セガサターン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

セガサターンは、1994年11月22日にセガ・エンタープライゼス(後のセガ→セガゲームス)が発売した家庭用ゲーム機。一般的な略称は『SS』や『サターン』など。

概要[編集]

セガの6番目の家庭用ゲーム機。名前の由来は太陽系第6惑星の「土星(Saturn)」より[1]。前機種であるメガドライブとの互換性はない。32ビットCPU(日立製の『SH-2』)を2基搭載しているのが特徴で、ゲームソフトはCD-ROMで供給された。

2Dスプライトと3Dポリゴンの両方を扱えるハードだが、2Dの描画能力が非常に優れている一方、同世代の他機種と比較して3D描画能力は低め。これは当初2D描画の処理性能に重点を置いて開発されていたのが、後から3Dの描画機能も追加された為。

コントローラーパッドの使い勝手の良さは非常に好評で、後にパソコン用や『プレイステーション2』用に復刻版が発売されたほど。2D描画性能とパッドの相性の良さからか、2D格闘ゲームが数多く発売されている。

ボタン電池による電源を確保する事で使用可能な本体メモリと、外部記憶媒体のパワーメモリー(容量512KB)の2種のデータ保存形式が取られている。なお、パワーメモリーの方は端子部がスロットとの接続不良を起こしやすく、保存データが消えやすいことで知られている。本体メモリも安定性に欠けるため終始ユーザーを悩ませたが、周辺機器としては発売された外部接続のFDドライブを併用すると本体メモリやパワーメモリより安定性がある。

発売から数年間はソニーの『プレイステーション』と互角のシェア争いを繰り広げたが、スクウェアの『ファイナルファンタジーVII』といった人気ソフトがプレイステーションで発売されるようになると、次第には引き離され敗北。末期には自虐的なCMまで流すハメになっていた。なお海外ではソニックシリーズといった人気ソフトが発売されなかったことから、メガドライブで築いたシェアも手放すことなり、全世界で3000万台売り上げたメガドライブから大きく販売台数を落とし、本機では1000万台以下のセールスまで落ち込んでいた。

家庭用ゲーム機で専用モデムを用いてインターネット接続ができる他に、ネット対戦専用ソフトもあったが、当時のネット利用には現在より利用料金がかさむ事やモデム速度が遅かった為にあまり普及しなかった。ちなみにこのモデムはSFCのネット対戦システム「XBAND」と同じシステムであり、利用するにはモデムに専用プリペイドカードを挿入する。

セガ系プラットフォームにおいて初めてスパロボシリーズであるが発売されたゲーム機となった(『スーパーロボット大戦F』)。

セガサターンのバリエーション[編集]

初期型はグレーであるのに対し、後の廉価版はホワイトを主体とした配色になっており、こちらは一般的に「白サターン」と呼ばれる。他にもビクター社から発売した互換機である「Vサターン」、日立から発売した互換機である「Hi(ハイ)サターン)、「スケルトンセガサターン」などいくつかバリエーションが存在する。

セガサターンの次世代機[編集]

ドリームキャスト
セガ最後のコンシューマ用ゲーム機。SSよりも高性能で低コスト。更にインターネットとの接続が可能となった。ただし、SSとの互換性は持っていない。『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』が発売されている。

商品情報[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ [編集]

セガ系プラットフォームでは初めてスパロボシリーズが供給され、旧シリーズの流れを汲む『F』『F完結編』が展開された。後に両作品ともプレイステーションに移植されているが、BGMの質やセーブのスピード差などから、バグがあるにもかかわらずSS版の方が評判は良い。

スパロボシリーズに参戦した他社のSS作品[編集]

サクラ大戦
1作目と2作目といくつかの派生作品がこの機種で発売。

関連作品[編集]

魔法騎士レイアース
セガよりRPGが発売。開発部署は後に『サクラ大戦』を手掛けるセガ第二CS研究開発部。
新世紀エヴァンゲリオン
TV版で惣流・アスカ・ラングレーが遊んでいたゲーム機である。また、当時はセガが家庭用ゲーム機での『エヴァンゲリオン』関連ゲームを独占的に発売していた時期もある。詳細は不明であるが、セガが当時のスポンサーだったからという説もある。
電脳戦機バーチャロン
業務用で人気だった3Dロボットアクションゲーム「電脳戦機バーチャロンシリーズ」の第1作目。初めて移植された機種がセガサターンで、後にパソコンやプレイステーション2にも移植された。スパロボには同シリーズの作品が一部参戦しているが、この1作目は未参戦。ちなみに各バーチャロイドの背中にはセガサターンが装備されている。
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD
PROJECT X ZONE』の続編。セガサターン販売促進キャラクター「せがた三四郎」が参戦している。
セガ・ハード・ガールズ
セガのゲームハードを擬人化した作品。メインキャラクターの一人にセガサターンがいる。

脚注[編集]

資料リンク[編集]