2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

破嵐万丈

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
破嵐万丈
読み はらん ばんじょう
外国語表記 Banjou Haran
登場作品 無敵鋼人ダイターン3
声優 鈴置洋孝
デザイン 塩山紀生
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人日本人
性別
年齢 17歳(18歳とする資料も)
身長 178 cm
体重 69 kg
所属 破嵐万丈邸
テンプレートを表示

破嵐万丈は『無敵鋼人ダイターン3』の主人公

概要[編集]

巨大変形ロボットダイターン3と共に、地球侵略を目論むメガノイドと戦う快男児。

かつては宇宙開発用のサイボーグとしてメガノイドを生み出した父・破嵐創造(SRWでは幻聴のみ登場)と共に火星にいたが、兄と母までもがメガノイドに改造されてしまい、ほどなくして発生したメガノイドの反乱により、父の助手であったミナモトに助けられた万丈は、大量の金塊と試作型のメガボーグであったダイターン3を持ち出し、マサアロケットで火星から脱出。地球に辿り着いた後、金塊を元手にシン・ザ・シティの大富豪となり、ダイターン3でメガノイドと戦うことになる。

紳士的でありながら型破り、優男に見えて冷静沈着、射撃や身体能力、その他どれをとっても非の打ち所がない一方、メガノイドに関しては激しい憎悪を持ち、自らの意思でメガノイドになったものは女性や子供であっても容赦も躊躇もなく抹殺する。ただ、メガノイド相手であっても木戸川アイサーなど人の心を持った、あるいは取り戻した者には情を見せることもあり、部下思いのメガノイドを倒した時には墓を建て、愛する者の死に直面し嘆くメガノイドにダイターン3のバッテリーを渡し命を助けた。原作の最終回でドン・ザウサーを倒した後、いずこと無く姿を消してしまう。

エピローグにて姿を消した場面や、作品内で描かれた人間の枠を超えた力、メガノイドに対する異常なまでの敵意、そして宿敵ドン・ザウサーの正体に関する疑惑などから、破嵐万丈自身もまたメガノイド、それも完成体というべき究極のメガノイドであるという説(あるいは解釈)も存在するが、彼に関する事の多くは未だ謎に包まれたままである。

破嵐万丈は、彼を演じた声優・鈴置洋孝氏にとっては自身の出世作のキャラクター以上の存在だったようで、鈴置氏の他にも多くの人に愛されたキャラクターであった。詳しくは、余談の欄を参照。

名前の由来は、四字熟語の波乱万丈から。キャラクターモデルは、作品のコンセプトがイギリスの小説家、イアン・フレミングの小説が原作の人気映画シリーズ『007』シリーズを意識している事から、主人公のジェームズ・ボンドである。また「大富豪であり私怨から戦う」という点では、『バットマン』のブルース・ウェインとも言える。

登場作品と役柄[編集]

鈴置氏は万丈を「暗さがあって、ニヒルで、二枚目で、カッコ良くて、ジョークも言うキャラクター」と評していたが、SRWシリーズではほぼすべての作品でそれを踏まえた完全無欠の超人と言えるような万能なベテランとして描写されており、本来なら17、8の年齢でありながらも、年長メンバーであるアムロ・レイロイ・フォッカー猿渡ゴオ等とも同格とい言える大人びた雰囲気を見せている。

SRWシリーズではオリジナル設定の「破嵐財閥」を経営していることが多く、その豊富な資金と広いコネにより、プレイヤー部隊が軍組織などの援助を受けられない状態に陥っても資金や物資の援助をする。隊員としても極めて有能で、作戦の立案に関わっていることが多いだけでなく、部隊を2分割する時は部隊指揮官のブライト・ノア等が担当しない方の指揮官を任されることが多い。

その完全無欠振りからまとめ役になる事が多く、メガノイドが敵として登場しないいるだけ参戦の作品もありながらも、どの作品でも抜群の存在感でストーリーの重要な場面に大きく関わったりとシナリオ面では優遇されている。参戦が中盤以降になる事も多い。

原作では意外と隙が多く、コマンダー・バンチャー(SRW未登場)とカムヒア合戦を繰り広げたり、真冬の湖でパンツ一枚で走り回り唇を真っ青にしたり、惚れられていると勘違いして鼻の下を伸ばしたりと、道化を演じる事も少なくない。 だが、完璧超人属性や伊達男ぶりが強調されているSRWシリーズで、彼の三枚目的な側面が再現される事は稀。コメディも違和感無くこなせるキャラなだけに、少々勿体無い印象も受ける。時折ギャグや冗談に乗ったりするものの、あくまで余裕を持つ者としての描写にとどまっている。

また、「究極のメガノイドである」という疑惑が意識されているのか、「生身の人間ではないのでは?」と思わせつつ結局正体は分からない、というエピソードが意識的に盛り込まれているほか、作品にもよるがメガノイドへの異常なまでの憎しみはたびたび再現されており、ラストで原作同様に行方不明となる作品もある。また、他作品に登場するサイボーグ等、メガノイド同様に人為的な手を加えられた存在に対しては例え仲間であっても複雑な感情を見せる事も。

