リアルロボット戦線

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リアルロボット戦線
開発元 ウィンキーソフト
プロソフト
発売元 バンプレスト
対応機種 プレイステーション
ディレクター FUMIOKI FUKUNISHI
シナリオ FUMIOKI FUKUNISHI
キャラクターデザイン 河野さち子
メカニックデザイン カトキハジメ
寺島慎也
音楽 三垣敦史
発売日 1999年8月12日
価格 6,800円
テンプレートを表示

リアルロボット戦線』はバンプレストが発売したコンピュータゲーム

概要[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ」の流れを組むシミュレーションRPG。キャラクターデザインは河野さち子氏、開発はウインキーソフト。

スーパーファミコンで発売された『バトルロボット烈伝』からストーリーや世界観を引き継いでいる部分があるが、両者は一種のパラレルワールドとして扱われており、続編の関係ではない。

ストーリーも主人公の行動一つで、様々に模様替えするのでその点における評価はスパロボ以上との声もある。

他方、ゲームとしての完成度は高いとはいい難く、特にローディング速度は極端に遅い。しばしば遅いと言われる『新スーパーロボット大戦』よりも戦闘画面へ切り替わる速度が遅く、戦闘アニメーションにも乏しい。また既にディスクメディアのスパロボではボイス付きが当たり前となっていた時期でありながらキャラクターボイスも不採用であり、当然ながら売り上げは伸び悩む結果となった。

参戦作品[編集]

『バトルロボット烈伝』と同じく、バンプレストオリジナルを除いた参戦作品が『0083』を除き全て富野由悠季監督作品、それも創通エージェンシー・サンライズの製作のものに限られているのが特徴。かつ『烈伝』に参戦していた『無敵鋼人ダイターン3』と『無敵超人ザンボット3』が不参戦なため、『リアルロボット戦線』のタイトル通り「リアルロボットものと呼ばれがちな作品」に参戦作品が絞られている。

なお一部の版権キャラの顔グラフィックは『スーパーロボット大戦F』のものを元にしている(完全な流用ではない)。

ゲームシステム[編集]

『バトルロボット烈伝』はスパロボとは異なるシステムが模索されていたが、本作はロボットが全てリアルサイズで描かれている以外はほぼスパロボのゲームシステムと同じ。マスの形状もヘクスでなくスクエアに戻された。マップ画面はクォータビューである。

通常のスパロボにはない独自の点としては向きの概念があり、側面や背面を取ることで攻撃の命中率を高めることができる(ロボットがリアルサイズでマップ画面がクォータビューとなっている点や、戦艦がユニットとして登場しない事も併せて、『LOE』の系譜と言える)。また、盾の種類が細分化されており、その種類と向きによってシールド防御できる確率が変わる(成功時は1/10と大幅にダメージを抑えられる)。なお、特殊技能の概念は存在しない。

改造は同型機体にも連動して適用される(例えばムジカの機体を改造すれば、色が違う同型の味方機も強化される)。強化パーツは「アイテム」という名で登場しており、機体カテゴリごとに専用のアイテムも存在する(オリジナルには存在しないの要素でこの一点で優る)。

精神コマンドには「誘惑」「神速」「捨て身」といった独自のものも設定され、このうち「捨て身」はやや仕様変更されてスパロボにも採用された。

世界観[編集]

「ウルス」と呼ばれる世界がある。

ひとつの惑星に端を発するその世界は、かつて高度な科学力を有した前文明の遺産、「デュプリケーター」により支えられていた。

デュプリケーターとは、ウルスに存在する3つののひとつ、「フシコ」に映し出される異世界の映像を実体化させる装置であり、その原理は今もって解明されていない。

だが、デュプリケーターによってもたらされる人的資源および技術は、ウルスの民に独自の文明を発展させる事を妨げ、必然的にその異世界の影響を色濃く受けたものへと変貌させてしまった。特に軍事面の突出には目を見張るものがあり、それは人の”力による欲望の具現化”という手段の普遍性を現していたのかもしれない。

