ヴィレッタ・バディム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヴィレッタ・バディム
外国語表記 Viletta Badim
登場作品
声優 田中敦子
デザイン 河野さち子
初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
(SH作戦)
種族 地球人とバード星人のハーフ(のクローン人間)
性別
外見年齢 19歳
所属 反TDFレジスタンス組織ピースクラフト(新西暦195年) → TDF(地球防衛軍)極東支部(新西暦155年) → 特殊部隊ガイアセイバーズ
テンプレートを表示
プロフィール
(SRWシリーズ)
本名 ヴィレッタ・プリスケン
種族
αシリーズ
バルマー星人[1]
OGシリーズ
バルシェム
性別
年齢 29歳
身長 170cm
体重 45kg
所属 ゼ・バルマリィ帝国マオ・インダストリー社 → 地球連邦軍極東支部・SRXチーム隊長
軍階級
αシリーズ
戦爵(ゼ・バルマリィ帝国) → 大尉(αナンバーズ
OGシリーズ
大尉(地球連邦軍)
テンプレートを表示

ヴィレッタ・バディムは『スーパーヒーロー作戦』の主人公

概要[編集]

イングラム・プリスケンがまだ正気の頃に生み出した彼のクローンで、バルマー側に露見しないように女性になっている。OGシリーズではディバイン・ウォーズやOGs展開時に設定変更が行われ、イングラムと共に制作されたヴェート・バルシェム(=のちのヴィレッタ)を、彼がジュデッカの枷から解き放った事になっているが、いずれもバルマー側から味方になるスパイとなっている。

名前自体は『スーパーヒーロー作戦』の際には「ヴィレッタ・プリスケン」だったが、スパロボシリーズでは偽名の「ヴィレッタ・バディム」を使用、これが半ば地球上での本名となっている。バディムという名は『スーパーヒーロー作戦』の敵組織の名前でαシリーズやOGシリーズでは過去に活動した犯罪組織となっており、そこから採られたらしいが詳細は明かされていない。名前はイングラム等と同じく、銃器メーカーの一つ『ピエトロ・ベレッタ』から取られている。

イングラム死後は、彼から託されたSRXチームの育成に尽力する。アヤ・コバヤシリュウセイ・ダテに対して厳しい訓練を課すが、たまに何気なく褒めたりしている。

OG等では自らの正体に関して大いに悩み、ライディース・F・ブランシュタインからは疑いの目を向けられた事もあった(ちなみにOVAドラマCDのブックレットによると正体は割とバレバレ)。が、自ら正体を明かす事で和解。一番の懸念であったリュウセイにも、あっさり交わされる。人の手で創造された者同士という事もあってか、ラミア・ラヴレスに対してはかなり親近感がある模様。また、二重スパイだった過去に負い目があったようで、自分を信用してくれたギリアム・イェーガーに対しては(恋愛感情かどうかは別として)格別な信頼を寄せており、旧教導隊員と並ぶギリアムの友人という扱いを受けている。ヴィレッタが(正確にはイングラムの方が近いが)ギリアムのオマージュという事を考えると意味深である。尚、OG1のエンディングではギリアムに自身の正体と本名を告白している。

その出自ゆえに社会経験が乏しい事もあってか、エクセレン・ブロウニングのギャグを真に受けたり、ラーダ・バイラバンのヨガに付き合ってしまったり、エイタ・ナダカの名前を間違えたりと、クールな性格に反して天然ボケが激しい一面を持っている。

余談だが、スレイ・プレスティスレイ・ブレスティと間違われるのと同様、バティムパディムなど、彼女の姓を間違って覚えているファンも多い。正しくはバディムである。

登場作品と役柄[編集]

シリーズが進むにつれ、能力や精神コマンドが微妙に弱体化している。『α』では念動力のレベルが9まで上がったのだが、『α外伝』以降レベル上限が3まで低下し、OGシリーズではなんと念動力を失ってしまった。ただしSRXチームとの連係は光るものがあるので一概に弱いとは言い難い部分もある。中々強い機体にも恵まれない。今後強力な専用機が用意されるといいのだが(もっとも、競合相手であるマイが『第3次α』ではバンプレイオスサブパイロットになっていたり、OGシリーズではART-1を手に入れたりしてR-GUNパワード自体も念動力を使用しない仕様に変更されているため同機のメインパイロットに納まりつつある)。

αシリーズ[編集]

