スーパーロボット大戦DD

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーロボット大戦DD
開発元 ドリコム(開発協力)[1]
運営元 バンダイナムコエンターテインメント
配信元 バンダイナムコエンターテインメント
対応機種 iOS / Android
プロデューサー 赤井雅俊
寺田貴信[2]
シナリオ 寺田貴信
キャラクターデザイン ヤスダスズヒト
鈴木勘太
渡邉亘
河野さち子
超肉
メカニックデザイン 大張正己
明貴美加
寺岡賢司
山根理宏
Mがんぢー
主題歌 「D.D」
配信開始日 2019年8月21日
価格 基本プレイ無料(アイテム課金制)
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦DD』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。

概要

2018年11月19日配信の「生スパロボチャンネル」にて正式発表された、『スーパーロボット大戦X-Ω』に続くスマートデバイス向けスパロボ作品。令和最初のスパロボとなる。

2Dグラフィックスによる戦闘シーン演出やターン制のSLGシステムの採用、ユニットではなく装備パーツを対象としたガシャシステム等で『X-Ω』との差別化が図られている。

タイトルの「DD」は主題歌の曲名にも採用されている「Dimension Driver」の略称。

システム

出撃バトル
本作における攻略クエストの名称。
シナリオパートにあたる「シナリオチャプター」の間に戦闘を行う「バトルチャプター」が挟まる構成となる。
バトルチャプターが複数存在する場合はクリア時のHP残量や必殺技・精神コマンドの使用残数が引き継がれる。ゲストユニット(強制出撃ユニット)だけは例外で全てリセットされる。
ストーリーや期間限定イベントについてはAP等のスタミナは存在しないため制限なしに攻略可能。改造素材・パイロット養成バトルは1日3回までのプレイ制限があり、制圧戦ではBPと呼ばれる専用のスタミナを消費してプレイする。
バトルチャプター
シリーズおなじみのトップビュー型マップで展開されるSLGパート。AUTO操作も可能。
ターン行動についてはフェイズの概念がなく、自軍・敵軍がスピード順に行動するアクティブターン制を採用している。
ユニットの攻撃手段はデフォルトで使用できる通常攻撃と、後述するユニットパーツの装備により使用可能となる必殺技の2種類が存在する。必殺技には気力制限はないが使用には一定数のターン経過を必要とするほか、回数制限もある。
ブレイクゲージ
一部敵ユニットに設定された特殊ゲージ。
ユニットごとに設定された弱点属性の武器で攻撃を加えることで減少し、ゲージが0になると被ダメージが増加する。逆にゲージがある間は減少する。ゲージはそのユニットが一定回数行動すると回復する。
弱点属性は敵ユニットと対応する主人公機の武器属性であることが多く、実弾が弱点のバストール、ビームが弱点のサイコガンダムなど原作の設定に反する敵ユニットが登場することもある。
機体タイプ
ユニットの基本スペックを表すタイプ表示。
「攻撃」「防御」「命中」「回避」の4種のスペックで示され、「攻撃&防御」など2種が伸びるタイプ、1種が大幅に伸びる「特化」タイプ、4種が均等に伸びる「バランス」タイプの3通りに大別される。
パイロット養成
各パラメータに対応した本系アイテムやメモリーオーブを消費してパイロット能力を上昇させる。本作では戦闘によるレベルアップ(=パイロット経験値)の概念がなく、パイロットの強化はすべて素材消費によって行われる。
また強化グレードも設定されており、強化段階が高くなるほど高グレードのアイテムを必要とする。
必殺技ユニットパーツのSSRを入手したりアチーブメントを達成すると一緒に貰える素材を使うことで、特殊技能のレベルを上げることが出来る。
精神コマンド
効果は従来作にほぼ準ずるが、SP消費ではなく回数制を採用。
前述したようにパイロット経験値の概念がないため、コマンドの習得は専用素材を消費して行う。習得数は多くのスパロボ作品同様1パイロット6種で、セットできるのはそのうち最大3種まで。精神コマンドのセットスロット数も習得と同様に専用素材によって開放される。
気力
本作の気力システムはユニットのアビリティ発動条件となる他、上昇値に応じてユニットの各能力にプラス補正がかかる(気力+10につき攻撃力・防御力・照準値・運動性+3%。気力150で15%まで上昇)。上昇条件は従来作品と概ね同様。
ユニットパーツ
本作におけるガシャ対象アイテム。必殺技タイプと支援タイプの2種類、更にガシャ非対象の通常タイプが存在する。
パーツにはメインアビリティとサブアビリティ、各能力値(HP・攻撃力・防御力・照準値・運動性)と地形適応が設定されている。メインスロットに装備するとメインアビリティが発動し、各能力値と地形適応がそのまま加算される。サブスロットに装備するとサブアビリティが発動し、各能力値の15%が加算される。スロットは最大5枠(メイン1枠、サブ4枠)。
『X-Ω』同様にユニットパーツ同士を合成してレベルアップが可能で、ステータス補正の上昇の他、同じパーツを使って強化を行うことで特性(アビリティ効果)が強化される(最大は+5)。
必殺技タイプ
特定のユニットのメインスロットに装備させることで必殺技が使用可能となる。それぞれのパーツごとに対応するユニット(パーツ「NT-D連続攻撃」であれば機体「ユニコーンガンダム」)が存在し、対応していないユニットやサブスロットに装備させた場合は必殺技は使用できない。ただし、レアリティが低い場合でも有用なアビリティを持つ物が有る、必殺技が使える必要ターン数が少ない、回数が多い利点があるため一概に使えない訳ではない。
支援タイプ
能力上昇やアビリティに加え、精神コマンドが追加される。装備時はユニットパーツごとに対応したキャラクターたちからの応援演出が戦闘前に挿入される。応援演出はボイス付きで、非戦闘キャラクターやサブキャラクターなども声が収録されている。特定のユニットに装備させた場合は演出が専用のものに切り替わる(機体「Ζガンダム」であればパーツ「ファ・ユイリィ」)。
また、大門恵留弓さやかなどのパイロットと支援ユニットが両方登場しているキャラの場合、装備させると自分自身へのボイスに切り替わる場合がある[3]
通常タイプ
能力上昇とアビリティのみが追加されるパーツ。必殺技や支援演出、精神コマンドは追加されない。低レアはステージ中でのドロップ、高レアはイベント報酬などで入手が可能。
限界突破
ユニットパーツのレベル上限を上げる。『X-Ω』の同システムと異なりベース側・素材側ともにパーツレベルを最大まで強化しておく必要がある。
機体改造
『X-Ω』同様に資金と専用の素材を消費して改造段階を上昇させる。本作では改造項目ごとの専用素材が存在し、また素材グレードも設定されており、改造段階が高くなるほど高グレードの改造素材を必要とする。
全ステータスを5段階改造するごとに改造ボーナスを獲得でき、ステータスの更なる強化やパーツスロットの解放が行える。なお、ボーナスで強化されるステータスは一部を除き概ね機体タイプに沿ったものとなる。
制圧戦
サブゲームモードのひとつ。限られた編成・戦力で攻略していく高難易度モード。
当初はBPの回復手段が時間経過とDクリスタル消費しか無かったが、後のアップデートでBPリカバリーが追加された。
また第1回制圧戦では1戦につき1BPの消費だったが、第2回制圧戦以降は1戦につき2BPと倍になっている。
Dクリスタル
本作における課金アイテム。ガシャ・コンティニューに使用する他、制圧戦のBPを回復する手段の一つとなっている。
サブパイロット
精神コマンドの使用などの役割はなく、戦闘アニメでの掛け合いのみ。
クロッシング・パイロット
作品を越えた機体の乗り換えが行えるシステムで、特定のイベントをクリアする事で開放される。
カスタマイズ面においては必殺技・限界突破共にノーマル時のパーツ・素材は非対応であり、いずれもクロッシング専用のパーツを必要とする。

