ストライクフリーダムガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ストライクフリーダム
外国語表記 Strike Freedom
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZGMF-X20A
全高 18.88 m
重量 80.09 t
動力 ハイパーデュートリオンエンジン
推進機関 光パルス高推力スラスター
装甲 VPS装甲
開発 ザフト(原型機)→ クライン派ファクトリー
所属 ザフトオーブ軍
パイロット キラ・ヤマト
テンプレートを表示

ストライクフリーダムガンダムは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集]

ZGMF-X10Aフリーダムの後継機として、クライン派秘密組織ターミナルが建造した試作型モビルスーツ

開発の経緯[編集]

元々はザフトがフリーダムの量産化を前提に開発していた後継機である。開発自体はフリーダムと同時期に開始されているため、実質的には兄弟機に近いといえる。しかし、搭載予定のドラグーン・システムと新型高機動スラスターの開発が予定より遅れ、機体完成前に戦争が終結。その後、ユニウス条約の発効で核エンジン搭載型MSの所有が禁止された為、既に完成していた基本アッセンブリーや開発・設計データなどは封印された。

だが、後にクライン派が封印されていたそれを奪取し、そのデータをザフト統合開発局から完全抹消。更に強奪されたという事実がザフト側へ漏洩しないよう、Sフリーダムの開発に関わっていたザフト側の開発者及び責任者は、クライン派へ懐柔されたか、口封じに抹殺されたものと思われる。

元となるデータに、同じく奪取したセカンドステージシリーズの技術を投入し更にオーブでレストアされていたフリーダムの運用データを反映させ、キラ・ヤマト専用として開発製造された。

性能[編集]

動力にハイパーデュートリオンエンジン、推進システムには光パルス高推力スラスター(スターゲイザーのヴォワチュール・リュミエールを独自発展させたもの)など最新技術を惜しみなく投入した事により、デスティニーレジェンドに匹敵するスペックを誇る。

他にもキラの操縦技術にあわせ、各部装甲を分割して機体の動きに合わせてスライドする機構が加えられた。とにかく運動性を高め、被弾しない事を前提に採用されているため、この機構により人体に近い動きが可能となったが、装甲の間に無防備な隙間を生み、防御力が低下するという欠点を抱えている。しかし、この欠点は前述の「とにかく高めた運動性」とキラの操縦技術により、問題にならないとされた。また、キラの反応速度により機体に大きな負担をかけるため、その負荷から機体を守るためにPS装甲構造材製のフレームが採用されている。関節部が黄金に発光しているのは、フレームにかかった負荷をPS装甲のエネルギーとして放出しているためである。なお、この「装甲を分割し動きにあわせてスライドさせ人体に近い動きを実現する」というシステムはデスティニーにも搭載されているが、デスティニーのものの方がより実戦的で弱点の防御力低下が少なくなっている。デスティニーはザフトによって十分な施設・人員を用いて製作されたものである上、ロールアウト後もシンの最新のデータにあわせて分割部分を変えるという非常に手間のかかる調整をしているのに対し、ストライクフリーダムを開発したエターナル側のチームにはそこまでの人員及び時間が無いことが原因。

強化装備形態[編集]

ストライクフリーダム (ミーティア)
ミーティアを装着した形態。プロヴィデンスと違い、当初からミーティアとの連携を想定して開発されたのか、ドラグーンを装着したまま合体可能になっている。

劇中での様相[編集]

原作では、完成した本機はエターナルに搭載され、エターナルザフトに襲撃された際にラクス・クラインからキラ・ヤマトに渡され、キラ得意のOSの即時書き換え後に起動。2分でザクウォーリアグフイグナイテッド25機を戦闘不能にし、さらにナスカ級3隻を動力部のみを破壊して戦闘不能に追い込んだ(おそらく、初代ガンダムのオマージュ)。

