フェイ・イェン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェイ・イェン
外国語表記 Fei Yen
登場作品

電脳戦機バーチャロンシリーズオリジナル

声優 樋口智恵子
デザイン カトキハジメ
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(?)
性別
年齢 14歳(想定)
テンプレートを表示

フェイ・イェンは「電脳戦機バーチャロンシリーズ」の登場キャラクター。

概要[編集]

チーフと同様、スパロボ参戦にあたって独自に設定された半オリジナルキャラクター。

ティーンエイジの少女らしい奔放な性格で、束縛を嫌い、大雑把で移り気。他の参戦作品をメタ視点からネタにするような台詞も多く、自軍のムードメーカーにしてシリアスブレイカーである。マイペースな言動が目立つがこれは彼女が物事に動じない冷静さを持っていることの裏返しでもあり、他の仲間が悩んでいたりヤケになっていたりするときでも、的確な判断を下せる賢明さを持つ。

「フェイ・イェン」というキャラクター名は、彼女が「フェイ・イェン」と呼ばれる機体に乗っているから適当につけたコードネームのようなもので、「チーフ」と同じく本名ではない。本名を名乗らないのは原作のプレイヤーに配慮した為と思われる。

オリジナル・フェイ・イェン[編集]

バーチャロン原作の設定では、プレイヤーサイドが操る「フェイ・イェン」の名がつく機体は「ファイユーヴ」と呼ばれる存在の不完全なレプリカであるとされている。このファイユーヴは「オリジナル・フェイ・イェン」とも呼ばれる。

ファイユーヴとは0プラントのプラジナー博士が極秘裏に開発した自我(14歳の少女に相当する人格)を持つバーチャロイドで、電脳虚数空間と物質空間を自由に行き来でき、どちらの世界でも姿形を自由に変えることができるというトンデモな電脳知性体であり、成長、自己進化、果てには人間の姿へ変身することさえ可能。型式番号はVR-014。 人間の姿に変身した際は「身長157cm、体重39kg、蛇使い座のAB型、3サイズは上から76、57、79」とのこと。外見や接触はおろか外科、内科検診ですらまったく判別できないレベルの完璧な変身が可能とされている。また、その際の容姿は「(ドラマCDで彼女の声優を勤めた)樋口智恵子氏に瓜二つ」らしい。

プラジナー博士の独断を良しとしないDN社の度重なる捕獲作戦からことごとく逃れる。特筆すべきは「エモーショナル・アタック」と呼ばれるハート形状のビームで、これを食らったパイロットの精神は激しく動揺し、バーチャロイドの機能すらも停止寸前にまで追いやられてしまう。そのパイロット曰く、「人間も、VRも…メロメロになっちまう!」とのこと。

自由奔放に過ぎる性格と行動はアンヘルIVと最高幹部会の怒りを買い、0プラントは危険分子として完全閉鎖、携わったスタッフは全ての記憶を完全に抹消されるという大粛清に繋がった。

また、この「エモーショナル・アタック」はかねてより指摘され、しかしVRの実用化を急ぐがために黙殺されていた「シャドウ発生現象」への対策、および無力化を目的としてプラジナー博士が考案し、装備されたのではないか、という推察があり、実際ファイユーヴは普段は電脳虚数空間を彷徨いながらシャドウの発生を監視する役割が与えられているため、「対シャドウ用の切り札」として開発されたのではないか、という説もある。

スーパーロボット大戦シリーズにユニットとして登場するフェイ・イェン・ザ・ナイトフェイ・イェン with VH 「ビビッドハート」は、バーチャロンではプレイヤー機体=レプリカである。しかし、上述のようにファイユーヴは姿形を自由に変えられるということから、スパロボにキャラクターとして登場しているこの「フェイ・イェン」は実は「ファイユーヴ」なのではないかという疑惑が一部のファンの間でまことしやかにささやかれている。根拠としては、スパロボのフェイ・イェンの声優がバーチャロンのドラマCDでファイユーヴを演じた樋口智恵子氏であり、描かれている性格もその時のファイユーヴを彷彿とさせるものであり、さらに採用BGMも一貫して「The wind is blowing」である(この曲には樋口氏が「ファイユーヴ」として歌ったオンボーカル版が存在する)から、等である。また、『第3次スーパーロボット大戦α』でパレッス粒子の影響を受けなかったことから、少なくとも「普通の人間がフェイ・イェン・ザ・ナイトに乗っていた」わけではないことは確定していると言えるだろう。

