クライン派

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

クライン派とは、『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』におけるプラント内部の一派閥。

概要[編集]

基本的にはヤキン・ドゥーエ戦役当時、タカ派であるパトリック・ザラ中心のザラ派に対する穏健派筆頭であったシーゲル・クラインを中心とした派閥と、その勢力を受け継ぎ、ヤキン・ドゥーエ戦役終盤に三隻同盟を形成したシーゲルの娘であるラクス・クラインの一派を指す。基本的にはラクスが率いる後者を指すことが多い。

元はコーディネイターの出生率低下からナチュラルとの講和を画策したシーゲル・クラインとその賛同者から集まる政治派閥であったが、シーゲル亡き後はその娘であるラクスに勢力が引き継がれ、ヤキン・ドゥーエ戦役にはオーブ、連合からの脱出者とともに三隻同盟を結成。その後はラクスの影響力の高さから表舞台から去り、戦後の調停者として同派閥の議員であったアイリーン・カナーバが議長の任につく。だが、同大戦が種族抹殺の絶滅戦争にまでエスカレートした事を受け、旧三隻同盟の関係者は各勢力と連携した新組織であるターミナルを結成する。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では、穏健派のギルバート・デュランダルがプラント最高評議会議長を務めているが、ラクス中心のクライン派とは対立、最終的にデュランダルを打倒することになる。

ターミナル [編集]

先の大戦の過激化から、その後の戦争に介入するための組織としてプラント、地球連合双方の非戦派の高官が極秘裏に結成した組織。その活動は兵器の供給から情報のリークまで多岐に渡る。二大勢力の他にはジャンク屋組合やDSSD、旧オーブ氏族等も関与する。

プラント側の参画者は主に旧クライン派支持者であるため、そのメンバーには兵器開発を行う総合設計局のスタッフも組み込まれている。その筋で特定のルートによって持ち出された機体を保有・戦力化しており、代表的なものはフリーダムエターナルストライクフリーダムドムトルーパーなどが存在する。

作中ではアークエンジェル、エターナル、クサナギといった旧三隻同盟のメンバーが実働部隊として描かれており、どういうわけか他の勢力の部隊は登場しなかった。