ゲームボーイ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームボーイは、1989年4月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。一般的な略称は「GB」。本稿でもそれに倣う。

概要[編集]

「ゲームウォッチ」、「ファミリーコンピュータ」(以下FC)を開発した任天堂が、その流れを汲んだ形で生み出した携帯型ゲーム機。「ドットマトリクス表示液晶」「イヤホンジャック」の搭載や、ソフトウェアの「カートリッジ交換式」「通信対戦や交換機能」など、現在も続く携帯型ゲーム機のスタンダードな仕様を作り出し、礎となった。開発責任者は後にバンダイのワンダースワン(以下WS)の生みの親にもなった故・横井軍平氏。

STN液晶(2.45インチ)に画面解像度160×144のモノクロ4階調表示のグラフィックであったものの、CPU処理性能においては1989年当時既に6年前の機種であったFCを上回り、専用ケーブルに因る端末同士の通信対戦など多様性に富んだ機能を持つ。

湾岸戦争において「爆撃を受けてもなお動いた」という逸話からして、かなりタフなゲーム機である(任天堂のゲーム機は総じて堅牢である)。発売から20年以上経った現在でも起動する個体があるが、液晶の寿命等によって液晶のセグメント部分が一部表示できなくなった物も多い。

1990年代の中盤・後半期当時のいわゆる「次世代機」の流れの中では、GBを含む携帯型ゲーム機市場自体が衰退しつつあったが、1996年頃に任天堂の『ポケットモンスター』が発売されたのを契機に状況は一変し、再び携帯型ゲーム機市場に活気が戻る(これによってWSといった他社製の携帯型ゲーム機も発売される事となった)。数々のモデルチェンジと本体同士の通信の重要性が見直され、現在に続く携帯型ゲーム機というジャンルの確立を果たした。これは同時に、スパロボの任天堂携帯機シリーズが誕生する大きな流れも作った事となる。

スパロボシリーズの記念すべき第1作『スーパーロボット大戦』が発売されたハードでもあり、スパロボシリーズの発祥の地ともいえる。寺田貴信プロデューサーはその事を念頭に置いているのか、「最初のスパロボはGBだった」という話題を節目節目で語る。

初代ゲームボーイのバリエーション[編集]

これらの機種は、使用電池の変更やバックライト搭載など本体仕様の細かい変更はあるが、マシンスペック自体は初代ゲームボーイと同等。

ゲームボーイ
初代。アクセサリとしてステレオヘッドホンが同梱されていたが、廉価版や後述のブロスには同梱されていない。
ゲームボーイブロス
ゲームボーイ本体のカラーバリエーション。初代1994年11月21日発売。携帯型ゲーム機のカラーバリエーション展開を提示したシリーズ。
ゲームボーイポケット
ゲームボーイを小型軽量化。初期ロットにはパワーランプが付いていない為、電池残量が分かり辛い。また、初代の周辺機器は共用出来ないが、本機とカラーまでは共用可能となっている。液晶パネルが本機からブロス以前までのパッシブ・マトリクスからアクティブ・マトリクスに仕様変更された為、ゲームボーイと比べて視認性が高くなった。
ゲームボーイライト
ゲームボーイポケットをベースに、初めてバックライトが搭載された機種。

初代ゲームボーイと互換性を持つ上位機種[編集]

これらは各機種専用のゲームソフトが発売されており、初代GBでそれらのソフトは遊べない。なおニンテンドーDS以後の任天堂携帯型ゲーム機では、GB用ゲームソフトとの互換性はなくなった。

ゲームボーイカラー(GBC)
ゲームボーイの上位互換機。初期GBのゲームはほぼ全てプレイ可能。カラー非対応ソフトは、起動時に配色を変更出来る。
ゲームボーイアドバンス(GBA) / ゲームボーイアドバンスSP / ゲームボーイミクロ
ゲームボーイの次世代型携帯型ゲーム機。GBC以前より大幅にスペックアップしているが、GBやGBC用のゲームもほぼ全てプレイ可能。ゲームボーイミクロではGB・GBCとの互換が廃止された。

据え置き機でゲームボーイ用ソフトが遊べる機種+必要な周辺機器[編集]

これらを用いれば、テレビ画面で電池切れを気にせずに初代スパロボ、第2次G、リンクバトラーを遊ぶことができる。

スーパーファミコン[編集]

スーパーゲームボーイ / スーパーゲームボーイ2
1と2の大きな違いは、2のみ通信ケーブルの接続端子があることと、GBと同じクロック周波数になっている。ゲームボーイカラー発売以前の周辺機器のためGBC専用ソフトには非対応だが、スパロボの場合はGBC専用ソフトは出ていないので問題無い。対応ソフトの場合、専用のピクチャーフレームが表示される(SRWでは『第2次G』と『リンクバトラー』が対応)など、かなり機器機能にお遊び要素が多い。

ゲームキューブ[編集]

ゲームボーイプレーヤー
ゲームボーイアドバンス用ゲームの他、GBやGBC用ゲームもプレイ可能。ただし、GBAベースの為SGBの機能はない。

ゲームボーイと連動する周辺機器[編集]

NINTENDO64[編集]

64GBパック
GB用カートリッジスロットを持ち、ニンテンドウ64とゲームボーイ用ソフトのデータ連動が可能になる拡張機器。64のコントローラーに接続して使用する。スパロボでは『スーパーロボット大戦64』と、『スーパーロボット大戦リンクバトラー』が対応する。

商品情報[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ [編集]

スパロボシリーズに参戦した他社のGB作品[編集]

脚注[編集]


リンク[編集]