スーパーロボット大戦OG Record of ATX

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

OGシリーズ』のストーリーをキョウスケ・ナンブの視点で描く漫画シリーズ。執筆者は八房龍之助。『電撃ホビーマガジン』で掲載され、現在は『電撃ホビーウェブ』にて連載中。

ゲームやTVアニメで描かれなかった部分を補完する、重厚かつ緻密なメカ描写や会話場面が特徴。

スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ- Record of ATX[編集]

リュウセイ・ダテ視点で進められたTVアニメ『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』を、ゲーム『スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION』(OG1)のもう1人の主人公であるキョウスケ・ナンブ視点で描く漫画作品。全5巻。

ストーリーは『ディバイン・ウォーズ』におけるキョウスケ編といえるもので、概ね以下の二部に分けられる。第1部途中から徐々にアニメ・ゲームと異なる独自の展開が盛り込まれている。

第1部(1〜2巻)
ATXチームヒリュウ改ディバイン・クルセイダーズ(DC)・コロニー統合軍との戦いを描く。OG1の『DC戦争』前半・キョウスケルートに相当。
本作は本来第1部で完結する予定だったが、好評につき第2部の開始が決定した。
第2部(3〜5巻)
ハガネが加わった味方勢力とDCとの決戦、およびそれに続くエアロゲイターとの戦いを描く。前者はOG1の『DC戦争』前半・リュウセイルート終盤と『DC戦争』後半に、後者は『L5戦役』に相当。

『OG1』では登場するが『ディバイン・ウォーズ』では登場しなかったキャラクターやロボットも多数登場している[1]。また本作にのみ登場するキャラクターやロボットも存在する。

逆にジャーダガーネットはATXチーム視点の関係からか、ほぼモブキャラ扱いになっている(2巻120Pや5巻45P等のミーティングシーンや5巻28Pの整備シーンで登場。後者のシーンに至ってはジャーダは見切れており、ガーネットは後ろ姿だけである)。

巻末ゲストコメント[編集]

各巻、巻末にゲームおよびアニメ『ジ・インスペクター』のスタッフからコメント(一部スタッフのものは描き下ろしイラスト付き)が寄せられている。

スタッフ 備考
1 寺田貴信
2 河野さち子 描き下ろしイラスト付き
3 森住惣一郎
4 大張正己 描き下ろしイラスト
5 竹田裕一郎

スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX[編集]

TVアニメ『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』の漫画版。上記『ディバイン・ウォーズ』編の完結後、続編として連載開始。全51話(0~50)で第一部が終了。全7巻。

毎月25日に二話前の回と交代で更新されていたが、それとは別枠で2015年7月から毎週月曜日に0話から再び更新されている。

ストーリーはほぼ『ジ・インスペクター』に沿っているが、前作同様随所に独自の描写が挿入されている。小説『スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記』と関連する設定も見られる。

スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX BAD BEAT BUNKER[編集]

-ジ・インスペクター- Record of ATXの第二部として連載開始。

商品情報[編集]

スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ- Record of ATX[編集]

スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX[編集]

スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX BAD BEAT BUNKER[編集]

脚注[編集]

  1. アーマリオンのような『ディバイン・ウォーズ』以後の作品が初出の機体も登場する。