2019年10月14日(月)9:00より、メンテナンスのためwikiサービスが断続的に停止します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

EI-01

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
EI-01
登場作品 勇者王ガオガイガー
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ゾンダーロボ
全高 400m以上
装甲材質 ゾンダーメタル
所属 ゾンダー
変身者 パスダー
テンプレートを表示

EI-01は『勇者王ガオガイガー』の登場メカ。

概要[編集]

EI-01=パスダー自身がゾンダーロボ化した姿。

東京タワー直下において、宇宙船兼基地のゾンダーシップとして潜んでいたが、 機界四天王が敗退したのを切っ掛けに魔王サタン(スワン・ホワイト談)を思わせる巨人の姿に変貌した。 東京のライフラインのエネルギーを吸い上げ、東京そのものを宇宙船とし、ゾンダープラントとしての役割も併せ持つ。

勇者ロボのあらゆる攻撃を無効化していき、エネルギー量の差を活かしての対消滅攻撃により、Gストーンのエネルギーを消していくが、 マイク・サウンダース13世のミラー粒子バリアに時間を稼がれた隙に、GGG最後の切り札である「弾丸X」でパワーアップした勇者ロボ軍団に押されていき、ガオガイガーのゴルディオンハンマーにより完全に消滅した。

しかし、本体のパスダー自身は止めの瞬間に抜け出しており宇宙へと脱出、収集したデータはパリアッチョに引き継がれ、三体の原種によりGGGベイタワー基地は壊滅する。だが、新生したGGGにはその情報は古いものでしかなかった。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
後半戦の組織ボスの一角。シナリオの進め方によってはクストースによって助け出される場面もある。
自身の能力そのものは他の組織のボスと同等の強さだが、イベントによる能力低下などを総合するとラスボスのガンエデンより強い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
スーパーロボット大戦BX
本作では機界31原種編から展開されるため、出番はプロローグのみ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
スーパーロボット大戦T
本編開始の直前にブラックノワールと共に東京に現れ、勇者達に倒された。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ソニックブーム
腕を振り上げるだけだが、勇者ロボを容易く吹き飛ばすという凄まじい威力を見せる。
W』では装甲低下の特殊効果を持つ。
全方位レーザー攻撃
周囲にアルミニウムを蒸着させたビルのガラス片を舞い上がらせた後、頭部から放ったレーザーを反射させる。取り込んだ東京中のコンピュータによって瞬時に反射角を計算し、対象をあらゆる方向から撃ち抜く。
この時の交戦データは後に天竜神の必殺技「光と闇の舞」に応用されることになる。
第2次α』では全体攻撃
対消滅攻撃(正式名称不明)
ゾンターメタルとGストーンは対消滅する関係であることを逆手に取ったエネルギー攻撃。使用時のEI-01は東京中の電力を味方に付けていたことから、エネルギー量で上回っており、勝率の高い賭けであった。だが、勇者ロボたちが弾丸Xで限界を超えた力を引き出したことで戦況は一変する。
『第2次α』では能力低下イベントとして再現。勇者ロボ以外の機体のパワーダウンも引き起こした。
空間湾曲バリア(正式名称不明)
空間湾曲によるバリア。EI-16との戦闘において、ガオガイガーがディバイディングドライバーの空間湾曲でEI-16の弾丸の威力を相殺したように、EI-01も空間湾曲によるバリアでゴルディオンハンマーの威力を相殺させた上、ゴルディオンハンマーにヒビを入れるが、超竜神とビッグボルフォッグの攻撃で空間湾曲バリアが解けてしまう。

特殊能力[編集]

ゾンダーバリア
HP回復(小)
EN回復(小)

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

2L(LL)