テスラ・ドライブ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

テスラ・ドライブ(Tesla Drive)とは、ビアン・ゾルダーク博士が中心となって、テスラ・ライヒ研究所で開発された外宇宙航行用推進システム。

概要[編集]

重力制御と慣性質量を個別に変動させることが出来る装置であり、既存の飛行システムを覆す画期的な発明である。初めて搭載されたのは、外宇宙探査航行艦ヒリュウ

完成当初は十分な性能を引き出せず、ドライブ自体も大型で搭載が困難であった。しかしEOTがもたらされると、その技術の転用により、ドライブを小型化することに成功する。さらに研究が進められ、推進剤非依存推進(PIP)[1]機関すら可能になるとの推論も一部技術者の間で立てられるほどになった。この推論は、後にディバイン・クルセイダーズDC)でプロジェクトTDが立ち上げられるきっかけとなった。ただし純粋なテスラ・ドライブ推進の機体であってもアニメーション上は推進炎の色が違う程度で、燃料を燃焼・噴射して飛行しているように描写されている例がほとんどである。

そのような中、外宇宙からの侵略を予期していたビアンは、極秘裏にパーソナルトルーパーを凌駕する性能を持ち、テスラ・ドライブを標準搭載した機動兵器の開発に着手する。このプランにはロボット工学で高い評価を得ていたフィリオ・プレスティ博士らが参加。ビアンと関わりの深いイスルギ重工のバックアップを受けながら、ドライブの更なる高性能化と小型化を進めた。

そして、史上初のテスラ・ドライブを標準搭載した人型機動兵器のアーマードモジュールリオンが誕生した。リオンシリーズの生産ライセンスはイスルギ重工に与えられ、DC戦争では極秘に量産されたリオンシリーズがビアン率いるDCの主力となった。

パーソナルトルーパーでは、ヴァイスリッターがテスラ研からもたらされた小型テスラ・ドライブを初めて搭載。PTとしては、初めて人型のまま飛行する機体となった。

やがてマオ・インダストリー社など、他社の機動兵器にも用いられるようになった。OGシリーズでは、テスラ・ドライブは新開発された機動兵器の標準装備となりつつあり、既存機体の改修の際も追加搭載される傾向がある。

スーパーロボット大戦KではWスロットシステムの特典として登場し、物語とは直接関係しない。

主なテスラ・ドライブ標準搭載ユニット[編集]

第1世代[編集]

ヒリュウ
OGシリーズの時間軸では、史上初めてテスラ・ドライブを搭載した。

第2世代[編集]

戦艦[編集]

ヒリュウ改
異星人機(エアロゲイター)の攻撃で大破したヒリュウを大改修し、汎用戦闘母艦として生まれ変わらせた。
ハガネクロガネシロガネ
いずれもテスラ・ドライブで浮遊し、8基のメインロケットエンジン等で推進力を得ていると説明されている。

リオンシリーズ[編集]

リオンコスモリオンバレリオンガーリオン
DCとイスルギ重工が開発した兵器群。DC戦争後は、連邦軍の主力となった。

ゲシュペンストシリーズ[編集]

ヴァイスリッター
パーソナルトルーパーで、初めてテスラ・ドライブを搭載した。
ビルトビルガービルトファルケン
ヴァイスリッターのデータを基に、新規製作した機体。
ゲシュペンスト(タイプR)
GBA版OG2で搭載された。
ゲシュペンスト・タイプRV
ゲシュペンストの強化計画ハロウィンプランに則った改修の一環として、テスラ・ドライブを装備。
ゲシュペンストMk-II(タイプS)
量産型ゲシュペンストMk-II改
ゲシュペンストの強化計画ハロウィンプランに則った改修の一環として、テスラ・ドライブを装備。
量産型ゲシュペンストMk-II(シャドウミラーのいた世界のみ)
シャドウミラーの存在した平行世界では、ゲシュペンストシリーズが長きに渡って制式量産機となっており、標準搭載されている。

