クライン派

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

クライン派とは、『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』におけるプラント内部の一派閥。

概要[編集]

基本的にはヤキン・ドゥーエ戦役当時、タカ派であるパトリック・ザラ中心のザラ派に対する穏健派筆頭であったシーゲル・クラインを中心とした派閥と、その勢力を受け継ぎ、ヤキン・ドゥーエ戦役終盤に三隻同盟を形成したシーゲルの娘であるラクス・クラインの一派を指す。基本的にはラクスが率いる後者を指すことが多い。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では、穏健派のギルバート・デュランダルがプラント最高評議会議長を務めているが、ラクス中心のクライン派とは対立、最終的にデュランダルを打倒することになる。

一応は戦争の終結を目的としているらしいのだが、密かにMSを開発して独自の軍事力を持っているなど、定義上テロリストと分類されるような存在である。しかも三隻同盟を中心とする実働部隊以外に世界規模の地下支援組織があったり、ジャンク屋組合と密接なつながりがあったり、メサイア攻防戦ではザフト軍艦隊や地球連合軍艦隊まで合流している事を考えると二大勢力の軍内部にまで艦隊規模での繋がりまで存在している。その影響力は計り知れない。

保有する機動兵器はオーブ軍で開発された機体とザフト製のものを強奪、盗用、改造した機体が大半。代表的なものはフリーダムエターナルストライクフリーダムドムトルーパーなど。

ザフトの機動兵器のデータを盗み出し自軍の戦力とする(この時、元データ等は完全に削除する)、ザフトの次期主力機として検討されていたドムトルーパーがコンペで採用されないように裏工作(この機体は後にクライン派の戦力となる)、大破したフリーダムをオーブで密かに修復し使用可能な状態にする(この時点でオーブはユニウス条約に違反してしまうのだが、この件はアニメ本編では一切追及されない)、プラント本国に移送中だったガイアガンダムを裏工作で自分達の戦力に取り込むなど、仮にも主役陣営でありながら、この組織の行動は完全に真っ黒。