スーパーロボットスピリッツ

  • 発売日:1998年7月17日
  • 機種:NINTENDO64
  • 開発:VertexEG
  • 発売:バンプレスト
  • 価格:7800円

目次

概要編集

NINTENDO64で発売された、スーパーロボットによる3D対戦格闘ゲーム。

特色は地上と空中の2ラインを自由に行き来できる点。他の2ライン格闘ゲーム同様に戦略性を増しているほか、空中戦が得意なダンバイン、長時間の飛行ができないウォーカーギャリアといったように各機体の特徴の演出にも一役買っている。

機体のサイズは同じくらいに統一されており、本来のサイズ差で考えれば殴り合いなどありえない組み合わせも多い。最も、この時代の作品では珍しい事ではなく、こと格闘ゲームの本作では仕方なかったとも言える。

明確な続編という訳ではないが、『』で描かれたバルマー帝国との戦闘が「バルマー戦役」として設定に組み込まれている。

登場メカ及び登場作品編集

バンプレストオリジナル編集

登場メカ編集

ジュデッカ
ラスボス。ゲージが無限で必殺技を連発してくるとんでもないキャラである。後にスパロボαなどに登場する。

登場人物編集

レビ・トーラー
ジュデッカの女性パイロット。彼女は本作が初登場である。
ジュデッカ・ゴッツォ
エンディングにのみ登場。

商品情報編集

ゲーム本体編集

攻略本編集

話題まとめ編集

この作品のCMソングとして作られた「鋼の魂」は、『スーパーロボット大戦α』以降、バンプレストオリジナルロボット「SRX」のテーマソングとなっている。

『電撃 NINTENDO64』では本作の前日談小説が連載されており、攻略本にも掲載されている。前述の通り本作は『新』の設定を踏まえて制作されており、『超機大戦SRX』のキャラクターもこれに倣っての登場となっている。

この小説にはSRX計画の主要スタッフであるカーク・ハミルロバート・H・オオミヤなどが、地球連邦軍人としてカイ・キタムラレイカー・ランドルフなどが初登場しており、『スーパーロボット大戦α ORIGINAL STORY』と共に、その後展開されるスーパーロボット大戦OGシリーズの基となった作品である。