その後、ラクスの乗る∞ジャスティスと共にオーブへ降下して防衛戦に参加。アークエンジェルが正式にオーブ軍に編入されると再び宇宙へ上がり、ステーション・ワン攻防戦、メサイア攻防戦に参加している。レジェンドの撃墜やメサイアの陥落などの驚異的な戦果を挙げたため、C.E.73時では最強のMSとして知られる事になった。

設定の変遷等[編集]

光パルス高推力スラスター(ドラグーン発射口から出る「光の翼」)は、福田監督が「ドラグーン射出後の羽がみすぼらしいから」と後付けたものである。

しかし、ドラグーンは大気圏内では使えないため、単なる足枷にしかならない。したがって、スラスターも大気圏内で使用不可能になってしまっている上、火力も下がっている。特に言及こそされていないが、ドラグーンユニットの重量とスラスターを使用できない事により、大気圏内では宇宙での運用時に比べて明らかに機動力の低下は避けられず、敵機の攻撃を避ける事が前提の本機コンセプトと矛盾する。このため、大気圏内での戦闘にて何度か被弾する場面も見受けられた(ただし、攻撃自体は全てシールドで防いでいる)。装甲についても関節から覗くフレームまでPS装甲材製になったため、万全の防御力の上重量が増して機動力の減少に繋がっている(PS装甲材はとても重いので)。

ただし、DESTINY公式外伝の「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY(デルタアストレイ)」では、背部にヴォワチュール・リュミエール(VL)を搭載しており、有人機としては最速を誇る機動性をもつ「デルタアストレイ」というMSが登場しており、連合の宣戦布告直後の戦闘(キラがオーブにいたころ)でプラント側に加勢している。デルタアストレイのパイロット(ちなみにコーディネイター)は加速時に強烈なGに晒される為、特殊な専用パイロットスーツの着用でGを軽減し、特殊な保護システムでパイロットを固定し、血流・体圧をコントロールするという事を行っており、「コーディネイターですら長時間耐えられない加速」であることを考えれば、ドラグーンユニットの大気圏内での装着はある意味「フェイルセーフ」のような働きをしている(フリーダムと同様に展開状態はハイマットモードと設定されており、そのままの状態でもウイングスラスターとしての機能も持っているため、ドラグーンを装着した状態でもフリーダム以上の機動性はある)。

また、MG版のプラモデル以降は新たな解釈としてドラグーンをウイングにマウントした状態から少しずらして展開し、ヴォワチュール・リュミエールを展開しうる様な隙間を発生させるギミックが採用される事が多く、それを受けてかHDリマスター版の新規作画においてドラグーンをマウントしたままの状態でこのスラスターを使用していると思われるワンカットが入っている(完全な物では無く、薄く光量も少なかったが)。

動力源の設定については「新型核エンジン」「レーザー核融合エンジン」などの変遷を経て現在は、ハイパーデュートリオンとされている(新型の核分裂エンジンとデュートリオンシステムのハイブリッド)。

また、初期設定では「スーパーフリーダムガンダム」という名前だったが、登場前に起きた「スーパーフリー事件」を連想させる為急遽名前が変更になったという奇話がある。

登場作品と操縦者[編集]