設定どおりなら17~18歳と、甲児TV版竜馬キラなどと同世代の若者なのだが、寧ろ彼らよりやや年上の頼れる先輩として描写されている。多くの作品で既にメガノイドと戦い壊滅させた後の設定なので、それからある程度月日が経ったことで万丈の方が成長しているのだろう。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初参戦作品。能力はこの頃から高く、下手なオールドタイプよりも高い命中回避能力を持っており、ダイターン3の性能と併せてスーパー系のパイロットでは最後まで通用するエース級。終盤にはルートにもよるが、メキボスとのイベントがある。
第4次スーパーロボット大戦
第3次』の後に行方不明となっていたが、破嵐財閥をひっさげて第18話AorB「イントルーダー」で初登場となり、以後は地上ルートの纏め役になったりとロンド・ベルの中心人物として活躍、以後のシリーズにおける立ち位置をこの作品でほぼ確立する。しかし、ドンコロスを打倒した後はやはり原作と同じように複雑な感情を見せ、エンディングでは原作通りに行方不明となってしまう。
近距離攻撃力が化け物じみて高く、の習得によってサンアタックは凄まじい破壊力となる。遠距離攻撃力もリアル系エース並、命中や2回行動レベルも他のスーパー系パイロット比較して優秀と隙が無い。精神ポイントもかなり豊富で、終盤はカンストしてしまう。
第4次スーパーロボット大戦S
今回から声が入った。今作のみ原作どおり、声にエコーがかかってない。
スーパーロボット大戦F
中断メッセージにのみ登場。本編への登場は無し。
スーパーロボット大戦F完結編
やはりメキボスと仲がいい。登場シーンでムービー(原作アニメの使い回しでない)が入った。
今回不遇のスーパーロボット系だが、地形適応 宇宙:Aの貴重なスーパー系として、最前線で活躍できる。元の能力が高いのもあるが、終盤戦での対ボス戦の切り札となる立ち回り。参戦が遅いのが欠点。『第4次』同様地上ルートの纏め役になる。
不自然なまでにスーパー系のキャラが登場せず、リアル系キャラ主体で進む後半のインターミッションで甲児と並び、最後まで会話に参加する数少ないスーパー系キャラである事も、今回の特徴のひとつ。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
メガノイドは既に倒した設定で、南アタリア島ルートを通った場合は第10話「目覚めよ勇者」でマッハアタッカースポット参戦。その後は第41話「バイバイ・マルス」で火星で登場しそのまま加入する(ジャブロールートを通った場合はここで初登場)。
いるだけ参戦で登場が遅いながらも圧倒的な存在感を際立たせ、特にエヴァ絡みのイベントで活躍して加持に代わるシンジの良き兄貴分的な存在となっている。また、ゲンドウとは「万丈=メガノイド疑惑」を巡ってのやり取りも盛り込まれている。
本作まではの攻撃力が3倍の為、スーパー系では屈指の攻撃力を持つ。彼とダイターン3がいなければ間違いなくゼルエルをプレイヤーの手で倒すのは不可能。
ただし、距離補正や技能ポイントなどの仕様、SRXや主人公機などの存在により、アタッカーとしては若干押され気味な部分も。終盤はDVEエアロゲイターに向かって、名乗りを上げる。
スーパーロボット大戦α外伝
寺田プロデューサー曰く外伝の実質的な主人公の一人と言われるだけあり、作中では現代編においては第2話から登場し、序盤に分散した旧ロンド・ベル隊をまとめるイージス計画の主要な推進者の一人であり、裏では目的のつかめないシュウの行動を追っていたりとかなり目立ち、本作で活躍するJ9を雇ったのも彼である。
未来編では獣戦機隊J9とともにブレーカー稼業をしてダイターン3アイアン・ギアーと巨大ロボ対決をするというイベントがあり、シリアス面においてもメガノイドに共通する面があるシビリアンに複雑な感情を持ち、オリジナルの敵であるアンセスターにいち早く疑念を抱く等、イベントは数多く八面六臂の大活躍。人質を使って脅される場面では、ホーラ相手には隙を付いて一目散に逃げ出してから救出に移るギャグテイストなものになっているが、ゴーゴン大公が相手の際は「殺さば殺せ」という彼の非情な一面も見れる。
万丈自身の能力は非常に高いが、ダイターンの武装がスーパーロボットの中では弱く、の効果も下がっているためアタッカーとしては今ひとつ。高いHPと武装の燃費の良さを生かしたい。使えるのは後半だが援護との相性もいい。他作品の主人公同様、大幅に戦闘音声が収録され、ギャリソンレイカトッポ搭乗時には勝手に台詞を言う彼らに苦労する姿も。また、ティターンズイノセント、そしてアンセスター相手にDVEでそれぞれ別の台詞でキメてくれる。
第2次スーパーロボット大戦α
基本的にどの主人公で始めても火星にいる設定。中盤のメガノイド復活により、ついにαシリーズでも原作再現。一時はαナンバーズを離れて一人でメガノイドと戦おうとする展開があり、スパロボシリーズでは珍しく「憎しみ」という万丈の負の一面が味方側にも認識された形で描写されている。完璧超人である彼しか知らないプレイヤーにとって、仲間との絆とメガノイドへの怒りと憎しみが入り混じる万丈は必見。結局はαナンバーズの仲間と共にメガノイドと戦う事を決意し、また身を軽くする為に破嵐財閥を解体する事になる。
中盤、鋼鉄ジーグと共に敵地へ乗り込むという無茶なイベントがあるものの、「鍛え方が違うんでね」の一言で全て済まされる。ダイターン3のサイズ差補正の有利さもありがけサンアタックは作中最強の威力を誇る。
第3次スーパーロボット大戦α
中盤のアラスカで仲間になる。それまではアランと共にブルーコスモスの動向を探っていた。
また、アスランとの死闘でMIAになったキラを救出している…が、実はこの時、万丈は「知り合いにキラを任された」と発言している。この「知り合い」の正体がであるかは最後まで明言はされない。タイミング的には一人しかいないのだが…。
サイズ差補正の恩恵もあり絶大な攻撃力、防御力を誇り、がけサンアタックの爆発力は健在なのでトドメ役として適任である。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
謎の富豪「ザ・ストーム」という設定で登場。どのルートでも編入する時期はほぼ一緒だが、セツコ編では度々顔を出している。
また、フォウステラ生存フラグが立っている場合には彼がフォウとステラを助けている。特に、ステラの生存イベントにおける活躍は印象深い。
サンドマンとは、友人という設定になっている。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
エリア11ルート第36話から参戦。事前に「行政特区日本」式典会場を張り込んでいたが、完璧超人の万丈でも悲劇を未然に防ぐ事は叶わず、被害を最小限に食い止めるのがやっとの有様という沈痛な空気の中での登場となった。
ダイターン3が完調状態で登場する上にザンボット3トライダーG7との合体攻撃があるので機体に改造を施せば十分に使っていける。ZEUTH組はいるだけ参戦に近いものの、「あれがZEUTHの快男児・破嵐万丈か…!」と注目を浴びるなど、相変わらずのキャラクター性で目立つ。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
暗黒大陸ルート第38話から参戦。前作に引き続き、無敵ロボとの合体攻撃は健在。周囲の機体のパワーが軒並み増して、相対的な強さは下がったものの、スキルとして強運カウンターを新たに覚えた。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
時獄篇のブランクを経て復帰。Z-BLUEと合流する前にすでにメガノイドを全滅させていた。
Dトレーダーでは並行世界の出来事として、破嵐財閥や小説『破嵐万丈シリーズ』(後述)について言及されるシーンも。そのためかEDではギャリソン達と共に、私立探偵を営んでいる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
メガノイドは既に倒した設定だが、ドンコロスは生き残っている。ちなみに、初参戦時のマップが破嵐万丈邸である。ドンを倒した後、下記にもある「‥僕は‥嫌だ‥」という発言を最後にエンディングにも登場しない。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
COMPACTとほぼ同様。能力は高く申し分ないが、精神コマンドのパターンに2パターン穴がある。どちらも必中効果のある精神コマンドを覚えないというもの。片方は集中すら覚えないパターンなので、攻撃がかすりもしない。その場合は諦めてギャリソンにダイターンを譲った方が良い。リメイク前同様に最終話でドン撃破後、例の「‥僕は‥嫌だ‥」発言のあとMAPから離脱し、やはりエンディングにも登場しない。ブライト曰く「こうなる気はしていた」との事。
スーパーロボット大戦COMPACT2
基本的に高い能力を持つ上、サブパイロットがいない代わりなのか1回のレベルアップでSPが3上昇する。ただし、ダイターンが今回さほど堅牢でないため油断しているとすぐ落ちる。
精神コマンドのバラつきがあり、タイプBだと必中系がない。しかも、を覚えるのはそのタイプBのみときているからタチが悪い。その場合は、熱血+必中を必修するギャリソンにダイターンを素直に譲った方が戦力アップが図れる。どうしても魂+サンアタックを撃ちたければ運動性をフル改造しよう。
スーパーロボット大戦IMPACT
火星絡みで『機動戦艦ナデシコ』の面々との絡みが多い。作中において、生身でボソンジャンプをしても無事だった描写が存在する。また、「なぜなにナデシコ」への飛び入り出演を楽しむ余裕も見せる。原作関連では、第20話におけるコロスとの遣り取りがDVEで再現されるイベントも有る。
C2であった精神コマンド面の問題は解消されている。なお「コンビネーションクラッシュ」の音声収録も行われたが、当作品では使われず、初めて使用されたのは鈴置氏没後のA PORTABLEとなる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ゲーム序盤の分岐で、地上ルートでは第10話から、宇宙ルートでは第13話(分岐終了直後)から仲間に加わる。
プリベンターと協力体制をとっており、アーガマの宇宙打ち上げを援護するために、ロンド・ベル本隊と別行動となった部隊を自身の邸宅に引き入れる。
合流時はコマンダー・アイサーの色香によってメガノイドに捕まっているという原作さながらのドジをしでかしているが、自力で脱出してくる。ルート分岐によって度々指揮を執ることもある。
メガノイドの使う精神攻撃(自軍の気力を下げる)に抵抗して、逆に気力を上げてみせるなど、メガノイドに対しての強烈な敵意を垣間見られる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
鈴置氏没後の初の声付きのスパロボ。移植による追加エースボーナスは「熱血」もしくは「」とクリティカルの効果を重複させるもので、底力、魂と組み合わせたザンボット3との合体攻撃で計算上本作最大ダメージを叩き出せる。「コンビネーションクラッシュ」が音声付きスパロボで初登場であったため、どう処理されるか注目されたが、先述の通りIMPACTの時に鈴置氏が収録していた音声が披露されることとなった。
スーパーロボット大戦R
序盤から登場。メガノイドが様々な作戦を仕掛けてくるため出番が多い。中盤で主人公達が未来から来た事に気付き、サポートする。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
スーパー系序盤のまとめ役。スーパー系女主人公機スイームルグの製造を請け負っていたのも彼。今回からザンボット3との合体攻撃が可能。
スーパー系序盤では最初から熱血・気合を覚えているので一度離脱するまで序盤のボスキラーとなる。
スーパーロボット大戦X-Ω
スーパーロボット大戦V
日本帰還ルート第17話から参戦。今回も破嵐財閥は登場しないが私設探偵を営む資産家で、舞人とは知り合いという立場。メガノイドは打倒済みで、ドン・ザウサーの遺産について調べている。主に『マイトガイン』や『ナデシコ』関連のシナリオでの出番が多い。本作でも万丈=メガノイド説を匂わせる展開が若干あり、更にはA級ジャンパーの一人である、火星の後継者北辰がメガノイドであるといったというクロスオーバー設定がされ、何かと忙しい事になっている。更に、メガノイドの開発計画は、スーパーコーディネイターソレスタルビーイング等と同様に、西暦世界を裏で支配するエンブリヲを打倒するリベルタスの計画の派生である事が、万丈自身の独白で語られている。
声は鈴置氏のライブラリ出演。『F』での収録音声の流用で久々に中断メッセージにも登場している。
スーパーロボット大戦X
創界山ルート第16話より加入。カットインが劇画風の物に変更されている。
エースボーナスはおなじみの「資金+30000」だが、本作ではエクスクロスが資金難に陥った際に、万丈(や舞人)が金持ちでも異世界だから頼る事ができない、という会話が行われている。

関連作品[編集]

バトルロボット烈伝
ゲルスター帝国に捕えられており、ウルロフのビグ・ザムより先に戦艦ドラグーンを沈めれば仲間になる。幽閉中は食事を与えられていなかったらしく、参戦できるのは次ステージから。ダイターンは弾数制の強力な武装が多いが、AIの仕様上それらを中々使ってくれないのがネック。

パイロットステータス[編集]

能力的には、スーパー系では貴重なを修得する事が多い(ダイターン3が1人乗りの上、他作品のようなパワーアップイベントが無い事への救済とも取れるが)。能力は全体的に高く、格闘は全キャラ中トップクラス。その他の能力もスーパー系としては破格の数値が与えられている場合も多く、この点でも完璧超人ぶりを見せる。ただし参戦が常に中盤以降である事が災いし、育成要素がある作品ではPPを稼ぐことが難しく、周回プレイを重ねると他のキャラに若干水をあけられてしまう事も。

能力値[編集]

原作通りの超人ぶりが再現されている。格闘技量がかなり高い傾向。また、命中射撃なども格闘重視のスーパー系にしては異常に高い場合が多く、スーパー系パイロット内では屈指の強さを誇る。ほとんど最高クラスの能力値。リアル系とは強さのベクトルが異なるとはいえ、スパロボシリーズで最強のパイロットと言えば間違いなく候補に挙がる人物だろう。