最初のデュプリケ―ターが発見され、300年の歳月が流れた。……にも関わらず、ウルスでは幾度目かも知れぬ戦乱が勃発していた。

東の大国「アズロニア立憲王国」が、西の大国「ノーザンブライト共和国」に対して戦線を布告したのだ。当初は国力で勝るノーザンブライトが有利と見られていたが、アズロニア領において新たなデュプリケーターが発見されるや、戦況は膠着状態にもつれこんだ。

その戦乱のさなか、ノーザンブライトの辺境地域において新たなデュプリケーターが発見された。ノーザンブライト司令本部は直ちに調査隊の派遣を決定。その任に就いた部隊に「ムジカ・ファーエデン」という少女がいた事で、ウルスは新たな一歩を踏み出す可能性を得たのかもしれない。

用語[編集]

ウルス
リアルロボット戦線における惑星。「アズロニア」と「ノーザンライト」の二国間戦争を繰り広げている。
デュプリケーター
古代ウルス人の作り出した遺産であり、異世界から人間やロボットのコピー(「ブランチ」と呼称)を呼び出す。
黒い円形をしており、中央に発光部が存在する。その周囲には4つの柱があり、中央部に向かってそそり立っている。
転写できる対象の世界自体は装置毎に決まっている(『ガンダム』の世界のみ、『ダンバイン』の世界のみ等)が、その世界のどの時代から誰(何)を転写するかはある程度選択できる。人間のみならず動物、無機物でも転写できるが、転写の度にエネルギーを消費するため、エネルギーの少ない状態ではランクの低い(=弱い)人物しか転写できない。
海底に存在する1機を除き、全てのデュプリケーターはウルス第1の月「フシコ」にあるマザーデュプリケーターによって管理される子機であり、マザーが機能停止すれば子機も全て使用不可能になる。
ブランチ
デュプリケーターから生み出されたロボットや人。エネルギーが続く限り、複写によりロボットや人を複製することが可能。死亡すると消滅して死体は残らない(ロボットは消えない)。既に存在している人物のデュプリケートは不可能。死んで消えれば再デュプリケート可能になる。
ブランチにはランクがあり、ランクが上がるごとにエネルギーを大量に消耗する。
ブランチにも生殖能力がある。ウルスの住人とで人を増やすことが可能であるが、ブランチで生み出された人や、それを慕う人々は追害される。そのような扱いから、過去に何度もブランチによる反乱が発生しており、その主導者が主にシャア・アズナブルだったせいか、シャアのブランチを生み出す事は禁じられている。
動植物なども呼び出せるが戦争が続いているため、そのようなことにエネルギーを割くものはいない(ウルスでは動物が滅びかかっていて、犬や猫すら動物園で見るもので個人はペットにできない天然記念物になっているにも関わらずである)。

登場人物[編集]

ノーザンブライト共和国[編集]