また、『第3次スーパーロボット大戦α』と『スーパーロボット大戦K』ではフェイ・イェンのシナリオ上の扱いや言動が微妙に違うことや、『K』のユニットであるフェイ・イェン with VH 「ビビッドハート」をファイユーヴ本人は気に入ってないという公式設定があることから、『第3次α』に出てるフェイ・イェンはオリジナルかも知れないが、『K』についてはレプリカモデル(プレイヤー機)と考えた方が自然だと考えるファンもいる。 しかしKのVHは機体性能が明らかに商用型の粋を超えていたり(採算度外視のカスタムを受けた747J、ザ・ハッターに匹敵する性能の上ハイパー化するとこの2機すらぶっちぎる)、ファイユーヴ自身もなんだかんだ言って実空間に実体化、等身大姿になった際にVHのモチーフ基のアンナミラーズ風の服を着ていたこともあるのでのでやっぱり真相は闇の中である。

なお、『UX』に登場するフェイ・イェンHDは型式番号がVR-014/HDであり、オリジナルが電脳虚数空間で初音ミクの魂と融合、変化した姿という設定があるため、オリジナル・フェイ・イェン=ファイユーヴであると見てほぼ間違いないだろう。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
初登場作品。担当声優の樋口智恵子氏も本作でSRW初参加となる。いるだけ参戦の典型例で、会話シーン以外に出番は無いが、能力値、小隊長能力、精神コマンドの構成、機体性能……と、全てにおいて非常に優秀。
「気がついたらザ・ナイトの格好で出現していた」発言、「チーフの口にしたリリンの名前に反応する」という点からして、オリジナル、つまりファイユーブである可能性が高い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
中盤にてハッター達と共に参加する。ハッターと漫才みたいな会話をしてチーフも入れてトリオ漫才のような事もした。しかし今回ハッターのキャラが濃い為、いまいち印象が薄い。なお、軽薄な喋り方をするが、言動共に暑苦しいハッターに比べ、言っている事は意外と的を射ており、それでいてチーフのように解り辛い言い回しを使う事も無いので、喋り方をさて置けば、話の内容は割と常識的で分かりやすくはある。その為、チーフとハッターで意見が分かれてる際に、ハッターの意見を噛み砕いてチーフに妥協させるというある意味重要な役を担う。更に(主にバーチャロンチームに対して)かなり的確なツッコミをする事も。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

射撃回避重視で、典型的な遠距離リアル系といった感じの能力を持つ。

精神コマンド[編集]

第3次α
祝福集中直感熱血加速脱力
K
幸運集中直感熱血期待脱力

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次α
強運見切り切り払いL7
K
斬り払いL2、撃ち落としL3、援護攻撃L2、援護防御L2、アタックコンボL2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

第3次α
回避率+20%

人間関係[編集]

チーフ
イッシー・ハッター
漫才相手?

ファイユーヴ周辺の人間関係[編集]