キラ・ヤマト専用機。1対多の戦闘を前提としているという設定が反映され、全体攻撃、そして燃費の悪さが特徴。基本的にフリーダムから改造を引き継ぐ。連続ターゲット補正があるゲームでは、さすがに無茶をすると被弾してしまう。尤も、本機はVPS装甲があるので、それを見越して装甲を弄るという手もある。また、エターナルとの合体攻撃を持っているが、これを使う場合は戦闘に向かない戦艦を前線に出さないといけなくなるという問題がある事から使い勝手は悪い。また、SEED世界の仕様上、大気圏内でのドラグーンの使用は本来不可能だが、スパロボでは地形適応こそ若干悪いものの使用可能なので取りあえず安心。燃費の悪さも作品を重ねるごとに徐々にではあるが改善されてきている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
Sフリーダムガンダム」表記。味方ユニットの中で唯一敵味方識別可能な弾数制のMAP兵器を持ち、更に移動後攻撃可能なTRY攻撃、伝家の宝刀ドラグーン・フルバースト、ミーティア・フルバーストと殲滅戦のスペシャリスト。しかし、全体攻撃の多さが裏目に出て火力は低く、再攻撃には向かない。フリーダムから引き続きEN回復(小)を持っているが、燃費ははっきり言って最悪。何より、最大の問題は正式参入があまりにも遅すぎることで、使い勝手の悪い機体となっている。ただし、ランドルートの場合は、あらかじめフリーダムガンダムを改造しておくことで、その改造を引き継いだ状態で参戦することになる。余談だが、切り払い終了後のモーションが独特で、1回転しながらサーベルを収納する。
ちなみに内部データにはフリーダムと同じく敵仕様のデータが存在する。なんとインフィニットジャスティスやアカツキもセットで。開発段階では完全に敵対する案も予定されていたのかもしれないが、何らかの理由で没になったのだろう。敵仕様のデータの性能は、HP57000・EN270・装甲1700・地形適応空宇宙共にSと正に大ボスクラスの性能を誇る。武装面では味方仕様のものより攻撃力が全て-100されているが、ドラグーン(MAP)・ライフル・ライフル(トライチャージ用)の弾数が3・16・4発と大幅に増えている。同作に敵として登場するデスティニーやレジェンドに勝るとも劣らないスペック。没になったのが非常に惜しい。現段階でSフリーダムの敵データが存在するのはこの作品だけである。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
PVにも登場。グラフィックは前作の流用。前作のメンバーだが、今回新たに合体攻撃が追加され専用のイベントもあるなど全体的に優遇されている。しかし、装甲値が900と最低クラスに。と言っても本作ではビーム兵器持ちが少なく、被弾するときはVPS装甲が起動するので防御力は数値以上。但し、演出の殆どがZの使いまわしのため、ドラグーンフルバーストがカリドゥスしか当たらないと言う酷い状態に(しかも新規追加された合体攻撃もこの例に漏れない)。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
参戦は中盤。ドラグーン・フルバーストにトドメカットインが入った。また、エターナルが参戦したため2種類の合体攻撃も演出を変化させて復活した。フル改造ボーナスが変更され合体攻撃の威力が強力になったが継戦力がやや落ちている。ちなみに本作で出てくる味方ユニットの中でエースボーナス&リレーション効果等を利用するとガンダム系列の機体以外(ガンダム系列なら刹那が最大ダメージ記録保持)なら最大ダメージを与えられる機体であり、攻撃力は数字以上に高い。相変わらず本来の主役機だったはずの機体を差し置いてのPV登場である。またやっぱりドラグーン・フルバーストがカリドゥスしか当たらない。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
今回も参戦は第31話と中盤。全体的に(立ちグラも含めて)戦闘シーンが刷新された。カスタムボーナスが変更になり、さらに遠距離を活かした回避性能が重要となるユニットと化した。マップ兵器の攻撃範囲が着弾指定型から周囲5マス敵味方識別ありに変更された。マルチアクションや覚醒を持つパイロットと組ませると非常に強力。
今作ではドラグーン・フルバーストが「一斉射撃」という名称に変更になった。今作でも、単体相手に撃つとやっぱりカリドゥスしか当たらない。
また、燃費が改善されておりEセーブを付けなくてもまともに戦うことができる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
シリーズ初の序盤からの参戦となる。弾数制の「ビームライフル(連射)」が追加され移動後の攻撃の手段が増えた。マップ兵器も前回同様の使い勝手だが攻撃力が少し下方修正された。過去作品の合体技「コンビネーション・アサルト」は召喚攻撃扱い、ミーティアは残念ながら登場せず。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
