ゲームボーイカラー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームボーイカラーは、1998年10月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。略称は「GBC」。本稿もそれに倣って記述する。

概要[編集]

同社のゲームボーイ(以下GB)の上位互換機で、ほぼ全てのソフトが対応している。画面がカラー表示となり32768色のうち、最大で56色を同時発色可能(GBC専用もしくはGB&カラー共通として発売されたソフトのみで、モノクロのGBソフトにはハード側から4~10色のカラーを割り当てる仕様)。頭部に赤外線通信機能が実装された。また、カラー専用として開発されたソフトはCPUの処理速度を高めた2段階の"高速モード"を使用可能で、『ロックマンX2ソウルイレイザー』(カプコン)のように激しいアクションゲーム等でそれを活かしたソフトも登場した。

液晶に当時シャープが新開発した「スーパーモバイル液晶」(現在のTFT液晶)の反射型を採用しており、GBに比べて応答速度、視認性が劇的に向上し、ドットマトリクスの残像感もほぼ解消されている。

スパロボでは『スーパーロボット大戦リンクバトラー』がカラー対応ソフトとして発売されている。勿論初代スパロボと『第2次G』もプレイ可能。

次世代機[編集]

ゲームボーイアドバンス

商品情報[編集]

リンク[編集]