ガーリオン・カスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガーリオン・カスタム
外国語表記 Guarlion Custom
登場作品

バンプレストオリジナル

分類 空戦型アーマードモジュール
リオンシリーズ
型式番号 DCAM-006V(RAM-006V)
全長 18.9 m
重量 30.4 t
浮揚機関 テスラ・ドライブ
基本OS LIEON
原型機 ガーリオン
開発者 フィリオ・プレスティ
開発 イスルギ重工
主なパイロット テンザン・ナカジマ
レオナ・ガーシュタイン
ユーリア・ハインケル
エルザム・V・ブランシュタイン
テンペスト・ホーカー
トーマス・プラット
アーチボルド・グリムズ
ユウキ・ジェグナン
リルカーラ・ボーグナイン
テンプレートを表示

概要[編集]

リオンシリーズの一機、ガーリオンのカスタマイズ機であり、指揮官やエリートパイロットに支給される。頭部の仕様と形状やカラーリングが異なるほか、DC戦争後のモデルは、アサルトブレードのかわりにディバインアームを装備しているものが多い。

推進力が上がったからか、ゲームでは軒並みソニックブレイカーの射程が向上している。

ガーリオン・カスタム“無明”ズィーガーリオンに関しては、各項目を参照されたし。

パイロットとカラーリングについて[編集]

ここでは、各カラーリングとパイロットの関係を記載する。

黄色
主にDCのエースに支給される機体であり、『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズDW)』ではトーマス専用機で、同作の16話でテンザン・ナカジマも搭乗した。『OGS』でテンザン専用機になった。
青色
頭部を始め、機体の一部が緑色なのが特徴。『OG2』のレオナ専用機でGBA版の『OG1』には登場しない。その後、『DW』でトロイエ隊仕様と設定付けられ、『OGS』のOG1シナリオではユーリア・ハインケルとレオナが搭乗した。OG2シナリオではレオナ機がズィーガーリオンに改修される際、改造段階を引き継いだ同型機が、ズィーガーリオン完成までの間、貸し出される形で配備される(つまり、ガーリオン・カスタム自体は使用可能)。
黒色(ガーリオン・トロンベ)
エルザム専用機のトロンベ仕様。トロンベの項目も参照。
ダークグリーン
いわゆるガーリオン・LB。精鋭部隊ラストバタリオンに配備された。カスタム機だが指揮官機ではない為、性能は通常のガーリオンの一回り上といった程度。
ダークブルー
『DW』及び『OGS』でのテンペスト専用機。リュウセイルートでは初めて本格的に交戦する強敵で、回避率という点ではテンペストの最終的な搭乗機であるヴァルシオン改を上回る。
オレンジ
『OGS』でのトーマス専用機。テンザン機と同時に出現するリュウセイルート第16話『スターバク島波高し』では、この2機を両機とも撃墜するのは中々てこずるだろう。
ライトグリーン
頭部を始め、機体の一部が金色なのが特徴。『OGS』でのアーチボルドユウキカーラ専用機。特殊武器は持たないが、アサルトブレードの代わりにディバイン・アームを装備している。
緑色
頭部を始め、機体の一部が青いのが特徴。GBA版の『OG1』で、バレリオンに乗り換える前のテンザンやコロニー統合軍のエースが搭乗したが、『OGS』のOG1シナリオでは、制御兵のみが搭乗している。また、GBA版の『OG2』ではアーチボルド、ユウキ、カーラが搭乗している。
金色
『OGS』で制御兵が搭乗する機体で、エアロゲイターによるコピー品。制御兵の地形適応が海以外全て『S』というのが厄介である。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
敵専用。レオナは敵の時はガーリオン・カスタムに乗っているが、仲間になる際はガーリオンに乗っている。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
汎用アーマードモジュール。中盤にレオナ・ガーシュタインと共に参入する。デフォルトパイロットは当然レオナ。他、敵側にも結構頻繁に登場する。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
各エリートパイロットの専用機が続々登場している。また、ガーリオン・カスタム“無明”が顔見せで初登場した。
スーパーロボット大戦OG外伝
今回、敵機でムラタ専用のガーリオン・カスタム“無明”が本格的に登場。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
ごく少数しか登場せず、戦闘シーンも空戦による射撃戦が多い為か、アニメの出来は些か悪いと感じた視聴者もいたかもしれない。なお、ジ・インスペクターではノーマルのガーリオンしか登場しなかった。
スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE
テンザン機とトロンベが敵として参戦。ソニック・ブレイカー使用前にズームインしないので、油断するといきなり突っ込まれることも、おまけにトロンベが特定ミッションで0コスト機として登場するので少々面倒。
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
第2次OG』本編ではムラタの無明のみの登場だったが、この作品ではトーマスが乗る本機が登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