αシリーズでは数少ない(味方オリジナルパイロットとしては唯一の)皆勤賞のキャラである。

スーパーロボット大戦α
スパロボシリーズ初登場。今作から苗字が「バディム」になった。序盤は敵、隠し要素の条件付で終盤にR-GUNパワードのパイロットになるが、彼女との二択で加入するレビが奇跡を使えるなどの理由で優先されがち。敵の時は念動力を得ていない。αシリーズでは、正気の頃のイングラムの指示でスパイとしてバルマー側にいたことになっている。能力的にはイングラムに匹敵するが、参戦時期を考えるとSRXの合体要員になるのが一般的。このαでのヴィレッタのバストアップ絵は、目が小さく髪もあまり長くないなど、以降の作品でのデザインとはっきりとした違いがある。戦闘台詞も高圧的でイングラムそっくり。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
『α外伝』と同じく念動力の限界Lvがダウン。成長も鈍い。かく乱を失い、代わりに加速ひらめきが追加。SRX合体時はPS版と変わらず気合要員か。
スーパーロボット大戦α外伝
月ルート5話で一時加入後、8話開始時に正式に加入。搭乗機は今回もR-GUNパワード。能力は全体的に高めで新技能の指揮官を持つが、念動力が最大2へと大幅ダウンし(しかも5話時点では覚えてすらいない)、を忘れ、援護もなく、R-GUNの性能も含め戦力的には弱くは無いがいまひとつパッとしない。未来での加入が後半から終盤に差し掛かる辺りと非常に遅いのも難点。物語における役割はサポートとアドバイザーである。
第2次スーパーロボット大戦α
αナンバーズに合流すべく、レーツェル・ファインシュメッカーと共にヒュッケバインMk-IIIを駆る。SRXチームから唯一の参戦という大抜擢だが、今回もサポート役。小隊員として優秀。
第3次スーパーロボット大戦α
今回もサポートとアドバイザー役としての役目。SRXチームの隊長として、乗機はR-GUNパワードで固定。能力と精神コマンドのバランスが良い。なお、射撃値がリュウセイより高いので、必殺砲を撃つ際はヴィレッタの方が敵に与えるダメージが大きい。ちなみに、オプションの『ガイダンスシナリオ』にも講師として出演。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION
エアロゲイター(ゼ・バルマリィ帝国)と地球の間で二重スパイを行う彼女の姿が見られる。本作のみ「強運」を持っている。専用のテーマ曲も登場した。
スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
SRXチームの隊長に就任。R-GUNパワードも登場し、SRXとの合体攻撃要員になれるが、マイも可能なので枠の奪い合いとなる。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
OG1シナリオではリメイク版と同様に強運を持つ。OG2,5で追加されたART-1に登場する事が出来る数少ないパイロットの1人だが、念動力が無いのでR-GUNパワードが事実上の専用機となる。
スーパーロボット大戦OG外伝
R-GUNパワードの武装が変更され、念動力をもたないヴィレッタとの相性が更に良くなった。シナリオ的な出番は少ないが、戦闘では大いにお世話になるだろう。
第2次スーパーロボット大戦OG
貴重な「統率」持ちの一人であり、一撃必殺砲でマキシマムブレイクを開始できるという強みを持つ。何の因果か、初登場作品の所属部隊同じ名前の部隊と戦う羽目になってしまったが、メタ的に言えばヴィレッタのせいでガイアセイバーズと戦う事になったと言えなくもない(何せ、ヴィレッタがバディム姓を名乗っているのでバディムの名前は使えない)。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
宇宙ルート第2話より参入。エースボーナスの変更で合体攻撃要員としても単独でも立ち回りやすくなった。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
初登場作品であり、本作の女主人公。自然と動物を愛する心優しい性格。男主人公であるイングラムとの選択制で、苗字もイングラムと同じ「プリスケン」だった。ちなみに後の歴史では彼女がこの作品にいた流れはIFとなっている。
なお彼女を主人公にしても、テキストは一人称を「俺」から「私」に変えただけで、イングラムとほぼ同じである。故に「彼ってその人の事かい?」と男扱いを受けるイベントもある。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

αでは特に低い能力も見当たらず、精神も優秀でイングラム同様強力なパイロット。加入する時期が遅いので、その頃にはSRXを精神でサポートする事が多いだろう。OGでも優秀さは相変わらずだが、OG外伝までは乗せる機体がパッとしないことが多い。

