2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

精神ポイント

提供: スーパーロボット大戦Wiki
SPから転送)
移動先: 案内検索

精神コマンドを使う際に消費されるリソースの事。略称は「SP」。

一部作品を除き、パイロットには必ずそれぞれその時点での限界値の分のSPが振り分けられている。SPは「精神コマンド」の使用により消費される。基本的に精神コマンドのみに使用されるものだが、作品によってはマップクリア時に残っている精神ポイントに応じた経験値を獲得できる(基本はSP×2)。

作品によってSP最大値の傾向は異なるが、概ね多人数乗りのスーパーロボット乗り等のサブパイロットがつく場合は最大値が少ない傾向にあり、逆に一人乗りの場合は多めに設定されている。また、メインになれないサブパイロット限定のキャラは全体的にSP量が少なく、後述の強化・回復手段も乏しい場合が多い。

また、『OE』ではオーラバリアの軽減値に影響する。

最大SPを上昇させる手段[編集]

基本的に特殊技能の付加で増やせる。PP制の作品では「SPアップLv○(1から9)」。スキルコーディネイトシステム制の作品では「精神力+○○(5から20)」。スキルパーツ制の作品では名称が統一されておらず、『D』などでは「精神力+○○(5から20)」、『J』などでは「最大SP+○(5から15)」、『K』以降は「SPアップ+」でレベル制(1から9)となっている。

またSPの最大値を増やす強化パーツも存在し、『IMPACT』の「精神エナジー装置」や『OE』の「ラクスのディスク」など(共に最大SPが+10)がある。

SPを回復させる方法[編集]

難易度に直結するリソースであるため、基本的に回復の方法は限られている。ただしシステムが大きく異なる『NEO』・『OE』は逆に回復・増加手段が多い(詳細は『NEO』の項目を参照)。

特殊技能[編集]

養成可能
SP回復
ターンの経過で一定の割合(多くは10%)、もしくは固定値をターン毎に回復する。『第2次α』、OGシリーズ(『第2次OG』は除く)、『COMPACT3』、『MX』、『第2次Z再世篇』、『UX』、『BX』で習得可能。他の作品では先天技能で存在する場合もある。
同様の効果を持つものとして、『IMPACT』・『MX』の念動力超A級超能力イノベイター(『UX』・『BX』以外)がある(これらは全て先天技能)。
起死回生
発動条件を満たし、ターンを経過させると1度に全回復するが、発動条件が厳しく活用できる局面は限定される。
SPゲット
『第2次Z再世篇』に登場。敵機撃墜で一戦闘につき10回復、MAP兵器や相手の援護防御を利用して一度に複数機倒しても回復量は10で固定。搭乗機体がMAP兵器を所持せず、反撃で敵を倒すタイプのパイロットに有効。
移動+精神
『UX』・『BX』に登場。マップを1マス移動ごとにSPが1回復する。
養成不可
精神力魔力
『OE』で初登場。一戦闘につき、前者は+技能Lv×1/2(端数切り上げ)、後者は+技能Lv×1さらに増加する。援護攻撃援護防御時にも適応される上、援護される側が自力で撃墜したり回避で援護行動が発生しなかった場合にもこのスキルでの分が適応されるため、工夫次第でかなりの量を回収できる。最大SP上昇の効果も付属。
ケロン人
『OE』で初登場。回避時に+技能Lv×1される。ゴッドケロン時はサブパイロットのケロロ小隊も回復する。
イノベイター
『第2次Z』で初登場。気力140以上でステータスアップに加え、SPが毎ターン10ポイント回復する(任天堂携帯機シリーズではこの効果はなし)。
超A級超能力
『第2次Z』で登場。超能力L9の効果に加え、SPが毎ターン10ポイント回復する。

強化パーツを使う[編集]

