スーパーロボット大戦64

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

NINTENDO64唯一のスパロボ作品。エーアイが初めて開発に携わったスパロボ作品でもある。シナリオの完成度の高さから未だに根強い人気がある。選択ルートによって、そのストーリーの展開は大きく変化を見せる。

当時任天堂が、コアなゲームユーザーを呼び込む目的と平行して、NINTENDO64の開発ライブラリを充実させる為にハドソンと共同出資し、『招布(まねぎ)』という子会社を設立した。本作はその招希がバンプレストと共同開発、及び開発資材を提供した特殊な経緯を持つ作品。

が、据え置き機のスパロボはディスクメディアが主流となっていた時期にあって、当時既に下火となっていたNINTENDO64で発売された本作は、シリーズの中ではマイナーな作品と認識されている。販売本数もスパロボαが70万本というシリーズ最高記録を打ち立ててる最中で、20万本程度に留まった。

「LV制の底力」、「合体攻撃」、「プレイヤー側に合わせて変わる敵のレベル」、「選択により搭乗メカや人物背景が全く違う主人公等」、今ではおなじみの要素が色々盛り込まれている。その後は同じくエーアイが開発を務める任天堂携帯機シリーズに受け継がれた要素も多い。

なお本作はPS系以外の据置機スパロボでは最後の2D作品であり、以降据置機ではスクランブルコマンダーシリーズを除いてPS系は2D、それ以外は3Dで棲み分けるようになった。

システム[編集]

新システム[編集]

合体攻撃
複数のユニットで同時攻撃を仕掛ける、本作最大の目玉システム。N64のカートリッジ故のローディングに縛られない特性と、PS1・SSの倍以上のRAM容量(4.5MB)を採用したことによって実現した。
データリンク
本作は先行発売されたリンクバトラーと連動しており、通信機能を使用することで互いのレベル上げや隠しユニットの入手が出来る。ただし、このシステムの関係から、敵のレベルが味方のレベルに対応して上がる(でも上限がある)という仕様となっており、色々と他の作品では見れない場面を見る事ができる。
バルーンダミー
本作で初登場した特殊能力。主にリアル系ボスユニットが所有し、プレイヤー側の攻撃が一定回数分完全回避されるというもの。攻撃力の低い機体でダミーを削っていく必要が起こりボス戦での作業感をより高めるだけのものとして評価は芳しくなく、本作のみの採用となった。一部を除きダミー所持者はダミーが破壊されたとき専用の台詞が用意されている。

既存システムと変更点[編集]

改造限界の差別化
機体によって改造段階が異なる仕様を採用。本作以降では、エーアイ開発のMXや主に携帯機シリーズで実装された作品がある。
パートナー補正の可視化
補正を持つユニット同士が隣接した際にエフェクトが発生するようになった。こちらも携帯機シリーズで一部引き継がれた作品があった。
撃墜数の仕様変更
本作では撃墜数が復活し、撃墜数により一部のキャラの加入や資金獲得に補正がかかるようになった。エースボーナスや熟練度システムの仕様の原型とも取れる。

リンクによる恩恵も必要だが、比較的序盤から登場させられるゴーショーグンなどの存在により、マップ兵器で敵ユニットを撃墜して撃墜数を増加させての資金獲得は容易である(ただし最高獲得資金は65535)。

演出面[編集]

  • 戦闘ではそれまでと同様ロボットの立ち絵を動かすのだが、背景が3Dポリゴンとなっており、またアクションにもZ軸(奥行き)への動作を導入することで3Dのような感覚を与えている。
  • 背景が3Dポリゴンになったことで、ステージによってはロボットが夕日を浴びて赤くなり、川で近接戦を仕掛けると足元だけ水に浸かっているので水飛沫が上がる。

難易度[編集]

  • 難易度は可もなく不可も無くだが、ウィンキーの手を離れたスパロボであるため、旧作のインフレ傾向はなりを潜め、概ね現在に近い形に落ち着いている。ただ、改造システムの変更で頑張れない事も無いものの、やっぱり死にユニットは少なくない。ダメージの割合が敵も味方も大きめで、装甲が全体的に薄めの印象がある。地形適応や補正を無視した計算式は概ね、格闘or射撃×気力×攻撃力-気力×装甲。つまり、レベルが上がると攻撃側の値は増加するが防御側の値が変わらず、更に気力が上がるとダメージはそれに比例する形となる。よって特にリンクバトラーとのリンクを行いレベルが大幅に上がると火力のインフレが起こり、敵味方・スーパー系リアル系を問わず当たれば落ちるというケースが続出し、全体的にスーパー系が倉庫番と化す状態になることも。見ようによっては、泥臭いリアル思考の世界観にマッチしているとも言える。
  • ゲーム進行上の難易度の浮き沈みが激しく序盤と中盤の分岐点であるオペレーション・デイブレイク以降数話は終盤にも引けをとらない難易度となっている。特にハイパージェリル戦後orオーラバトラーが抜けた状態でのミケーネ勢力との決戦後に登場するアヴィ=ルーは、中盤に絶対に倒さなければならないラスボス(ステータスもラスボス時のままである)という前代未聞の敵だった。
  • それ以降はしばらく極端に難易度が下がり、銀河帝国の決戦後、ハマーンとの戦いあたりから徐々に難易度が再び上がり始め、部隊分割の影響もあり、逆襲のシャアシナリオで最高潮に達する。強化人間の影響でリアル系でもかわせない上に二回行動、上述のダメージ割合の大きさもあり、改造が中途半端だと下手すればスーパー系でも平気でガンガン落とされる(なお、本作唯一の部隊分割でムゲの宇宙に行くと、UCガンダム系・ドモン・ショウの強化パーツが外れたまま、前後編のデビルアクシズシナリオに突入するのでかなりつらい)。
  • なお、その後のラスボス戦は雑魚敵が一切出現しないという仕様を正しく理解していればかなり楽に勝てる。本作ではラスボスを一撃で撃破できるユニットが非常に多いので、いろいろ試してみるのも一興かもしれない。