精神コマンド[編集]

α
集中必中熱血気合かく乱
第2次α
集中ひらめき加速必中熱血祝福
第3次α
加速集中直感熱血士気気合
OG1
偵察集中加速狙撃熱血見切り
OGs
偵察集中加速ひらめき熱血必中かく乱
OGシリーズ、「かく乱」はOGs以降。「偵察」の微妙感が否めないが、リアル系として必要なコマンドは揃っている。コンプリートが28レベルと早いのも強み。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α
念動力L9切り払いL9
念動力は敵時には得ておらず、味方に加入した時に追加される。
第2次α第3次α
念動力L3、援護攻撃L3、援護防御L3、支援攻撃
OG1
強運援護L3、集中力ガンファイトL5、インファイトL5
OGs(OG1)
強運援護攻撃L3、援護防御L3、集中力ガンファイトL5、インファイトL5
OGs(OG2)
援護防御L3、集中力ガンファイトL8
第2次OG
統率集中力見切り援護防御
統率によるMB一撃必殺砲の瞬間的火力は、リュウセイ以上。射撃特化の養成をし易いヴィレッタならば理論値限界を目指すことも不可能ではない。
重要な集中力や恩恵を受けやすい見切りをデフォで修得しているため、養成の負担が少ない部類なのも有難い。その一方で、念動力が無いためR-GUNパワードの念動フィールドを使えず防御に難あり。よって援護防御は上書き推奨となる。

小隊長能力(隊長効果)[編集]

クリティカル率+10%、獲得経験値+20%
第2次α第3次αでの能力。

エースボーナス[編集]

クリティカル率+10%、SP+10
イングラムと全く同じボーナス。SP上昇が素直にありがたい。
クリティカル率+20%、技量+10
第2次OGではこちら。
実質クリティカル率+30%であるが、技量そのものが上昇するため、再攻撃を養成しやすくなる。
特殊スキル「集中力」の効果+10%
OGMDではこちら。
集中力の効果が実に五割増しになるという優れもので、こちらからも最大火力のSRXの合体攻撃を連射出来るようになる。

パイロットBGM[編集]

「WOMAN THE COOL SPY」
ORIGINAL GENERATIONより採用されたヴィレッタ専用BGM。実は開発を担当したサラマンダー・ファクトリーのスタッフに熱狂的なヴィレッタファンがおり、そのスタッフの暴走によってバンプレストの与り知らぬ所で生み出されたBGMである。今ではすっかり定着しており、そのスタッフの想いが成就したといえるだろう。イントロを始め、女性的だがクールなメロディーラインが印象的で、クールな女スパイというヴィレッタのキャラクター像を表現した曲である。
「MARIONETTE MESSIAH」
αにおけるヴィレッタのデフォルトBGM。元はレビのBGM。αのBGMは機体に依存するので、R-GUNのデータがレビ機しか用意されてなかったのかもしれない。
「TIME DIVER」
α外伝ではこちら。元々はイングラムのBGMである。

人間関係[編集]

