ゲーマルク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲーマルク
外国語表記 Geymalk[1]
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 小林誠
初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 AMX-015
頭頂高 22.0 m
本体重量 43.3 t
全備重量 78.3 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 8,320 kw
スラスター推力

31,900 kg×2(背部)
14,300 kg×2(テールスラスター)

総推力
92,400kg
装甲材質 ガンダリウム・コンポジット
センサー有効半径 11,700 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン軍
パイロット キャラ・スーン
テンプレートを表示

ゲーマルクは『機動戦士ガンダムΖΖ』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

ネオ・ジオン軍が開発したニュータイプ専用試作型重モビルスーツ

ニュータイプや強化人間の搭乗を前提とした重火力機として設計された第4世代MSで、鹵獲したサイコガンダムMk-IIのデータを導入し開発された機体の一つ[2]エゥーゴで運用されているΖΖガンダムを凌ぐ火力を出す為に高出力のジェネレーターとメガ粒子を直接貯留しビームの高出力を補佐する「メガコンデンサ」を搭載している事で、手指がミトン状の簡易マニュピレーター兼ビーム砲になっている等、全身の26カ所にも及ぶ場所に大・小口径のメガ粒子砲を内蔵させる事が可能になり戦艦にも匹敵するその重火力は通常のモビルスーツを軽く凌駕している。

また、サイコミュを利用した代表的武装であるファンネルも搭載しているが、本機が使用する「マザーファンネル」の2基には、本体とは別途のジェネレーターが内蔵されており、更にそこから14基の「チルドファンネル」が射出され、マザーファンネルがサイコミュの中継を担う事で、射程を大幅に伸ばす事にも成功している。重火力機故に、代償として機動性はあまり高くないのだが、膝部に内蔵されたビームサーベルによる格闘戦も可能としている点からも最低限の運動性は確保されていると言える。

元になったサイコガンダムMk-IIが40m級であったのに対し、本機は重火力+サイコミュ搭載という同一のコンセプトでありながらも20m級までのダウンサイジングに成功しているが、その高火力の反面コロニー内での迅速な移動に他機による牽引を必要とするなど、やはりカタログスペック通りとはいかない様相も見せていた。

劇中の様相 [編集 | ソースを編集]

第1次ネオ・ジオン抗争の後半期に完成。強化人間となったキャラ・スーンが搭乗し、常にランスニーのギーレン兄弟が駆るガズエル、ガズアルを護衛機とする形で出撃している。ギーレン兄弟は精神が不安定になりやすいキャラの監視役も兼ねている様で、サイド3の小惑星「キケロ」近傍でΖΖガンダムとの交戦時にジュドー・アーシタの呼びかけにキャラが錯乱した際は、ギーレン兄弟になだめられる形で撤退している。

グレミー・トト率いるグレミー軍が反乱を起こした際は、グレミーを討つべく出撃し、圧倒的な活躍を見せている。また、キャラの同期であるマシュマー・セロラカン・ダカラン率いるスペース・ウルフ隊との交戦で戦死した事を聞かされた際は、マシュマーの仇討ちの為に出撃。ラカン本人を討ち取る事は叶わなかったが、キャラの執念によってラカンを除くスペース・ウルフ隊を全滅に追い込む形で一矢報いており、後にラカンのドーベンウルフは、ジュドーの駆るフルアーマーΖΖガンダムに討たれている。その後の出撃では、プルツーの駆るクィン・マンサと交戦し、ファンネル同士による壮絶な応酬戦を繰り広げた。

終盤戦では、多数のプルクローン達の量産型キュベレイを相手に交戦。その内の1機の放ったアクティブカノンにより、致命的なダメージを受けてしまったが、キャラの執念に呼応するかの様にサイコフィールドと思しきバリアを展開し、最後は敵機の攻撃を防ぎつつ突っ込んだ末に、プルクローン達を道連れにする形で爆散。パイロットのキャラもまた、その命を散らせた。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