精神コマンド[編集]

スーパー系のパイロットとしては異例のを覚えるのがお約束となっている。このため、複数乗りが多いスーパー系でさえも圧倒する程の火力を持つことが多い。また、レベル1の時点で以外の全ての精神コマンドを持っていることが多いのが特徴。他にも、一人乗りであるためか、常人の倍以上の精神ポイントを所持している(α外伝あたりまでのシリーズでは、終盤では軽く200を超える数値を記録していた)。

第3次
ド根性必中気合ひらめき熱血友情
第4次S
必中ド根性気合ひらめき熱血
F完結編
熱血必中ひらめき気合加速鉄壁
リンクバトラー
気合ひらめき熱血必中ド根性
64
必中ド根性気合ひらめき熱血
α
ド根性必中気合熱血覚醒
α外伝
ド根性必中気合熱血ひらめき
第2次α第3次α
加速必中気合熱血ひらめき
IMPACT
ド根性必中熱血鉄壁気合覚醒
AA PORTABLE
ド根性必中気合熱血覚醒
R
ド根性必中気合熱血不屈
Z
直感狙撃気合鉄壁
第2次ZVX
直感狙撃気合鉄壁熱血
第3次Z天獄篇
直感狙撃気合鉄壁+
X-Ω
直感鉄壁
パイロットパーツ装備時
直感ド根性

特殊技能(特殊スキル)[編集]

ライディーンなどと同じく数少ないシールド持ちのスーパー系なので、援護防御に関してはトップクラスである。また、ダイターン3のHPがスーパー系と比べても非常に多いことで、底力の恩恵を受けやすいのも特徴。

第3次(PS版)
シールド防御L2、切り払いL2、底力
第4次S
底力
F完結編
シールド防御L9、切り払いL8、底力
64
底力L8、切り払いL8、シールド防御L9
α
底力シールド防御L7、切り払いL8
α外伝
底力援護L1、シールド防御L2、切り払いL2
第2次α第3次α
底力L9、切り払いL5、シールド防御L5
IMPACT
統率L3、防御L7、援護防御L1
A
底力L8、切り払いL8
A PORTABLE
底力L8、切り払いL8、援護防御L4
R
底力L8、防御L2、援護攻撃L1、援護防御L1
Z
底力L9、ブロッキング戦意高揚
第2次Z破界篇
底力L7、ブロッキング戦意高揚
第2次Z再世篇第3次Z天獄篇
底力L7、強運戦意高揚カウンターL5
VX
底力L7、強運気力+(ATK)

小隊長能力(隊長効果)[編集]

メガノイドへの攻撃力+40
第2次α』で採用。
クリティカル率+20%
第3次α』で採用。
命中率+10%、クリティカル率+20%
Z』で採用。

固有エースボーナス[編集]

熱血」「」効果中にクリティカル判定が発生
A PORTABLE』で採用。ザコ戦では発揮されないものの、ボス戦においては恐らく最も驚異的な能力と言える。このボーナスにより、同作において最も重い一撃を持つ事になる。
シナリオクリア時に資金+30000
第2次Z』、『第3次Z』、『V』、『X』で採用。これでは破嵐財閥も無いのに、一体何をしているのか…(『第2次Z再世篇』の活躍を鑑みれば営業活動か?)。ちなみに『V』では西暦世界で世界一の金持ちの舞人より個人資産を持っている(かもしれない)という設定が明かされている。
能力自体は周回数が少ないと非常に有用。ただ、何周もしていると引き継ぎ資金が余りがちに。

パイロットBGM[編集]

「カムヒア! ダイターン3」
OP主題歌。特に「涙はない 明日にほほえみあるだけ」という万丈の本心を表現するかのようなフレーズは、最終回ラストシーンにて真価を発揮した感がある。
全ての参戦作品共通のBGMに設定されており、他のロボットアニメのように挿入歌が存在せず、副主題歌も戦闘BGMへ宛がうには苦しい曲調なので、曲の固定も止むを得ない措置だと言える。
ただし、作品によってはデモムービーやインターミッション用に本編のBGMが使用される事も有る。

人間関係[編集]

家族[編集]

破嵐創造
実父。万丈にとっては、母と兄を死に追いやった彼も憎悪の対象。
SRWに於いては、グラフィックを伴った登場こそ果たされていないが、第2次αでのドン・ザウサーとの最終決戦で原作同様、幻聴とも取れる表現で息子にメッセージを送った。
なお、ドン・ザウサー=破嵐創造説もある。しかし、万丈の正体ともども、真実は明らかになっていない。
母親
彼女によって火星からの脱出に成功したが、メガノイドの反乱によって死亡した。なお、コロスが彼女の成れの果てとも云われるが、こちらはさらに確証が無い。
母親と同じく仲は良かったが、メガノイドの反乱によって死亡したとのこと。その後ダイターン3にされたとも云われるが、当然確証は無い。

仲間[編集]

ギャリソン時田
執事。万丈のサポートを一手に引き受ける。時にはダイターンにサポートで乗ることもある。
スパロボでは万丈が覚えない鉄壁を覚えていたり、熱血も持っていたりと何かと優秀。ゲストにしては勿体ない…のだが、ダイターンが複数乗りになるとさすがにバランスが崩れるのだろう。
三条レイカ
万丈のアシスタント。万丈一筋。秘匿していたマッハ・パトロールを、素人同然の彼女に奪われてしまうという失態を犯した事が、両者の出逢いに繋がった。
ビューティフル・タチバナ
万丈のアシスタント。同じく万丈一筋。二人とも、万丈が「二人を犠牲にしてでも敵を倒す」と選択したときは迷わず命を捨てる覚悟を決めた。並のでは結ばれていないのであろう。
戸田突太
万丈の一番弟子を自認する少年。愛称は「トッポ」。ダイターンの操縦経験がある。

メガノイド[編集]

ドン・ザウサー
憎むべきメガノイドの首魁。
コロス
ドン・サウザー同様に憎むべき敵。ラスボスであるドン・ザウサーに対してコロスは宿敵と言える。
ミナモト
創造の助手で旧知の間柄。彼の支援もあり、万丈は火星からの脱出に成功する。しかし…
コマンダー・エドウィン
奇術師。少年時代の万丈にとってのヒーロー。
コマンダー・キドガー木戸川
学生時代の旧友。憎むべきメガノイドであるものの、最後には和解できた数少ない存在。

他作品との人間関係[編集]

その社交性ゆえ、版権・オリジナル問わずあらゆる人物と満遍無く接する。老若男女問わず、子供に慕われ、大人には一目置かれ、女性には好かれ…とほぼ完全無欠。

無敵シリーズ[編集]

神勝平
無敵シリーズ主人公繋がりで、競演自体は『第4次』と早く、合体攻撃も『64』から登場している(『第4次』ではやや子供扱いしている面が目立つが)。
万丈自身は家庭的な不幸故に神ファミリーを羨ましく思っており、『Z』においては勝平の良き兄貴分として描かれた。
第2次Z破界篇』では「勝平」と呼び捨てで呼称しており、両者の親密度が一層深まっている模様であるが、『第3次Z天獄篇』では「勝平君」と呼んでいる。
コンピュータドール第8号
Z』では独善的な思想を持つ彼をメガノイドの同類として激しく非難する(万丈曰く「時代遅れのコンピューター」「独善の塊」)。
木下藤八郎
『第2次Z破界篇』EDではこちらの世界での生活手段として、彼の部下として営業マンになった。なお営業成績は抜群であるとのこと。

スーパー系[編集]

ダイナミック系[編集]

兜甲児
第3次』以降、競演する作品は多く、甲児からは兄貴分的な存在として強く信頼されている。初めて顔を合わせた設定の作品でも、ほとんど顔馴染みのように接する。
あしゅら男爵
第4次』では「汚名挽回」と発言してしまった彼にツッコミを入れる。
ゲッターチーム流竜馬神隼人車弁慶
甲児と同じく競演歴は長く、彼らからも強く信頼されている。
剣鉄也司馬宙卯月美和
第2次α』のVN作戦ルートでは、コロスが発生させた異空間に彼らもろとも幽閉され、窮地に陥る。特に宙に対してはその境遇から凱と同様に複雑な感情を抱いていたが、彼の決意を聞いて信頼するようになる。

ガイナックス系[編集]

碇シンジ
彼に対するよき兄貴分として接することが多い。『α』では加持に代わって彼を諭し、再起を促した。
碇ゲンドウ
αシリーズではゲンドウが父・創造と旧知の仲であるという設定であり、万丈本人とも縁がある。
色々と絡みが多く、『第3次α』では彼に対して「父親としての義務を果たしていない」と責める。また、ゲンドウの口からは「万丈=メガノイド」であることを推測させるような言葉も。
シモン
第2次Z再世篇』では後述にもある通り、アンチスパイラルのメッセンジャーとして覚醒したニアの変貌、告げられる絶望に戦意を消沈させていく彼に檄を飛ばし、奮い立たせる。
キタン・バチカ
X』では万丈の行動によって、因果の果ての闇を突破するための方法を閃いた。

勇者シリーズ[編集]

