天竜神

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
天竜神
外国語表記 Ten Ryujin
登場作品 勇者王ガオガイガーFINAL
声優 田村ゆかり
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
分類 合体ビークルロボ
全高 28.0 m
重量 440.0 t
動力 GSライド
最大出力 9720000 kw
所属 GGGフランス技研GGG
テンプレートを表示

天竜神は『勇者王ガオガイガーFINAL』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

光竜闇竜がシンメトリカル・ドッキングして完成する合体ビークルロボ。

2人のシンパレート値が90%以上にならないと合体できないが主に誰かを守りたいという気持ち=勇気で心が1つになり、合体が可能になる。光竜が右半身と頭部、闇竜が左半身と胸部を構成。

光竜の素直で無邪気な性格と闇竜の冷静でややリアリストの性格が融合しており、敵に対しては無慈悲。

女性型らしく、両脇に髪を盛ったような縦ロールのサイドツインテールを有し、胸部装甲も乳房を意識したものとなっている。

性能的には最新型でガオガイガーと同じく、総合性能に優れた主力戦闘型をコンセプトとしており、先に完成した撃龍神以上に高い攻撃・防御能力を持つが継戦能力でやや劣り、ゾンダー核を摘出する機能も備えていない。

初陣のGギガテスク戦で中破した為、原種との木星決戦への投入は見送られた。その後、機体の修復とともに再フォーマットと一部の武装の変更を受け、ソール11遊星主との戦いに赴くこととなった。

初期(小説『勇者王ガオガイガー外伝 獅子の女王』)の頃は『FINAL』時と異なり、全体的に超竜神らのように角ばったフォルムになっている他、パワーアームメーザー砲とフレキシブルアームドコンテナを肩ではなく、腰に接続している。

構成機体[編集 | ソースを編集]

光竜
右半身・頭部を構成。
闇竜
左半身・胸部装甲を構成。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場作品。初陣はサブシナリオで再現されているがGギガテスクは未登場。性能的には全体攻撃が強力なスーパー系で、勇者補正もあるため戦闘能力は決して弱くはない。「超勇者黙示録」で出撃させるのも一興。
なお、精神コマンドは分離形態のほうが優秀なので状況に応じて分離と合体を使い分けよう。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦W
撃龍神の登場でますます攻撃役の出番がなくなった。武器の特殊効果は命中ダウンのみとなったが、修理・補給を一人で行えるため、戦える回復役として運用するといいだろう。今回は自爆攻撃が追加。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
『ガオガイガーFINAL』の参戦以降いくつかのイベントシナリオに登場していたが、ユニットとしては2018年5月のイベント「イカしたぶっちぎり野郎共!」にて初実装。SSRブラスター。
バトル開始時のコア所持、味方への装甲アップ・ダメージ軽減バフ能力を持ったサポート型。2コア消費で3×3マスを攻撃し、暗闇・スロウを高確率付与する「光と闇の舞」は強力だが、演出が長くダメージ確定まで時間がかかるのが難点。
アリーナでは、命中率+100%、威力350%、分身無効、かつ通常時と同じ暗闇・スロウを高確率付与する「光と闇の舞」が強力。ただしフローレンスと似た死にバフスキル「複合ジャミング弾」のおかげでコストが高く、死にバフとタフネス系スキル「クリスタルシールド」の食い合わせが悪いのがネック。
2020年9月にニューカマーで大器型SSRシューターが追加。『ガオガイガーFINAL』ユニット限定で必中バフを与えるアビリティを有する。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

武装[編集 | ソースを編集]

ダブル・リム・オングル
「リム・オングル」はフランス語で「爪やすり」の意。高速運動するナノマシンと本体を構成するGパワー集束帯を反応させた非実体エネルギー剣である。修理後に追加された武装で、ノベライズ『獅子の女王』の時は腕の形は全く違い、ミサイルガンとメーザーガンを装備している。
第3次αでは射程P4かつ無消費の武器で使い勝手がいい。
パワーアームメーザー砲
右肩に装備したメーザー砲。光竜の「プライムローズの月」。
第3次αでは射程は長いが単射だった光竜と違い連射している。そのため消費ENも25と大幅に増えてしまった。
フレキシブルアームドコンテナ
訳すと「可動式武器庫」。左肩に装備したミサイルランチャー。闇竜の「シェルブールの雨」。
第3次αでは単独版はなく「光と闇の舞」で使用。

必殺技[編集 | ソースを編集]