固定武器[編集]

マシンキャノン
リオン系の標準武器。唯一の内蔵兵装でもある。
ソニック・ブレイカー
プロジェクトTDの機体が全て同じような武器を搭載してしまうほどに強力な、本機の最強武器。機体正面にエネルギーフィールドで覆い、突貫する。
シュツルム・アングリフ
ガーリオン・トロンベのソニック・ブレイカーはこちらの名称である。

換装武器[編集]

アサルトブレード
鋸状の実体剣。内蔵バッテリーを搭載しているため他の機種でも使用可能。換装武器
ディバイン・アーム
一部のカスタム機に装備している実体剣。「神聖な武器」という意味。ヴァルシオンも同名の刀剣武装を持つ。
バースト・レールガン
射程が長めの使いやすい射撃武器。内蔵バッテリーを搭載しているため他の機種でも使用可能。換装武器
スピリットテイカー
OGS』で一部を除く本機に装備された特殊武器。換装武器
チャフグレネード
『OGS』で一部の本機に装備された特殊武器。換装武器。

特殊能力[編集]

パイロットブロック
マインドブロック
ウェポンブロック
コクピットブロック

移動タイプ[編集]

テスラ・ドライブによりデフォルトで飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

リオンシリーズ
ガーリオン・カスタム“無明”
ズィーガーリオン
ゼンガー専用ガーリオン・カスタム
OG1』キョウスケ編のリオンの代理として『DWRoA』に登場。ゼンガー・ゾンボルトが搭乗する。特にゼンガー専用にカスタムされているわけではないが、彼以外に扱えないため実質専用機である。胴体以外は純正パーツが確保できなかった為、両腕は撃発型貫手(ステークに近いが機能を凍結する事で通常のマニピュレーター同様に武装を使える)、脚部は宙間機動用ブースターレッグ、頭部はレジスト能力は高いが射程の短い抗ECMブロック、といった試作のカスタムパーツを寄せ集めて組み上げられた急ごしらえの機体。時間不足でテスラ・ドライブと脚部ブースターレッグの同期プログラムが組めていないなどの問題があり、リミッターをかけての運用を提案されたのだが、ゼンガーはそれを断り、マニュアルで各種調整をしながら戦闘をするという離れ業をやってのけた。操縦桿はゼンガーの趣味なのか、刀の柄のデザインになっている。ファンの間では「ストライク・ガーリオン」なる通称が存在するが、本編では使われておらず、連載時の『電撃ホビーマガジン』で「謎のガーリオン・カスタム」と記されているのみである。頭部横の飾りが大きく伸びているため、正面から見るとヒゲがあるように見える。
ちなみにこれを設計したのは、後に『OGクロニクル』に登場したストランドウィック&アルウィック兄弟である。のちに技術が理論に追い付いていないテストベッドを開発する彼らだが、この頃は魔改造はすれどそこまでぶっ飛んでなかったようで、ゼンガーがリミッターを解除してマニュアル操縦すると聞いて引いていた。そのため、ゼンガーのせいで開眼した可能性が…
ルスラン専用ガーリオン・カスタム
『OGクロニクル』「Let`s Dance!」に登場した、人工島マルベリーのトップを務めるルスラン・マカロフの専用カスタム機。元ボクシングチャンピオンというルスランの経歴に合わせ、内蔵火器はおろかテスラ・ドライブやソニック・ブレイカーまで取り外され、殴り合いのみを戦闘手段とする程徹底的な改造が施されている。フォルムそのものも丸みを帯びており、頭部はガーリオンの特徴である角型センサーの代わりに、ボクサーのヘッドギアを模したプロテクターが装着されているなど原型の面影がほとんどなく、一見するとガーリオンとはわからなくなっている。カーラのランドグリーズと紅茶「大紅袍」を賭けて戦い、途中で乱入して来た敵に対して即興でタッグを組み、揃っての格闘戦で撃退した。
トウマ専用ガーリオン・カスタム
コード「カラテ・ボーイ」。電撃スパロボ!SPに掲載された「カラテ・ボーイ」に登場。ルスランの要請でAMバトリングに出場することになったトウマ・カノウ用にカスタムされたガーリオン。AMの操縦経験がないトウマでも操作できるよう、MMIにはダイレクト・モーション・リンクの流用品が使われている。頭部はルスラン機のようにヘッドギア風のデザインになっており、日の丸の鉢巻を巻いている。
アレック専用ガーリオン・カスタム
コード「ゴールデンフィスト」。同じく「カラテ・ボーイ」に登場。元ボクシングチャンピオンのアレック・ブラウンが搭乗。コクピットは通常仕様で、アレックの格闘センスを生かすため通常よりも長いアームが使われている。

商品情報[編集]