イングラム・プリスケン
彼とは表裏一体の存在。そして彼のクローンでもある。イングラムの遺志を継ぎ、のちにヴィレッタはSRXチームの隊長となる。ヴィレッタにとって最も大切な者であり再会を望む相手。現在の所、一時的にでも再会が実現したのは第3次αのみ。
リュウセイ・ダテ
SRXチームの一員。イングラム亡き後、彼に厳しく戦闘技術を叩き込んだ。
ライディース・F・ブランシュタイン
SRXチームの一員。イングラムの件もありライは疑念を抱くが、ヴィレッタは自らの真意を吐露することで不審を晴らした。
アヤ・コバヤシ
SRXチームの一員で隊員のリーダー格。下記の理由から、ファンにはしばしば『面倒はアヤに丸投げしている』とネタにされる事も。
マイ・コバヤシ
SRXチームの一員。マイをチームに指名したのはヴィレッタであり、彼女のケアをアヤに一任する。
クスハ・ミズハブルックリン・ラックフィールド
当初はスーパーヒーロー作戦、後にαシリーズとOGシリーズで共闘。ブリットとは、スーパーヒーロー作戦では選択肢次第で恋人になる。α外伝では後にティターンズに拘束されていた彼女達を救出した。
リョウト・ヒカワ
スーパーヒーロー作戦では選択肢次第で恋人になる。
リン・マオ
α外伝では、イージス計画の責任者であり、彼女が社長を勤めるマオ・インダストリーにいたが、マリーメイア軍が襲撃してきた際は、先頭を切って戦った。
アラド・バランガ
第3次αのオプションである『ガイダンスシナリオ』では、彼(の目線を通じたプレイヤー)の講師を務め、ゲームの操作法を懇切丁寧にレクチャーしてくれる。
キャリコ・マクレディ
イングラムのデータをもとに生み出されたクローン(バルシェム)。互いに敵視する関係である。
スペクトラ・マクレディ
キャリコと同様に生み出されたクローン(バルシェム)。スペクトラにとってオリジネイターともいえるヴィレッタを敵視している。
セレーナ・レシタール
仲間の仇であるスペクトラと顔が似ていることもあり、セレーナに誤解されて、戦闘になったことがある。
ユーゼス・ゴッツォ
イングラムの同一体であり、新西暦時代ではイングラムと共に彼を打倒するべくSRXチームを組織する。
クォヴレー・ゴードン
バルシェムの一人。ある事件以来、イングラムと意識を共有する存在になった。
アルマナ・ティクヴァールリア・カイツ
αナンバーズに身柄を拘束された彼女達へ尋問を行うが、あくまでも丁重に接する態度から、ルリアはヴィレッタがバルマー側の人間である事を看破する。
ラーダ・バイラバン
マオ社における友人。ただし、彼女のヨガに他の女性陣と共に付き合って酷い目に遭った事も。
ギリアム・イェーガー
二重スパイであるヴィレッタを真っ先に信用した人物。ヴィレッタもSRXチームとは別の意味で信頼を寄せている。また、ヴィレッタはギリアムのオマージュとして設定されたキャラクターの一人である。
エクセレン・ブロウニング
ヴィレッタのクールさから「お姉様」と呼ぶ。後にラミアと合わせて「美人三姉妹」にされる。
ラミア・ラヴレス
同じ人造人間としてヴィレッタに共感しており、ラミアにとって道標ともなった。また、「美人三姉妹」における妹分的存在でもある。

版権作品との人間関係[編集]

ファ・ユイリィ
α外伝』にて、一緒にマオ・インダストリーにいた仲間。マリーメイア軍が月の本社を攻めてきた際は、彼女もメタスに乗って、ヴィレッタと共に戦った。
ニナ・パープルトン
『α外伝』にて、マオ・インダストリーにいた職場仲間。こちらは、バルマー戦役終結後に有事のためにヒイロ達から、ウイングガンダムゼロカスタムガンダムデスサイズヘルカスタムガンダムヘビーアームズカスタムガンダムサンドロックカスタムを社内で保管して、いつでも出撃できるよう整備していた。

名(迷)台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「私に出会った不幸を呪いなさい」
イングラムやライと同じ言い回し。
「今度は別の相手を狙うことだ」
同上。クォヴレーも似たような言い回しをする。
「ライフル、ダブルファイア!」
愛銃のツイン・マグナライフル発射時の台詞。元は『スーパーヒーロー作戦』での同武器の使用時の台詞「ダブルファイア!」より。
「デッドエンドシュート!」
ヴィレッタの決め台詞。射撃系必殺武器の名前のあとにこの台詞を言う。ちなみにイングラムを始め、彼に繋がる人物は大抵この台詞がある。格闘武器の場合は「デッド・エンド・スラッシュ」となる。またアルトアイゼン・リーゼのエリアル・クレイモア使用時には「デッド・エンド・ファイア」になる。
「フッ、死ぬのが怖いか…!?」
「お前の命運は…私の手で尽きることになる!」
「私への下手な手出しは命取りになる……」
「見えるよ…お前の死が!」
「己の無力を悔やむがいい……」
「我が敵を食らい尽くせ!アサシン・バグス!」
「これは死にゆくお前に贈る指輪だよ」
αの敵ヴィレッタの台詞。イングラムのクローンだけあって悪役らしい台詞ばかり。α以降の作品では敵対することが少なくなり、敵らしい台詞もあまり言わなくなったので結構貴重。ちなみに一部の台詞は第3次αにてスペクトラが使用。
「アヤ、任せる!」
「任せるわ、アヤ」
一撃必殺砲の時の台詞なのだが……必殺砲を連発するとこの台詞を頻繁に聞くことになり、そのためにヴィレッタは事あるごとにアヤに問題を丸投げするキャラという扱いをファンから受ける事になってしまう。しかも、OGS中断メッセージで公式にネタ化した。ちなみに理由は、OGではR-GUNの制御にT-LINKシステムが必要(マイ搭乗時はツインコンタクトが可能)なので、念動力のないヴィレッタには使えないため。ちなみにイングラムも死に際にヴィレッタに「任せる」発言をしている。なお、念動力者であるαではこの台詞はない。