基本的にはSRW未登場。

リリン・プラジナー
MARZ総帥にしてプラジナー博士の実の娘。ファイユーヴの「姉」にあたる存在(?)。第3次αのフェイは「それって…」と彼女の名前に反応していた。
なお、ファイユーヴは小説「フラグメンタリー・パッサージュ」にて「あなた、ちょっとウザったい」と独白していたり、第三世代型フェイ・イェンの商品化でひと悶着起こしたりと一応同盟関係は結んでいるものの「姉妹仲」はあまり良くない模様。
アイス・ドール
VR-017、オリジナル・エンジェラン。「姉」にあたる存在。しかし彼女自身はファイユーヴよりリリンのほうを気にかけており、(リリンは普通に成長するので)年齢こそ逆転してしまったが、リリンを「大切な妹」と評している。
なお、「T.L.C.S.」の開発(ツイン・リンク・コンバータ・システム。「フォース」におけるゲームシステムの一つで、2機のVRをペアリングしライフシェアを行う機能)に携わっており、その際に彼女が作成した特別製Vディスクが存在する。これを打撃艦隊フォースに届ける必要があったのだが、この際多忙を理由にファイユーヴに託して移送してもらったという逸話がある(ついでにRNAの兵士が一名ゴタゴタに巻き込まれている)。
プラジナー博士
ファイユーヴ、アイス・ドール、およびアプリコット・ジャムら「オリジナルVR」の開発者であり、「父親」。同時に、リリンの実父。現在消息不明。
VR開発黎明期、誰にも成しえなかった「VRの電脳虚数空間への往来能力」を人知れず実現し、「娘たち」に実装した天才科学者である。
同時に、かねてより危険視されていながら黙殺されてきた「シャドウ」の発生のカウンターとしてファイユーヴを、「アジム」「ゲラン」の実体化阻止のためアイス・ドールを、そしてアプリコット・ジャムにヤガランデの制御の役割をそれぞれ託した、とされている。
しかし、ファイユーヴの「わたしもこんな体じゃなかった(漫画版「スクランブリング・コンチェルト」より)」、アイス・ドールの「かつて ひとであったものより(OT副読本「真実の壁」より)」という独白等、彼の手がけた「オリジナルVR」は大本を辿れば人間であった可能性もあり、必ずしも善人とはいいがたいようである。
タク、ノブ
ドラマCD「CyberNET Rhapsody」および「COUNTER POINT 009A」にて登場した二人組みの高校生。
「CyberNET Rhapsody」ではゲームセンターで「バーチャロン」で遊んでいたところ、ファイユーヴの実体化シーケンスに巻き込まれ、電脳暦世界に落っこちてしまった。紆余曲折の末、なんとか現実世界に帰還できたが今度は逆に一緒にファイユーヴも現実世界に来てしまい、しばらく居候させることになってしまう。
なお、ノブはドサクサにまぎれてファイユーヴにセクハラをかまし、スリーサイズをメモしてブン殴られていた。
「COUNTER POINT 009A」では他人の家で勝手にくつろぎ、すっかりだらけきったファイユーヴの姿に二人とも辟易していた…のだが、なんだかんだでファイユーヴが去っていった際は名残惜しさを見せていた。
「敵A(赤壁)」「敵B(毒島)」
ドラマCD「CyberNET Rhapsody」および「COUNTER POINT 009A」にて登場した敵役の兵士。第A7攻撃大隊所属。第一世代型のVR「ベルグドル」に搭乗し、「第一次」および「第二次ファーユーヴ捕獲作戦」に従事した。・・・まぁ「第一次」のほうはVRで生身姿のファイユーヴを追い掛け回していただけなのだが。
「COUNTER POINT 009A」ではサルペンの部下として配属され、「第二次」に従事する…のだが、サルペンの美貌に鼻の下を伸ばしまくっていた。
ディフューズ・アルフレート・ド・アンベルⅣ、シルビー・ファング
ドラマCD「COUNTER POINT 009A」にて登場。「第二次ファイユーヴ捕獲作戦」の発動を決定、特戦隊(特殊重戦闘VR大隊、後のS.H.B.V.D.である)へ勅命を下した。
ミミー・サルペン
同「009A」にて登場、「第二次ファイユーヴ捕獲作戦」に従事した特戦隊の隊員。後のハッター軍曹の上官である。
「マーズ」より15年も前の出来事なのでまだ若く、ハッターが語っていたような「うるさ型の上官」のイメージこそないものの、無茶な作戦指示に間髪いれず反論したり、ブラック・オニキスの配属に猛反対したりとなかなかの常識人ぶりを見せていた。同時にファイユーヴの「生身の姿」と「変身」を見て混乱したりもしている。
ブラック・オニキス(黒輝 大地)
同「009A」に登場した戦闘用マシンチャイルド(人工生命体。OGで言うマシンナリー・チルドレンのようなもの)。生体年齢8歳、外見年齢12~13歳程度の少年の姿をしており、彼を部下として配属されたサルペンは猛反発を起こしていた。
「マシンチャイルド」の名のとおりさながら機械のように任務に忠実で、いかなる状況でも与えられた作戦、即ち「ファイユーヴ捕獲作戦」を遂行しようとした。
しかしファイユーヴ側は彼を「人間」として見ており、あまりにも虚無的で、自らの持つ可能性を閉ざし試そうともしない彼に対して最終的にとうとうマジギレし、(ライデンの)胸倉を掴み揚げて(VRごと)往復ビンタでしばき倒してしまった。
最終的には彼と和解、「再会したらまた歌を聞かせてあげる」と約束している。その後の詳細は不明だが、亙氏によればS.H.B.V.D.で活躍している、とのことである。
ドクター・ワタリ
いわずもがな、シリーズプロデューサーの亙重郎氏。ドラマCD「COUNTER POINT 009A」で(声優こそ本人ではないものの)公式媒体でまさかのプロデューサー本人が登場。ファイユーヴと会話もしており、彼女(およびブラック・オニキス)が現実世界に落下してきた際の余波で「バーチャロン」の開発機材が壊れた際、「やったー!これでもう締め切りに追われなくて済むぞー!!」等と喜んでいた。
しかしただのサービス的端役かとおもいきや、ファイユーヴの成長や、それに伴うハイパーモード発動の条件を知っていたりもした。このあたりはさすがプロデューサー、というべきか。また、プラジナー博士の消息も知っていた可能性がある。
なお後年、XBOX360版「オラトリオ・タングラム」公式サイト(現在サーバ障害で閲覧不可)のコラムにて若干普段と様子が異なる亙氏が登場。そしてコラムの〆の部分で名義こそ「???」ではあるがピンク色のフォントで「ドクター、お久しぶり~♪」と話しかける女の子の姿が…。