ムジカ・ファーエデン
主人公。ノーザンブライト共和国の将軍、ラズロ・ファーエデンの1人娘。母は2年前に病死している。一人称は「ボク」。エリヤ曰く貧乳。
国内の辺境で発見されたデュプリケーターの調査隊に所属していた。戦闘シミュレーションでは失敗続きで、実戦経験も乏しかったが、父ラズロがブランチ達の解放を目指してクーデターを起こした事で彼女の運命も大きく動き始める事になる。
ブランチへの差別を嫌う性格だが、先輩のレギ・メロウズからはそれが甘いと指摘されてもいた。しかしやがて天性のカリスマから仲間達に認められるリーダーとなって行く。
ジオン公国軍のエースパイロットであるシャア・アズナブルにミーハー的に憧れており、自分の機体を赤く塗装する趣味がある。軍隊で男性に囲まれた生活を送っていたためか、女としての自覚は薄い。
グレン・ドーキンス
ムジカ・ファーエデンの幼馴染であり、士官学校時代の同期生。彼女同様、国内の辺境で発見されたデュプリケーターの調査隊に所属していた。
陽気だが気が短く無責任な性格。昔から副会長・副委員長などナンバー2にばかり立候補していた。士官学校の学園祭では余興で覆面レスラーを演じたらしい。
ウルス人であるムジカやエリヤ達とは冗談を言い合うなど友好的な関係だが、かつてブランチの起こしたテロで両親を失っており、ブランチと名の付く者全てを激しく憎悪している。相手がブランチであれば味方だろうと構わず罵倒し、用が無くなれば殺そうとまでする。
軍本部の命令によりムジカが隊から外された際、後任の指揮官に任命されるが…。
エリヤ・バリアード
リアルロボット軍団の旗艦「シルバラード」の艦長を務める。ムジカとは気軽に話せる人物。性格は気弱で、本当に艦長かと誤解される。趣味はプラモデル、ガレージキット、美少女フィギュアの製作で、自室に飾っている。同じ趣味のリュウセイとは意気投合できそうだが、残念ながらそういう描写はない。その製作技術で、メカニックは得意。しばしば間違ったことわざを使う。
ドク・ディンティス
シルバラードのメカニック。奇矯な容姿であるが腕は確かで、ハマーン・ロシュルートでは発掘したMSのパーツを利用してムジカ達の機体を強化改修する。
ラズロ・ファーエデン
ノーザンブライト軍の将軍であり、ムジカ・ファーエデンの実父。一代で筆頭参謀長まで登り詰めた有能な軍人であり、また「ノーザンの黒豹」という異名で知られるほど、優れたパイロットでもある。
妻は2年前に病死している。思春期を迎えた娘にどう接していいかわからないでいる。
元々親ブランチ派であったが、やがて虐げられているブランチ達を救うべく、デロス国や武器商人アマンダラ・カマンダラの協力を得て解放軍を組織、母国にクーデターを起こす。
ウォロン・メロウズ
ノーザンブライトの軍人であり、過去の大戦でトリプルエースの称号を得た優秀なパイロット。
国内の辺境で発見されたデュプリケーターの調査部隊長を務めていたが、ネイ・モー・ハンとの戦闘で負傷。その後恩義のあるラズロ・ファーエデンに賛同し解放軍の一員となる。
豪快な性格で面倒見が良く、軍の後輩達から尊敬される兄貴分である。ブランチへの偏見も持たないが、あまり他人の話を聞かない。自称「不器用な男」。
レギ・メロウズ
ノーザンブライトの軍人であり、エースパイロットウォロン・メロウズの妹。両耳に緑色の大きなアクセサリーを付けている。表向きは補給部隊に所属しているが、実際は様々な諜報活動を行っている。
堅苦しい事を嫌うさっぱりした姉御肌で、軍の後輩であるムジカ、エリヤ、グレンからは「レギ姉」という愛称で呼ばれている。また兄同様、ブランチへの偏見は持たない。しかし戦争というものに対しては非常にドライな考えを持っており、軍に刃向かう者は兄やムジカらであろうと容赦なく討とうとする。
格闘技マニアで、趣味を通じて知り合ったワイズ・エンジュと婚約している。しかし自身の格闘の腕はさっぱり。また料理が全くできない。
ワイズ・エンジュ
レギ・メロウズの婚約者。彼女同様格闘技が趣味で、その趣味関係のイベントで知り合ったらしい。
既にレギの尻に敷かれており、彼女の言うことには素直に従う。
ジック・ボルドル
ノーザンブライト軍の軍人であり、「レプト基地」という基地の司令官を務める髭面の男性。
無口かつ横柄な性格で、必要最低限の事しか喋らない。
ロシュ・ラビンスク
ノーザンブライト共和国の辺境近くにある「リーフ基地」の司令官。
頬骨の目立つ痩せ顔の男性で、既婚者。軍の幹部ではあるが、裏では敵国であるアズロニアの軍と密通している。
ヒステリックな性格で格下の者には威張り散らすが上官には露骨に怯えるという、典型的な小悪党。
デュプリケートを禁じられているシャア・アズナブルを転写し、更にデュプリケーターをも爆破したシルバラード隊を叱責するが、参謀長ラズロ・ファーエデンの命令でムジカ・ファーエデンを急遽隊長に任命する。
マロウ・デクリード
司令。
シャクシャ・コッシャー
三佐。
ジョージー・ジョージ
由緒正しい家柄に生まれた箱入り娘であり、「ですわ」口調で喋る。
女性だけのエリートチーム・バルハラ隊の副官としてウルス第1の月「フシコ」の調査に向かったが、旧ウルス人の迎撃によって部隊は全滅、彼女のみが母星へと生還した。
部隊から外されたムジカに替って指揮官となったグレンの副官に任命される。グレンに惚れており、ハニートラップを仕掛けたり、彼の本命であるムジカに当て付けるようなセリフを吐いたりと、半ばヤンデレ的に付きまとう。
多くのウルス人同様ブランチを見下しており、事あるごとにグレンの尻馬に乗ってブランチを罵倒する。