地上と宇宙で一部の武装と地形適応が変わり、さらに∞ジャスティスとの合体攻撃が追加された。他機体と同じく、陸の地形適応がBに下がっている。また、初めてハイパーデュートリオンが実装された。燃費が悪く、フルバースト(地上・宇宙両方)に至っては平気でENを100も消費する(フリーダムのフルバーストはたった30しか消費しない)。なので、Eセーブやフル改造ボーナスは必須。ちなみに武器改造費はフリーダムの方が安いので、フリーダムがあるうちに改造しておくとよい。特に竜宮島ルートはルート分岐前の1回しか改造出来ないので、使うならすぐに武器を改造してしまおう。
スーパーロボット大戦L
前作に比べ正式加入は遅く、しかも初登場シナリオで鳴り物入りで登場したにも関わらず、インペリアルヴァレイに危うく落とされそうになった。パイロットの方のSEEDの弱体化やコーディネイターシステムの廃止、攻撃力が下方修正されてしまっているが、ほかのガンダムの地形適応が軒並み宇空Aになってる中相変わらず本機のみ宇空Sを保持している。MAP兵器はあるが弾数は1で、使用期間、範囲、効率その他の面でレジェンドに一歩譲る形となった。しかしハイパーデュートリオンと適応Sのおかげで未だにトップクラスの性能を有している。また、通常のフルバーストも燃費が前作から大幅に良くなっており、僅か40しか消費しない。
なお、戦闘シーンではビームサーベルや合体技であるコンビネーション・アサルトあたりは前作より演出が強化されている。トドメ演出もさらに増え、SEED DESTINYの他のガンダムがそれぞれ必殺級の武器2種にしか持っていない一方で、ストフリはビームサーベルにもトドメ演出が追加された事により、機関砲以外の全ての武器にトドメ演出がついた。
スーパーロボット大戦UX
地形適応は最大Aに。MAPフルバーストの射程が1短くなったが、レジェンドがいないので最強MAP兵器の座を勝ち取る。使用可能期間もLよりは大分長く、中盤からの参戦となる。今回は宇宙戦が少ないからか、地上/宇宙での形態変化が無くなり、地上でも普通にドラグーンが使えるが、地形ボーナスは宇宙のみになった。今作で漸く通常兵器版のフルバーストでマルチロックオンのカットインが無くなった。今までの単体攻撃に対複数攻撃用のマルチロックオンが必要な事自体おかしいのだが
カットインの修正の他、ビームサーベル擦れ違い斬りの再現・ドラグーン使用時の「カーン!」というSEの再現・スタイリッシュなカリドゥス発射ポーズ・ちゃんとビームの大半がヒットするようになったフルバースト……といった具合に戦闘アニメは非常に力が入れられており、スパロボ史上最もカッコいいストフリと評判。
当初は∞ジャスティスとPUが組まれており今作でも合体攻撃があるが、この2機はいかんせん武装の射程も機体ボーナスもかみ合わないため、主力として使っていくのなら射程が良い具合にかみ合うガンダムサバーニャ等の狙撃機辺りと組ませるのがお勧め。なお今作ではSフリーダム単機でも十分な火力を持つので無理に合体攻撃に拘る必要もない。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
第3次Zに続いての参戦。例によって地形適応に難があるがドラグーンのMAP兵器は着弾指定型、バリア貫通とサイズ差補正無視を持つ単体用も追加された(共に弾数制)。その代償かカリドゥスがP兵器射程1-3に変更されたため、単体版ドラグーンを撃ち尽くすと6-7の射程に対して反撃ができなくなる。合体技は合流時から使用可能だが、相方の足の速さについていくにはスキルや強化パーツによる補強がいる。
なお『UX』で無くなっていた「単体攻撃時のマルチロックオン」がまた復活してしまったが、今回は終盤にマップ上のユニット以外にも無数の敵がいる設定のシナリオがあるため、そこに限れば違和感が軽減される。
今作ではヴィルキスをベースに開発された機体という設定。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
VPS装甲のおかげでかなり硬く、機動力も高い。ドラグーン・フルバーストが単体版、MAP兵器版共に強力。スーパードラグーンは単体で使用することができない。Ver.1.03パッチにて、武器性能が一部強化されている。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
味方ユニットとして登場。キラ・ヤマトが搭乗する。
スーパーロボット大戦X-Ω
Ver.2.0アップデートより実装された新タイプ「ブラスター」ユニットの一体として登場。SSRブラスター。通常武装はクスィフィアス3なのだが、何故かビーム属性となっている。
2016年12月開催のイベント「時を越えたクリスマス」にてSSRシューターが追加。
2017年6月にニューカマーとして大器型シューターが実装。通常シューターに大器の基本能力とブラスターの必殺スキル(ドラグーンフルバースト)が加わり、さらにアビリティも強化された上位機。高い機動力と飛行能力、高回転でバリア貫通&防御無効によりどんな相手にもコンスタントにダメージが与えられる通常攻撃、広範囲でスタン付与のドラグーンフルバーストと普段使いにおいての使いやすさはシューターでもトップクラス。
2017年10月にVer.3.0アップデートより実装された「Ωスキル」を搭載した大器型SSRシューターが追加。基本は大器と変わらないが、必殺スキルがドラグーンフルバーストのみ、通常攻撃の防御無効が無くなっているなど性能が微妙に異なる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

