Nintendo Switch

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は2017年3月3日に任天堂から発売されたハイブリッド型ゲーム機。

概要[編集]

2015年に「NX」のコードネームで開発が公表され、2016年10月に正式発表された任天堂の新型ゲーム機。

最大の特徴は「据置型ゲーム機と携帯型ゲーム機の両立」をコンセプトとした点で、周辺機器の着脱式コントローラ「Joy-Con」や「Nintendo Switchドック」との組み合わせで据置・携帯両方のゲーム機のスタイルを取ることを可能としている(インタビュー等で任天堂は据置機として扱っている)。

据置・携帯・省電力・省スペース・体感コントローラー・タッチパネル等と、ファミコンからWii Uゲームボーイからニンテンドー3DSまでの任天堂ゲーム機の特徴を多く内包した設計思想となっており、任天堂がかつてより目標としていた「テレビに依存しない据え置きゲーム機」という理想を実現したハードと言える。

任天堂の据え置きゲーム機としては初めて、NVIDIA社製アーキテクチャを採用している[1][2]。従来の任天堂ゲーム機と異なる仕様から、本機は「Wii Uや3DSの後継機ではない」と位置づけられており、それぞれのプラットフォームへの後方互換性はなく[3]、Wiiから続いていたゲームアーカイブ配信サービス「バーチャルコンソール」についても本機では非対応となった[4]

オクタコアスレッドのCPU、RAM容量4GB、HD~フルHD解像度の表示機能[5]、6.2インチ液晶、静電容量式タッチパネル搭載の上、Wii Uやプレイステーション3を上回るスペックを持ち、更に携帯用モードであってもそれとほぼ遜色ない性能を発揮できるため、携帯用ゲーム機としては従来までの機種とは一線を画する性能を誇り、プレイステーション・ヴィータ生産終了後の新作の受け皿としても注目されている。スパロボシリーズにおいては2019年3月20日に『スーパーロボット大戦T』がプレイステーション4とのマルチタイトルとして発売された。

メディアはDSシリーズで実装されていたフラッシュROMカートリッジを採用、容量は8・16・32・64GB[6]で、本体保存メモリーの容量は32GBだが、拡張用の外部記録媒体はmicroSDカードが採用されている[7]為、ソフトのダウンロードにも対応している[8]。また、グラフィックAPIはDirectX12まで対応しているため、一部でプレイステーション4より効率化されたグラフィック処理を行う事が可能で、同機が対応していないH.265動画圧縮規格のデコード処理にも対応した。

機能[編集]

3形態のゲームモード
Switch本体をNintendo Switchドックに装着し家庭用テレビと繋ぐ「TVモード」、本体のスタンドを立てて卓上などでプレイするための「テーブルモード」、本体にJoy-Conを装着して携帯機のように使用する「携帯モード」の3形態によるゲームプレイが可能。モードの切り替えは完全シームレスに行われ、切替スイッチのようなものはない。据え置きモードでのゲームプレイ中にドックから本体を抜けばゲームが一切中断されずに携帯モードに切り替わる(逆も同様)
Nintendo Switchドック
Switch本体をテレビと繋ぐための周辺機器で充電用クレードルも兼ねる。USB端子も3つ備えている。
Joy-Con
Switch本体の両サイドに装着される専用コントローラ。「Joy-Con(L)」と「Joy-Con(R)」で構成され、それぞれが独立したコントロールパッド(計10ボタン+アナログスティック1本)として機能する。付属の「Joy-Conグリップ」に装着してひとつのコントロールパッドとしての使用も可能。
HD振動機能を搭載し、触感も再現したよりリアルな振動を体感できる。(L)にはスクリーンショット用のキャプチャーボタンが備えられ、(R)にはホームボタンの他、モーションカメラとNFCリーダが内蔵される。
双方ともにジャイロセンサーを内蔵しているため、Wiiリモコンのような体感操作も可能。
Nintendo Switch Proコントローラー
従来のコントローラ同様のグリップ形状のワイヤレスコントローラ。機能は基本的にJoy-Con二本分を集約したものだが、モーションIRカメラは非搭載となっている。また、USBケーブルで接続している際はNFC機能が使用できなくなる。
ファミリーコンピュータ コントローラー
「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch ONLINE」配信ソフト向けにファミコンのコントローラーとほぼ同形状となったコントローラ。ボタンが少ないため「ファミコンONLINE」専用となっており、このためか店頭販売は行われずマイニンテンドーストア専売となっている。また、Iコン・IIコンのセット販売となる。
スーパーファミコン コントローラー
「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」配信ソフト向けにスーパーファミコンのコントローラーとほぼ同形状となったコントローラ。やはりボタン数の問題で「スーファミONLINE」専用でニンテンドーストア専売となる。
こちらは一箱につきコントローラー一個での販売。

バリエーション[編集]

Nintendo Switch Lite
2019年9月20日発売。本体とコントローラの一体化やテレビ出力機能の廃止により携帯モードに特化した廉価モデルで、同年6月にプラットフォーム展開を終了したニンテンドー3DSの実質的な後継機となるものとみられる。
一体化モデルという仕様上Joy-Conの一部機能(HD振動・モーションIRカメラ等)も省かれているため、これらの機能を使用したソフトをプレイする場合はJoy-Conが別途で必要となる。

商品情報 [編集]

Switch専用ソフト[編集]

現時点ではプレイステーション4とのマルチタイトルのみとなっている。ただしプラットフォームの特性上カスタムサウンドトラック機能とトロフィーについては非実装である。

スーパーロボット大戦T
前世代機のWii Uではスパロボシリーズ作品がリリースされなかったため、同作は『スーパーロボット大戦NEO』以来10年ぶりの任天堂据置ゲーム機製向けタイトルとなり、2Dのスパロボで任天堂据置ゲーム機製向けタイトルが発売されるのは『スーパーロボット大戦64』以来20年ぶりとなる。
スーパーロボット大戦Vスーパーロボット大戦X
共に『T』発売後のリリースとなったが、SwitchでもVXT三部作が揃う。

スパロボシリーズに参戦した他社のSwitch作品[編集]

ROBOTICS;NOTES ELITE
パッケージは続編『ROBOTICS;NOTES DaSH』とのバンドル『ROBOTICS;NOTES お得セット』のみで、単品版はダウンロード専売。

脚注[編集]

  1. 省電力統合型プロセッサ「NVIDIA Tegra X1」が搭載。モバイル型CPUで有りながらプレイステーション3Xbox360の性能を上回る。
  2. ゲームキューブ~Wii UまではAMD社製のアーキテクチャを使用。
  3. 双方のソフトの移植版が発売される事はある。
  4. 現状においては代替措置として、定額オンラインサービスである「Nintendo Switch ONLINE」にて、ファミリーコンピュータ用タイトルが加入者限定で無料配信されている。2019年9月からはスーパーファミコン用タイトルの配信も開始された。
  5. TVモードであればフルHD(1080p)まで、テーブルモード・携帯モードであればHD(720p)まで対応している。
  6. 64GBは2019年以降に投入。最大容量128GBまで対応予定。
  7. microSDXCカード2TBまで対応予定。
  8. 参考として『T』のプレミアムアニメソング&サウンドエディションであれば使用容量は5.5GB程度。