ゲームボーイアドバンス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームボーイアドバンスは、2001年3月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。一般的な略称は「GBA」。本稿もそれに倣って記述する。

概要[編集]

ゲームボーイ(以下GB)・ゲームボーイカラー(以下GBC)の後継機にして、上位互換機である。下位機種となるGB・GBCと高い互換性を持ち、同一のカートリッジスロットでほぼ全てのGB・GBC用ソフトをプレイ可能。

GBから12年を経ての後継機となったため、大幅なスペックアップが成されており、その性能は同世代の他社携帯ゲーム機とも一線を画していた。

画面解像度は240×160(ワンダースワン以上、ファミコン以下)に留まったものの、32bitのCPUを採用しメインメモリは32KB+256KB、表示色数は32768色、同時発音数は6chとなっており簡易的な3D表現をもこなせるために、画像描画処理であれば同社の据え置き機であるスーパーファミコンを遥かに超える性能を誇る。また、ROMカートリッジの容量も最大で32MBのものが発売された。

GBCと同じ反射型TFT液晶を採用していたため、プレイ環境の光量次第(外界からの光を受けて視認性が上がる仕組み)では画面の輝度が足りず画面が見づらい欠点を持っていた(初期生産型に多い。中期型からはやや改善)が、後にフロントライトを採用し画面の明るさを調整可能になったSPの発売によって解消された。ただしSPではスタート&セレクトボタンの配置が下側になっているため、ソフトウェアリセットがかけ難く感じる場合がある。

スパロボとしては任天堂携帯機にて新たに継続したリリースを展開する契機となったハードであり、PS1やPS2、DSと並びもっとも多くのシリーズ作品が発売されたハードともなった。GBで発売されたスパロボと比較して、グラフィック面で飛躍的な進化を遂げており、『スーパーロボット大戦F』に近いグラフィックやアイコンが使用されていたり、後期にはカットインやユニットのアニメーションも導入されるようになった。

本機後継機のニンテンドーDS(以下DS)でもGBA版スパロボシリーズはプレイ可能だが、GBAでは左側に配置されているスタート・セレクトボタンが右側にあるため、やはりソフトウェアリセットがかけ難い場合もある。

ゲームボーイアドバンスのバリエーション[編集]

ゲームボーイアドバンスSP(GBASP)
GBAのセカンドモデル。デザインが折り畳み式になり、フロントライト仕様となり視認性向上、更に画面輝度の切り替えが可能になった。
本機から任天堂携帯機の電力供給形態が単三乾電池からバッテリー充電式に変更された。初期型のニンテンドーDSでは当モデルのバッテリー充電用ACアダプタが共用可能だった。
ゲームボーイミクロ(GBM)
GBAの最終モデル。名前の通りサイズが極めてコンパクトになっており、液晶サイズはゲームボーイシリーズ中最小。
任天堂携帯機初のバックライト採用により、視認性がSPより更に向上した。
充電用ACアダプタは当モデル専用のものを使用するため、GB・GBCとの互換性は廃止されている。
ユーザーが本体カバーを交換できる「フェイスプレート」を採用しており、この設計思想は後のNew ニンテンドー3DSの着せ替えプレートに受け継がれた。

据え置き機でゲームボーイアドバンスが遊べる周辺機器[編集]

ゲームボーイプレーヤー
ニンテンドーゲームキューブ(GC)に接続することで、GBAのゲームを電池切れを気にすることなくテレビ画面で遊ぶことができる。旧型のGBやGBC用ソフトも大半がプレイ可能。

ゲームボーイアドバンスと互換性を持つ次世代型携帯ゲーム機[編集]

ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite
DS版スパロボでは「Wスロットシステム」が採用されており、遊ぶ際に予めGBAで発売(または配布)されたスパロボをセットしておくと、ソフトに応じた特典を得ることができる。ただし、DSi以降のモデルではGBAスロットが削除されているため利用不可能。

商品情報[編集]

非売品

余談[編集]

本機に限った話ではないが、データセーブを行う際には本体稼働バッテリー残量には特に注意が必要である。バッテリー残量が少なくなっている時にセーブしようとすると電力消費が大きくなるのか、本体がバッテリーからの電力低下を察知して強制的にシャットダウンを行うため、これがセーブ中に発生した場合確実にセーブデータの消滅が起きるからである。

資料リンク[編集]