MMI-GAU27D 31mm近接防御機関砲
頭部に2門内蔵されたバルカン砲。スペースを必要とすることから排除する案もあったが、実弾兵装への信頼の強さから、最終的には残された。本編では未使用。
ZシリーズVでは運動性ダウン、携帯機シリーズは照準値ダウンの特殊効果がある。
MGX-2235 カリドゥス複相ビーム砲
腹部に装備された高出力のビーム砲。ドラグーンの設置によりオミットせざるを得なかったプラズマ砲の代用として追加された。アビスの装備している物と同型だが、ハイパーデュートリオンエンジンを採用している分、こちらの方が威力と連射性能で上。固定装備なので正面にしか撃てないが、威力は高い。砲口はPS構造材製。コックピット直下に内蔵されているため、コックピットとの間には安全のための鏡面防壁を備えている。
Zの単体攻撃では最強。大気圏内ではドラグーンを使用できない為、状況次第では本機の生命線とも成りえる武装である。
MMI-M15E クスィフィアス3レール砲
左右腰部に計2門装備された電磁レール砲。フリーダムの物の改良型である。格納方法が3つ折り式から2つ折り式に変更され、威力も上がっている。また、スラスター兼AMBACユニットとしても機能している。ビームライフルを左右腰部にマウントしている時には後腰部に移動するため使用できないのが欠点。
据え置き機のスパロボでは単体武装として採用されたことがなく、いまいち目立たない武装でもある。
MX2200 ビームシールド
両腕に計2基装備された光学防御兵器。ハイペリオンなどに搭載されたモノフェーズ光波防御シールドにさらなる改良を加えて完成させた。
MA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベル
フリーダムなどに装備されたラケルタの改良モデル。インパルスなどのヴァジュラと同等の出力を誇る。クスィフィアス3部分に計2本マウント。「アンビデクストラス・ハルバード」モードでも使えるが、キラはよく二刀流で戦っていたため、使われなかった。
ゲームでは格闘武器はジャスティスやデスティニーには劣る。Kではコンボ武器。
MA-M21KF 高エネルギービームライフル
フリーダムの物を改良したビームライフル。通常のMSと違って2丁もっているのが特徴。未使用時はクスィフィアス3を動かし左右腰部にマウントされる。
Zでは長射程のロングモード、P・TRYの二種類。Kでは1~3のコンボ武器。携帯機では派手なガンプレイをしながら撃ちまくる。
ロングビームライフル
2丁の高エネルギービームライフルを前後に連結させたもの。高出力・長射程の形態。
EQFU-3X スーパードラグーン 機動兵装ウイング
背部の武装プラットフォーム兼ヴォワチュール・リュミエールの機能を持つ装備。武装プラットフォームには8基装備された無線誘導兵器「スーパードラグーン」を装備している。設置箇所の関係上、フリーダムに装備されていたバラエーナプラズマビーム砲はオミットされた。これは、第2世代型ドラグーン・システム(第1世代のように高い空間認識能力を持たなくても、操作可能になった簡易形のドラグーンのこと)にカオスと同等のドラグーンの技術が加えられるといったクライン派独自の改良が施された、「特異な空間認識能力を必要とするシステム」である。とは言ってもプロヴィデンスに搭載された第1世代型のドラグーンに比べれば、格段に使いやすくなっているが。キラをパイロットと想定した改良が施されている為、他のパイロットでは使いこなせない。また、大気圏内での使用は不可。無線端末自体に大気圏内での飛行能力がないためか。
スパロボでは設定無視して大気圏内でも使用可能になっている。K、Lでは宇宙ステージでのみ使用可能だが、UXでは地上でも撃てるようになった。
Zでは着弾指定型・敵味方識別・弾数2のマップ兵器。Sフリーダム最大の強みで、てかげんで味方のレベルアップのアシストができ、後半マップではかなり便利。だが宇宙以外の地形適応が弱いので、強化パーツによるフォローが必要。必要気力も140と非常に高い。第3次Zでは自機中心型になったので、マルチアクションと併用すればP属性のないサイフラッシュのような運用も可能。
Vでは第3次Z同様のマップ兵器版に通常兵器版が追加されているが両方共空中がB、陸がAになっている。
MA-80V ビーム突撃砲
スーパードラグーンに内蔵されたビーム砲。破壊力と速射性を併せ持つ。ビームスパイクとしても使用できるらしい。タイプとしてはカオス、ガイアのビーム突撃砲と同じ物。

