プラント

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

プラントとは、『機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』並びに関連作品に登場する国家。

概要[編集]

複数の「砂時計型」をしたスペースコロニー[1]から成るコーディネイターによる国家。L5宙域に位置している。また、プラントの首都となっているスペースコロニーは「アプリリウス」である。

正式名称はProductive Location Ally on Nexus Technology(=総合的テクノロジーによる生産的配列集合体)。

第二次ヤキン・ドゥーエ戦役終結後、正式に独立が認められてPeoples Liberation Acting Nation of Technology(=テクノロジーによる人民解放国)と改称。いずれも、略称はP.L.A.N.T.(プラント)である。

議長を頂点とし12人の議員から成るプラント最高評議会が、最高意思決定機関である。また、軍事組織としてザフトが存在し、事実上の国軍となっている。

設立経緯[編集]

前身はジョージ・グレンが宇宙クジラ「エヴィデンス01」の研究のために設立したコロニー「Zdiac」。これが拡大化したことから大西洋連邦・ユーラシア連邦・東アジア共和国(理事国)に資金提供を依頼し、それらが作る「プラント運営会議」の支配下で大規模コロニーへと発展する。理事国は出資の見返りとして工業生産コロニーと化すことでプラントを運営したが、同地の食料生産を禁じこれを背景とした不平等貿易と植民地政策を敢行したために市民内で不満が発生。同時に地球での迫害に耐えかねたコーディネイターたちが安住の地を求めてプラントに移住した事から、開発事業に従事する者の殆どを占めるようになる。結果、コーディネイターは次第にプラントそのものを自分達の国のような捉え方に変えていった。プラント理事国を含む地球各国側は「プラント=主権国家」とは認めていなかった為、軍事的な威嚇や各種テロリズムの黙認など度重なる強圧に耐えかねたプラント議会はC.E.70年2月18日に独立宣言と徹底抗戦を明言して奪取。自活を進めるために食料生産を開始する。

これに業を煮やした地球連合はプラントに宣戦布告。その最中にコロニーのひとつ「ユニウス・セブン」に核攻撃が行われ、戦争は泥沼化していく[2]

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
上層部のクライン派は戦争に否定的であったが、ザラ派の方は『第2次α』の頃より地球との戦争を計画していた模様。先にブルーコスモス核攻撃してきたとはいえ、異星人と密約を交わしてまで地球圏全体に対し宣戦布告を行っており、地球上にまでニュートロンジャマーは打ち込まれなかったが、異星人の襲来も重なって犠牲者は増えた為に、地球側の反コーディネイター意識を加速させていく事になった。
パトリック・ザラが最高評議会議長になってからは、STMCの再襲来が確認されてもなお、人類同士の戦争を優先させる動きに出ており、大量破壊兵器であるジェネシスも、連邦側への攻撃にしか使われなかった。パトリックやラウ・ル・クルーゼの死によって、ようやくプラントは正常な状態となっている。
本作では原作とは違いαシリーズの世界においては連邦からの情報統制で、αナンバーズの面々の大半を始め、一般市民や連邦軍人の多くがその存在を知らなかった」という設定。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
アプリリウス同盟軍がプラント首都「アプリリウス」で締結されており、同盟軍の一翼を担っている。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
ネオ・ジオンに同調する形でパトリック・ザラを信奉する一派が力を増してきており、全体が主戦派に傾いている。また、Z-BLUEに関しても敵対的中立を貫くなど不穏な情勢。
『第3次Z天獄篇』予告ではキラ・ヤマトアスラン・ザラの反応からして、どうやら本格的に戦争状態に突入しているようだが…。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
レイ・ザ・バレルが国防委員長に就任した。最高評議会が機能停止し、国防委員会が事実上のトップになっている。
フル・フロンタルが率いるネオ・ジオンと同盟状態にあったが、反戦派のクーデターによって、抗戦派が拘束される。
レイも名目上は「失脚」という形でZ-BLUEに合流した事により、ラクス・クライン達反戦派のもと地球との融和の道を選ぶ。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
敵の一勢力といった感じ。それ以上でもそれ以下でもない。
スーパーロボット大戦W
地球木連の戦争後、木連の地球侵攻に力を貸していた事が発覚した為に、ブルーコスモス派に過激な武力侵攻をさせる原因を、自分達で作ってしまった。
地球と木連の双方が疲弊しきった隙を突いて宣戦布告しようとしていたのかも知れないが、実際は地球と木連が和平を結ぶ予想外の事態となり、事実が明らかになって核攻撃の報復を受けるという結果だった。
スーパーロボット大戦K
スーパーロボット大戦L
ナチュラルコーディネイターの確執等、原作にもあった微妙な立場はあるものの、ちゃんとした一国家として存在している。
元よりプレイヤー部隊LOTUS」の上部組織である(新)国連とは利害が一致して協力する事が多い。また、どこかの敵勢力に裏で手を貸すと言った事も何もせず、敵対する地球連合軍が「何かと悪事を働く存在である」というイメージが強かった事も有るので、善良な国家と言うイメージが強い。
ユニウスセブン落下を目論んだコーディネイターのテロリスト集団や、異世界から迷い込んだフロンティア船団に最初に接触し独自に保護した事等、ともすればプラントに嫌疑が掛かってしまいそうな事件は幾つか有ったものの、いずれもデュランダルの政治手段により良い方に世論誘導がなされ、だいたい地球連合軍、ひいてはロゴスを悪者にする形で落ち着く[3]
デスティニープラン発表の際は強引な推し進めだけでなく、ジェネシスによる友軍を巻き添えにした攻撃や、セントラルと手を組んでいた事等、LOTUSの敵に回るだけあって悪の国家のような体裁になるが、事件が終わるとセントラルとの関係はすぐに切れ、停戦の申し込みも即座になされる等、すぐに元に戻る。
スーパーロボット大戦UX
地球連邦とは別個の一国家として存在。「原作終了後にプラントへ渡ったラクスが、デュランダルに代わる新たな議長になった」という設定
第一部終盤では、傍受したハザードグラサンの密談の記録媒体をアレックス・ディノに提供。ハザードの悪事を暴き、カガリ達やUXを救った。
さらに第三部では、ヒトマキナとの決戦に備えて密かにレクイエムを修復。レクイエムの一撃でに穴を開け、ヒトマキナの本拠地への道を作り、アルティメット・クロスを援護した。

脚注[編集]

  1. ちなみに、コーディネイターを敵視するブルーコスモス盟主であるムルタ・アズラエルは、プラントのコロニーの事を「忌々しい砂時計」と憎悪感情を込めて表現している。
  2. この核攻撃は地球連合の軍需産業複合体を牛耳るアズラエルやその部下のブルーコスモス将校の独断による所が大きく、連合での主流派の行動では無かった
  3. ユニウスセブンのテロリストは旧ザラ派でありデュランダル体制の現プラントとは関係が無いし、フロンティア船団に関しては敵対意思を持っていないフロンティア船団と友好的に接しようとしたデュランダルに対して侵略者と決め付けようとしたブルーコスモスと、だいたいその通りであったのだが。

資料リンク[編集]