPを搭載する事で小型化に成功している。その形状が漏斗(ファンネル)に似ていた為にこの名が付いた。そのインパクトで漏斗型以外のタイプもファンネルの名がつくことになった。
SRWではこの武器の使い勝手がそのまま機体の使い勝手に直結する。シリーズによっては高性能なマップ兵器版ファンネルも搭載している場合があるが、あまりに強すぎる為か、近年の作品では未搭載。
大型ビームサーベル
機動戦士Ζガンダム』のテレビシリーズ最終話と劇場版『機動戦士ΖガンダムIII』での百式との最終決戦にて、通常のサーベルより出力が強化された大型ビーム・サーベルを一度だけ使用している。両肩のバインダー内側に格納されており、柄は通常のサーベルの倍ほどの長さで両手で持ちやすくなっている。テレビシリーズでも劇場版でも一度しか使っていないこともあり、この武装はゲームでも関連商品でも再現されることは少ないが、「ROBOT魂」や「HCM-pro」には付属している。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
HP回復(大)
α』のみ。以降のシリーズでは無し。
EN回復(大)
同上。武器の都合上、この能力を最大限に発揮しているのは今現在、『DC版α』のみ。

移動タイプ[編集]

飛行可能だが、シリーズによっては出来ない事もある。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

『ニュータイプ』専用武器の攻撃力がスキルレベルに応じて上昇
第3次Z天獄篇

機体BGM[編集]

「モビルスーツ戦~交戦~」
旧シリーズにおけるデフォルトBGM。「モビルスーツ戦 敵機襲来」と表記されていた。
「艦隊戦」
Z』でのデフォルトBGM。
「サイレント・ヴォイス」
ガンダムZZ』名義で参戦した時はこちら。
「宇宙を駆ける~激突!」
OE』で採用。表記は「宇宙を駆ける(part2)」。

対決・名場面[編集]

ジ・O
パプテマス・シロッコとの対決、ひいてはハマーンとキュベレイの初実戦相手。パラス・アテネボリノーク・サマーンの右腕をファンネルで正確に破壊するが、シロッコは自身のニュータイプ能力で多方向から攻めるファンネルを次々と破壊、かすりもせずに見事捌いてみせる。対するハマーンも反撃の暇を与えない畳み掛けで、互角の攻防を繰り広げた。
最後はハマーンとシロッコとのニュータイプ同士の思念の激突となって互いに硬直するが、対決に割って入ったカツがシロッコを狙撃、それを庇ったサラが撃墜されるというハプニングよって引き分けとなった。
戦士、再び…
第1次ネオ・ジオン抗争の最終盤、ハマーン率いるネオ・ジオングレミー・トトによる内紛を許してしまい、身内同士で争う大混戦となってしまう。その混乱の最中にジュドー・アーシタエゥーゴガンダム・チームが乱入。内紛状態のネオ・ジオンは隙を突かれて壊滅状態となる。ハマーンはキュベレイを駆り、ジュドーの乗るΖΖガンダムとの一騎討ちにもつれ込み、死闘を演じるがキュベレイは大破。負けを認めたハマーンはジュドーに手を差し伸べられるが、それを振り切りキュベレイをアクシズに激突させ、若い命を散らす。しかし、今際の際にハマーンは「帰って来てよかった…強い子に会えて…」と語っており、ジュドーの強さと戦士としての己に満足して逝ったようだった。

関連機体[編集]

エルメス
開発のベースとなったMA。
プロトタイプキュベレイ
『SDガンダム GジェネレーションF』に登場した本機のプロトタイプ。エルメスを直接の開発母体として小型化を目指したが、それでも全高25メートルという大型機体となってしまった。意匠も現在とはかなり異なっている。SRW未登場。
キュベレイMk-II
キュベレイ2号機。少々の改良を施した程度であり、外見は同じ。
キュベレイMk-II (プルツー用)
キュベレイ3号機。外見は同じだが、サイコミュによる遠隔操作機能が追加された。
量産型キュベレイ
量産型。火力が大幅に強化されている。

他作品[編集]

バルハラキュベレイ
ゲーム『バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法』に登場したバンプレストオリジナル機。機動族の一人。キュベレイにはなかったビームロッド、メガ粒子砲、バストレーザーが追加されている。
貂蝉キュベレイ
SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriorsに登場した、キュベレイが演者のキャラ。
キュベレイパピヨン
ガンダムビルドファイターズ』に登場するキュベレイをベースにしたガンプラ。

余談[編集]

  • 機体名の由来はギリシア神話の大地母神の「キュベレー」である。
  • ガンダムのイメージカラーである「白」を、初めて敵方として使用した機体である。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]