機甲戦記ドラグナー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
機甲戦記ドラグナー
監督 神田武幸
キャラクターデザイン 大貫健一
芦田豊雄&まんどりるくらぶ(現:スタジオライブ)
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 渡辺俊幸(前期)
羽田健太郎(後期)
制作 サンライズ[1](第3スタジオ)
放送局 名古屋テレビ
放送期間 1987年2月7日 -
1988年1月30日
話数 全48話
初登場SRW スーパーロボット大戦A
テンプレートを表示

機甲戦記ドラグナー』はサンライズ(旧・日本サンライズ)制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

機動戦士ガンダム』へのオマージュをこめて作られた作品。前半はリアルロボット物の魅力を丁寧に描くも地味さは否めず、グン・ジェム隊登場後は作風が激変した。メインテーマは「親と子の交流」。

放送当時のセールスは芳しくなかったものの、『スーパーロボット大戦A』への初参戦から知名度が上がり、一部ではそれなりのリバイバルブームを起こした。

本作はハリウッド映画『トップガン』の影響を受けている。さらにこの『トップガン』は『超時空要塞マクロス』の影響を強く受けて制作された作品である。

機動戦士ガンダムSEED』の福田監督が演出として参加しており、同作には本作からの影響を見て取ることができる。

ストーリー[編集]

で独立を宣言した統一帝国ギガノスと、地球連合軍は戦争を開始。ケーン、ライト、タップの3人は、連合軍が奪取した新型メタルアーマードラグナー」に偶然乗り込み、ギガノスと戦うことになる。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

地球連合軍[編集]

ケーン・ワカバ
タップ・オセアノ
ライト・ニューマン
リンダ・プラート
ローズ・パテントン
ダイアン・ランス
ベン・ルーニー
ジェームス・C・ダグラス
ギニール少尉
SRWでは現時点で名前のみが登場。

ギガノス帝国[編集]

マイヨ・プラート
カール・ゲイナー
ダン・クリューガー
ウェルナー・フリッツ
チェホフ
SRWでは現時点で名前のみが登場。
グン・ジェム
リー・スー・ミン
ジン
ガナン
ゴル
ギルトール元帥
ドルチェノフ
ギガノス兵

その他[編集]

アオイ・ワカバ
ラング・プラート

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

地球連合軍[編集]

ドラグナー1型
キャバリアー0型
ドラグナー1型カスタム
ドラグナー2型
ドラグナー2型カスタム
ドラグナー3型
ドラグナー3型カスタム
D-3は原作ではカスタムとは呼称されず、SRWでも『MX』以降は「ドラグナー3型」になる。
ドラグーン

ギガノス帝国[編集]

ゲバイ
スタークゲバイ
ダイン
スタークダイン
ゲルフ
レビ・ゲルフ
ヤクト・ゲルフ
ファルゲン
ドラウ
ドーラ
ガンドーラ
スタークドーラ
XO』より以前では分離した機体のみでスタークガンドーラと呼称。
スタークガンドーラ
ズワイ
シュワルグ
ダウツェン
スタークダウツェン
ゲイザム
ギルガザムネ
グン・ジェム用
ドルチェノフ用
量産型

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「夢色チェイサー」(前期)
歌:鮎川麻弥、作詞:竜真知子、作曲:筒美京平、編曲:鷺巣詩郎
SRW登場作全てで戦闘BGMに採用されている。ネット上では「↑←↑」という表記で知られるが、これはオープニングアニメで入るギアチェンジのレバーの動きと、そのタイミングでの曲の転調のダブルミーニング。
「スターライト・セレナーデ」(後期)
歌:山瀬まみ、作詞:森雪乃丞、作曲:井上大輔、編曲:大谷和夫
SRWでは未使用だが『リアルロボッツファイナルアタック』で採用されている。また、『A』や『MX』では曲名がステージタイトルに使われた。
エンディングテーマ
「イリュージョンをさがして」(前期)
歌:鮎川麻弥、作詞:竜真知子、作曲:馬飼野康二、編曲:鷺巣詩郎
「Shiny Boy」(後期)
歌:山瀬まみ