旋風寺舞人
『V』では彼を弟子にするなど師弟関係を結んでおり、旋風寺コンツェルンの大株主にして勇者特急隊のスポンサーにもなっている。また彼が鉄也に弟子入りするきっかけにもなっている。
X』でも出身世界は違えど、同じように師のように接している。
雷張ジョー
『V』では舞人同様彼と何度か対峙しており、和解した後は彼と行動を共にする場面も。
ウォルフガング
『V』では彼が究極戦車ニーベルゲンを使ったため、因縁が生まれる。そして共にコロスブラックノワール打倒のための切り札を託された者同士でもある。
ホイ・コウ・ロウ
『V』では彼にも自身の名を知られており、彼が失脚した後に対面した際はパープルの放った追っ手に追われる彼を助け、彼の屋台を買い上げて新しい就職先を紹介し、彼の更正を後押しする。
パープル
『V』では彼の正体が露見する以前より、彼の人間性や歌に嫌悪感に近い感情を抱いていた。
『X』でも彼のメガノイドにも通ずる醜悪なエゴを嫌悪しており、第42話において、わざわざブランカに残って、彼を面と向かって酷評して逆上させている。
エグゼブ
『V』では万丈が追っていた巨悪の一人であり、「太陽」を嫌う彼からも強い敵意を向けられる。
ブラックノワール
『V』では「理想のヒーロー作りのためのキャラメイク」として自身の人生を弄んでいた最大の怨敵。コロスから「ドン・ザウサーの夢」として彼(彼女)を打倒するための切り札を託され、その打倒に大きく貢献する事になる。
獅子王凱
『第2次α』ではメガノイドの件もあってか当初、サイボーグの彼を警戒しているような節も見受けられたが、徐々に信頼するようになる。共に啖呵を切る場面も。

その他のスーパー系[編集]

北条真吾
後述のブライトと同じ声優のキャラクターで、『第4次』では彼を認めている節が見受けられる。後の『第2次α』では真吾が万丈の口まねをしている。『第3次α』では彼を含めたグッドサンダーチームと協力してブルーコスモスの動向を探った。
獣戦機隊藤原忍結城沙羅式部雅人司馬亮
α外伝』では、未来世界に飛ばされた際に、彼らと共にブレーカーとして行動していた。
アラン・イゴール
64』では彼と共にカラバを結成し、帝国軍に立ち向かう。『α外伝』では、未来世界に飛ばされた際に、彼と共にブレーカーとして行動を共にしていた。『第3次α』において、ブルーコスモスの動向を探る為に協力して秘密裏に活動していた。
シャピロ・キーツ
IMPACT』の植物惑星戦で、父・創造博士の所業を交えた彼からの挑発に、さすがの万丈も怒気を隠し切れなかった模様。
風見博士
Z』では彼の研究に出資し、協力するが、後に恩を仇で返されるハメに。
アイザック・ゴドノフ
『α外伝』では彼らJ9の雇い主となっており、特にアイザックとは自身の参謀役的な存在として会話が多い。また『第3次α』のEDでは「悪党退治は彼らに任せる」と発言。全幅の信頼を見せた。
カーメン・カーメン
『α外伝』では彼にデキム・バートン暗殺の件について問い詰めた。
クライン・サンドマン
『Z』において、友人という間柄になっている。
ミヅキ・立花
『Z』では以前からの知り合いであり、彼女がZEUTHに戻ってくる事を信じていた。
ロジャー・スミス
Zシリーズにおける友人の一人。境遇や立ち位置など、色々と似た者同士。色々と気が合う。
エンジェル
ZSPD』ではベルフォレストに向かう道中で彼女と知り合い、一時的なパートナー関係を築く。

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
第3次』からの付き合いで、互いに信頼しあっている間柄。
シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ
SRWでは常にその実力と人物を認め合っている関係。
第4次』では将来の指導者として彼に期待していたが、行方不明という形で裏切られる事になる。
αシリーズにおいても『第2次α』でシャアが反乱を起こした時に対峙した際、シャアに強く期待していた事が万丈の発言から分かり、いずれ自分たちの元から離れていく事を予測していたが、自身の期待に反して反乱という手で改革を行おうとした彼を批難した。
ブライト・ノア
中の人が同じなためか、『第4次』にてブライトのマネをしてSRW最初の声優ネタを披露している(ただし、より厳密にはローラ・サリバンのCCガールズネタの方が先である)。ちなみに、突っ込んだのはカミーユ。お互いを信頼し合っている。
カミーユ・ビダン
スパロボ全般で、彼の兄貴分となる事が多いのか絡みが多い。
F完結編』では、DCソーラ・レイ完全平和主義を唱える目障りなサンクキングダムを焼き払おうという作戦を阻止するべく、彼と行動を共にする。
フォウ・ムラサメ
α外伝』では、ルーと共にプリベンターに参加した彼女の事を固く口止めしていた。ティターンズに誘拐され再び強化人間としてまた利用されるのを防ぐためでありカミーユすら知らなかった。
Z』ではチラム首都での戦闘で撃墜された彼女を救出し、回復するまで色々と面倒を見ていた。その後、ギャプランに乗った彼女を連れて、彼女の思い人であるカミーユのいるアーガマへ行き、彼と再会させた。
パプテマス・シロッコ
α』での決戦では他のガンダム主人公とともに会話があり、シロッコにも評価されていた事が分かるが、万丈はシロッコのやり方を否定する。
ジュドー・アーシタ
『α』では仕事を手伝って貰った事もあって、割と親しい間柄で会話も多い。年上に対してもフランクに接することのできるジュドーが、かえって万丈には受け入れやすかったのだろう。『第2次α』でαナンバーズを抜ける万丈の行動を特に心配していた一人。
エルピー・プル
『α外伝』では、日本で一緒に彼女やジュドーと共にイージス計画を手伝ってくれた。
アナベル・ガトー
64』ではアクシズでの攻防戦の際にお互いの心意気を認め合い、意気投合し、グレミー派を相手に共闘した。
カロッゾ・ロナ
IMPACT』では彼の掲げる主張にメガノイドと同質の傲慢さを感じ、不快感を露わにする。

アナザーガンダムシリーズ[編集]

シャッフル同盟東方不敗マスター・アジア
R』では、かぐらづきで行われる木連との和平交渉において、地球圏統一国家の外務次官であるリリーナの護衛として同行し、ダイターンに乗せる。
ヒイロ・ユイデュオ・マックスウェルトロワ・バートンカトル・ラバーバ・ウィナー張五飛
作品によって絡み方はまちまちだが、共闘する機会が多いため、彼等との接点も多い。
α外伝』ではカトルと共にイージス計画に携わっていた。
『X』では共に皇帝ルルーシュに立ち向かった同志であり、アル・ワースに転移してきた直後の彼等と再会した。
リリーナ・ドーリアン
第3次α』ではアラスカで窮地に立たされた彼女を救出した。
フロスト兄弟シャギア・フロストオルバ・フロスト
Z』において、デスティニー・プランによって生き方を歪められた彼らと、父親の所業によって生き方を歪められた自身をある意味似た存在であると感じながらも、彼らの憎悪は認めなかった。
フィクス・ブラッドマンザイデル・ラッソ
『Z』ではD.O.M.E.にて言い争う彼らの姿に、「ブルドックと土佐犬の吠え合い」と揶揄した。

正暦作品[編集]

グエン・サード・ラインフォード
ZSPD』の後日談ではある目的でロジャーと共に彼を訪ねた。

ガンダムSEEDシリーズ[編集]

キラ・ヤマト
第3次α』では「知り合い」に託された彼をマルキオの許まで運んだ。
マルキオ導師
『第3次α』では「知り合い」に託されたキラを彼に預けた。
ムルタ・アズラエル
『第3次α』ではアランと共に彼の暗躍を追っていた。「コーディネイターメガノイドは同類」と言う彼に対して、きっぱりと否定した。
ロウ・ギュール
直接明言はされないのだが、原作の展開を考えると『第3次α』で万丈にキラを託した「知り合い」とはおそらく彼だと思われる。
ネオ・ロアノークムウ・ラ・フラガ)、ステラ・ルーシェ
Z』ではチラム首都での戦闘で撃墜された彼らを救出し、回復するまで色々と面倒を見ていた。ステラに至ってはメガノイドの技術を用いて治療された(改造されたわけではない。念のため)。

西暦作品[編集]

パトリック・コーラサワー
CC』では彼を「プレイボーイだが、腕は確か」と評する。

リアル系[編集]

