2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

プロジェクトTD

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ディバイン・クルセイダーズ」(以下、DC)で行われていた恒星間航行機開発計画。TDは「テレストリアル・ドリーム(浮世の夢)」の略であるが、(テスラ・ドライブ)の略語の意味もある。恒星間飛行のパイロット育成のほか、グラビティーコントロールシステム(=テスラ・ドライブ)を応用したマニューバの研究も兼ねていた。

αシリーズでは、第2次α以前にアルテリオンベガリオンは完成済み。封印戦争中にハイペリオンへの合体を果たし、第3次αでは実際に外宇宙船団と合流している。

OGシリーズでは、DC壊滅後ミツコ・イスルギの仲介により、イスルギ重工が実質的なスポンサーとなって連邦軍の管轄下で研究を続けることとなる。本来は平和利用を目的としていたが、外宇宙に敵が多いことと、何よりリオンシリーズ開発の役に立てたいというイスルギ重工の意向により、各機に武装が施されている。こちらでのアルテリオン、ベガリオンは修羅の乱終了後から封印戦争開始前までに完成し、こちらでも封印戦争中にハイペリオンへの合体を果たした。一方でインスペクターゲストは、プロジェクトの最終機であるΩが完成すれば外宇宙へ攻め込むことが可能になるとして警戒していた。

構成は、責任者のフィリオ・プレスティ、システムチーフのツグミ・タカクラ他複数の研究員と、テストパイロット4名(『ディバイン・ウォーズ』でのテスト飛行時)。OG2時点でテストパイロットはスレイ・プレスティアイビス・ダグラスの2名のみ。

場所はアイドネウス島から、ヒューストン基地。後にテスラ・ライヒ研究所へ移動。第2次αのスレイの台詞から、αシリーズおいてはDC存在時にアイドネウス島を拠点としている。

関連機体[編集]

αプロト
アステリオン。後にアステリオンAXへと改修される。
βプロト
カリオン
ゴールド
フェアリオン・G
シルバー
フェアリオン・S
シリーズ77
α、β、Ωと、そのプロトタイプ。77は七夕の7月7日からで、アルテリオン(彦星:アルタイル)とベガリオン(織姫:ベガ)がハイペリオンになることを表している。合体コードはHYPER77。

関連技術[編集]

テスラ・ドライブ
慣性重力を制御することで空中浮揚を得る。ドライブのみでも加速は可能。
マニューバGRaMXs
テスラ・ドライブを用いた攻撃フォーメーション。

関連用語[編集]

ナンバー
プロジェクトTDにおけるテストパイロットの席次。ナンバー01がスレイ、ナンバー04がアイビス。02、03は不明。
流星
アイビスのあだ名。元々は、被弾率が高く撃墜される様を皮肉ったもの。