光と闇の舞
EI-01の全方位レーザー攻撃を基にシステム化された武装。闇竜のミサイルポッドで敵をかく乱しつつ反射鏡を散布。そこに光竜のメーザー砲を撃ち込み、多角反射によって全方位からメーザーを浴びせかける。反射角の計算はとても大変らしい。
第3次αではそのまま闇の向こうに姿を消し、ダブル・リム・オングルの両手斬りでトドメ。ガオガイガー以外の勇者ロボでは唯一のトドメ演出。射程・攻撃力共に優れた全体攻撃だが、消費ENも大きいので注意。Wでは命中率低下の特殊効果がある。
内蔵弾丸X
フランス製ビークルロボのみが搭載する小型化された弾丸X。劇中では自爆技として使用された。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

分離
光竜闇竜に分離。
修理
補給

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

第3次αW
必中不屈加速祝福熱血勇気
X-Ω
加速不屈勇気
パイロットパーツ装備時
必中熱血勇気

特殊技能(特殊スキル)[編集 | ソースを編集]

第3次α
勇者L9底力L9
W
勇者L9底力L7援護攻撃L2援護防御L2マルチコンボL2

小隊長能力(隊長効果)[編集 | ソースを編集]

獲得経験値+20%、獲得資金+20%
第3次α』。

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「発進!」
第3次αWのデフォルトBGM

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

その名は天竜神
Gギガテスクと交戦。クリスタルシールドで相手の攻撃を反射して、ダメージを与えるが再生能力によって回復されてしまう。ガオガイガー合流後、自身のGSライドの爆発で道連れにして倒そうとした。
プラヌス
女性型ロボ同士、レプリギリシャのアテネで対決。光と闇の舞で翻弄し、縦真っ二つにするが再生したプラヌスに背後から槍で刺されてしまう。再生を司るピサソールを討つための作戦で内臓弾丸Xを使用。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ルネ・カーディフ・獅子王
行動を共にする上司。サイボーグである彼女はある意味Gストーンの姉妹。
超竜神撃龍神
尊敬する兄たち。向こうからも可愛がられており、妹との合体を試みて争いが起きたこともある(実際には構造上の規格違いで合体不可能)。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

ユミ・フランソワ
テッカマンソード

名台詞[編集 | ソースを編集]

「ガオガイガー、このまま攻撃して下さいっ! 私のGSライドを爆発させれば…!!」
小説「獅子の女王」の終盤、バイオネットによって生み出されたフェイクGSライド搭載の巨大ロボット・Gギガテスクに組み付き、支援に来たガオガイガーに向かって叫ぶ。兄達同様自己犠牲精神にあふれる行動だが、この直前(TV版のNumber.38)にESウィンドウの彼方に消えた超竜神のこともあり、凱は「一緒に勝利をつかみ取る」として拒否した。
「トップレスで失礼するわ!」
対プラヌス戦で。胸のシールドを身代わりに回避して反撃に転じた。ちょっとエロい。

スパロボシリーズの名台詞[編集 | ソースを編集]

「…醜い…?どうやら、あなたを撃墜する前に視力を矯正してあげるべきみたいね!」
Wでテッカマンソードと戦闘した際、彼女に「醜い機械人形」と侮蔑されて怒りの一言。女性には禁句です。

関連機体[編集 | ソースを編集]

星龍神 / 翔星龍神
続編小説『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』にて登場した光竜・闇竜の姉妹にあたる月龍・日龍がシンメトリカル・ドッキングして完成する新たな合体ビークルロボ。
さらにグリアノイドながら弟にあたる翔竜とトリニティドッキングする事で翼を持つ翔星龍神に合体する。
輝竜神 / 翔輝竜神 / 新龍神 / 夢装新龍神
『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』にて登場した光竜・日龍、闇竜・月龍がそれぞれシンメトリカル・ドッキングした合体ビーグルロボ。
幻竜神撃龍神同様に、本来の仕様では不可能な合体だが、光竜・闇竜が宿したトリプルゼロを利用して可能にしている。
また劇中、輝竜神は翔竜とトリニティドッキングする事で翼を持つ翔輝竜神に合体し、新龍神も6人のベターマン(ラミア含む)が変化したプロテクトプロテクターを装着した夢装新龍神に合体している。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 天竜神の合体は元々立体化を想定していないためか、超竜神、撃龍神と比較してもかなり物理法則を無視しており、そのためプロポーションを優先した天竜神のミニプラは変形合体要素が完全にオミットされ、ロボモードとビークルモードの光竜と闇竜、天竜神の5体がセットになった豪華な賞品となっている。
  • 女性勇者の登場は前作『勇者指令ダグオン』(未参戦)のギャラクシールナに続いて、2作連続だがギャラクシールナはロボット形態が未登場だった為、女性勇者ロボとしては光竜、闇竜、天竜神が初めてである。
  • 第2話予告に天竜神が映し出されたものの予告のみの登場となり、実際の登場は第7話まで待つことになった。