敵としてはキャラだけではなく、他のニュータイプ強化人間が本機体に搭乗する事がある。また、シリーズによっては自軍で運用が可能。

旧シリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCの戦力として中盤から登場。キャラやマシュマー、最終話ではラカン・ダカラン機が登場する。他に一般兵も乗るがボスユニットとして設定されているのか、HPなどの各種パラメーターが高め。しかしこの機体の最大の特徴はラスボスのヴァルシオンに匹敵する射程9のファンネル。迂闊な接近は禁物。経験値はあまり高くないため、ただただ戦闘が苦痛になる相手である。
移動力の低さを射程で補い、ほぼ固定砲台というスタイルを既に確立させている。
ビームサーベルの命中が若干低いので、アムロをメインで育てていれば接近戦でノーダメージ撃破も可能。
この時期のグラフィックは胴体が非常に大きく手足が小柄というバランスになっていた。
PS版でもファンネルの長射程は健在。キャラ機は本人の強化人間技能習得が遅く終盤までファンネルは使えないものの、各種メガ粒子砲による戦闘能力は充分。また、強化兵の機体は普通にファンネルを使ってくる。手強い相手だがその分獲得資金は高め。
第2次スーパーロボット大戦G
DCの戦力として登場。νガンダムのフィン・ファンネルより射程が長い。キャラやラカン・ダカランが乗っている。HPが高い。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。キャラやシャリア・ブル、ロザミア、ゲーツ等が乗っている。敵としてはやはり強力なファンネルが侮れないが、キャラを説得して味方にすると使えるようになる。フィン・ファンネルより長い射程(射程10)のファンネル、他MSと一線を画したスーパーロボット並のHPと装甲、豊富な弾数のサブ武器、と第3次最強の味方MSと言っても過言ではない。本作仕様により命中回避率は機体のステータスではなくパイロット依存なので(ただし反応値が足りてないと影響を受けるのでその場合は機体改造の必要あり)、そのままキャラで運用するのではなく他ニュータイプを乗せることにより無類の強さを発揮する。
第4次スーパーロボット大戦S
主にノイエDCの戦力として登場。キャラやラカンが乗っている。今回キャラは説得不能の為敵のまま。戦闘デモではダイターン3と対決し、ダイターンクラッシュを喰らっている。グラフィックがリニューアルされ手足が大型化しバランスが良くなった。
スーパーロボット大戦F完結編
DCの戦力として終盤に登場。今回搭乗するネームドパイロットはイリアのみ。ファンネルはこれまでの様な超長射程ではないものの(それでも射程8は十分長いが)、ハイパーメガ粒子砲がMAP兵器として実装されている。当然、イリアにせよ強化兵にせよ2回行動可能なので、安易に味方機を近くで密集させたままターンを渡すと大変な事になる。

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦α
キャラだけじゃなく、彼女の監視役であるギーレン兄弟ニー・ギーレンランス・ギーレン)も搭乗。チルドファンネルがニュータイプ無しで使えるようになっている。
スーパーロボット大戦α外伝
ムーンレィスが使用。MAP兵器を持っているが、大したことはない。HPは高いが、前作から機体性能が大幅に低下しているので、自軍の気力上げに使える。
第2次スーパーロボット大戦α
イリア・パゾム、ギーレン兄弟(ニー、ランス)、ネオ・ジオン兵プルクローン)が搭乗する。MSにしては硬い方で、獲得資金も多め。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
隠し要素の条件を満たせばドーベン・ウルフと2択で入手できる。ALL兵器やPLA兵器の優秀さではこちらに分があるが、移動力や地形適応運動性に難がある。小隊長機が欲しい場合や、小隊攻撃を多用する場合はこちらがお勧め。
攻撃力はMSの中でも比較的高めで、最大攻撃力はサザビーのファンネルを超える。更にマザーファンネルは弾数性で16回も使える上に全体攻撃が2種あって継戦能力が非常に高く、この点においては白キュベレイと並んで今作最強格のMSかもしれない。反対に最も射程の長いメガ粒子砲一斉射撃は、無改造で1回分とおまけ程度の燃費。しかも地形適応とクリティカル補正が全体的にあまり宜しくなく、P武器は射程1のビームサーベルのみで、移動力は5しかない。小隊長機としては強力な単体攻撃武器もないので雑魚敵の掃討以外にはまるで適さないのに、足並みを合わせ辛くパーツスロット2なので矯正も難しく、全体的に癖が強い機体。

COMPACTシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シナリオ「サイレント・ヴォイス」でイリア・パゾムが、シナリオ「ジオンの血」で強化兵が搭乗する。
スーパーロボット大戦COMPACT2 第2部:宇宙激震篇
シナリオ「運命の男たち」で、イリア・パゾムが乗ってくる。
スーパーロボット大戦COMPACT2 第3部:銀河決戦篇
強化兵が乗る。ファンネルの射程は8もあるが、隣接してしまえば使えない。
スーパーロボット大戦IMPACT
宇宙Sだが移動適応は陸の方が良い不思議な機体。ファンネルとMAP兵器のハイパー・メガ粒子砲で隙が無い。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦A
原作と同様でキャラが乗っている。量産はされてない。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
HP40000台。従来通りファンネル主体の攻撃を仕掛けてくるが、メガ粒子砲一斉発射が広範囲MAP兵器となっている。近づいたら速攻で倒すことを進める。
スーパーロボット大戦R
原作と同様でキャラが乗っている。量産はされてない。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦
初登場作品。第5話のボスとして登場する。射程5の武装を持つ初めてのボスで、同じく射程5のファンネルを持つ取り巻きの3機のサザビーと合わせてそれまでのボスとは段違いの難易度を誇る。
スーパーロボット大戦64
フラグを立てておくとキャラが乗って援軍として登場し味方で使えるようになる。一応マシュマー・セロザクIII改と二択ではあるが、機体性能はゲーマルクの方がかなり勝っている。初期装甲値がグレートマジンガーと同値、初期運動性がνガンダム-5(フル改造ではゲーマルクの方が上)、ファンネルの弾数が他の機体の倍、横3マスに広がるMAP兵器と、ガンダム系ユニットではほぼ最強。唯一の問題は残りシナリオが5話もないこと。