標準搭載のドライブのみでは飛行不可能、または困難な機体

アルトアイゼン・リーゼ
OG2で標準装備。ただし武装強化による機体バランスの悪化を補うバランサーの目的で追加したもので、飛行能力についてはまったくないわけではないが、質量重量の問題のため長時間飛行できないという、いささか本末転倒な使い方である。ただし、強化パーツ版を別途装備させれば飛行できるようになる。なお、OVAではヴァイスリッターと共に長時間の飛行をしていた
アウセンザイター
機能限定型のテスラ・ドライブによって慣性質量を低減しているために地上での高速機動を可能にしているが、飛行用ではないので飛行できない。

ヒュッケバインシリーズ[編集]

ヒュッケバインMk-IIトロンベ
エルザム・V・ブランシュタインレーツェル・ファインシュメッカー)専用機に搭載。
ヒュッケバインMk-III
デチューン時に機動力確保のため装備。
量産型ヒュッケバインMk-II
地球連邦軍の主力量産機として、リオンシリーズから主力兵器の座を勝ち取った。

Rシリーズ[編集]

アルブレード・カスタム
アルブレードのカスタマイズ機。
エルアインス
平行世界におけるアルブレードの量産型。

ヴァルシオンシリーズ[編集]

ヴァルシオンシリーズは、OGシリーズではテスラ・ドライブの標準搭載により飛行能力を得た設定になっている。

ヴァルシオン
ヴァルシオン改
ヴァルシオーネ

ゲシュタルトシリーズ[編集]

ミロンガ
ゲシュタルトシリーズの試作型であり、N102-3型を搭載。バンプレストオリジナルの機体で唯一、テスラ・ドライブの型式番号まで細かく設定されている機体である。
バルトール
ゲシュタルトシリーズの量産型。こちらには型式番号の設定はない。

その他[編集]

ジガンスクード / ジガンスクード・ドゥロ
ジガンスパーダ

第3世代[編集]

カリオンアステリオン&アステリオンAXフェアリオン
プロジェクトTDの初期機体。
アルテリオンベガリオンハイペリオン
プロジェクトTDの完成体。

強化パーツ[編集]

無印テスラ・ドライブと、強化版のSが存在する。Kでは無印版のみだが、Wスロットシステムもしくは4周以上しなければ入手できないためか、テスラ・ドライブS以上の性能となっている。

テスラ・ドライブ[編集]

OGシリーズ
移動タイプにが追加され、飛行能力を得る。さらに、ユニットと全武器の空地形適応が最低Aになる。
K
移動タイプにが追加され、飛行能力を得る。さらに移動力が+2、運動性が+20され、ユニットと全武器の空地形適応がSになる。対応GBAソフトはスーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION

テスラ・ドライブS[編集]

OGシリーズでのみ登場。移動タイプにが追加され、飛行能力を得る。さらに移動力が+1され、ユニットと全武器の空地形適応がSになる。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K

OGシリーズ[編集]

関連用語[編集]

T・ドットアレイ
テスラ・ドライブ発生時に生じる重力フィールド。
ブースト・ドライブ
瞬間的に加速を掛ける。持続時間は短いものの、相手へ詰める際や、脱出などに応用される。
TGCジョイント
テスラ・ドライブ同様の技術を用いて、重力制御で間接部の負担を軽減できる関節駆動システム。特機構想で開発された。
マイクロ・テスラ・ドライブ・ミサイル(MTDM)
小型化したテスラ・ドライブを搭載したミサイル。技術的にまだ発展途上なためか、コストが高い。

類似するもの[編集]

ミノフスキードライブ
ミノフスキークラフト
慣性重力装置

脚注[編集]

  1. 何の略であるか公式には設定されていない。現実には潜水艦の推進方法として非大気依存推進(Air Independent Propulsion = AIP)と呼ばれるものが実在しており、そこから考えると(Propellant-Independent Propulsion)とするのが妥当だろう。