マルキオ導師

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルキオ
外国語表記 Marukio
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 中井和哉
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人ナチュラル
性別
所属 地球連合
役職 外交官
特使
テンプレートを表示

マルキオ導師は「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

孤児院を養う盲目の人物。独自の宗教的な解釈を唱えており、ナチュラルコーディネイターの双方から一定の信頼を得ている人格者。

オーブ連合首長国で過ごしていたが、偶然にもキラ・ヤマトアスラン・ザラの戦闘を目撃。そして、傷を負ったキラを保護(ストライクガンダムから救出したのはロウ・ギュールであり、救出後にその身柄を引き渡した)し、プラントラクス・クラインの邸宅に運んだ。

その正体は地球連合の特別外交官の肩書を持ち、地球連合事務総長オルバーニの親書(中身はナチュラルとコーディネイターとの譲歩案などの和平親書)をプラントのシーゲル・クラインの元に届ける際に、次いでキラを連れてラクスの元へと届けたのだった。

キラやラクスを「SEED」に目覚めた者と評し、そのキャラクター性から視聴者から物語のキーパーソンと思われていた。

その活躍は外伝作品である『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』や『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』でも最重要人物として扱われている。『X ASTRAY』の主人公であるプレア・レヴェリーニュートロンジャマーキャンセラー搭載のドレッドノートガンダムを受け取らせて、ジャンク屋組合との交渉役に向わせたこと。『ASTRAY』の主人公の一人であるロウ・ギュール率いる中立的立場たるジャンク屋組合を非合法組織から国際組織として昇格させる等、その手腕や活躍振りは目を張る。

続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』にも登場。オーブ国内にてキラやラクス、孤児達と暮していたが、前作と打って変わって大きな活躍はしてない。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
スーパーロボット大戦W

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
振り返りイベントで登場し、カイルスが辿った軌跡を語り継ぐ役割を担っている。

人間関係[編集]

キラ・ヤマト
傷を負った彼を養った。その後、キラとラクスの邸宅に場所を移す。
ラクス・クライン
シーゲルの娘であり、キラをラクスの元へと連れてきた。ヤキン・ドゥーエ戦役後は孤児達と暮していた。キラとラクスを「SEED」資格を持つ者と見ていたが…?
シーゲル・クライン
彼を通じて地球連合とプラントとの全面戦争を止めるべく連合事務総長オルバーニの親書を渡した[1]
プレア・レヴェリー
彼を「運命の子」と評し、Xアストレイやニュートロンジャマーキャンセラー等、国家重要技術を託すなど、ナチュラルとコーディネイターの未来を切り開く存在として見ていたようだ。
ロウ・ギュール
個人的な繋がりはないものの、アスランとの対決で負傷したキラをマルキオの元へと運んだのは彼。後にロウのジャンク屋組合を国際組織として認定させた。

他作品との人間関係[編集]

破嵐万丈
第3次αにおいて彼(ロウ)に頼まれて、マルキオの元へと保護した。作中では大きな繋がりは見られないが、裏で活躍する万丈は彼のことを信頼していたと思われる。

脚注[編集]

  1. 通称オルバーニの譲歩案、小説版によるとエイプリルフールクライシスの際に地球連合から提示された和解案であるが、本編中でもエザリア・ジュールが「連合は勝った気でいる様ではないか」と非難している通り、ある程度の自治権を保証する代わりに戦前同様にプラントは「プラント理事国の管理下に回帰せよ」という一方的な内容に他ならず、最高評議会では全く受け入れられなかった。