NINTENDO64

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

NINTENDO64(ニンテンドウロクヨン)は、1996年6月23日に任天堂が発売した家庭用ゲーム機。一般的な略称は「64(ロクヨン)」、「N64」など。本稿では「N64」で表記する。

概要[編集]

スーパーファミコン(以下SFC)の次世代機種だが、SFCとの互換性はない。ゲームソフトの供給媒体はROMカートリッジで、任天堂の据え置き機としては最後のROMカートリッジ採用機種となった。

よく「ニンテンドー64」と間違われやすいが、このハードでのみ任天堂のカタカナ読みが「ニンテンドウ」である。当初は「ウルトラ64」「ULTORA64」「ウルトラファミコン」とした仮称があったが、結果として任天堂では初めて「前ハードに含まれた名称が採り入れられない」ゲーム機となった(この場合は「ファミコン」)。

CPUのアーキテクチャにおいて正真正銘の64ビットゲーム機で、3DのCGを本格的に扱う為の描画処理機を持たされていた為、発売当時としては最高峰の3D描画性能を持っていた。なお、内部では32ビットモードと64ビットモードが存在し、ソフトによってCPUの処理をどちらか選択する仕様となっている。

大きな特徴として、家庭用ゲーム機では初めてアナログ操作デバイスを標準実装した点がある(「3D(サンディ)スティック」として採用)。3Dスティックを中央に配置した特異な形状のコントローラも特徴で、公式に複数の持ち方が存在している。ファミリー層を意識している事で標準でコントローラが4基接続可能ため、マルチタップを利用した多人数プレイが不要となった。アナログスティックの標準実装とこれらの要素は次世代機のニンテンドーゲームキューブWiiはもちろんのこと、ドリームキャストやXboxといった他社ハードに留まらず、コントローラがワイヤレス化した2019年現在のゲーム機であっても、「コントローラ接続数は最大4つ」というデファクトスタンダードを確立させた。

一方でたび重なる発売延期による出遅れ、ソフト開発の難易度の高さ、SFC時代からの質の悪いソフト乱発を避けるために少数精鋭を謳う任天堂の姿勢といった面から、大手ソフトメーカーの多くがSFC時代のソフトの続編といった主力ソフトを他のハードで展開するようになり、結果国内での販売は振るわずソニーのプレイステーションやセガのセガサターンに比べて慢性的なソフト不足に悩まされ続け、任天堂は長年確保していた据え置きゲーム機のトップシェアをソニーに明け渡すこととなった。

他機種がディスクメディアを扱う中でのROMカセットの採用は、SFC時代から指摘されていたソフト価格の高騰も引き継ぐことになってしまい、他ハードのソフトに比べると顕著な価格差が見られた。これを受け徐々にROMカセットの値下げが図られ、周辺機器として「64DDドライブ」やインターネット接続システムの追加も計画されたが、一般販売はされなかった。

周辺機器[編集]

64GBパック
コントローラーに接続することで、N64のソフトと携帯機のゲームボーイのソフト間でデータのやり取りができるようになる。ソフトの組み合わせは決まっており、スパロボでは『スーパーロボット大戦64』と、GBソフトの『スーパーロボット大戦リンクバトラー』が連動対象。

次世代機[編集]

ニンテンドーゲームキューブ
N64での反省から、設計思想は大きく変更された。N64との互換性はない。

商品情報[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ[編集]

関連作品[編集]