コロニー統合軍

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

コロニー統合軍(Colony Integration Army)とは、『OGシリーズ』に登場する軍。

概要[編集]

スペースコロニーが有する防衛軍で、マイヤー・V・ブランシュタインが率いている。前身はスペースコロニーに駐留しマイヤーが総司令を務めていた地球連邦宇宙軍で、新西暦184年にコロニーが地球連邦政府から独立した際に再編成され発足している。

DC戦争時には、ビアン・ゾルダーク率いるディバイン・クルセイダーズ(DC)の思想に共感し、共同戦線を展開。宇宙の連邦軍拠点を次々に占領し、連邦軍の通信レーダー網を壊滅させDC有利の戦況を作りだす。その後、連邦政府がおかれているジュネーブへの降下作戦「オペレーション・ユグノー」を敢行するが、レフィーナ・エンフィールドが指揮を執るヒリュウ改の攻撃により旗艦マハトをはじめ多数の被害を出し壊滅。残存戦力はDC残党と連携して活動するも、討ち取られていった。

しかし、ロレンツォ・ディ・モンテニャッコのように生き延びて、組織立った行動を取る者もおり、その全てが潰えた訳ではない。大半がヨーロッパ系人種の隊員を占めており、今のところは日本のコロニー(ノゾミ)を含むアジア系軍人の存在はゲーム中では確認されていない(ただし、ドイツ人と日本人のハーフであるレオナはいる)。

なお、シャドウミラーが存在していた平行世界ではマイヤーがエルピス事件で死亡し、コロニーの治安維持が強化されたことによりコロニーは独立を果たしておらず、コロニー統合軍も結成されていない。このことはDC戦争に大きく影響したことが推測される。

登場作品[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
初出。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
リメイクにあたり、キャラクターに声が追加されたり、台詞の修正が行なわれたりした。

所属する人物[編集]

マイヤー・V・ブランシュタイン
総司令官。エルザムライの父。高潔な理想を持つ反面、徹底した実力至上主義者の一面を持つ。
リリー・ユンカース
コロニー統合軍の参謀。コロニー統合軍の壊滅後、DC残党と敵対し、24年の短い生涯に幕を閉じた悲運の女性。
エルザム・V・ブランシュタイン
元・特殊戦技教導隊の一員。DCへと出向しており、ラストバタリオンを率いている。後に地球連邦軍の協力者となった。
ゼンガー・ゾンボルト
元・特殊戦技教導隊の一員で、地球連邦軍ATXチームの隊長だったが、マイヤーの意思に共鳴し離反した。後にエルザムと同じく、地球連邦軍の協力者に。
テンペスト・ホーカー
元・特殊戦技教導隊の一員だったが、ホープ事件で家族を失い、復讐を誓った。エルザム同様、DCに出向している。コロニー統合軍が投降した後はDC残党に合流するも、哀しい末路を辿る事に。
ユーリア・ハインケル
女性だけのエリート部隊『トロイエ隊』の隊長で、教導隊に肩を並べるほどの実力者。DC戦争の事後を部下のレオナに託し、散った。
レオナ・ガーシュタイン
トロイエ隊の一員で、事実上の副官。トロイエ隊の最後の生き残りとなり、ライの説得や助力の末、地球連邦軍に加わった。
ジーベル・ミステル
自らを『策士』と称する、手段を選ばぬ卑劣漢。様々な策を弄するも悉く失敗。コロニー統合軍が投降した後にDC残党に合流するも、正面対決を余儀なくされて戦死した。
ロレンツォ・ディ・モンテニャッコ
以前はコロニー統合軍に所属していた。プレイヤーの前に登場する時点では、DC残党の中心人物になっている。

関連用語[編集]

トロイエ隊
女性だけのエリート部隊。意味はドイツ語で『真実』『忠誠』。ユーリアが隊長を務めている。GBA版ではわかり辛かった為か、OGsではパイロット顔グラフィックがきちんと女性になっている。
チームカラーが青なのはおそらくドイツ語の『TREUE』と似た意味の英語での『TRUE BLUE』から来ているものだと思われる。
ディバイン・クルセイダーズ
通称DC。コロニー統合軍が共闘していた組織。エルザムやテンペストが出向している。
ラストバタリオン
DCの総帥・ビアンの親衛隊。DCに出向したエルザムが隊長を務めていた。
初代特殊戦技教導隊
地球連邦軍のエリートパイロット集団。現行の人型機動兵器のモーションパターンを作成した。エルザム、ゼンガー、テンペストの3人が所属していた。