ストーリー

南極氷床下の大空洞内にて発掘された謎の巨人「ディーダリオン」。多国籍南極氷床下調査隊「MART」の監視の下、同じく大空洞内にて存在していた異星人の戦艦「エルツァード」の技術より開発された「ドミナントトルーパー」の運用試験も兼ねたディーダリオンの起動実験が行われるが、その最中にもう一体の巨人「アンギルオン」が襲来、アンギルオンの襲撃により深手を負ったディーダリオンは光を放ち、「大門恵留」を始めとするMARTメンバーとともに異なる世界へと転移してしまう。

序章のみ4つのワールドからの選択式で、ワールド間を跨いでのシナリオ攻略も可能。第1章以降は最後にクリアしたワールドを基準にシナリオが進行していく。

演出面

  • 前述の通り、戦闘シーンの演出は従来のスパロボ作品と同様の2Dアニメーション方式を採用するが、ユニットは3Dモデルを元にしたプリレンダグラフィックという新たな試みを行っている。戦闘シーンはフルボイスで、一部の非戦闘キャラクターについてもユニットパーツ演出という形でボイスが収録されている。
  • シナリオデモのキャラクターはバストアップ表示方式。
  • BGMは『X-Ω』と同様に原則全曲オリジナルで、版権BGMは期間限定イベントでのみ使用される。

参戦作品

序列は公式のワールド順に準拠する。★は新規参戦。

ワールド01
旧シリーズをイメージした世界。
ワールド02
αシリーズをイメージした世界。
ワールド03
Zシリーズをイメージした世界。
ワールド04
『DD』独自の世界。
ワールド05

ゲームリリース当初はワールド1から4までの作品が登場。ワールド5は2019年12月26日に追加実装された。

『制圧戦』の報酬として、「スーパーロボット大戦OG」より機体・パイロットがゲスト参戦している。

世界観

世界観/DDを参照。

バンプレストオリジナル

登場メカ(オリジナル)

