ニンテンドーゲームキューブ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニンテンドーゲームキューブは、2001年9月14日に任天堂が発売した家庭用ゲーム機。略称は「GC」。

概要[編集]

PowerPC系MPUを採用し、24MBの高速なメインメモリの他に1T-SRAMと呼ばれる16MBのRAMエリアを備える。前機種であるNINTENDO64(以下N64)との互換性はない。

任天堂ハードでは初めて、8cmの光ディスクによるソフト供給となった。なお、この8cm光ディスクはDVDディスクを元にした独自規格でありDVDそのものではない(通常のDVDドライブに入れても認識しない)。ディスクドライブそのものはDVDドライブに通常のDVD読み込みを制限したものである。物理的に12cmディスクは入らない上に、8cmCDも再生できない(認識はできると思われるが使用不可ディスク扱い)。外部記憶媒体は「メモリーカード59」(512KB)「メモリーカード251」(2MB)と名称されているフラッシュメモリを使用する。

N64に続き独特の形状をしたコントローラーを採用しており(任天堂曰く「後継機も含めた任天堂の全ゲーム機で、最もゲーマー向けに特化し試行錯誤されたもの」)、全体的に曲線を意識したデザインとなり、ボタン配置も中央に大きく配置されたAボタンの周囲にB・X・Yボタンが配置されている他、振動機能も標準で備えている。一部ゲームでは別売のGBAコネクタにより、コントローラーとしてゲームボーイアドバンス(以下GBA)を使用できるほか、GBAとデータを連動させることが可能。 ゲームキューブコントローラーは後継機のWiiでも使用可能な上、二世代後継機のWiiUでも『大乱闘スマッシュブラザーズfor WiiU』(任天堂)において需要があったことで周辺機器としてマルチタップ(WiiUはコネクタがオミットされている)を発売した。更に、ゲームキューブコントローラー自体も再販売される事となり、二世代前のハードのものを再生産した極めて珍しいケースとなった。なお、三世代後のNintendo Switchでも同様の現象が見られている[1]

底面に拡張バスが用意されており、追加オプションのゲームボーイプレーヤーを接続できる(機能は後述)。また別売のブロードバンドアダプタを接続することで、オンラインゲームを楽しむこともできた。

発売した時点で既に市場ではPS2が普及しており、売り上げは苦戦を強いられた。 本ハードでリリースされたスパロボシリーズは『スーパーロボット大戦GC』一作のみである。

ゲームキューブのバリエーション[編集]

Q
DVD-Video再生機能が付加されたGC。松下電器産業株式会社(後のパナソニック)より発売。

周辺機器[編集]

ゲームボーイプレーヤー
GCの拡張バスに接続することで、テレビ画面でゲームボーイアドバンスゲームボーイゲームボーイカラー用のソフトが遊べるようになる。スーパーゲームボーイの発展形と言えるが、起動には同梱された専用の光ディスクが必要。別売のオプションではあるが、発売後程なくして本体同梱版「エンジョイプラスパック」が発売されている。Qの場合は構造上接続できないのでQ専用のものがある。なお、Wiiでは拡張バスがないため使用不可。

ゲームキューブと互換性を持つ後継機[編集]

Wii
GCの次世代機。GCソフトと互換性を持つので、スパロボGCも遊べる。コントローラーやメモリーカードなど主要な周辺機器も殆どが流用可能。ただし、GC用ゲームを遊ぶにはGC用コントローラーが必要。また、GCにあった拡張バスは存在しない。Wii専用スパロボとしては『スーパーロボット大戦NEO』が発売されている。

商品情報[編集]

GCで唯一発売されたSRWが『スーパーロボット大戦GC』である。本作は後にリメイクされ『スーパーロボット大戦XO』としてXbox360へ移植されている。

また先述したようにGBPを使用すれば、GB・GBC・GBAのスパロボはプレイする事が可能である。

資料リンク[編集]

脚注[編集]

  1. Switchではゲームキューブコントローラーを接続タップ経由で接続するとUSBコントローラーとして認識される。