必殺技[編集]

高エネルギービームライフル連射
天獄篇で追加された攻撃。ビームライフルを連射しクスィフィアス3で追撃。
ドラグーン・フルバースト / 一斉射撃
全射撃武装を展開して行う一斉射撃。ドラグーンが追加されたことで、マルチロックオンシステムによる精密一斉射撃の威力が上がった。ドラグーンを機体周辺に整列させて撃っているのに、敵に届く時は四方八方からビームが降ってくるという謎の攻撃でもある。第3次Zでは名称が「一斉攻撃」に変更され、展開するまでに超高速で移動するシーンが追加された。
ZではP武器、携帯機シリーズでは長射程非P武器。Z、Kでは一発で100もENを消費するため、連発するとすぐにガス欠になる。LやUX、第3次Zではたった40なので、気軽に使える。第2次Zでは小隊制が廃止されたこともあり、Zの半分の50となっている。本来大気圏内では使えないが、ZシリーズやUXでは使える。
ドラグーン・フルバースト(マップ兵器版)
方向指定型・敵味方識別・弾数1。必要気力130。扇形で広範囲。位置取りを間違えなければ敵増援を瞬殺できる。てかげんアシストも健在。何より、一発限りとは言え、通常版とは違ってENを消費しないのが最大のメリット。
ハイマット・フルバースト
ドラグーン以外の全射撃武装を展開して行う一斉射撃。ドラグーンの使えない重力下ではこれが使われる。
K、Lで採用。基本的にドラグーン・フルバーストと同じだが、威力が低い。Kでは燃費は上のドラグーン・フルバーストと同じですこぶる悪い。
ハイマット・フルバースト(マップ兵器版)
基本的にドラグーン・フルバースト(マップ兵器版)と同じだが、やはり威力が低い。

召喚攻撃[編集]

コンビネーション・アサルト
アスラン・ザラインフィニットジャスティスガンダムとの連携攻撃。第3次Z天獄篇合体攻撃から格下げ。

合体攻撃[編集]