ディーダリオン
本作の主人公機となる記憶喪失の謎の巨人。デザインは大張正己氏、担当声優は阿座上洋平氏。
メラフディン
メグの搭乗機。デザインは明貴美加氏。
グラフディン
MARTが開発したドミナントトルーパー(DT)。デザインは寺岡賢司氏。
アンギルオン
ディーダリオンと敵対する謎の巨人。デザインは山根理宏氏、担当声優は杉田智和氏。
マービュオン
アンギルオンと同種とされる謎の巨人。デザインは山根理宏氏、担当声優は遠藤綾氏。
ディーティ1
MARTイギリスチームが開発したDT。デザインはMがんぢー氏。
ディーティ2/FM
ディーティ1の強化機。
ディポーター
輸送機。

登場人物(オリジナル)

ディド
主人公で、ディーダリオンの人間態。デザインはヤスダスズヒト氏、担当声優は阿座上洋平氏。
大門恵留
メインヒロイン。愛称は「メグ」。デザインはヤスダスズヒト氏、担当声優は長久友紀氏。
ユンナ・ドーソン
サブヒロイン。空軍所属であったが適正を買われDTパイロットとして抜擢された。デザインは鈴木勘太氏、担当声優は上田麗奈氏。
上牧早希実
サブヒロイン。メグと親しいDTパイロット。デザインはヤスダスズヒト氏、担当声優は潘めぐみ氏。
リナリア・クオ
サブヒロイン。エンジニア上がりのDTパイロットでDTの開発にも携わっている。デザインは渡邉亘氏、担当声優は池澤春菜氏。
神足麻依子
サブヒロイン。元アイドルという経歴を持つDTパイロット。デザインは河野さち子氏、担当声優は國府田マリ子氏。
ユニス・エアリー
サブヒロイン。ソフトエンジニアでDTパイロット。デザインは超肉氏、担当声優は和多田美咲氏。

用語

MART(マート)
「多国籍南極氷床下調査隊」の略称。南極氷床下の大空洞内に存在していた異星人の戦艦「エルツァード」を発掘・調査する為に結成された多国籍組織。
アメリカ、イギリス、日本の調査チームとそれぞれの軍隊からの派遣者で構成されている。
ドミナントトルーパー(DT)
エルツァードに搭載されていた人型機動兵器やエルツァードそのものを解析して造られた機動兵器。
メラフディンの解析を基にMARTが開発した「グラフディン」や、ディーダリオンとエルツァードの解析を基にMARTイギリス開発チームが作った「ディーティ」という機種が存在する。
サードマン現象(TMP)
脳に特殊な働きを行う現象。極限状態で幽霊や守護霊などの声が聞こえるといった現象を指す一般用語だが、『DD』では特殊な人間「フェノメナー」が持つ能力としている。
フェノメナー
メラフディン、グラフディンに搭載されているインターフェース「TMPI」を起動できる人間の総称。
トリニティ・ゲート
異世界同士を繋ぐ次元の門。その存在は不安定で、どこに繋がるのか分からず突然消失することもある。ディーダリオン達の共振と呼ばれる現象で発生することもある。

楽曲

主題歌
「D.D(Dimension Driver)」
歌:JAM Project

関連記事

ゲーム中データ

分類 記事
世界観 世界観/DD
全話一覧 全話一覧/DD
精神コマンド 精神コマンド/DD
強化パーツ 強化パーツ/DD
特殊能力 特殊能力/DD
特殊技能 特殊技能/DD
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/DD

話題

  • ディーダリオンのデザインを担当した大張氏は本作のタイトルロゴデザインも手がけている。
  • スーパーロボット大戦X-Ω』の広報担当として「スパロボチャンネル」の飛び入りコーナーなどを企画していた「レッド」こと赤井雅俊氏の初プロデュース作品となる。
  • 寺田Pがシナリオ担当のひとりとして参加しており、久々に版権スパロボのシナリオを手がけることとなった。
  • アプリ用スパロボとしては初めてオープニングムービーデモが制作され(ただしゲーム内には未収録)、JAM Projectによる専用テーマソング『D.D(Dimension Driver)』も採用されている。
  • リリースに先駆けて2018年12月14日 - 16日まで事前応募者を対象としたテストプレイが実施された。
  • 大型アップデートにより新カテゴリイベントとして「クロッシング・パイロット」が実装される。これはマジンガーZに搭乗するアムロ・レイといったような、作品を跨いだユニットが登場するクロスオーバーイベントであり、公式ではSRWシリーズ史上初の試みとして扱われている[4]

資料リンク

脚注

  1. ドリコム、『スーパーロボット大戦DD』に開発協力…第2四半期の上方修正の要因に 2019年11月1日閲覧。
  2. 『週刊ファミ通 2019年9月5日号』51頁。
  3. 演出は汎用のもの。綾波レイなど、ボイスが切り替わらないキャラも一部存在する。
  4. デビルガンダムOGのような事例は今までもあったのだが、基本的には敵ユニットに限られていた。味方ユニットはシナリオ上で他作品の機体に乗ることはあったが、戦闘で使用できるユニットとして実装されることはほぼなかった。バンプレストオリジナルなど、乗り換えに関する例外がある事例については「オリジナル設定#乗り換えに関するクロスオーバー」を参照。