カーク・ハミル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーク・ハミル
外国語表記 Kirk Hamill
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優
α ORIGINAL STORY
中田譲治
DW以降
風間勇刀
初登場SRW スーパーロボット大戦α
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 32歳
所属 マオ・インダストリー
役職 開発部長
テンプレートを表示

カーク・ハミルは「バンプレストオリジナル」の登場人物。

概要[編集]

マオ・インダストリー社の開発主任であり、パーソナルトルーパーの生みの親。初代ゲシュペンストの開発や、ビルトラプターを初めとするビルトシリーズの設計を手がけた。PT以外にも多くのバンプレストオリジナル兵器に携わっている。無愛想で、冷たく、パイロットすらマシンを構成する要素と見ている節がある。とは言えマッドサイエンティストというわけではなく、時には人間らしい一面を見せることも。

初代ヒュッケバインの暴走事故で生き残った3人の一人でもあり、意外に運には恵まれている。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
リアル系主人公の場合に出番が多い。
ヒュッケバインブラックホールエンジン暴走事故の影響でヒュッケバインMk-IIがお蔵入りの危機に陥ると、マオ社の社員で念動力者の素養がある主人公に輸送任務を与え、ティターンズに輸送情報を流しエゥーゴに保護させることで、半ば強引に実戦投入している。元々はイングラム発案の計画とはいえ、仕事へのこだわりは相当なものであることが伺える。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
スーパーロボット大戦α外伝
第2次スーパーロボット大戦α
今回の仕事はヒュッケバインMk-IIIの改修と、ビルトビルガービルトファルケンの設計(作中では彼が設計を担当した描写はない)。マオ社に封印されていたMk-IIIを密かに持ち出す際、2種のAMパーツも回収しようとしたが上手く行かなかったようだ。もし、AMパーツの回収に成功していたなら、Mk-IIIの戦闘能力は格段に上昇したに違いない。が、それはそれでビルトビルガーの影が薄くなってしまうので仕方ないか。
第3次スーパーロボット大戦α
最後の大仕事たるバンプレイオスを完成させた。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
リュウセイ編で登場し、キョウスケらと合流時にはイングラムが仕掛けたSRXチームATXチームの模擬戦に満足。自身が手がけたSRXはマリオンの部品で機体強度を保つことに成功している。また、元妻のマリオン・ラドム博士が初登場した。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
マリオンが設計したビルトビルガーの右腕の武装(最終的に鋏)を巡って言い争っていた。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
スーパーロボット大戦OG外伝
一連のEOT一人者として様々な機体を整備し、エクサランスシリーズは彼の興味を引いた。
第2次スーパーロボット大戦OG
本作ではエグゼクスバインの設計に関与。事実上の次回作『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』ではなんと未出演(テスラ・ライヒ研究所にいるマリオン博士は登場している)。おそらく、マオ社かテスラ・ライヒ研究所にいるものと推測されるが。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
声が風間勇刀氏に変更された。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター

人間関係[編集]

ロバート・H・オオミヤ
同僚であり、気が合っている仲。
マリオン・ラドム
かつての妻。ATX計画を昇華させたのは彼でもある。
ケンゾウ・コバヤシ
彼と協力して念動力を応用した兵器を開発。
ヴィレッタ・バディム
同じく同僚。
イングラム・プリスケン
SRX計画におけるかつての上司。彼の齎した技術を最大限に生かした。
リン・マオ
同社の社長。彼の出すプランには何の閏ことなく採用している。

名台詞[編集]

「あとはT-LINKシステムの中枢が回復するのを待つだけだ」
「パイロットなどマシンの1パーツに過ぎんよ」
『OG1』リュウセイ編第31話「仮面の下にある顔は」より。カークの仕事に対するスタンスを象徴する台詞。
しかもアヤがイングラムに裏切られ、ショックを受けていることが明らかな上での発言である。横で聞いていたロブもさすがに怒りを露わにした。
「仕方がない。Rシリーズの変形機構は複雑だからな」
「特にマリオンの機体は調整が難しいからな」
『OG1』リュウセイ編第36話「マリオネット・ソルジャー」、および第37話「黒い幽霊」にて。前者の設計はほかならぬカーク自身であり、後者の場合は人の事が言えるのかとマリオンに突っ込まれた。
設計の複雑さはなるべくしてなったのであり、そこから生じる問題解決はまた別の話、と割り切っているのだろう。誰が作ったのかはこの際些細な問題ではないらしい。
「何の用だ? マリー…」
『OG1』リュウセイ編第36話「マリオネット・ソルジャー」より。SRX用に調整した新型サーボ・モーターを携えて現れたマリオンを、思わず愛称で呼ぶ。即座に「もうその名で呼ばれる筋合いはない」、と訂正された。
安否不明だった相手が無事だったにしては冷淡な態度だが、愛称を口にするあたりがカークなりの照れ隠しなのだろうか。
「わかった…。ただし、命だけは大事にな」
マリオン「…あなたが人間らしい台詞を言うと、不思議な気持ちになりますわね」
「…お前くらいにしか言わんがな」
『OG1』リュウセイ編第37話「黒い幽霊」にて、エアロゲイターとの決戦に同行するマリオンを気遣う。
珍しく人間味を垣間見せるシーン。

関連機体[編集]

SRX計画
R-1R-2パワード)、R-3パワード)、R-GUNパワード)、SRXART-1バンプレイオス全てに関与、設計。
ゲシュペンストシリーズ
ゲシュペンストMk-IIに関与
ヒュッケバインシリーズ
Mk-IMk-IIMk-IIIEXエクスバインエグゼクスバイン)とヒュッケバインシリーズは全て彼が設計を担当している。
グルンガストシリーズ
弐式参式に関与しているが、主に同僚のロバートが手がけることが多い。
ATX計画
ビルトビルガービルトファルケンの設計を担当。ファルケンのみ彼の設計プランで固めた。
アルブレード・カスタム
アルブレードのカスタマイズ機。
エクサランス
エクサランス・ライトニングエクサランス・エターナルの設計に関与。フレーム換装システムは参考になったほど評価が高い。