スーパーロボット大戦OG ダークプリズン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
スーパーロボット大戦OG
ダークプリズン
シリーズ OGシリーズ
開発元 トーセ
B.B.スタジオ
発売元 バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション3(ダウンロード専用ソフト)
プロデューサー 寺田貴信
小椋亙
じっぱひとからげ
宇田歩
國政修
渡部隆
河合泰一
ディレクター 岡田英樹
シナリオ 寺田貴信
竹田裕一郎
キャラクターデザイン 河野さち子
糸井美帆
メカニックデザイン 宮武一貴
青木健太
NAOKI
谷口欣孝
中北晃二
齋藤和衛
大輪充
八房龍之助
橋口力也
安藤弘
小野聖二
金丸仁
土屋英寛
日高充
守谷淳一
福地仁
かげやまいちこ
宮豊
寺島慎也
藤井大誠
Mがんぢー
富士原昌幸
カトキハジメ
大張正己
大河原邦男
音楽 岡田さとる
莉能美言
山田耕治
有馬孝哲
岸利至
北城かずみ
北城浩志
配信開始日 2014年4月17日(単独ダウンロード版)
価格 3086円
CERO区分 B(12歳以上対象)
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦OG ダークプリズン』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。「OGシリーズ」の1つ。

概要[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG』の前半部分であるマサキ・アンドーリューネ・ゾルダークの両者の間に展開されたシュウ・シラカワのサイドストーリーを描いた作品(『スーパーロボット大戦EX』における『シュウの章』に当たる)。タイトルの由来はシュウの専用曲「ダークプリズン」から。TVアニメ化作品ではエピソード名をタイトルに含めていたが、OGシリーズのゲームでエピソード名がタイトルに含まれるのはこれが初となる。また、PVではOGバージョンではなくROE以降の魔装機神バージョンのものを使用している。

2013年11月28日に発売した『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』の期間限定版に先行販売プロダクトコードが封入された。

略称は『OGDP』または『DP』で、作中では前者の略称が使用されている。後者を使用する場合はポケモンシリーズ等の略称と混同されないように注意して使用する必要がある。

なお、本作だけでもシナリオについてはある程度は理解できる作りになっているが、『EX』ではマサキの章、リューネの章のどちらかをクリアしないとプレイできなかったことを踏まえ、あらかじめ『第2次OG』をプレイしておけばより一層楽しめるだろう。物語の裏側だけではなく、個々のキャラクターの一面がより深くわかりやすく描写されている。

なお、本作は時系列上『第2次OG』との同時進行であるため、『OG外伝』と異なりエピソード番号が振られていない。

システム[編集]

基本的に『第2次スーパーロボット大戦OG』とほぼ同じだが、相違点も存在する。

なお『第2次OG』と同様にアーカイブモードも収録されており、この関係でゲーム本編において声が収録されていないキョウスケ、リュウセイ、ゼンガー、アクセルの4名がスタッフロールにクレジットされている。

アビリティの売買
今作では、第2次OGと同様アビリティスロットシステムが存在し、味方キャラの初加入時になんらかのアビリティを所持している他、敵が所持していることがあるのも同様だが、今作では仲間の人数が少ないこともあり、戦闘で入手できるAP(アビリティポイント)を消費して必要なアビリティをインターミッションで購入することができるようになった。またいらないアビリティを売却することもできる。
機体のグラフィックだけを見る機能の追加
今作のロボット大図鑑では、解説文をどかして機体のグラフィックだけを眺める機能が追加されている。特に今作のラスボスは、この機能を使わないと全体をみることができないほど大きい(横に大きいだけなので、カリ・ユガのようなことにはならない)。

難易度[編集]

元々EXにおけるハードモードである「シュウの章」のリメイクであるため、味方メンバーが少なく必然的に難易度が高い。スポット参戦を除けば最大9人で、内2人は永久離脱する。スポット参戦を含めても10人という低戦力での戦いを強いられる。また、空・海・宇宙適応が低いユニットが多いのに一面海または宇宙というステージもある。

敗北条件についても、全ステージにおいて「1機でも落とされたらゲームオーバー」(敵が全く攻撃しない状況下は除く)と戦艦が無い故に厳しくなっており、玉砕戦法が不可能となっている。この関係で、今作では修理費の概念が存在しない。

このような状況ではあるが、SRポイント獲得条件は相変わらずシビア。そのため、SRポイント獲得は『第2次OG』より相対的に難しい。

EXハードモードではさらに苛烈となり、改造・育成はおろか上記のアビリティ購入すら禁じられる。そのため、『第2次OG』よりもやれることが狭まっており、ほぼ戦術のみでのクリアが求められる。できればネオ・グランゾンを含めた隠し要素をフル活用して進めたいところ。

登場メカ登場人物[編集]

グランゾンネオ・グランゾン / シュウ・シラカワ
ウィーゾル / サフィーネ・グレイス‎
ノルスノルス・レイ / モニカ・グラニア・ビルセイア
ガディフォールヂーヱン / ガエン
ゲシュテルベン改 / セレーナ・レシタールエルマ
量産型ゲシュペンストMk-II改グルンガスト弐式 / アルバーダ・バイラリン
プファイルIII / ヨン・ジェバナ
ペレグリン
本作後半における事実上のシュウ達の母艦。ただし戦闘には参加しない。
ソディウム級移動要塞 / ザレス・クワイアー
ガーリオン・カスタム / トーマス・プラット
ヴァルシオン改・タイプCF / オレグ・ナザロフ
ケルベリオン・パッセ / シアン・アルジャン
ソルガディ / アハマド・ハムディ
ガディフォール / テリウス・グラン・ビルセイア
ナグツァート / ルオゾール・ゾラン・ロイエル
サティルス・ギャレール
サーヴァ・ヴォルクルス
プリスクス・ノクス / ウンブラ
グレイターキンII / メキボス・ボルクェーデ
オーグバリュー / キナハ・ソコンコ
メッケンノーザ / クェパロク・ナーモ

用語[編集]

ラ・ギアス
ヴォルクルス教団
チーム・ジェルバ
ゴライクンル

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

※『第2次スーパーロボット大戦OG』と同じゲームシステムのため、重複あり。

分類 記事
全話一覧 全話一覧/DP
隠し要素 隠し要素/DP
精神コマンド 精神コマンド/第2次OG
強化パーツ 強化パーツ/第2次OG
特殊能力 特殊能力/第2次OG
特殊技能(特殊スキル) 特殊技能/第2次OG
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/DP
ネタバレ ネタバレ/DP
その他オプション オプション/DP

主題歌[編集]

エンディングテーマ 「Destiny day」
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:本田光史郎 歌手:美郷あき

商品情報[編集]

ゲーム本体[編集]

本作の先行販売プロダクトコードを同梱。

主題歌[編集]

話題まとめ[編集]

blog記事[編集]

余談[編集]

ダウンロード専用ソフトのためか、本作のサウンドトラックは発売されていないが、導入されている曲はスーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズでも使われているためそちらのサウンドトラックに収録されている。

資料リンク[編集]