アズロニア立憲王国[編集]

ラルフ・クオルド
ストーリー初期のライバル的存在。
アズロニア立憲王国の軍人で、金髪の美青年。「アズロニアの青き剣」という異名で呼ばれる優秀なパイロット。傲慢かつキザな性格で、天才を自称する絶対の自信家。
かつて転写されたマウアー・ファラオとは同部隊で、信頼し合う戦友だったが、彼女はノーザンブライト軍との戦闘で死亡する。直後に再転写されたが記憶はリセットされており、ラルフの事を覚えていなかった。
この事から「ブランチに個人的な想い入れを持ってはならない」と自戒し、ブランチ達を戦争の道具として冷淡に扱うようになる。ブランチを従わせる為なら人質を取って脅す事も辞さないが、その意思を奪いマリオネットとする精神コントロールには「洗脳よりタチが悪い」と嫌悪感を持っており、完全な非情にまでは成りきれていない。
ノーザンブライトの司令部攻略に失敗し捕虜となった際、父ラズロに対する人質として捕らえられたムジカと偶然隣室になり、脱走するなら協力すると持ち掛けるが…。

旧ウルス[編集]

エレドライル・エルフィン
惑星ウルス第1の月「フシコ」に棲んでいた赤髪の少女。額と右頬にタトゥーの様な模様がある。
その正体はマザーデュプリケーター(MD)を開発した旧ウルス人の生き残りで、MD防衛の為にフシコに近付く者を抹殺する事を使命としていた。外見は16~18歳程度に見えるが、実際は普段コールドスリープさせられているため肉体年齢を重ねていないに過ぎず、実年齢は不明となっている。
無邪気だが残忍な性格で、現ウルス人やブランチをサルの様に見下しており、殺傷することに何の罪悪感も持たない。しかし相棒であるチャシキの言う事には素直に従う。
公式イラストは攻略本にも掲載されておらず、そもそも存在しているのかどうかも不明。従って体型や服装など、首から下のデザインは一切不明である。
チャシキ・ポンツラグル
惑星ウルス第1の月「フシコ」に棲んでいた謎の人物。髪の色は黒。左頬に数字の「5」の様な模様(タトゥー?)がある。
その正体はマザーデュプリケーター(MD)を開発した旧ウルス人の生き残りで、MD防衛の為にフシコに近付く者を抹殺する事を使命としていた。外見は10~12歳程度に見えるが、実際は普段コールドスリープさせられているため肉体年齢を重ねていないに過ぎず、実年齢は不明となっている。
自然との調和を重んじる物静かな性格で、本心では戦う事を嫌っている。ここ数年に転写されたもの全てを覚えているほど、優れた記憶力の持ち主でもある。
なおキャラクター事典やテキストでは「黒髪の少女」と明記されているが、パイロットステータス画面では「男性」となっている。どちらが正しい設定なのかは不明。
公式イラストは攻略本にも掲載されておらず、そもそも存在しているのかどうかも不明。従って体型や服装など、首から下のデザインは一切不明である。
MD(マザーデュプリケーター)
惑星ウルスの第1の「フシコ」に存在する巨大建造物で、略称は「MD」。
かつて太陽黒点の異常増殖でウルスに大量の放射線が降り注ぐようになり危機に陥ったとき、ウルス人が時空間移動装置を改良して、異世界の生物をデュプリケートして放射線に強い植物・動物・人間の遺伝子を獲得する目的で造った。
高度な人工知能を持ち、対話も可能。その本体はあくまで建造物だが、同名の戦闘ブロック(ラスボスのユニット)を繰り出してくる。

