スーパーロボット大戦30

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーロボット大戦30
読み スーパーロボットたいせんサーティ
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
対応機種 Nintendo Switch
プレイステーション4
パソコン(Steam)
主題歌 「Drei Kreuz ~鋼のサバイバー~」
発売日 2021年10月28日発売予定
価格

PS4 通常版

PS4 デジタルデラックスエディション

  • 13500円+税[2]

PS4 デジタルアルティメットエディション

  • 16500円+税[2]

Switch 通常版

Switch デジタルデラックスエディション

  • 13500円+税[2]

Switch デジタルアルティメットエディション

  • 16500円+税[2]

STEAM 通常版

STEAM デジタルデラックスエディション

STEAM アルティメットエディション

CERO区分 C
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦30』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。

概要[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦シリーズ30周年記念タイトル。タイトルの由来はそのまま「30周年の30」からで、30の部分は「サーティ」と読む[4]

2021年6月16日配信の「Nintendo Direct | E3 2021」にて電撃発表された[5]。同配信動画では一部参戦作品を抜粋したティザーPVが公開され、2021年7月11日配信のシリーズ生誕30周年オンラインイベント「スーパーロボット大戦 鋼の超感謝祭2021」にて全参戦作品が公表された。

対応プラットフォームは Switch /PS4/ PC(Steam)で、シリーズ初のコンシューマとPCとのマルチプラットフォームとなる。

スーパーロボット大戦V』以降恒例となっている参戦作品の原曲収録版については期間限定生産の「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」ではなく、「プレミアムサウンド&データパック」として任意ダウンロード購入による形式となった。限定版がリリースされていなかったPC版でも販売される。また、後述の追加参戦DLCを順次受け取れるシーズンパスも販売され、シーズンパス購入者用の特典ミッションも配布される。

プレミアムバンダイなど一部の通販サイト限定販売として、ヒュッケバイン30の稼働フィギュアを同梱した「超限定版」が販売され、1時間も経たないうちに完売した。ただし、こちらにはシーズンパスやプレミアムサウンド&データパックは同梱されていない。

システム[編集 | ソースを編集]

新システム[編集 | ソースを編集]

タクティカル・エリア・セレクト
任意のポイントを選択することでストーリー展開や入手機体が変化するシステム。COMPACTシリーズのフリーオーダーシナリオシステムに似ているが、『スーパーロボット大戦X-Ω』『スーパーロボット大戦DD』などのアプリ系タイトルの周回育成要素やユニットクエストを取り入れたものとなる。
ワールドマップからミッションを選ぶ「戦略フェイズ画面」一覧からミッションを選べる「ミッション画面」ドライストレーガー艦内で発生する「艦内ミッション画面」の3つを切り替えながらプレイしたいミッションを選択し、ステージを攻略する。中にはワールドマップからしか選択できないミッションも存在し、妖精のアイコンが表示される次元境界線歪曲現象に関するミッション(他のミッションを選択すると消滅する)や哨戒任務が発生する「!」マークのミッション、強化パーツが手に入る「○○の遺産」といったミッション、会話だけのサブストーリーミッションが存在する。
シナリオ進行に必須となる「キーミッション」が存在し、それだけをクリアしてもエンディングに辿り着けると公式サイトのQ&Aでアナウンスされている。
AUTOバトル
スーパーロボット大戦DD』でも採用されている自動操作モード。家庭用では本作にて初導入。今作では各ユニットごとに自動行動の方針を設定可能になっており、あらかじめ設定しておくことで思考をある程度制御できる。全てのエリアミッションで使用可能と公式サイトのQ&Aでアナウンスされている。
MxP(ミッションエクスペリエンスポイント)
ドライストレーガーの施設をアップデートするためのポイント。

既存システムと変更点[編集 | ソースを編集]

パイロット養成
養成に使用するポイントは、VXT三部作のTacP同様に部隊全員で共有されるが、名称としてはZシリーズ以前に使用されていたPP(パイロットポイント)に戻っている。
エディットBGM
VXT三部作と同様、PS4とSteamには対応しており、PS5本体でPS4版をプレイする際にも使用可能。一方でSwitch及びSwitch Liteは未対応となる。

演出面[編集 | ソースを編集]

  • 戦闘アニメの導入部における「機体が画面外から登場→戦闘前セリフ再生→戦闘アニメ開始」という流れの内、従来作では統一されていた「機体が画面外から登場→戦闘前セリフ再生」の部分が本作では機体毎に大きく異なっており、これまで同様に画面右から登場するものもあれば、「OGシリーズ」のように戦闘アニメ開始時にはすでに画面内に機体がいるパターンや、最初にパイロットカットインから始まって次に機体立ち絵が映るパターン、機体立ち絵ではなく戦闘アニメの演出から始まるパターン等複数存在する。