他作品との人間関係[編集]

兜甲児葵豹馬
第3次αではハッターとの掛け合いを「いい漫才コンビ」と、SRWの元祖漫才コンビである彼らから太鼓判を押される。
光竜闇竜
勇者ロボ軍団の中では特に親しいが、彼女達がαナンバーズに編入された際には先輩風を吹かす一幕も。
熱気バサラ
第3次αにてパレッス粒子の影響を受けなかった彼に驚愕していた。
リュウセイ・ダテ
例によって、可愛いと言われる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「…ねえねえ、そこの二人!」
「そーこーの二人ってば!」
「ねー、ちょっとぉ! 私の声、聞こえてないのー!?」
「私は無視!? テッテー的に無視!? それってヒドくない!?」
第3次αの初登場時、第26話「かりそめの旅人」にて。チーフとハッターにスルーされまくってご機嫌ナナメ。
ハッター「貴様、何者だ!? 俺達の任務にフェイ・イェン系の機体が加わっているという話は聞いていない!」
フェイ「ん~、私もよくわかんない。気づいたらここにいたしぃ、こんなカッコだしぃ…」
同上。チーフ&ハッターとは別の場所から飛ばされてきたようだが、『彼女』がもしオリジナルであるとすれば「こんなカッコ」というセリフの意味するところは…
「リリン・プラジナー? あ、それって…」
チーフの「リリン・プラジナー総帥のため」というセリフに反応。
「え~!? 私、さっきの戦闘で疲れたしー、あっちの人達に興味もあるしー…」
「それに、どうしてこんな所へ来ちゃったかそのワケも知りたいしー」
αナンバーズと共に宇宙怪獣を退けるがMARZの管轄外として不用意な接触は避けて立ち去ろうとするチーフを引き留める。口調は極めて軽いが的を射た発言でチーフを納得させるという役割は、後にKのフェイ・イェンも担うところとなる。
「私はちょっと違うけどねー」
ゲートを通ってこの世界へやってきたのかと問うボルフォッグに対し、「YES!!」と答えるハッターとは異なる返答。
「ん~、そこら辺を説明しだすと長くなっちゃうから省略ってことで。ね?」
「ロボットなのか?中に人が乗っているのか?」と問う甲児に対し「秘密だっ!」と答えるハッターに続けて。
まあ、実際彼らは電脳知性体疑惑やサイボーグ疑惑があるわけだが…。
「私、フェイ・イェン! 申し訳ないぐらい可愛いんだけど、ひとまずよろしくね!」
αナンバーズへ加わる際の自己紹介。
「そんじゃなに? 私達、あなたに用事がある時って、いちいち『MARZのテムジンさん』みたいに話しかけろっての?」
「それって、なんか変ーーっ!」
一方、名前を名乗ろうとしない『MARZのテムジンさん』に抗議。この時ばかりはハッターと意見が一致。
「はい、そこ!そーゆーこと言わない!そーゆーリキみ方、好きじゃない!ホントに死んだら、仲間を悲しませちゃうんだよ!」
第27話「勇気ある者達の誓い」にて。Zマスターを阻止する決死の闘いに「ここが戦士の死に場所か」と呟くJにクギを刺す。
「うふっ、ありがと! この私が超可愛いなんて、オクテのあなたもようやく覚醒ね!」
第29話「押された烙印」にて。初対面の、リュウセイから「可愛い」発言を受けて悦に入って返した台詞。尤も、リュウセイも言うように「超」までは付けていないのだが…。
「あー、聞き捨てなりませんねー。誰へのあてつけのつもりかなー?」
上記の場面から間を置かず救援に駆けつけた光竜闇竜へ、「…どこかの誰かと比べて随分とこう、たおやかな…いや、つまり…女らしいな」と漏らすハッター軍曹に対して。
「何よ! この浮気者!! 私に捧げた愛の告白は嘘だったの―!?」
ハッターに続きリュウセイ。毎度の如く「可愛い」発言をしたため、当然ながらのブーイング。
「わお! テンション、超上がりまくりぃ!」
第32話にて。ガムリンの懸命の呼びかけによって情熱を取り戻したバサラの歌を聴いて。
「ピカピカ光ってエモーショナル! ちょびっとデンジャラスな感じ!」
第33話にて。ムートロンを解放し復活を遂げたライディーンを、こう表現する。
「ハッターのニブチン! もっと足元に気を配らなきゃ!」
サブシナリオ「バサラ放浪」にて。足元不注意で花束の少女を驚かせてしまったハッターにピシャリ。
「ステレオタイプなラスボスねっ! ウザッ!」
「あなたがいると、元の世界に帰れないの!」
第3次α最終話の逆襲時に於けるケイサル・エフェスへの特殊戦闘台詞まつろわぬ霊の王を「ステレオタイプ」と一刀両断。
「指導、終了…なーんちゃって!」
Kでのビビッドハートのトドメ演出時の台詞。言うまでもなくチーフの真似である。
「安易なヒロイズムはバッドエンドに直結です!」
K最終話にて。ル=コボルを倒すために自らの命と引き換えにクリスタル・ハートの出力を限界まで上げようとするミストとヒロインに対して。結果的にミストは命を落とすことは無かったが、その代わりに総士が犠牲になり、さらにフラグ次第ではエンディングでファフナー勢が「バッドエンド」と言える結末を迎えることになると思うと、皮肉めいたものを感じる。