αシリーズ[編集]

「報告通り、なかなか面白いサンプルが揃っているようだな」
「わざわざこんな銀河辺境の惑星まで来た甲斐があるというものだ」
α(『DC』)』(南アタリア島へ向かうルート)第12話「野望の男」or(ジャブローへ向かうルート)第13話「翼を持ったガンダム」より。敵として初登場した時のDVE台詞。
「私が信用できないのなら、いつでもR-GUNのリミッターをSRXから解除すればいいわ…」
「そうすれば、私はR-GUNと共に消滅する事になる」
『α(DC)』第61話「運命の矢」で仲間としてロンド・ベル隊に加入したものの、ピーキーなR-GUNパワードを乗りこなすヴィレッタの力量を却って訝しむリュウセイからの疑問に、覚悟の度合いを示して彼の信頼を得る。
(…イングラム…これでいいのでしょう…?)
直後、リュウセイを納得させた後に呟いたモノローグ。イングラムの指示を守ってバルマーでスパイ活動をし、最終的にSRXチームに合流した自身の行動が間違っていなかったかを心の中で問いかけている。この時のイングラムは、洗脳されて従っていたはずのバルマーから離反し、行方知れずの状況。
「…行きなさい。あなた達はもう自由の身よ」
「気にすることはない。これが…私達に出来るせめてもの償いだから」
「縁があったら…また会いましょう」
第2次αクスハ編第1話「龍虎激突」におけるクスハの回想シーンでの台詞。クスハが初代『α』からの主人公ということもありDVEとなっている。
あの子のこと…お願いね。あなた達と一緒にいた方が…幸せになれると思うから」
『第2次α』クスハ編エンディングより。
「マイナスの感情をプラスの力に変えるのは、本人の目指す先をどこに据えるかにあるわ」
「…あなたにも自分なりの決着をつける日が来る事を祈らせてもらうわ」
第3次α中盤でのセレーナへの忠告。この言葉を禅問答とばかりに、鼻で笑う(ような顔グラを見せる)セレーナであったが…。
「私に生まれの星などありません。ただ、この銀河に生きる一人の人間として、己が使命を全うするだけです」
第43話より。創世神への生贄となる事以外、己の存在意義を見出せないでいたアルマナへ、自身の存在意義を語る。この遣り取りが指針となったのか、アルマナはヴィレッタの言葉を反芻する。

OGシリーズ[編集]

ヴィレッタ「ここで作戦終了と言うわけね…ご苦労様」
アヤ「隊長、何か一言お願いします」
ヴィレッタ「………」
ヴィレッタ「任せるわ、アヤ」
アヤ「え、ええ!? あっ!ちょっと!どこへ行くんですか?隊長!」
件の中断メッセージ。
「お姉様?…私に妹はいないが…」
『OG1』キョウスケ編第12話「ムーンクレイドル」より。エクセレンに初めて「お姉様」と呼ばれた際に。なお、後に妹に当たる人物が現れてしまった。
「ボケ? 花の名前か?」
上記の台詞の後、エクセレンに「ボケも早い」と言われて。カチーナからは「コントやってる場合か!」と言うツッコミが入る。
(喋ると、首が痛む!)
キョウスケ編の序盤、ラーダのヨガに付き合って出撃が遅れてしまう。他の女性陣が痛み訴えるなかで一人だけ沈黙していたが、喋りたくても喋れない状態だった。
「さあ、覚悟なさい…!」
「今まで地球圏を混乱させて来た罪を…その命であがないなさい!」
「…所詮は、権力にすがるしかない老人だったわね。これでお膳立ては終わったわ。また会いましょう、ハガネ、そしてヒリュウ改…」
『OG』第35話「氷の国の方舟」より。己の保身の為に地球圏をエアロゲイターに売り渡そうとしたEOT特別審議会のメンバーに引導を渡した時の場面。
「それから、少佐…最後にお礼を言わせて」
「そうよ。あなたは私のことを信じてくれたから…」
OGのEDにてギリアムに対して。
「ダークブレイン…人形使いの正体はお前か…!」
OG外伝での対ダークブレインの戦闘台詞。地味に声優ネタである。
「……偽りの絆はほころびを生み、いずれ崩壊する」
「疑念はリュウセイ達の力の源になりはしない」
「もうイングラムやかつての私のようなやり方は……」
『OG2』第24話(『OGS』では第31話)「招かれざる異邦人(前編)」より。
混乱を避ける為とはいえ、マイがレビであった事実をリュウセイ達に隠し続けているケンゾウに対して、苦言を呈した。
「それは……私も同じだ」
『OG2』エンディングより。Wシリーズ最後の1体である自身を抹消しようと自爆を試みるラミアを説得する中、ラミアは「私は地球人以前に人間ですらない」と苦言を漏らすが、ヴィレッタはこの発言でラミアを引き止める。事実ラミアもヴィレッタも…。
(私は彼女を……あの機体を知っている。そんな気がする……だが、何故だ?)
第2次OG32話「ダブル・インターセプト」にて、アーマラとの戦闘前会話より。最新鋭機のガリルナガンにまで既視感があるとなると、そちらは十中八九この機体虚憶だろう。
「フ、フフフ……アハハハハハ! 面白いわよ、ライ!」
『OGMD』中断メッセージより。ただし、面白いと言ったギャグについては微妙なところである。

