2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

光竜

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
光竜
外国語表記 Kou Ryu
登場作品 勇者王ガオガイガーFINAL
声優 田村ゆかり
分類 AI搭載型ビークルロボット
型式番号 GBR-8
全高 17.5 m
重量 210.0 t
動力 GSライド
最大出力 340,000 kW(452,000馬力)
最高走行速度 335 km/h
合体形態 天竜神
所属 GGGフランス技研バイオネットGGG
テンプレートを表示

光竜は『勇者王ガオガイガーFINAL』の登場メカ。

概要[編集]

フランスで開発された次世代型竜型ビークルロボ。

GGGの技術提供によりGGGフランス技研で開発されていた。他の兄弟達と違い女性型なのは特に大きな意味はなく、他国の技術を丸ごとコピーするのをよしとしないお国柄の事情に過ぎない。女性型ゆえに胸部ダイヤルは乳房をイメージして、左右2つとなっている。

所属はフランス政府の特殊機関シャッセールなのだが、その製作経緯や整備環境から、GGGの基地に滞在することも少なくない。

ビークルロボ形態ではプライムローズの月がちょうど頭部の後ろに装着されるため、ロングヘアーのボニーテールになる。

精神年齢は5歳児程度と極めて幼く、天真爛漫で無邪気な性格。どう見ても彼女の方が妹のような性格だが、闇竜の姉にあたる。一人称は「私(わたし)」。

当初はパワーショベル車に偽装される予定だったが、GGGが秘密防衛組織から公の組織へと変化し、偽装する必要がなくなった理由からメーザー砲塔がそのままの状態で装備されている。

同型機の闇竜とシンメトリカル・ドッキングすることで天竜神となる。

起動直後に、未成熟なAIの隙を突かれて、バイオネットのメビウス教授、ラプラス博士(いずれもSRW未登場)の支配下に置かれてしまう。彼らに操られて闇竜と戦った後、物質瞬間創世艦フツヌシに動力炉のGSライドの代わりに組み込まれ、フェイクGSライドやGギガテスク(SRW未登場)を「創世」させられる羽目になったが、ルネと闇竜の説得によって洗脳を脱し、天竜神となってGギガテスクと戦った。

その後、修理や調整のために長く戦線を離れ、木星決戦には参加できなかった。

『FINAL』では偶々整備のためオービットベースにいたところ遊星主の襲撃や、GGG地球圏追放に巻き込まれレプリ地球へ旅立つことになった。

変形形態[編集]

ビークルモード
メーザー車形態。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場作品。兼任である闇竜天竜神含め担当声優の田村ゆかり氏は当作品でスパロボ初参加。
『FINAL』原作に先にかけて、トウマルートで初登場する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
飛び蹴りからパンチやキックなどの連撃を叩き込む。

武装[編集]

パワーアームメーザー砲
背部に装備したメーザー砲。
プライムローズの月
通常のメーザー照射。開発当初は「ライトニングランス」と呼ばれていた。
第3次αでは小隊攻撃にも使用する通常版と気力制限のある長射程の高出力版が存在。
ライトニング・スプラッシュ
拡散タイプのメーザー照射。SRW未採用。

召喚攻撃[編集]

ルネ援護攻撃
プライムローズの月で敵の隙を作り、ルネが懐から隠し武器で攻撃。カットインが入るあたり、どうやらルネを援護する攻撃のようである。SRWでは命中低下の特殊効果を持つ。
なお、ルネがキングジェイダーのサブパイロットになってからは使用不能。

合体攻撃[編集]

光竜・闇竜アサルト
闇竜との合体攻撃。Wより追加。原作にはこのような技は無い。

特殊能力[編集]

合体
天竜神へと合体する。
修理装置

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第3次α
集中ひらめき必中祝福熱血
W
ひらめき必中応援気合熱血補給

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次α
勇者L9底力L9援護攻撃L4支援攻撃
W
勇者L9底力L7援護攻撃L3支援要請コンボL2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

第3次α
獲得経験値+20%

BGM[編集]

「発進!」
第3次α、WのデフォルトBGM
「最強勇者ロボ軍団」
光竜・闇竜アサルト時の強制BGM。

人間関係[編集]

闇竜
双子の妹。合体して天竜神となる。
ルネ・カーディフ・獅子王
上司。自身が誘拐された時にも救出に尽力してくれた。姉のような存在として慕っている。
パピヨン・ノワール
姉妹のメンテナンス担当。ルネと引き合わせてくれた人物。
獅子王凱
GGG機動部隊の隊長。
氷竜炎竜風龍雷龍
尊敬する兄達。「おにいちゃん」と呼び慕っている。

他作品との人間関係[編集]

司馬宙
第3次αトウマルート序盤でビルドベースを防衛すべく、彼に助力する。
リュウセイ・ダテ
第3次α中盤で彼から「可愛い」との評価を受けるも、特に反応は示さなかった。

名台詞[編集]

「お姉ちゃん、乗っていってよ!」
初対面のルネにかけた、声まで子供っぽい言葉。闇竜も同様で、まさかの幼児的人格に、ルネはひどく驚いた。
「あたしも、お肌が焼け焦げちゃった……」
プラヌスのビームを浴び、損傷した腕の装甲を見て。彼女にとって、装甲は素肌らしい。胸部が破損した闇竜も恥ずかしがっていた。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ふうん…じゃあ、私も カトル兄ちゃんにキスしてあげようかな」
Wにて、トゥアハー・デ・ダナンで行われたビンゴ大会で、一等商品がテッサのキスであることを聞いて盛り上がる男性陣を見ての発言。言われたカトルは、いくら女性とはいえ、ロボットである上に16メートルもの身長差がある相手ではたまらないと思ったのか、焦りながらも丁重に遠慮している。

余談[編集]

  • 闇竜ともども元は雑誌連載企画上のキャラクターである。FINAL出演に際してリデザインが施され、雑誌連載時とは異なる姿となっている。特に光竜は本編ではピンク混じりの白だが、連載版では純白カラーである。