電脳戦機バーチャロンシリーズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

電脳戦機バーチャロンシリーズ』は、セガ(現・セガゲームス)が発売したゲーム作品。

概要[編集]

セガが開発した3Dロボット対戦格闘ゲーム。ゲームセンターで稼働10年以上たった今なお置いている店舗も多い隠れた名作。

世界観[編集]

従来型の政府に代わって企業国家が人類を支配する「電脳暦」と呼ばれる未来。この時代の人類は宇宙進出に失敗し、地球圏という限られた空間の中で生きることを受け入れ中世的停滞に陥っていた。

この時代は大規模な戦争は地球圏の限られた資源を潰し合う行為として忌避され、紛争解決の手段としては「限定戦争」というものが行われている。これはいわば「"ルールで管理された戦争"を行い、スポーツのような形で勝敗を決する」というもので、全てが商業ベースで進む電脳暦の世界では、この限定戦争は興行ビジネスとしても発展した。厳密なルールの元に行われる命の奪い合いを見世物として提供するわけである。

電脳暦90年代になると、企業国家のひとつであるDN社が限定戦争に新たなスタイルを提案した。それが「巨大ロボットを使って、ロボットアニメのようなカッコイイ戦争を行おう」というものであり、そこに用いられるロボットこそ「バーチャロイド」である。刺激に飢えていた地球人類はこの提案に熱狂した。

しかし、このバーチャロイドにはある秘密があった。実は人類はまだ巨大ロボットを作れるほどの技術を持てていなかった。バーチャロイドは、で見つかった謎の先史文明の遺跡「ムーンゲート」を解析して作られたもの、つまりはロストテクノロジーの産物なのである。この技術にはいまだ未解明なブラックボックスな部分が多く、バーチャロイドは暴走の危険性があるロボット兵器だったのである。

人類は限定戦争を続けていくうちに、ムーンゲートの覚醒によって目覚めたムーンゲートを創造した文明の残留思念「ダイモン」によって人知れず弄ばれ、そして人類が滅亡の危機に陥る最大の事件に発展していくのだった……。

シリーズ一覧[編集]

参戦作品[編集]

電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム
シリーズ第2作。1998年(平成10年)稼働。タングラムへのアクセス権をかけた一大限定戦争「オラトリオ・タングラム」を戦い抜く。
電脳戦機バーチャロン マーズ
シリーズ第4作。2003年5月29日発売。プレイヤーは特捜機動部隊MARZの一員として、限定戦争の裏にうごめく影に戦いを挑む。
「電脳戦機バーチャロン」シリーズ フェイ・イェンHD
VOCALOIDのキャラクターとして知られる「初音ミク」とフェイ・イェンのコラボレーション企画。バーチャロン誕生15周年記念のサプライズ企画として2010年に誕生した。イラストやフィギュアとして展開されていて、基本的にはバーチャロン本編とは無関係なセルフパロディのお遊び企画である。
電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機
シリーズ第5作。2018年2月15日発売。後述の小説『とある魔術の電脳戦機』のゲーム化で、ストーリーは同作の後日談となっている。

未参戦作品[編集]

電脳戦機バーチャロン
シリーズ第1作。1995年(平成7年)稼働。地球圏の存亡をかけた月面遺跡破壊作戦「オペレーション・ムーンゲート」に挑む。
電脳戦機バーチャロン エピソード #2.42 One-Man Rescue
シリーズ第1作のその後を描いた小説作品で、DN社の解体によって独立を余儀なくされたDNAと「S.H.B.V.D.」、それによって台頭する武装勢力「RNA」との戦いを描く。
電脳戦機バーチャロン FRAGMENTARY PASSAGE<断章>
『オラトリオ・タングラム』の少し前を描いた小説作品。電脳歴世界の3つの災厄(シャドウ、アジム、ヤガランデ)に関するエピソードがあり、最後の締めはプラジナー博士が製作したオリジナルバーチャロイド(ファイユーヴ、アイス・ドール、アプリコット・ジャム)で幕が下りる。
電脳戦機バーチャロン フォース
シリーズ第3作。2001年(平成13年)稼働。火星を舞台に「木星継承戦争」と呼ばれる戦いの顛末が描かれる。
とある魔術の電脳戦機
『バーチャロンシリーズ』と小説『とある魔術の禁書目録インデックス』のコラボレーション小説。

