2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

あちらの世界

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

スーパーロボット大戦APORTABLE)』及び『OGシリーズ』の設定で、端的には「もう一つの世界」を指す。

概要[編集]

ストーリーの主な舞台となる『こちらの世界』とは分岐された可能性に値する並行世界の事。その世界を通称する形で『あちらの世界』、または『向こう側』、『極めて近く、限りなく遠い世界』等と呼ばれている。

「あちらの世界」と「こちらの世界」では、起きた事件や歴史等もかなり異なっている。作中に登場したバンプレストオリジナルの敵勢力である地球連邦軍特殊任務実行部隊「シャドウミラー」は、まさにこの世界から次元転移して現れた存在である。

なお、『スーパーロボット大戦L』の世界観には高蓋然性世界という似た設定がある(元ネタはアニメ版『鉄のラインバレル』)。

「こちらの世界」との相違点[編集]

A[編集]

  • 異星人の襲来や地球人類の内紛が原因で、地球圏で大きな戦争が起こり、一時は侵略してきた異星人によって地球全体が占領されていた時期がある。主人公機のデザインも含め、この点に関しては『スーパーロボット大戦64』の世界観と非常に似ている。
  • 連邦はジオンと手を取り合う形で異星人に打ち勝っており、この時のジオンの総帥はシャア・アズナブルで、永きに渡り彼の宿敵になるはずだったアムロ・レイは、ア・バオア・クーで戦死している(最終階級は「曹長」)。
  • 破嵐万丈が戻ってこなかった(死亡した)らしい。
  • ゲシュペンストシリーズが正式採用されていたのに対し、「こちらの世界」ではゲシュペンストの拡張性を恐れたシャドウミラーの情報操作によって、メタルアーマー・試作D兵器の量産型であるドラグーンが正式採用されている。
    • ちなみに『あちらの世界』のD兵器は、パイロットがケーン・ワカバら3人ではないのはまだしも、ろくな戦闘データも取れないまま、初陣で大破した挙句に完全廃棄という散々な結果に終わってしまった。
    • 一方『こちらの世界』ではシャドウミラーの予想を遥かに上回る形でD兵器の戦闘データが取れた結果、ドラグーンはゲシュペンストに引けを取らない高性能な機体になってしまったという皮肉な結果になっている。
  • ゲシュペンストシリーズの正式採用によってゲシュペンストMk-IIIが開発されている。

OGシリーズ[編集]