参戦作品[編集 | ソースを編集]

★は新規参戦、●は機体のみの参戦。

『ガンダムNT』『復活のルルーシュ』『マジェスティックプリンス』は、『スーパーロボット大戦X-Ω』による期間限定参戦を経て初の正式参戦[6]となる。ガンダムシリーズ宇宙世紀作品のみで、アナザー系作品が参戦しないのは『スーパーロボット大戦XO』以来15年ぶり。また『コン・バトラーV』『ガンダム』『MSV』『Vガンダム』『エルガイム』など、据置機向けタイトルに10年以上参戦ブランクのあった作品の復帰も多い。これ以外にも『ゲッターロボ大決戦!』から真ゲッタードラゴンがゲスト出演する。

過去作品のオリジナルキャラクターから、SRXリュウセイ・ダテサイバスターマサキ・アンドーが初回生産同梱・DL版予約特典としてスペシャル参戦。VXT三部作におけるスペシャル参戦は早期加入(特典適用無しの場合加入が遅くなる)であったが、本作ではこれらの特典を導入しない限り登場しない仕様となっている[7]

また、本作ではDLCとして参戦作品および機体の追加が告知されている。DLC機体は総計18機で前述の通りシーズンパス方式で2弾に分け9機ずつ追加される予定。また、そのうち4機はOGシリーズより選出される[8]

バンプレストオリジナル[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

XXXプロジェクト[編集 | ソースを編集]

エッジ・セインクラウス
本作の男性主人公。キャラクターデザインは河野さち子氏、担当声優は杉田智和氏。
アズ・セインクラウス
本作の女性主人公。キャラクターデザインは糸井美穂氏、担当声優は相沢舞氏。

ドライストレーガー[編集 | ソースを編集]

ドライストレーガークルーのキャラクターデザインは曽我部修司氏&ののかなこ氏が担当。

ミツバ・グレイヴァレー
ドライストレーガー艦長。担当声優は早見沙織氏。
レイノルド・ハーディン
ドライストレーガー副長。担当声優は赤羽根健治氏。
リアン・アンバード
ドライストレーガーのチーフオペレーター。担当声優は高橋花林氏。

敵対者[編集 | ソースを編集]

カールレウム・ヴァウル
キャラクターデザインは曽我部修司氏、担当声優は中村悠一氏。

登場メカ[編集 | ソースを編集]

XXXプロジェクトのメカ[編集 | ソースを編集]

ヒュッケバイン30
主人公の乗機。デザインはカトキハジメ氏。

ドライストレーガーのメカ[編集 | ソースを編集]

ドライストレーガー
本作のオリジナル母艦となる、ドライストレーガー級万能戦闘母艦1番艦。デザインは宮武一貴氏。

敵対者のメカ[編集 | ソースを編集]

グラヴァリン
カールレウムの乗機。デザインは大張正己氏。

話題[編集 | ソースを編集]

  • タイトルロゴの「30」部分の題字は永井豪氏によるものであり、「0」が氏の自画イラストをあしらったものとなっている。これは日本のスーパーロボットの代表的存在であるマジンガーZの生みの親であるため依頼されたとの事[4]
  • 参戦作品の正式発表前にバンダイチャンネルで配信されている一部の作品にて本作のPVへのリンクが貼ってあり、『30』の参戦作品ではないかとユーザーの間で話題となった。
    • 後にバンダイチャンネルは、PVへのリンクをスパロボ参戦済み作品全般へ広げている。
    • この話題は公式側も把握していたようで、参戦作品の正式発表時に寺田Pが「だいたい知ってた?いやいや御冗談を」と発言している。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 公式サイトのQ&Aでゲーム本編のデータ容量がNintendo Switch版が約11GB、PlayStation4版並びにSTEAM版は約14GBとアナウンスされている。これは『T』のデータ容量の約2倍であり、PS4版は『OGMD』の約13GBを越えるデータ容量になる。ここにDLCや更新パッチも加わるため、更にデータ容量は増加する。

資料リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 1.0 1.1 パッケージ・ダウンロード
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 ダウンロード
  3. 3.0 3.1 3.2 公式サイトではオープン価格表記。STEAMストアでは税込表示のみ確認可能。
  4. 4.0 4.1 熱血!必中!スパログ!『家庭用最新作「スーパーロボット大戦30」!!』 2021年6月18日閲覧。
  5. このため、初報の同動画ではNintendo Switchのタイトルとして発表されたが、翌朝公開のPVでプレイステーション4Steamとのマルチプラットフォームであることが明かされた。
  6. 『復活のルルーシュ』は『X-Ω』参戦時も機体のみ参戦だったため、初めてシナリオが用意される。
  7. なお特典が後日配信される可能性はあると公式サイトのQ&Aで言及されている。
  8. PV第1弾時点で発表済のサイバスター・SRXは含まず。