ギジェ・ザラル
第3次α』でソロシップクルーへの謝罪の際に彼が流した涙を見て信用する。色々と気が合っていた。
エルチ・カーゴ
α外伝』にて、初めて彼女らの前で「謎のランドシップ」と称されていたダイタンクからダイターン3に変形して、いつもの口上を名乗ったら「ノリが何となく豹馬健一に似てる」と彼女から言われていた。
キッド・ホーラ
『α外伝』では、彼と早撃ち勝負で先制し勝利する。また、アイアン・ギアーを奪った彼とダイターン3で一騎討ちをする。
カシム・キング
『α外伝』にてシビリアンを失敗作扱いとのたまう彼に激怒する。
早瀬未沙
α』では彼女を救出するが、彼の声をかつての想い人であるライバーと聞き違える(声優ネタ)。
テンカワ・アキト
IMPACT』では色々と彼を助けるが、アキトからボソンジャンプにも耐えられた理由を追及された際には、珍しく歯切れの悪い言葉で話題を逸らしていた。『V』では相棒の一人に近い関係であり、自身もA級ジャンパーである事を明かし、後述する理由から彼と共闘する。
ミスマル・ユリカ
R』序盤から行動を共にしており、かぐらづきで行われる木連との和平交渉においては、地球圏統一国家の外務次官であるリリーナの護衛として同行し、ダイターンに乗せる。
エリナ・キンジョウ・ウォン
『IMPACT』では、カワサキシティでボソンジャンプについて何か隠している彼女を問い詰める。
リュウ・ホウメイ
『V』では彼女に店の新しい従業員としてホイとチンジャを紹介する。
白鳥九十九
『R』では、かぐらづきで行われる木連との和平交渉において、草壁の陰謀によって殺されそうになった彼をダイターンに乗せ、救出する。
『IMPACT』では瀕死の彼を救う為にメガノイドの技術を応用する方法を提案するが、人命に関わる事とは言えメガノイドの力に頼らねばならぬ事態に人知れず苦悩していた。
北辰
『V』では最後のメガノイドという予想外のオリジナル設定が用意され、彼との因縁が描かれている。
オルソン・D・ヴェルヌ
Z』では彼と共にZEUTHの双方の誤解を解いた。ちなみに、中の人も同じ(ただし『Z』は鈴置氏没後で収録できなかったため、オルソンは代役)。
ドミニク・ソレル
ZSPD』では「アゲハ構想」の詳細について彼を問い質す。ドミニク曰く、万丈は「軍の諜報部でも足取りを追えない行動目的不明な謎の人物」であり、反新地球連邦活動家としてSクラスのターゲットに指定されているとの事。
ゼロ / ルルーシュ・ランペルージ
第2次Z再世篇』ゼロレクイエムルートでは万丈の強い意志を「太陽」と例える。父親の思想や行動を否定するという点において似たもの同士でもある。
『X』ではかつて敵対しており、生気を失ってアル・ワースを放浪していた彼を最初に発見した。
ディートハルト・リート
第2次Z破界篇』ではギアスの暴走によるユーフェミアの日本人虐殺事件の被害を最小限に食い止め、多くの日本人を救った事で、虐殺を望んでいた彼からは非情な苦言を浴びせられる。
シャーリー・フェネット
『第2次Z再世篇』では条件を満たしていればロジャーと共に彼女をロロの手から救い、彼女を自宅に送り届ける。
サリアヴィヴィアン
V』ではメガノイドの遺産を利用していた火星の後継者達に怒りを露にした際、いつもの陽気な万丈しかしらない彼女たちに驚愕される。
ジュリオ・飛鳥・ミスルギ
『V』では彼が軍を率いてアルゼナル攻撃に襲来した際、アンジュへの報復に固執するあまりその場にアンジュがいないことを知るや否や途端に後方に下がってしまう彼を「シスター・コンプレックス」と揶揄する。
ショウ・ザママーベル・フローズン
『X』では共にドレイク軍やブリタニアと戦った旧知の仲。

バンプレストオリジナル[編集]

メキボス・ボルクェーデ
第3次』でビューティ達を人質にとった際のやりとりがきっかけで、『第4次』や『F完結編』ではお互いを認め合う「星を越えた友情」を結ぶ。
ちなみに、OGシリーズにおいてはイルムが万丈の役回りを務める事で、『第3次』を踏襲する展開になっている。
テイニクェット・ゼゼーナン
『第4次』で醜い争いを続けてきた地球人を下等種族扱いして打倒しようとする彼の考えを一部認めつつも、それを大義とした地球攻撃の目的の真相がゼゼーナン自身の野心による軍事技術の独占と見抜いて詭弁と断じ、ゼゼーナンを痛烈に非難した。
ビアン・ゾルダークリューネ・ゾルダーク
αシリーズではシナリオ開始前からの旧知という設定。
シュウ・シラカワ
αシリーズではストーリー開始前からの旧知であるが、『α外伝』では彼の行動に疑念を持ち密かに行方を追っていた。
ユーゼス・ゴッツォ
α』の最終決戦にて、万丈が破嵐創造によってメガノイドと同様に「生み出された」と発言しており、彼の正体について知っていた模様。
メイガス
α外伝』では初対面時から疑念を持ち、彼女の考え方に対して、メガノイドと同じだと非難する。
クストース
第2次α』で度々窮地を救ってくれる彼等をαナンバーズの面々が頼もしく思う中で、万丈だけがその存在に疑念を抱き続ける。
ルアフ・ガンエデン
万丈の心の奥底の孤独や苦悩を見抜き、そしてその「正体」までも見透かしたかのように嘲笑い、挑発めいた態度をとる彼に激昂する。
マナミ・ハミル
64』では旧知の仲。帝国を相手に決起した際には、彼女を誘った。
キョウスケ・ナンブ
IMPACT』では彼の告白により、キョウスケらとアインストを結びつける発端となったシャトル事故の真相を知る。
ラウル・グレーデンフィオナ・グレーデン
R』では彼らの良き相談相手になる。正体に気付いていた節も。
ジ・エーデル・ベルナル
Z』での最終決戦では彼を真っ向から否定。ジ・エーデルからは父の事に言及されたり「人間らしい」と皮肉られる。

名台詞[編集]

「世のため人のため、メガノイドの野望を打ち砕くダイターン3! この日輪の輝きを恐れぬならば、かかってこい!」
破嵐万丈の決め台詞。SRWでは「メガノイド」の部分をいろいろな組織に変えたバリエーションが多数存在する(具体例については後述)。
SRWを代表する口上である為、部隊の士気を上げる為に求められる場合がある。なお、バージョン違いでDVEもある。
「世のため人のため、特に美人のため! メガノイドの野望を打ち砕くダイターン3! この日輪の輝きを恐れぬならば、かかってこい!」
上述の決め台詞のバリエーションの一つ。ヒーローよりプレイボーイを優先して結構ひどいことを言う。しかも、男共は被害にあっても後回しにされる可能性あり。
スパロボでは現在のところ『R』でのみ再現されているが、『V』のDLC「男たちのジェラシー」においてクルツボスが上記のものをアレンジ(パロディ?)した決め台詞を吐いている(ついでに、本家本元である万丈曰く「バッチリだ」との事)。
「日輪の力を借りて、今必殺の! サン・アタァァァック!!」
サンアタックの時の台詞。SRWでは叫ぶのが基本だが、大半の回では「サン・アタック!」と叫ばずに言い放っており、叫んでいたのは終盤のみだった。また、サンアタックでトドメを刺すと、「ダイターン・クラァァァッシュ!!」と、トドメの一撃を決めるが、後半にいくにつれ、クラッシュを放つ機会も減ってサンアタックだけでトドメを刺していた。
「この万丈の名にかけて、美少女達は渡さん!」
第1話での万丈の台詞。第1話で言った台詞としてはなんというか、非常にアレ。いや、変な意味で言ったわけじゃないんですけどね。
「礼儀は心得ているつもりだ」
これも第1話の台詞。パーティ会場に潜入用の黒いスーツに身を包み、ステンドグラスを突き破って会場に入った際、「なんて礼儀知らずな奴なんだ!」と言われ、すかさず黒スーツの下のパーティ用の正装を披露して反論。
皆さんは決して真似しない様に。実に手の込んだ礼儀である。
「冗談でもそんなことは言うな! メガノイドはロボット以下! 人間にとっては悪魔だ!」
同じく第1話より。冗談めかして「メガノイドになっても良い」と言ったレイカに怒気を発して放った台詞。
いかに万丈がメガノイドを憎んでいるかが分かる一言であり、SRWでもメガノイドとの戦闘台詞に若干アレンジを加えて使用されている他、『第2次α』にてアイビスに同様の台詞を言い放つ場面がある。
「僕はビューティを助け、コロスを倒せるほど格好良くは出来てはいない」
「この一度のチャンスを取り逃すわけにはいかない、僕にはそんな余裕もない」
「ビューティ、死ぬ時はひとおもいに殺してやる、苦しまずにな」
「これはゲームではないんだ、コロス」
「殺さば殺せ!」
第20話で、コロスの策にはまり異次元空間に投げ込まれたところ、コロスがレイカを捕らえビューティをその場で人質にし、万丈に降伏を迫った時の台詞。
普段の「二枚目半なお調子者」からは考えられないほど、非情な一面とメガノイドを相手に戦う覚悟を、万丈が見せたシーンである。
レイカとビューティもまた、万丈の言葉に迷わず命を捨てる覚悟を決めていた。その後、コロスは万丈の殺気に気圧されビューティを解放する。
IMPACT』では、DVEで収録されている。
「フッ…名文句は永遠に不滅よ!」
第39話「ビューティ、愛しの詩」より。いつものように前口上を述べたところ、ネンドルから「マンネリ」と揶揄されての返し。言いえて妙である。
「僕は憎む! サイボーグを作った父を…まして僕の母も、兄も、サイボーグの実験に使って殺してしまった事は許せない! ドンもあなたもメガノイドを名乗ってスーパー人間と己惚れる! それを憎む!」
「あなたがいい例なのだ、コロス。ドン・ザウサーへの想いが、愛情だけが心の中で全てを強いて、他の事を何一つ考えられぬメガノイドになっている!」
「みんな父の亡霊を背負って僕の前に現れるに過ぎない…!」
最終決戦でコロスから「なぜドンの考えが分からない」と問われた際の返答。父とメガノイドへの強烈な憎しみを吐露し、引き金を引こうとする。
「今のは僕の…僕自身の力だ! 僕自身の力なんだ!!」
「父さんの力など、借りはしない!!」
最終決戦で覚醒したドン・ザウサーに追い詰められた際、父・創造からの(幻聴ともとれる)助言を拒絶し、最後の力で渾身のサン・アタックを放つ。
「ぼ、僕は…嫌だ…!」
最終話ラスト。万丈がコロスの亡骸を見て発した独白[1]。この台詞を最後に万丈は表舞台から姿を消すことになる…。
この台詞は視聴者によって様々な解釈がなされており、ある意味では「破嵐万丈=メガノイド説」に拍車をかけた。