名称は登場作品由来のものが多く、そのバリエーションは非常に多彩。

NEO』以降は1ステージごとの再利用が可能になり使い勝手が増した。

SP回復数 パーツ名 作品名 備考
5回復 バナナ大福 NEO 気力+3の追加効果
ラムネ OE
ハゼの干物 OE 気力+2の追加効果
10回復 逆転ラーメン NEO
OE
気力+5(NEO)or+3(OE)の追加効果
午後のモアモアティー OE
C.C.のピザ OE 気力+2の追加効果
マルチリペア OE 気力+10&HP・MP10%回復の追加効果
エリクサー OE 気力+10&HP全回復の追加効果
15回復 ブタモグラのステーキ OE 気力+4の追加効果
マルチリペアSR OE HP・MP15%回復の追加効果
20回復 ラムネ MX
OVAのコロッケ 第2次α
第3次α
トライデント焼き W
郁絵のおやつ 第2次Z
薬草 NEO
塩コーヒー OE
岩トカゲの丸焼き 気力+5の追加効果
ミストルーン OE EN50%回復の追加効果
30回復 ドンキーのパン Z
カバ牛の乳 OE
40回復 ブタモグラのステーキ 第2次Z
トライデント焼き 第3次Z
ウドのコーヒー OE
50回復 無針アンプル剤 IMPACT
アンドロメダ焼き 第3次α
火星丼 AP
W
セシリーのパン 第2次α
母さんのシチュー R
MX
カットナライザー 第2次α
第3次α
気力-50の副作用あり
井草庵ラーメン COMPACT3
非常食 XOまでのエーアイ製作品
エリクサー NEO
SPドリンク OGシリーズ
60回復 ZENのドーナツ 第3次Z
100回復 娘娘名物まぐろマン 第3次Z
全回復 アンドロメダ焼き α サブパイロットにも効果あり
ドンキーのパン α外伝 サブパイロットにも効果あり
スーパーリペアキット α外伝 HP・EN全回復の追加効果
サブパイロットにも効果あり
勝利の鍵 第2次α
第3次α
爆熱ゴッドカレーパン W
パンチャの実 Z
娘娘名物まぐろマン 第2次Z
レ・ミィの丸焼き K
SSPドリンク OGシリーズ

強化パーツを装備する[編集]

一定の割合(多くは10%)、もしくは固定値をターン毎、ないし特定行動をとることでに回復するパーツが存在する。

また回復とは異なるが、『OE』では出撃時のSPが最大SPの30%になるため、これを増やす強化パーツが存在するほか、最大SPを伸ばすパーツでも僅かに初期SPが延びる。

パーツ名 作品名 備考
リリス王家の紋章 IMPACT
ミンメイのディスク 第3次α
シェリルのディスク 第2次Z
第3次Z
ブロンズエンブレム 第2次Z再世篇
第3次Z
回復量は+20(第3次Zでは+15)
再世の紋章 第3次Z 複合型パーツの副次効果
SPゲッター 第3次Z 敵チーム壊滅時にSP+10
おコンさんのお面 第3次Z天獄篇 出撃時SPが最大値に
ひとみのペンダント COMPACT3
エイダの紋章 OE 回復量は+2
ソーディンの紋章 OE 回復量は+4
ゲッター炉 OE 回復量は+3
気力+5の追加効果
P・A・S・F・U W 1マス移動ごとに1回復
ゴウバインヘルメット K 1マス移動ごとに1回復
白組ハチマキ NEO 敵撃墜時に+3
宝珠 NEO
OE
回避成功時に+3
OEは気力+3の追加効果
魔法金属装甲 OE 戦闘時に+1
HP装甲上昇パーツの副次効果
精霊石の欠片 OE 敵撃墜時に+3
複合型パーツの副次効果
ランカのディスク OE 出撃時SP+10
ライジンブレス OE 出撃時SP+15
ライジンコマンダー OE 出撃時SP+20

固有エースボーナス[編集]

固有のエースボーナスが設定されている作品では、自軍フェイズ開始時にSP回復などのボーナスを持つキャラクターが存在する。

回復魔法 / 回復魔法S[編集]

『NEO』のリュープリースト・バウルスリューハイプリースト・バウルス固有のコマンド。HP回復のオマケにSPが微増。

を使う[編集]

「POWER TO THE DREAM」
「MY FRIENDS」
MAP兵器版も存在。
マクロス・クォーターの「歌」コマンド
『OE』にて。乗艦しているランカシェリルが歌う設定。

精神コマンドを使う[編集]

復活
ただし対象が撃破されている必要がある。
祈り
『64』のみ。
期待
回復量や効果範囲(サブパイロットまで回復させるか否か)は作品ごとに異なる。
献身
八卦
ふれあい

ターンを送る[編集]

『NEO』『OE』『第3次Z』『V』『X』においては、ターンごとにSPが回復(上昇)していく。反面、ステージ開始時のSP値は最大値に届いていない。

その他[編集]

チャージSP
『第3次Z』のシステム「タッグコマンド」の一つで、チーム内の両メインパイロットのSPを25回復する。

残存SPにより経験値が獲得できるシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
シリーズ初出。Lv UPに必要な経験値の上限が500であるため、非常に有効な手段。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
Lv UPに必要な経験値500の上限が変更。計算方式も「マップクリア時に残っているSP×Lv」に変更された。Lv UPに大量の経験値を必要とするため、このシステムの重要性は低下した。『III』以降はPPにボーナスが入る形式になったため、このボーナスは無くなった。
スーパーロボット大戦F / F完結編
スーパーロボット大戦COMPACT

なお『リアルロボット戦線』では逆に精神コマンドを使うごとに消費SPの1/2(端数切り上げ)が経験値として入るので、マップクリアまでに全て使い切るのがベターとなる。