プラヌス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラヌス
外国語表記 Prunus
登場作品 勇者王ガオガイガーFINAL
初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
分類 メカノイド
全長 28.0 m
動力 ラウドGストーン
開発者 アベル
開発 赤の星
所属 ソール11遊星主
テンプレートを表示

プラヌスは『勇者王ガオガイガーFINAL』の登場メカ

概要[編集]

三重連太陽系の再生を使命とするソール11遊星主の一人。

全身を覆うフードに隠された人間体は明らかにされていないが、パーツキューブとフュージョンすることで戦闘用メカノイドとなる。ピア・デケムと同様、明らかに戦闘用の遊星主であるが本来は役割は不明。戦闘用でない他の遊星主の護衛が主目的ではないかとも言われている。女騎士のような風貌に、メーザー砲とミサイルランチャーを統合した大型スピア、光学兵器を跳ね返す機能を持った半透明シールドを装備し、まさに天竜神と鏡写しのようなコンセプトを持つ存在である。

勇者分断作戦では光竜闇竜もろともレプリアテネに落着、シンメトリカルドッキングを果たした天竜神と激突する。その必殺技「光と闇の舞」の前になすすべ無く破壊されたかに見えたが、ピサ・ソールの物質再生能力によってすぐさま復活。背後から串刺しにするが、合体を解いた二人にそのまま組み付かれ、彼女に装備された特殊装備『内蔵弾丸X』によるGパワーの強制開放に耐えきれず再び破壊された。

物質再生能力によって大量に複製されるが、その撃破によって構造を維持できなくなり、共に消滅した。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

スピアー
メーザー砲とミサイルランチャーを統合した大型の武装。
相手に向かって土煙が立つほどの勢いで突っ込んできたあと、土煙の向こうから相手をスピアーで突き刺し、そのままメーザーを放って吹き飛ばして、更にスピアーで追撃。他の一般的な攻撃と異なり、自機の回避動作が最初に突っ込んできた時ではなく、その後の土煙の中で発生するため、一瞬回避しそこねたようにも見えてしまう。
ミサイル
メーザー砲
シールド
半透明の盾。光学兵器を跳ね返す機能を持つ。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

パイロットステータス[編集]

特殊技能[編集]

W
斬り払いシールド防御底力L8、援護攻撃L3、マルチコンボL2

余談[編集]

  • Prunusはサクラ属の樹木の学名を意味する。