SRWでの扱い[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』にてサプライズを兼ねたゲスト参戦のかたちでスパロボに初参戦した。参戦にあたり、作品イメージを壊さないように、セガの「バーチャロン」開発スタッフによるシナリオ・グラフィック・設定の監修が行われている。なお、戦闘時の不自然な動きは実際のプレイテクニックを再現したものである。

限定戦争の設定に関しては、バーチャロイドとそのパイロットたちが電脳暦の世界からスパロボの世界に転移してきて本物の戦争に巻き込まれる、という導入がとられている。ご都合主義なようだが、電脳暦の世界の月の遺失技術には「あらゆるものをデータ化して電脳虚数空間を経由して平行世界へと転送し、再度実体化させる技術」なるものが実在しており、バーチャロイドはこれを模倣することで作り出されている。そのため、バーチャロイドの動力機関が暴走して突然異世界に転送されることは設定上起こりうることなのである。

パイロットについて[編集]

ロボット対戦アクションゲームであるバーチャロンシリーズでは、自分が操作することとなるバーチャロイドのパイロットについて細かく設定されていない。これは「このロボットを操っているのはプレイヤーであるあなた自身だ」という演出のためである。MARZのイッシー・ハッターなどNPCの場合や、紙媒体での小説作品などになると、さすがにパイロットが存在することとなっている。

SRWではSEGAの開発スタッフによってパイロットの性格設定が作られることになった。しかし、パイロットたちの名前はあくまでコードネームにすぎず、パイロットの姿はグラフィックに映さないという形で、バーチャロンユーザーのそれぞれが抱くイメージを壊さないようにしている。

パイロットの姿をグラフィックに映さない方法として、バーチャロイドに搭乗しているシーンでしか彼らの会話が発生しない、すなわち乗らなければ会話できないという設定で実現している。顔グラフィックウィンドウにはバーチャロイドの頭部を写しており、ここにも配慮が見られる。

また、一部のバーチャロイドは自我をもっているため、本当にパイロットがいない機体も存在している。上述したとおりパイロットの顔グラフィックにバーチャロイドのものを用いるスパロボでは、これと同じ理由なのか、それとも本当に「中の人」がいないからなのか判断がつかない場合がある。特にフェイ・イェンが「オリジナル」なのかどうかはファンの間で議論の種となっている。

関連用語[編集]

バーチャロイド
電脳暦の世界での「限定戦争」にて使用される巨大人型ロボット。の先史文明遺跡「ムーンゲート」で発掘された「Vクリスタル」というロストテクノロジーを使用している。
Vクリスタル
ムーンゲートで発見されたロストテクノロジーの産物である大型結晶体。後に月以外の星でも発見される。
DNA
DN社が所有するコーポレートアーミーだったが、オペレーション・ムーンゲートの責任に伴い、DN社が解体された後は個人運営を余儀なくされるが、後に第8プラント「フレッシュ・リフォー」が最大のスポンサーとなる。
RNA
オペレーション・ムーンゲートによるDN社解体後に発足された軍隊で、第4プラント「TSCドランメン」の統括者アンベルIVによって纏められている。
DN社
電脳歴において最大の企業であり、バーチャロイドを製造した企業でもあるが、ムーンゲートの暴走によって発動した「オペレーション・ムーンゲート」の全責任を負う形で解体されてしまう。
国際戦争公司
限定戦争全体を取り仕切る組織。
8つのプラント
DN社の傘下にあった8つのバーチャロイド製造プラントで、DN社の解体後はそれぞれがDNAかRNAのスポンサーとして独自行動をとる。
アジム
オペレーション・ムーンゲート終結後、Vクリスタルを媒介にして出現するようになった「戦闘結晶構造体」。『フォース』ではアジムと同存在である「ゲラン」も出現するようになる。

余談[編集]

  • 過去に「バーチャロンの版元のセガとバンダイが合併してセガバンダイとなる」というニュースがマスコミを通じて発表され話題となったものの、結果的に白紙となった。その後、セガの路線変更(複数のゲーム機へのソフト供給へシフト)を経て、スパロボを通じバンダイ(バンダイナムコゲームス)と再びめぐり会った。何とも不思議な縁で結ばれていると思わざるを得ないだろう。

商品情報[編集]

リンク[編集]