各シナリオルートの特徴[編集]

独立軍ルート[編集]

基本的に従来のスパロボルートといえる存在で、メンバーの良心にしたがって独自の行動をとっていく。ただ、元々レジスタンスとして圧倒的劣勢だったこともあり、物資は常に不足しがちで、おそらくシリーズ初の食糧危機イベントがある。

リアル系ルートでは後世に名を残している名シナリオ『その瞳に未来は映ることなく』をプレイすることが可能。また、五飛の迷言『ズール皇帝が正義だ』もこちらのルートである。

戦力的には、メタスメタス改になるなどするがOZルートで同タイミングで入手するフルアーマー百式改に比べると微妙である。ただ、終盤になるとノイエ・ジールゲーマルクという、作中5指に入ると思われるUC系ガンダム列の機体が手に入る可能性がある。

OZルート[編集]

本作のメインともいえる敵対組織に参入する異例のルート。

基本的に戦う事になる敵対勢力等はそう大きく変わることないのだが、IMの内容が大きく変わり、独立軍ルートに比べると割と充実した補給を受けられている…がOZへと引き入れたトレーズの失脚と、圧倒的な戦力を持つ銀河帝国との戦いを主導したのが自軍が所属するOZトレーズ派ということもあり、中盤以降はやっぱり苦しい状況が語られる。

OZロームフェラ派とは、何度か共闘しジェリドやライラ以外にも、ヤザン隊、モビルドール隊、果てはバスクまで味方第三軍として共闘するシナリオがある。

さらに銀河帝国戦ではアクシズ軍がかなり大規模な味方第三軍として参入することもあり、ダミーまで持ったボス仕様のハマーンがド根性を使うズールとプレイヤーのあずかり知らぬところで勝手に激戦を繰り広げる様を見ることもできる。 軍属キャラクターの階級がOZの階級に変わるのも特徴で逆襲のシャアシナリオではアムロはしっかり特佐になっている。

戦力的には中盤でフルアーマー百式改量産型νガンダムが手に入り、トールギスIIIも入手出来る為自軍が大分安定する事になる。

なお、リアル系限定の登場キャラクター、レラのイベントは独立軍ルートに比べると控えめで、アヴィ=ルームサシのイベントにインパクトをもっていかれた感がある。

完全平和ルート[編集]

ルート的には独立軍ルートからの派生で、おまけのような扱いになっている。独立軍ルートを選択した後、完全平和主義を肯定する選択をしているとこちらへ進むことになる。特徴としては自軍の武闘派キャラが一時離脱する事があげられる。また、原作どおりサンクキングダムが中盤解体されることになり、結局OZルートか独立軍ルートに合流することになる。

シナリオ的には他の2ルートで初めて宇宙に上がるタイミングで地上に留まる為、地上での戦闘回数が最も多いルートとなる(その割に鉄也は武闘派組として離脱するのだが…)。その事もあってスーパーロボット系のシナリオが多く組まれることになる。64オリジナルキャラクターのストーリーに関しては割と不遇で、レラはイベントが起こることなく強制的に自軍を離脱し、他の2ルートでは用意されている男主人公のライバル参入シナリオが存在しない(なお、アースゲインは強制的にスーパーアースゲインになる)。

戦力的にはミネルバX量産型グレートマジンガーが手に入る…のだが、本作の一人乗りスーパー系は総じて微妙なので使う機会はあまりない。完全平和ルートからOZルートに合流するとかなり悲惨で、トールギスIIIは手に入るがフルアーマー百式改も量産型νガンダムも手に入らずシロッコとの決着ではクワトロは百式で強制出撃する事になる。

話題[編集]