搭乗機体・関連機体[編集]

VR-014 ファイユーヴ
オリジナル。
SRV-14-A フェイ・イェン
第一世代型フェイ・イェン。「SRV」は「特殊偵察型VR」意で、一般に配備されているのはオリジナルの不完全なレプリカ。SRW未登場。
Unofficial(アンオフィシャル)
PS2 SEGA AGES版「OMG」で特定の条件を満たすと登場、および使用可能になる「初代フェイ・イェンにそっくりな何か」。左手のボウガンがなくなり、エモーショナル・アタックが追加される、撃墜されると爆発炎上ではなく縮んで小さくなるなどファイユーヴにかなり近しいが、名前のとおり「非公式」な存在。SRW未登場。
RVR-14 フェイ・イェン・ザ・ナイト
第二世代型フェイ・イェン。RNAが第一世代型のVコンバータを解析した結果誕生した、「最初の第二世代型VR」。RNA製ながら、最初期型ゆえに後発の機体と異なりツインアイ仕様ではない。
TF-14A フェイ・イェン with VH 「ビビッドハート」
第三世代型フェイ・イェンの基幹機種。レイピア「愚者の慈愛」を持つタイプ。指揮官機型の型式番号はTF-14A+。第二世代機の特徴を継ぐ。
TF-14B フェイ・イェン with BH 「ブルーハート」
第三世代型フェイ・イェンのバリエーション機。大剣「強者の妄信」を持つタイプ。指揮官機型の型式番号はTF-14B+。近接戦闘特化型。SRW未登場。
TF-14C フェイ・イェン with PH 「パニックハート」
第三世代フェイ・イェンのバリエーション機。ボウガン「亡者の懴悔」を持つタイプ。指揮官機型の型式番号はTF-14C+。第一世代型の特徴を継ぐ。SRW未登場。
TF-14M フェイ・イェン with CH 「シンデレラハート」
第三世代フェイ・イェンのバリエーション機(レア機体)。トレイ状の武器「ペイシェント・トレー」を持つタイプ。他3機種と異なり、指揮官機は存在しない。SRW未登場。
VR-014/HD フェイ・イェンHD
オリジナルが変化したイレギュラー。電脳虚数空間において、ボーカロイド・初音ミクの魂との接触によって機体色やデザインが彼女をイメージさせるものに変化している他、人化時の外見も強く影響を受けている。正式名称「フェイ・イェンwith Heart of DIVA」。オリジナル設定を加える形でUXに登場。

余談[編集]

  • ファイユーヴが登場するドラマCD2枚はその素っ頓狂な内容から黒歴史扱いするプレイヤーもいるが、近年発売、刊行されたテキスト類にも参照先として挙げられる立派な公式媒体である。古いものだが、機会があれば探してみるのも一興だろう。