ニンテンドー3DS

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニンテンドー3DSは任天堂が2011年2月26日に発売した携帯型ゲーム機。略称は「3DS」等。

ニンテンドーDS(以下DS)の後継機種で、携帯型ハードとしては第7世代にあたる。

概要

上下2画面で下画面がタッチパネル、マイク&カメラ搭載というDSの特徴はそのまま引き継ぎつつ下位互換も持ち、任天堂が過去に開発した「バーチャルボーイ」「Wii」で培った技術を導入することで大幅な性能強化がなされている。

上画面に「視差バリア方式」ワイド3D液晶を搭載し、"裸眼で3D立体映像のゲームが楽しめる"のが特徴。これは2枚の液晶を使用し、異なる画像を2枚重ねて表示する事によって立体映像を実現する方式である。従来のDSよりも解像度の高い、クリアな映像を2画面分同時に動かしている訳で、画面解像度は上画面400×240(×2枚)+下画面320×240となる。3DSで一番スペックアップしているのはこの部分かも知れない。専用GPU「PICA200」を搭載している事も併せてDSより遥かに高い映像処理能力を持たされており、ハードウェアで固定シェーダー機能まで実装しているため、一部ではプレイステーション3Xbox360レベルの画像描画処理まで可能となった。加えてCPUはデュアルコア[1]、RAMは128MB搭載となっているため、描画処理にそれ程性能を必要としないスパロボとしてはDSに引き続き、美麗な戦闘アニメ演出が可能となる。

操作系ではアナログ入力に対応したスライドパッド(左手側のみ。周辺機器の「拡張スライドパッド」を装着すれば両手で使用可能)、モーションセンサー、ジャイロセンサー、立体画像が撮影できる3Dカメラなどが搭載されている。

通信機能も強化され、スリープモード中にニンテンドーゾーンなどのWi-Fiアクセスポイントに近づくだけで、各種情報・ゲームのデータ・無料ソフトなどを自動的に受信してくれる「いつの間に通信」という機能が搭載されている。また、同時に複数のソフトで「すれちがい通信」を行えるようになった。

DSとの後方互換も確保されており、DSのソフトは全て3DSでもプレイできる。ただし、ゲーム中断機能[2]と、本体のすれ違い通信機能[3]など、3DSになってから追加された機能は利用できない。また、画面の解像度がDSよりも大きく、デフォルトでは拡大表示をして画面をいっぱいに使おうとするために、若干画面がぼやけてしまう。ただし解像度の違いについては、「スタートボタンまたはセレクトボタンを押しながら起動する」事でDS本来の解像度でプレイできる[4]

メディアはDSカードの後継である3DSカード(フラッシュメモリROM)を採用しており、容量も数倍のGB単位[5]となった上、ミドルウェアによる動画や音声の圧縮率も上がったためDVD-ROM採用機と遜色ないボリュームのデータが内包出来るようになった。これにより『スーパーロボット大戦UX』において、任天堂携帯機シリーズでは初めてボイスが実装されることとなった。

外部ストレージとしてSDHCカードを装着できる為、最大で32GBの保存領域を利用できる。DL可能なコンテンツは、3DS用タイトルのほか、Wii / Wii Uの「バーチャルコンソール」と同様に、過去に発売されたゲーム作品を有料ダウンロードすることでプレイすることができる。当初は据置機との住み分けを図るために配信タイトルは携帯機作品(ゲームボーイゲームボーイカラー・ゲームギア)のものから行われ、後にファミコン・PCエンジン・スーパーファミコン(New3DSのみ)のタイトルも配信された。

頑丈さが特徴の一つと言えた従来の任天堂携帯機に比べると意外にデリケートで、特に折り畳みの外側に露出しているLRボタンは比較的壊れやすいため、扱いにはそれなりに注意を要する。

2017年に携帯ゲーム機の機能を有するNintendo Switchがローンチすると、3DSで展開されていたタイトルもその多くがSwitchへとプラットフォームを移行し、以降の3DS用タイトルはパッケージ・ダウンロード専用ともにリリース数を大幅に減少させていった。そして、2019年5月発売の『大戦略 大東亜興亡史 DX〜第二次世界大戦〜』をもって全てのソフトリリースが終了となり、同年6月に任天堂公式サイトより発売スケジュールが削除された。

バリエーション

ニンテンドー3DS LL
2012年7月28日に発売された3DSの大型版。本体機能は従来と変わらず、サイズを一回り大型にしたタイプ。
ACアダプターはDSi/3DS用のものがそのまま使用できるが、それ以外の周辺機器はLL専用のものが必要。
ニンテンドー2DS
3DSをベースに、3D液晶パネルの廃止(ゲーム画面は1枚の大型液晶パネルを用いて、擬似的に上下2画面を描画する)・筐体の折りたたみ機構の廃止・音声のモノラル化など、大幅なコストダウンを行った廉価モデル。メーカー希望小売価格は税別で1万を切っている。
2013年10月12日にアメリカ・カナダ・ヨーロッパ・オーストラリアで、同年12月に韓国で発売。当初は海外展開のみであったが日本でも2016年2月にバーチャルコンソールソフト『ポケットモンスター』との限定バンドルパックで発売し、同年9月から一般販売が開始されている。
New ニンテンドー3DS / New ニンテンドー3DS LL
2014年10月11日に発売された3DSの新モデル。
入力面ではアナログパッド(Cスティック)とトリガー部ボタン(ZL・ZR)が増設され、実質「拡張スライドパッド」の機能が本体に統合される形となった。また立体視時の視野角を補正する「3Dブレ防止機能」を搭載。また、CPU性能の強化に伴い3DSから処理能力の向上が図られており、ごく一部ではあるがNew専用のゲームタイトルも存在する。外部ストレージはmicroSDカードへ変更された。
ゲーム以外の機能としては下画面パネルにNFC(近距離無線通信)読み取り機が内蔵され、有料DLC購入時における交通系電子マネーでの支払いが可能となった。また通常サイズのNew3DSでのみ本体蓋部と底部であるプレートを交換する「着せ替え」が出来る。
2016年3月4日からNew3DS専用ソフトとして、スーパーファミコン用タイトルのバーチャルコンソール配信が開始された。
通常のNew3DSは2017年7月13日に生産を終了、LLの生産は継続している。
New ニンテンドー2DS LL
New3DS LLをベースに、3D機能を省き軽量化された廉価モデル。画面サイズと性能はそのままとなっている。
2017年7月13日にNew3DSと入れ替わりで発売された。

商品情報

スーパーロボット大戦シリーズ

非売品

関連作品

脚注

  1. New3DSはクアッドコアとなっている。
  2. ゲームを起動したままホーム画面に戻り、他ソフトの起動を必要としない操作ならばゲームを終了させること無く実行できる機能。DSソフトだとホーム画面に戻る事自体がソフトの終了を必要とする。
  3. 3DSソフトでは本体にすれ違い通信情報を登録することで、本体の電源さえ入っていれば、ゲームを起動していなくても、複数のソフトのすれ違い通信を実行することができるが、DSソフトでは本体に登録しないため、すれ違い通信を行うソフトが起動している間でないとすれ違い通信を行えない。
  4. 3DSの画面サイズに対して小さな画面が表示される。
  5. 発売されているものでは4GBが最大、理論上は8GBまで増やす事が出来る