  • 初採用の合体技を際立たせるために、黒い三連星が作中の設定を無視してティターンズMSを運用している組織でドライセンに乗って現れ(終盤のアクシズとの戦いでもドライセンは雑魚ユニットとして登場する)、この作品以降殆ど登場してないガザの嵐隊や、3Dといったマイナーなチームが恐らくは合体技の為だけに登場している。ただし、赤い三騎士は主であるビショットが登場しない為に不参戦である。
  • 機体の限界反応値が事実上機能していないう重大なバグがある。そのため、Endless Walts版の機体にランクアップさせるためにフル改造が必要なWガンダム系の五体以外、限界反応を改造する必要は一切無い。
  • CMは本作が初参戦である『六神合体ゴッドマーズ』の明神タケル役であった水島裕がナレーションを担当。BGMはテーマソングでもある「熱き魂」。
  • 前述の通り、本作は招布とバンプレストと共同開発ないし招布から開発資材の提供を受けた(詳細は不明)作品で、コピーライトにも招布の名前が記されている。『スーパーロボット大戦A』には本作のオリジナルメカをモチーフにした機体が登場し、OGシリーズでも登場するのだが、寺田プロデューサーは『電撃ホビーマガジン』の連載で「モチーフになっているが設定に繋がりは無い」と言明している。このことから本作の世界観やオリジナルキャラ・メカの設定はバンプレストではなく招布が所有しているという説が上がっている。また、現在招布の出資元であったハドソンはコナミの子会社となっている事から、今後本作のキャラやロボはOGシリーズへの参戦は難しいとされている。ただしこのことについて寺田プロデューサーは、イベントや公式ブログ[1]で「出るかも知れないし、出ないかも知れない、ただし今は出ない」とし、「何かで揉めている訳ではない」とコメントしている。

登場作品[編集]

新規参戦は★の3作品。

機動戦士ガンダム 第08MS小隊』は当時未完だったためゲスト的扱いである。

終盤で『超獣機神ダンクーガOVA』(God Bless~)の展開が一部再現される。

他、『劇場版マジンガーシリーズ』、『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の機体が登場。

尚、上記の通り、リンクバトラーとの接続によって参戦可能となる作品が3作品存在する。

世界観[編集]

世界観/64

バンプレストオリジナル[編集]

登場メカ(オリジナル)[編集]

主人公機・ライバル[編集]

主人公の性別・タイプによって主人公機・ライバル機が下記の通りに決定。

機体名 初登場 備考
アースゲイン 本作 スーパー系男初期機
スーパーアースゲイン 本作 スーパー系男後継機
ヴァイローズ 本作 スーパー系男ライバル機
スイームルグ 本作 スーパー系女初期機
スイームルグS 本作 スーパー系女後継機
エルブルス 本作 スーパー系女ライバル機
ソルデファー 本作 リアル系男初期機
アシュクリーフ
アシュクリーフ(AF)
本作 リアル系男後継機
ノウルーズ 本作 リアル系男ライバル機
スヴァンヒルド 本作 リアル系女初期機
ラーズグリーズ 本作 リアル系女後継機
シグルーン 本作 リアル系女ライバル機

なお本作のオリジナルメカは、『スーパーロボット大戦A』で初登場したメカデザインの原型となっている。寺田Pの発言では設定上の繋がりはないが、型式番号や開発メーカーなどは関係を感じさせるものとなっている。

敵勢力機(アル=イー=クイス[編集]

機体名 初登場
アヴィエスレルム 本作
ジェイクラップス 本作
ヴァルディスキューズ 本作

登場人物(オリジナル)[編集]

主人公・ライバル[編集]

下記の4人から1人を選択。それによってライバルも決定。

人物名 初登場 備考
ブラッド・スカイウィンド 本作 スーパー系男主人公
マナミ・ハミル 本作 スーパー系女主人公
アークライト・ブルー 本作 リアル系男主人公
セレイン・メネス 本作 リアル系女主人公
人物名 初登場 備考
カーツ・フォルネウス 本作 スーパー系男ライバル
アイシャ・リッジモンド 本作 スーパー系女ライバル
エルリッヒ・シュターゼン 本作 リアル系男ライバル
リッシュ・グリスウェル 本作 リアル系女ライバル

その他[編集]

人物名 初登場 備考
ヴィロー・スンダ 本作 スーパー系男の場合で名前のみ登場。ブラッドとカーツの師匠で、物語開始時点で既に死亡している。
ローレンス・ジェファーソン 本作 スーパー女の場合のみ登場。ハミル家の執事で、スイームルグのサブパイロット。
レラ 本作 リアル主人公の場合のみ登場するゲリラの少女。
ハミルトン 本作 リアル女の場合のみ登場。
セレインと行動を共にしていたゲリラ仲間だが、第1話で帝国軍の攻撃を受け死亡。

敵勢力(アル=イー=クイス[編集]

人物名 初登場
アヴィ=ルー 本作
ジェイ=レン 本作
ヴァル=ア 本作

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

分類 記事
全話一覧 全話一覧/64
隠し要素 隠し要素/64
精神コマンド 精神コマンド/64
強化パーツ 強化パーツ/64
特殊能力 特殊能力/64
特殊技能 特殊技能/64
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/64

関連用語[編集]

脚注[編集]

  1. 宴の後で | スーパーロボット大戦公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」