ブランチ[編集]

シャア・アズナブル
過去3度ともデュプリケートされたシャアはやがて反乱を起こしため、S級ブランチだがデュプリケートが禁止されている。その中には、ウルス人と子をなしたシャアもあり、ムジカは孫にあたる。ムジカがひょんなことから呼び出してしまい味方になっても、そのため自軍から刺客が配属されたりする。ラズロルートではコロニーをブランチのための新天地にしようとしており、裏からレジスタンスを支援した。シャアルートでは、ナイチンゲールに搭乗、ブランチ解放のためには一度ウルス人に粛清を与えねばならないと考えてシロッコと手を組み、ムジカはシャアの誘いを断わったものの敵対してしまったことに深いショックを受ける。
マウアー・ファラオ
かつてのマウアーの中には、ラルフ・クオルドと恋仲になった者が居た。
ニー・ギブン
ラズロルートでラズロに反旗を掲げるブランチのレジスタンスのリーダー。ラズロに対抗する象徴として、ムジカに新リーダーを頼む。
リュウセイ・ダテ
ラズロルートでムジカが特定のマスに入るとR-1とともに仲間になる隠しキャラ。デュプリケーターの事故により本来デュプリケートされないはずの世界からやってきた。隠しキャラであるため、同じ趣味のエリヤ・バリアードと絡むことはない。また、スーパーロボットが一つたりともいない事を猛烈に悔しがる一面も。ちなみにSMAPに乗り換え可能であり、またムジカたちもR-1に乗り換えできる。

一般兵バンプレストオリジナル[編集]

ノーザンブライト兵
序盤に味方パイロットとして登場。
女性兵士
ノーザンブライトのエリート部隊・バルハラ隊の隊員。味方だが、回想に当たる敗北確定シナリオでのみ登場。
アズロニア兵
敵パイロット。
アズロニア軍司令
デュプリケーターのパイロットとして登場。顔グラフィックは基地ごとに異なる。
ブランチ
マザーデュプリケーターが繰り出す一般兵。

登場オリジナル機体[編集]

SMAP(エスマップ)[編集]

Super Maneuver Armed Puppet。SMAPの操縦方法は脳波コントロールだが、この系統のパイロットはモビルスーツ(ニュータイプ専用を除く)も操縦可能。

クァイア・デモニック
緑色の機体。シャアに憧れるムジカ・ファーエデンは自分の機体を赤く塗装している。
クァイア・エヴォリューション
ルートにより、クァイア・デモニックをナイチンゲールのパーツで強化したものか、別に建造されたデモニックの上位機かに分かれる。
クァイア・ブースト
クァイア・ハイブースト
クァイア・ファイター
クァイア・キャノン
クァイア・アームド
カリオン・グラナータ
発掘して解析中のジャガーノートを参考にして開発された。
カリオン・インフィニート
ルートにより、カリオン・グラナータをクィン・マンサのパーツで強化したものか、別に建造されたグラナータの上位機かに分かれる。

旧ウルス[編集]

ジャガーノート
ウィンジュエル
エレドライル・エルフィンの機体。
シカンナシン
チャシキ・ポンツラグルの機体。
MD(マザーデュプリケーター)
防衛機能がある。
デュプリケーター
本作ではユニット扱い。

艦船[編集]

マップ中での演出として登場するのみで、ユニットにはならない。

シルバラード

その他[編集]

制御装置
第3の月「タンデ」を落下させるための装置。

商品情報[編集]