搭乗機体[編集]

最終搭乗機はR-GUNパワードなのだが、それまでは他の機体に乗り込んでいることが多い。

R-GUN
スーパーヒーロー作戦』における主人公機。Rシリーズの1機でもある。
R-GUNパワード
スーパーヒーロー作戦』における主人公機の真の姿。第3次αではこの機体に久々に搭乗する。OG外伝では合体攻撃の関係からマイをART-1に乗せることが多くなると思われるので、必然的にパワードはヴィレッタの所に戻ってくることが多くなるだろう。それを想定してか、合体攻撃の「天上天下一撃必殺砲」も再調整され、ヴィレッタ版は大幅に使いやすくなっている。
ゲシュペンストMk-II・タイプS
OG1では条件次第でこの機体に搭乗する。この時点ではキックは存在しないので、彼女の雄叫びはなし。
ヒュッケバイン008L
OG1では条件次第でこの機体に搭乗する。
グルンガスト3号機
OG1時代の愛機。
グルンガスト2号機
OGsで登場した、OG1時代の愛機。
ゲシュペンストMk-II・タイプR
OG2時代の愛機。R-GUNパワードが出るまでの繋ぎだが、R-GUNをマイに運用させる場合は、彼女はゲームを通じてこれに搭乗することになる。
ヒュッケバインMk-III・タイプL
第2次αの時の愛機。優秀な小隊員機である。
ガーバインMk-III
ヒュッケバインMk-IIIを偽装したジ・インスペクターでの乗機。
ハバクク
エゼキエル
アンティノラ
エアロゲイター時代の機体。OGではアンティノラが存在しないため、搭乗しない。ハバククも存在はするが最初からエゼキエルに乗っているため搭乗しない。
エゼキエル・ラヴァン
ガルイン搭乗機。OGリュウセイ編で使用するが、ゲーザにあっさり撃墜された。

余談[編集]

  • 一部のファンからは、彼女の容貌が『スーパーロボット大戦64』のヴァル=アに似ているとの声がある。ただし、先に登場したのはヴィレッタの方なので、「ヴァル=アがヴィレッタに似ている」というのが正しい。
  • 少佐に出世しないことが寺田プロデューサーから語られている。これは、ヴィレッタを演じる田中敦子氏の代表作『攻殻機動隊』の草薙素子の階級が元ネタ。飛び級出世(中佐以上)が起こる可能性も否定できないが。
  • ヴィレッタを演じる田中敦子氏とイングラムを演じる古澤徹氏は、同郷(群馬県前橋市)の出身で、幼稚園時代の同級生である。単なる偶然なのか狙っているのかは不明だが、中々興味深い。
  • イングラムを含むチーム内では唯一、歌詞つきの個人専用曲を持たない(TIME DIVER、MARIONETTE MESSIAHは元々イングラム、マイの曲)。

脚注[編集]

  1. 実際は上記設定であるイングラムのクローン人間。