迷台詞[編集]

「マリア…僕は戦う!君のひたむきな『愛』へのせめてもの償いに、僕の熱い血潮が騒ぐのよ!」
第9話にて、コマンダー・マリアが自分に惚れていると勘違いした万丈が、メッタンガーを相手に歯を輝かせながら満面の笑みで言った台詞。実際にマリアが惚れたのは、メガノイドの風紀員であるコマンダー・フランケンで、互いに両想いになってラブラブになっているのだが…。
「うおっ!?イメージダウンさせる気ねっ!」
第9話にて、コマンダー・マリアに良い所を見せようと調子に乗っていたらメッタンガーに返り討ちに遭った際のセリフ。こんなセリフを言ってる時点で、イメージもへったくれも無いだろうに…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「世のため人のため、悪の野望を打ち砕くダイターン3! この日輪の輝きを恐れぬならば、かかってこい!」
万丈のキメ台詞スパロボバージョン。どの組織に対しても使えるためか、『α』以降はこのバージョンが使われる事が多い(もちろんDVE)。
「メガノイドはロボット以下!人間にとっては悪魔だ!!」
「僕は、メガノイドを認めない…!」
メガノイドへの特殊戦闘台詞。『V』ではなんと北辰への特殊戦闘台詞になっている

旧シリーズ[編集]

「気持ちはわかるが…あせりは禁物だぞ。激しい感情は判断力をにぶらせる」
第3次』第47話(ルートにより変動)「カウント・ダウン」で武蔵を失い、DCインスペクターの打倒に燃えるゲッターチームを諭した台詞。
第3次の時点ではまだメガノイドに関する話題やそれに対する万丈の複雑な背景は出てこないのだが、唯一それらを匂わす台詞とも取れる。
「やあやあ、久しぶり。まだアーガマなんて使ってたのかい?」
第4次S)』第18話(『S』では第19話)でロンド・ベル隊と再会したときの台詞。
万丈自体に悪気は無いのだが、ホワイトベーストロイホースとかならともかく、アーガマはそこまで旧式なのかと思ってしまう。
「へえ、費用は600万ドルってとこかい、スティーブ=オースティン大佐? それともジェミー=ソマーズかな?」
第4次S)』「ゲストとインスペクター」より。サイバネティクスの手術を受けて復活したメキボスと再会した際に飛ばした冗談。
スティーブ=オースティンはアメリカのTVドラマ『600万ドルの男』の主人公で、メキボス同様にサイボーグ化しており、ジェミー=ソマーズはスティーブ=オースティンの恋人で、スピンオフ作品である『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』の主人公で、同じくサイボーグ化手術を受けた設定。
これに便乗してミオもアメリカの料理番組「新・世界の料理ショー」のネタを出したが、当然宇宙人であるメキボスにはチンプンカンプンであった。
「ゼゼーナン! 貴様のいう事は、確かに一部そのとおりだ。だがな…貴様のやろうとしている事は、今、貴様が、非難した事、そのものだ!!」
「その言葉、そっくりお返しさせてもらう。貴様は何を根拠にして、地球人とその技術を、我が物にしようというのだ!?」
「貴様の目的が、地球の軍事技術にある事は明白だ! 貴様の言っている事は、それを独占するための詭弁にすぎん!!」
『第4次(S)』の最終話「火星の決戦」にて、メキボスの説得にも耳を貸さずに地球人を一方的に野蛮と決めつけるゼゼーナンを真っ向から非難した。

αシリーズ[編集]

α[編集]

万丈「オーラ力オーラバトラーにはこんな力もあるというのか!?」
ジェリル「ハハハハ! なめるんじゃないよ!!」
万丈「何の! これで僕のダイターンと対等に戦えるってことだ!!」
第44話(ゴラオン隊ルート)「赤い髪の女」より。ハイパーレプラカーンに乗るジェリル・クチビへの戦闘前会話。巨大対決である。
「真・ゲッターロボは一体何なんです?どんな力を持った存在だというんです?あれでは、まるで…神か、悪魔…」
第45話(ゴラオン隊ルート)「神か、悪魔…」の戦闘終了後、隼人も交えた3名だけのオフレコ会談で真ゲッターロボの存在について早乙女博士を質問攻めにする。普段冷静な万丈も矢継ぎ早に疑問を捲くし立てる程、真ゲッターの圧倒的なパワーに戦慄を覚えた様子。
「シンジ君は君やレイ、その他のみんなを助けるためにEVAへ乗った…君達がいたからこそ、シンジ君は戦う事が出来たんだ」
「それだけは紛れもない事実だよ」
第47話(ゴラオン隊ルート)「男の戰い」の戦闘終了後、成す術も無くゼルエルに敗れた無力感と、シンジに救われた屈辱感に苛まれているアスカの心情を見透かした上で、彼女へとシンジの勝因を語り優しく諭す。
「彼らは人類の革新を急ぎ過ぎている。それはかつてのドン・ザウサーやコロスと同じだ…」
アラン「ネオ・ジオンを放っておけば、1年前に火星で反乱を起こしたメガノイドと同じ道をたどると?」
「ああ。ネオ・ジオンがこのまま強化人間の研究を進めれば…いずれはメガノイドの領域に到達する」
「そうなれば、プルやプルツー以上の悲劇が繰り返される…」
「そう、この僕のようにね…」
第60話(アクシズルート)「戦士、再び…」より。強化人間を主戦力として利用しているネオ・ジオンに危機感を抱いていた。
「破嵐万丈=メガノイド説」を示唆するような台詞の1つとも言える。

α外伝[編集]

「ティターンズに正義はない! 日輪は、そして正義は我にあり!」
第4話極東支部ルート「正義は我にあり」より、卑劣な手段でイージス計画を我が物にしようとするティターンズへのセリフ。DVEで決めてくれる。
(メイガスは女性だったのか…。その上、美人だ)
(だけど、彼女の印象はあの女に似ているな…)
第25話「もう逢えない気がして」より、メイガスと初対面したときの心の中で感じた印象。いきなり美人と心の中で評するのは万丈らしいと言えるが、即座にあの人物に重ね合わせて警戒することになる。
「失敗作だと…! お前達は何様のつもりだ!?」
「人が人を作り、それを失敗作という…! 人が人を利用し、それを戦争の道具にする!そんな権利はお前達に…いや、誰にもないんだ!!」
第39話「決戦!Xポイント」より、イノセントとの決戦で、かつて自分らイノセントが作り出したシビリアンを失敗作と断じ、核ミサイルで殲滅させようとするカシム・キングへの罵倒。台詞からカシム達イノセントの傲慢さがメガノイドと同類と感じている事が明らかであり、メガノイド以外の相手としては相当な激怒振りである。
「…そんなに生易しいものじゃない…」
「奴らはメガノイドと同じ…いや、それ以下だ!」
終盤でアンセスターのメンバーであるイーグレットの正体がマシンナリー・チルドレンと呼ばれる人造人間である事を知った際に「まるでイノセント」と評したジャミルに対して。
「世のため人のため、アンセスターの野望を打ち砕くダイターン3! この日輪の輝きを恐れぬならば、かかってこい!」
万丈のキメ台詞の『α外伝』バージョン。DVE。『α外伝』は主人公不在だが、制作側が「実質の主人公」と定めているだけあって八面六臂の大活躍。超人ぶりを見せつける。

第2次α[編集]