関連作品[編集 | ソースを編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ザコ敵。上位種は存在しない。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

以下の通り、ほぼ全身がメガ粒子砲(及びファンネルシステム)という、ガンダムシリーズでも右に出る物のない砲台型の重MSである。

反面、ゲーム上では各部位のメガ粒子砲の性能面での差別化が難しいためか、「一斉砲撃」の形で一括して扱われることが多い。

武装[編集 | ソースを編集]

2連装メガ粒子砲
胸部横に2門内蔵。
ハイパーメガ粒子砲
胸部中央に内蔵。装備の中で最も出力が高い。
SRWではMAP兵器版が存在する。
2連装ビームランチャー
両肩に1門ずつ内蔵。
3連装グレネードランチャー
両腕に内蔵。
ビームライフル
両親指の部分に内蔵。手持ち式ではなく固定武装である。
AP』では後述のメガビームカノンがビームライフルとして使われている。
3連装メガ粒子砲
両指部分に内蔵。人差し指~小指部分が一体化したミトン状となっており、そこに装備されている。
メガ粒子砲
股間に1門内蔵されている。
メガビームカノン
両膝に内蔵。使用時には砲身が展開する。
ビームサーベル
両膝にマウント。指がミトン状となっている都合上、従来型のサーベルは使えず、グリップ部分が輪となった本機専用の物が用意されている。
マザーファンネル
背部に2基装備されている大型ファンネル。チルドファンネルを収納し、コントロールの中継となる事が特徴。これ自体にもビーム砲が搭載されている。
チルドファンネル
マザーファンネルの内部に14基ずつ格納されている小型ファンネル。マザーファンネルが中継となって展開される。既存のファンネルに比べて遠距離かつ広範囲のオールレンジ攻撃が可能。
第4次』ではこのアニメーションが忠実に再現されている。

必殺技[編集 | ソースを編集]

メガ粒子砲一斉射撃
本機に内蔵されているメガ粒子砲全てを一斉発射する。
上記の通り、「αシリーズ」以降の作品では射撃兵装は全てこの武器に纏められている。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「颯爽たるシャア」
第3次』にて。本作におけるガンダムシリーズのユニット共通のBGM
「サイレント・ヴォイス」
第4次』のマップ「月の裏側」にて、第三勢力(黄軍)としてゲストと戦闘した際に流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

私はさ…キャラ・スーン…!
ジュドー・アーシタハマーン・カーンの一騎打ちに乱入してきた、既に主であるグレミー・トトを失ったプルクローン達が操る量産型キュベレイの部隊に対し、キャラ自ら、護衛のガズアル(SRW未登場)と足止め役を引き受ける。多数の量産型キュベレイを相手に善戦するが、大量のファンネルによる波状攻撃の前にガズアルは撃破されてしまう。
怒りに燃えるキャラの暴走したニュータイプ能力で展開したバリアによってゲーマルクはファンネルの攻撃に耐え抜き、プルクローン部隊の大半を撃墜。最後の残った1機がアクティブカノンを連射し、遂にゲーマルクも致命傷を受けてしまったが、キャラの咆哮と同時に体当たりが敢行され、全身のメガ粒子砲によるゼロ距離砲撃で辛うじて撃破に成功する。直後、ゲーマルクは爆散し、キャラもまた戦死。半ば特攻の様な形に終わった。
それを感じ取ったジュドーはキャラの死に嘆いていたが、この戦いの中で実は一人だけ生き延びていた人間がいた事を、この時はまだ誰も知らなかった…。

関連機体[編集 | ソースを編集]

クシャトリヤ
ダグ・ドール(SRW未登場)
『機動戦士ムーンガンダム』(SRW未参戦)に登場する系列機。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. MS、機動戦士ガンダムZZ 公式サイト、2022年2月5日閲覧。
  2. 他に該当するのは、ドーベン・ウルフクィン・マンサ等。

資料リンク[編集 | ソースを編集]