コンビネーション・アサルト
アスラン・ザラインフィニットジャスティスガンダムとの合体攻撃。元ネタは前作「ガンダムSEED」で、オーブ解放作戦時での連合の3機のGとの戦いでキラとアスランが即興で合わせた連携攻撃。スパロボでは第3次α、J、Wでフリーダムとジャスティスで使用できたが、Kで遂にストライクフリーダムと∞ジャスティスでの使用が実現した。Lでは攻撃数が増えており、止めでは∞ジャスティスとお互いビームで挟み込む、というコンビネーションをぶっつけ本番で決めた。
Zシリーズでは破界篇から採用。
Vでは、『ガンダムSEED』でのストライクイージスとオーブ脱出時の流れが入っている。
ミーティア・サーベル
エターナルとの合体攻撃。Zでのみ使用可能で、ストライクフリーダムの単体攻撃では最強。Kでは後述する技に統合されているため、単独技としては使えない。
ミーティア・フルバースト
エターナルとの合体攻撃。ドラグーン・フルバーストよりも強力な全体攻撃だが、残念ながらP属性ではない。しかも、消費ENも大きい。ZでもKでも、使うとキラとラクスの特殊なカットインが入る。一方、Kではなんとミーティアのサーベルで攻撃した後に追い討ちでフルバーストというかなりエゲツない攻撃をする。Vでは要ユニット合体攻撃となっており、エターナルが隣接する必要がなく、また改造もストライクフリーダムの物のみ反映される。同作ではなぜかマルチロックオン時の効果音が第2次Z以前のストフリにものになっている(ドラグーン・フルバーストでは携帯機ではUX、据え置き機では第3次Z以降は同作を含め原作同様のSEが使用されているにも関わらずである)。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。
VPS装甲
ハイパーデュートリオン / EN回復(小)
ZシリーズではEN回復(小)。主力武器のEN消費がことごとく激しいストライクフリーダムでは、この能力単独では焼け石に水。補給装置持ちを小隊に組み込んだり、ソーラーパネル装備による回復量の底上げが欲しい。Eセーブも持ちたいが、技能枠の残りが悩み所。第2次Z破界篇では、フル改造することで(小)から(中)に変更される。
携帯機シリーズでは「ハイパーデュートリオン」表記。K、Lでは毎ターン自軍フェイズ開始時に、ENが最大値の25%回復する。Kではそれでも足りず、Eセーブやフル改造ボーナスと併せて使う事でやっと無双ができる。逆にLでは燃費が良くなったため、これのお陰で気がねなくEN消費武器を使える。UXでは回復量が10%とEN回復(小)と同じになった。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

特殊能力『EN回復(小)』が『EN回復(中)』に変更
第2次Z破界篇
全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
第2次Z再世篇
運動性+15、マップ兵器及び射程1以外の全武器の射程+1
第3次Z
マップ兵器「スーパードラグーン」の弾数+1、必要気力-10。
V

機体ボーナス[編集]

L
  • 無改造:照準値+5 地形適応:宇/空A
  • ハーフ改造:照準値+15 地形適応:宇/空A 移動力+1
  • フル改造:照準値+25 地形適応:宇/空S 移動力+2
宇宙と地上で地形適応が変わる。
UX
  • 初期段階:射撃武器+100 照準値+5
  • 第二段階:射撃武器+150 照準値+10 地形適応:宇A
  • 第三段階:射撃武器+200 照準値+20 地形適応:宇S
  • 最終段階:射撃武器+300 照準値+30 地形適応:宇S 射程+1
地上/宇宙での形態変化が無くなり地形ボーナスは宇宙のみ。移動力の代わりに射程が伸びるため、より遠距離戦に強くなった。インフィニットジャスティスガンダムと対になる構成。

機体BGM[編集]

「Meteor ~ミーティア~」
Zにて、フリーダム兼アークエンジェル部隊の汎用BGM
「vestige -ヴェスティージ」
同作品系後継機専用BGM。
「キラ、その心のままに」
K、Lで採用。
「ignited -イグナイテッド-」
Lのイベントで流れる。また、OEで戦闘BGMに採用。
「君は僕に似ている」
UXで採用。

対決・名場面[編集]

デスティニーガンダム
オーブ攻防戦での対決。終始キラが圧倒する形で進められ、最後はデスティニーが何故かエネルギー切れを起こし撤退したことで流れた。原作では対艦刀であるアロンダイトを、両手のビームライフルを投げ上げたと同時に真剣白刃取りで止め、さらにレールガンをコクピットに直撃させ、退き際にライフルを回収して再装備するという神業を披露している。