「噂だよ。そうでなくとも、目が二つでアンテナもついてれば、マスコミなんかがみんなガンダムにしてしまうからね」
「そういうカテゴリーでくくるなら、僕のダイターンだってガンダムの一種になってしまう。アテにはならないね」
アイビス編第4話「我らと共に真実へ」より。前半の台詞は『機動戦士クロスボーン・ガンダム』原作でのモブキャラの発言であるが、長谷川裕一氏は同シーンのコマ外に「(富野)監督がこういうセリフにしろって言ったんだぁ」と注釈している。富野作品の主人公である万丈に発言させているのはそういう意図もあるのだろう。
(そうだ…。彼らは人のエゴを増長させたメガボーグとは違う……)
(宙と凱なら…人として在り続けようとしてくれるだろう…)
第22話「目覚めろジーグ!怒りの反撃!!」or「戦うだけのマシン」より。の生き様に影響を受け、サイボーグの身であっても人間の心を失わないと決めたの決意を聞いての万丈の心中。
「…すまない。みんなの力…今一度貸してもらうよ」
第30話バイタル・ネット作戦ルート「コロスは殺せない」より。メガノイドの復活を知った際、ただ一人で戦おうとしながらも、万丈を心配したαナンバーズの加勢を受けて再びαナンバーズの一員として戦う決意を固めた台詞。
万丈「決まっているさ…! 行くぞ、凱!」
凱「おう!」
万丈「世のため、人のため!」
凱「地球の平和、守るため!」
万丈「メガノイドとゾンダー…」
凱「そして、あらゆる悪を打ち砕くαナンバーズ!」
万丈「この日輪と」
凱「獅子の牙を恐れぬなら…」
万丈「かかってこい!」
第55話「燃える地球-前編-」or第50話「抗う力は我にあり-前編-」より。上記の決め台詞の類型。第2次αでのメガノイドゾンダーとの決戦における凱とのクロスオーバー。「αナンバーズ」の部分はプレイヤーの入力した部隊名になる。
「ふむ…エリカという名前には薄幸の美人が多いという統計があるかも知れないな…」
第35話月ルート「大空魔竜、危機一髪!!」におけるアイビス編の追加場面より。サンシローの救出した被災者が、一矢の恋人と同じエリカという名前である事に驚いての発言。
第2次αでは無いものの、もう一つの実例も有るので、中々に的を射た指摘だと言える。
「フ…城を追われた裸の王様が、起きながら夢を見ているようだ…」
第53話ハマーン拒絶ルート「許されざる罪」より。小バームを棄て攻撃司令艦ザンタルで決戦を挑むオルバン大元帥に対する、痛烈な皮肉。
「あなたの求めていた人類の革新はきっと来る…誰かが手を下さなくても」
第56話ハマーン拒絶ルート「BEYOND THE TIME」より。アクシズ落下阻止に成功し、宇宙に消えた嘗ての盟友・シャア・アズナブルへ思いを馳せる。
「イルイ…自分以外の意志に縛られちゃいけない」
「その力は君のものじゃない。それに溺れれば…メガノイドと同じ運命を辿る事になる」
「僕達は…自分の力の使い方を間違えちゃあいけない」
最終話のイルイ説得イベントより。彼女の居場所がαナンバーズだという事を諭した上で、熱く静かに語り掛ける。
「ガンエデン…自由を縛り、未来を閉ざすなど人類には必要ない…だから僕達はお前を倒す!自らの手で、平和な世界と輝かしい明日を築くために!」
ガンエデンとの戦闘前会話。偽神に提供される平和を完全否定する。

第3次α[編集]

「全てのコーディネイターが人の心を捨て、メガノイドと同じ道を歩むのなら、僕も彼らと戦おう」
「だが…僕が見た所、コーディネイターには心ある者が多くいる」
「地球圏の未来を案じ、行動している者が少なからずいる」
第31話アラスカ行ルート「青き清浄なる世界のために」より。アズラエルから「コーディネイターはメガノイド同然」と言われたときに返した台詞。
これまでシビリアンサイボーグの仲間にすら疑念をむけたαシリーズの万丈のセリフとしてみると意外な台詞だが、逆に言うと幾多の戦いを経て彼の心境も変化したのかもしれない。
「そこまでの覚悟なら僕も真っ向から勝負しよう! お前達の悪行への怒りを込めて!」
「今、お前の邪悪をダイターン3の日輪が照らす! 勝負だ、ハザル・ゴッツォ!!」
第44話「闘志、未来のために」or「四神招魂、ここに」or「鋼の戦神」or「マイホーム・マイフレンズ」におけるヴァイクランとの戦闘前会話。己の生命をも省みず、全てを懸けて挑んでくるハザルの気概は認めつつも、彼が行ってきた非道な振舞いまで許すほど万丈は甘い男ではない。
「明日が見えないからこそ、男も女も刹那的になるのさ」
第48話バロータ・ボアザンルート「銀河に死す」より。ギジェシェリルの極限状況下での恋愛関係を評して。この後、万丈自身は如何なる状況でも普段通りのスタンスを崩さないと発言しており、前述の2人のような劇的なロマンスを期待していたレイカビューティからは残念がられる。
「そうだ、キラ! 僕達に今必要なのは言葉じゃない! 想いを形にする力だ!」
第51話「終わらない明日へ」より。ヤキン・ドゥーエ戦で、クルーゼの妄言に窮するキラシンジと共に檄を飛ばした。本作のキラにとっては大きな助言になっていた。
「結果を知り、覚悟をするということは、ある意味、勇気がいることかも知れない…」
「だが、だからといってまだ全てをあきらめるのは早い! ましてや、あなたはシンジの父としての義務を果たしてはいない!」
第52話「世界の中心でアイを叫んだけもの」より。人類補完計画を発動させようとするゲンドウに対して。万丈の父である創造もまた父親としての責務を果たしていない人間であり、万丈にはゲンドウの姿がそんな父の姿にもダブって見えたのだろう。
「残念だ、シヴァー・ゴッツォ…。あなたは道を誤らなければ、本当にこの星に新たな歴史を創ったかも知れない」
「だが、あなたの野望は霊帝ルアフと同じ…いや、それ以上に危険だ!」
第55話「まつろわぬ神」より。初対面したシヴァーに対して。
「さあ、ケイサル・エフェス…そろそろ終わりにしよう…」
「銀河の死と再生も、それによって生まれた怨念の歴史も…」
最終話「今遥か遠い彼方・・・」or「終焉の銀河」におけるケイサル・エフェスとの戦闘前会話。この後、いつもの前口上にアレンジを加えた特別バージョンで、霊帝を断罪する。
「それも悪くないけど、そっちは既にウルフのマークの凄腕集団がいるしね……」
エンディングより。身の振り方を考えている時、トッポから「社会の闇に潜む悪を討つ仕置き屋集団は?」と言われての返事。
αシリーズでは『α外伝』にしか出てこなかったコズモレンジャーJ9のことである。彼らは封印戦争銀河大戦の間もきっと、ブライガーで「星から星へ泣く人の涙背負って宇宙の始末」に駆けまわっていたのだろう。

Zシリーズ[編集]

Z[編集]

「だが、月は闇夜を照らす」
アキ人間爆弾で失い、悲嘆にくれる勝平に言った台詞。
超重神グラヴィオン』の主題歌「嘆きのロザリオ」の一節に同じような歌詞がある(『グラヴィオン』の監督の大張氏は『無敵鋼人ダイターン3』の大ファンでもある)。ちなみに生存に成功した場合はこのやり取りはない。
「ブルドックと土佐犬の吠え合いだ。聞いていられるものじゃない」
第52話ミネルバ一時残留ルート「黒歴史の真実」より。ブラッドマンザイデルの言い争いに呆れて。ちなみにブルドック=ブラッドマン、土佐犬=ザイデルを指す。
「あいにくだったな、時代遅れのコンピュータ!」
「僕は何度傷つけられ、裏切られても、人間が好きなんだよ!」
「お前のような独善の塊の機械は、この破嵐万丈が倒す! 地球の明日を照らす日輪に懸けて!」
第55話「永遠に輝け、僕らの星よ」における第8号との戦闘前会話。万丈に対しても「戦いは無意味」とのたまう第8号へ非難する。
「僕が人体改造についてそれなりの知識を持ってたのが幸いしたよ」
ステラ・ルーシェを助け連れてきた際の台詞。
「そう…! それが破嵐万丈の生き方だ!」
「行くぞ! ジ・エーデル! 君と混沌の闇は、ダイターン3と僕が掃ってみせよう!!」
ランド編最終話「俺の未来、お前の未来」に於けるジ・エーデルとの戦闘前会話より。「痛みのわからないエゴイスト」の彼にこう言い切った。さすがの彼も「正義の味方」と称した。

第2次Z破界篇[編集]

「枢木スザク君、君は皇女殿下を捜して、すぐにこの命令を止めさせるんだ」
第36話エリア11ルート「血染めのユフィ」より。
正論ではあるのだがギアスのことを知らないので、実際にギアスに罹ったスザクユフィが鉢合わせをしたら彼らにとってより悲惨なことになることは、さすがに見抜けなかった(ユフィは日本人であるスザクを殺そうとし、スザクは自分を殺そうとするユフィを排除しようと行動したことは間違いない)。
「…憎しみと怒りの連鎖が戦いを広げる……」
「…今はこの場を収めるために戦うしかない…」
同上。初登場した際に怒りに震える黒の騎士団を目にして、沈痛な表情を浮かべ発した台詞。
「そう…。F.S.の切り札にして希望…チームDダンクーガノヴァのベースになったマシンだそうです」
第37話「雄々しく……そして、美しく」より。万丈がZEUTHのメンバー全員にダンクーガノヴァの元となったダンクーガ(同作ではファイナルダンクーガのみ)の事を教える。

第2次Z再世篇[編集]

「何をしている、シモン!」
「君は常に先頭を走る男だ。こんな所で立ち止まる事は許されない!」
第38話暗黒大陸ルート「告げられる絶望」より。カミナシティに駆け付け、ニアの変貌振りに戦意が萎えそうなシモンへと檄を飛ばす。
「そうかな、ニア? …どんなに厚く暗雲が立ち込めようと、その上には太陽が輝く…。シモン! 君が目指すのは、その太陽より高い所だ!」
万丈からの檄も「無駄です。既にシモンは絶望の闇の中にいます」と告げるニアの言葉を一蹴し、再度シモンへ奮起を促す。
太陽を万丈に見立てれば、シモンが自分を超える器を持っていると見抜いている台詞なのだろうか。

第3次Z天獄篇[編集]

「合流が遅れてすまない。だけど、連中だけは僕自身の手で片を付けたかったのでね」
第22話「再会の火の星」にて。
「出来るさ! 本当ならメガノイドだって、未来を夢見て造られたはずなんだ!」
「日輪の輝きを胸に秘め、僕の身体が……ダイターンが燃えている!!」
日本ルート第40話「光と闇の向こうに」にて。Zシリーズでは原作や他のスパロボとは異なり、メガノイドのことを肯定的に考えていることがわかる。
「コンピュータードール! かつての僕はお前と同じように、人間のエゴを激しく憎んだ時もあった! だけど、僕は同時に知った! そのエゴこそが、人間を人間足らしめるものであると!」
「僕は厭だ……エゴに呑まれることも、エゴのすべてを否定することも! なぜなら、僕は人間だからだ!!」
同話にて。

COMPACTシリーズ[編集]

「日輪の輝きを、そして何より君自身の力を信じろッ!」
IMPACT』第1部地上激動篇第28話「夢の欠片」より。自爆寸前のマジンを押さえ込みながら、躊躇するアキトボソンジャンプの慣行を促す。
(…コロス…愛の為に他の全てに目を塞ぐ愚かさに、何故気付かない…?)
(それがメガノイドの限界という事にも。だから…僕は…)
『IMPACT』第3部銀河決戦編第15話「命持たぬ者たち」より。火星での囮作戦に失敗しながらも、ドンへの盲目的な愛を口にして去ったコロスへ呟いたモノローグ。
「ひとつの価値観を盲目的に信じると、人は暴走してしまう…メガノイドのように」
『IMPACT』第3部銀河決戦編第16話「大いなる胎動」より。火星基地での戦いに介入してきた木連の行動理念に、メガノイドと同質の危うさを感じて発した台詞だが、勝平には難解すぎて今ひとつ伝わらなかった模様。
「見返りを求めて戦っているわけじゃあない。みんな、自分の故郷や大切な場所を守って戦っている…それが無意味なことだとは言わせん…!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第17話「ブッチャーの最期」より。爆死寸前のブッチャーからの問い掛けに一同が戸惑う中、それに動じる事無く毅然と反論する。
「この宇宙で生きる者に、相応も不相応もない。ガデス、おまえにもな。だが…生きる物たちの命を脅かす権利はない…!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第27話「マシンロボ・炎」より。「ラ・ムーの星」は人類に不相応と嘲笑うガデスの傲慢さを一蹴する。
(メガノイドの技術…だが、人を救うために…許される…はずだ…)
同上。瀕死の白鳥を救う為、自分の内に秘めたメガノイドへの憎悪と、必死に折り合いを付けようと葛藤する。
「ふふっ…笑わせてくれるね」
「おまえの理論だと…ぼくは…進化……しないこと…」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇最終話「そして決戦の銀河へ」より。オーラ力ニュータイプなど、全ては始まりの地に生まれた命の種子に由来する進化と知って。
スパロボの万丈は基本的に「人間の精神を残した究極のメガノイド」として設定されているらしく、この台詞もその一つ。

携帯機シリーズ[編集]

AA PORTABLE
「こっちが聞きたいくらいだね。これでどうしてバレないと思ったのか」
第23話にて、アカツキがネルガル会長である事の決定的な証拠として「本人の顔写真入りのネルガル重工の会社案内パンフレット」をつきつけて。よくよく考えてみれば、ネルガルグループの会長職ともなればメディア等でも顔は知られているはずであり、経歴を詐称しているのがバレるのは時間の問題だっただろう。
「仇? 仇と言ったかッ!」
「世のため人のため、平和を願う心を踏みにじる木連の野望をうち砕くダイターン3! 僕はかつてないくらい怒っている…! 薄汚い手を使い、それを恥とも思わない外道ども…! この怒りの日輪の輝きを恐れぬのなら…かかってこいッ!」
第32話「どこにでもある『正義』」or「ネゴシエーター」より、木連との和平交渉が決裂し、九十九の復仇に意気込む三郎太たちに対して激昂。怒りに満ちた啖呵を切る。
「ああ、連中はわかってたのかもしれない。戦争によって得られるものを」
「おっと待った。でもメガノイドは理解していなかったよ。 戦争によって失われてしまうものをね。それがわからないのでは、しょせんは人間以下。…お前も同じだ、ヴィンデル・マウザー」
最終話「極めて近く、限りなく遠い世界に」でのヴィンデルとの戦闘前会話の一節。戦争によって得られるものを分かっても失うものを理解していないヴィンデルを、メガノイドと同様「人間以下」と切って捨てる。
R
「その考えは短絡的過ぎるな。彼らが地球圏を攻撃し、多くの犠牲者を出したのも事実だ。それを『もとはといえばお前らが悪いんだ』で片づけられてはたまらない」
第6話「GEAR戦士電童」にて、「木連の人間も被害者なのか」と疑問を呈したミナトに対して。
「D.O.M.E.、君の例は不適切だな。戦士ばかりが未来を作るのではない」
第31話「私はデュミナス…」にて、未来を作る力の一例として、ラウンドナイツを挙げた際。直後にD.O.M.E.もその意見を受け入れている。

単独作品[編集]

V
「そうやってアキトの怒りを煽り、己の楽しみへと変えるか、北辰…。いや…最後のメガノイド」
「破嵐創造がもたらした忌まわしき技術…。だが、貴様が改造手術を受けているかは、もはや問題ではない…! 己の楽しみの為に他人の命を奪う者…!その肥大したエゴを僕は憎む!!」
第20話「アマテラス攻防戦」にてアマテラスに乗り込んだ際、依然としてアキトを挑発し続ける北辰に対し。本作における北辰の正体が明かされた衝撃的シーンながら、北辰は何も答えなかったが、万丈は肉体の「つくり」よりもその生き方こそがメガノイドそのものであると断じ、北辰に対し義憤の意志を示す。
(僕は…嫌だ…。僕は…父さんの復讐の為だけには生きない…。僕は人間として、生命を謳歌する…)
「そして、悪を討つ!この胸に宿る日輪の誇りと共に!」
同話、その後に増援として初戦闘の際の戦闘前台詞。原作で視聴者に大いなる謎を残したあの台詞に対し、「メガノイドと同じ生き方はしない」という一つの回答が示された。
「君はメガノイドになるな」
「復讐を止める気はない。だが、それだけに縛られるな。それはエゴに縛られ、他の全てを捨てるメガノイドと同じだ」
引き続き同話より。アマテラスの火星の後継者部隊を壊滅させた後、ボソンジャンプ火星へ向かわんとしたさなか、北辰への怒りがいまだ冷めやらず独りで向かおうとしてか協力を渋るアキト。そこにこの言葉を投げかけ、彼を諌める。
北辰の件も合わせて見ると、『V』における彼の言う「メガノイド」は改造人間の一種としての定義を超え、憎むべき「悪しき生き方」という意味合いが強くなっているようだ。
X
「日輪は我にあり!受け取れ、ワタル!!」
第23話「龍王咆哮」にて、龍神丸復活に必要な復活の聖水を齎すセリーヌの花を見つけるも、強い太陽の光がなければ咲かないと知り、ダイターン3の内部に蓄積されていた太陽の光を解放して。これによりセリーヌの花は開花、龍神丸は復活を果たす。ダイターン3を出撃させていなくてもわざわざ出てくる。
「醜いな…」
「元々そういう人間だったのか、それとも魔のオーラにそまったためか…」
「どちらにしても悪に堕ち、暴力とエゴに支配されたお前は醜い存在だ」
第42話「正義の名の下に」にて。パープルの邪悪な人間性を評した。
「ダイターン3…父への復讐のために生まれた、僕の中の闇…お前の力の全てで、未来を照らす光を生み出すんだ!」
第50話「闇の中で/起死回生」にて、魔のオーラに圧倒される舞人らエクスクロス一同にダイターンが持たなくなるまで太陽の光を放出する。

搭乗機体[編集]

ダイターン3
破嵐万丈の愛機である無敵鋼人。戦闘機形態のダイファイターおよび重戦車形態のダイタンクへの変形が可能である。
マッハアタッカー
ダイターン3の操縦席となる小型戦闘機。

余談[編集]

  • 破嵐万丈を演じた声優の鈴置洋孝氏は『無敵鋼人ダイターン3』のDVD-BOXの付録冊子において、万丈のことを「暗さがあって、ニヒルで、二枚目で、カッコ良くて、ジョークも言うキャラクター」と評しており、万丈役のオーディションを受けた際に「これは俺の役だ。誰にも渡せない」と思ったと語っている。
    • また、鈴置氏は「SRW収録時に万丈の決め台詞をソラで発した」「晩年のインタビューにて万丈を己が分身のように評した」など、愛着の深さが窺える逸話を遺している。
  • 富野監督は、彼を私立探偵として設定した世界観に基づいた小説『破嵐万丈シリーズ』4部作を執筆し、ダイターン3には乗らないものの、アニメ同様の颯爽とした活躍をさせている。
  • 万丈は次回作『機動戦士ガンダム』第14話にてゲスト出演を果たしている。
    • ちなみに、劇中では多くのジオン兵達に交じってコマンダー・エドウィンのマジックショーを見ていた。これは、監督が富野氏であることに由来するスタッフのお遊びであろう。

脚注[編集]

  1. ちなみに、最終話の台本では「僕は…厭(いや)だ…!」と書かれていたらしい。