スパロボシリーズの名場面[編集]

インペリアルヴァレイ撃墜作戦
L27話「戦うべき敵」にて。ジブリールに脅されたユウナが率いるオーブ軍、およびジブリールの私兵を相手に、LOTUSと共同戦線をとるアークエンジェル隊。だが、戦闘終了が近づいたその時、戦域東端に隊が追っていた謎の集団が姿を現す。
突如現れたストレイバードも加わり、謎の集団は次第に劣勢に追い込まれていくが、指揮官機は撃墜間際に動力炉を意図的に暴走させ自爆を試みる。暴走状態の動力炉が生み出すエネルギーによる一時的な超高機動力に翻弄されるストライクフリーダムだったが、その時デスティニーが割り込んで指揮官機の動きを止める。発破をかけられたキラはその隙を見逃さず、アスランの∞ジャスティスとの連携で指揮官機を撃墜。原作ではありえなかった、主役機3機による連携が実現した場面である。

関連機体[編集]

フリーダム
シンに撃墜されるまで搭乗していた機体。フリーダムを宇宙用としてより強化した機体がSフリーダムとも言える。
プロヴィデンス
本機に搭載されたドラグーンの初搭載機。
インフィニットジャスティス
兄弟機。Sフリーダムと違い、特に目立った新機能は搭載されず、基本的にはジャスティスと変わらない。
デスティニー
最新鋭の推進システムやフレームのPS装甲化、ハイパーデュトリオン機関といった多くの共通点を持つ機体。
ドムトルーパー
元はザフトのお蔵入りになった試作機のデータを盗用して製作されたモビルスーツ。
スターゲイザー
ヴォワチュール・リュミエールシステムを初めて搭載した機体。
デルタアストレイ
ヴォワチュール・リュミエールシステムを搭載したMS。推進システムの仕様はスターゲイザーガンダムよりもこちらに近い。SRW未登場。
エターナル
前作と同じく、フリーダムとの連携がメイン。

他作品の関連機体[編集]

ヴィルキス
見た目も色もよく似た機体。ただし、武装面はデスティニーの方が近い。
V』では、この機体を基に、ストライクフリーダムが開発された。開発史を考えるとフリーダムガンダムを経て徐々にヴィルキスへと近づいている事になる。

余談[編集]

  • 監督のお気に入りの機体であり、本機の活躍のシーンはすべて監督が自らコンテを切ったという逸話がある。
  • 本機はガンプラ史上屈指の「立体化に向かない機体」と言われる。有名作品の主役機なので非常に多くのバリエーションが発売されているのだが、殆どが何がしかの欠陥を抱えている。
    • 主な原因は最大の特徴である背部ウイングと金色関節(材質がABSのものはただでさえ塗装が破損の原因になりやすい上に、無塗装でも金色っぽく見せるために混入された金属粉がムラになりやすく強度低下を招いているという二重苦)で、「作ってる最中にウイング基部が自重で折れた」「関節の成型色が微妙過ぎるので塗装したらパーツが割れた、それどころか塗ってもいないのにウイング展開ギミック用の金色パーツが破損した」「上半身重すぎて自立できない」「(腰部レールガンのギミックが干渉して)腰が回らない」と言った問題・破損報告は枚挙に暇がない(特に多いのがPGのウイング基部破損)。そのため、ネット上では閣下と呼ばれモデラー達から恐れられている。
    • ちなみに一番出来が良いのはMGであり、目立った欠陥はない。やはり自立は難しい部類で、通常版はフレームが上記の金属粉入りABSのため塗装するなら細心の注意が必要となるが。
  • 演出の都合もあるのかもしれないが、作中では常にフレームが黄金に輝き続けており、つまりはそれだけフレームに負荷が掛かり続けているということで、ストライクフリーダムの性能をもってしてもキラの技量についていけていないのでは?という仮説もあがっている。

商品情報[編集]

プラモデル[編集]

  • 1/144、1/100

  • その他

フィギュア[編集]

資料リンク[編集]