登場作と扱われ方[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦AA PORTABLE
初参戦作品。味方側キャラでケーン達以外はリンダのみで、他の版権キャラが原作ポジションを補う。ギガノス崩壊後に条件付きでマイヨが仲間入りするが、ミンとプラクティーズはそのまま離脱する。今作品のみドラグナー3型がカスタム後もドラグナー3型カスタムと表記される。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
ダグラスやベン軍曹など味方側のキャラも充実。宇宙世紀の敵組織が出ないため、その代わりを担う部分も。今作ではギガノス崩壊後、ミンとプラクテーズも仲間入りする。
スーパーロボット大戦GCXO
一年戦争を前半の展開の基軸にしているためか、オマージュ元の1stガンダムと密接に絡んでいる。捕獲システム導入に伴って乗り換えも可能になった。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
機動戦士ガンダムSEED』との初共演作品。尤も、密接なクロスオーバーをするまでには至らず。
スーパーロボット大戦X-Ω
第2期参戦作品第5弾として2016年6月に追加参戦。同時参戦で初共演となった『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と共にイベントのメインを飾る。

関連作品[編集]

リアルロボッツファイナルアタック
SRWに先駆けてD-1カスタムが参戦。
Another Century's Episode

用語[編集]

D兵器
本作の主人公機であるドラグナー3機を総じて指す、ギガノス帝国内でのコードネーム。小説版などではD兵ともされる。
ギガノス帝国
プラクティーズ
親衛隊予備軍の別名。マイヨが所属している。
グン・ジェム隊
後半のメイン敵役。非常に好戦的かつ分かりやすい悪役揃い。
メタルアーマー
本作の人型機動兵器の総称。略してMAとも。
マスドライバー
ギガノス機動要塞
バリグナー
OP作画を担当した大張正己によるアレンジがされた劇中とは異なるディテールのドラグナーを指す、ファンの間での俗語。2クール目となる14話から劇中に近い作画に差し替えられたが、反響は大きく、劇中でもカスタム後のデザインはバリグナーに近くなったりしている。

各話リスト[編集]

話数 タイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 炎の日 キャバリアー0型
ドラグナー2型
ドラグナー3型
GC/XO
第2話 廃墟の死闘
第3話 ギガノスの蒼き鷹 ファルゲン
第4話 男たちの戦場
第5話 誓いの出撃
第6話 戦士への訓練
第7話 さらばチェホフ ゲルフ
第8話 捕虜奪回作戦(前編)
第9話 捕虜奪回作戦(後編)
第10話 体あたりの防戦
第11話 熱望の大地
第12話 それぞれの帰還
第13話 マスドライバー発射指令
第14話 新たなる旅立ち
第15話 D艦隊危機一髪
第16話 補給基地の罠
第17話 ノーラッド破壊工作
第18話 奇襲の蒼き鷹
第19話 飛行兵器Dドラグナー
第20話 洋上の再会
第21話 MAメタルアーマー奪取作戦
第22話 ギガノス要塞破壊命令
第23話 対決マイヨ・プラート
第24話 上海大逃走 ズワイ
第25話 D兵器改造計画 ドラグーン
第26話 恐怖のグン・ジェム ゲイザム
第27話 見参! ドラグナー遊撃隊 OP・ED全面変更
第28話 脅威の毒蛇部隊
第29話 潜入! リンダを救え
第30話 必殺! チェーンソー・アタック スタークダイン
第31話 月からの刺客 ゲルフマッフ
レビゲルフマッフ
ヤクトゲルフマッフ
第32話 復讐の狙撃兵スナイパー スタークダウツェン
第33話 ギガノスの異変
第34話 追撃! 土蜘蛛作戦
第35話 恐怖! 無限軌道砲
第36話 猛攻! 怒りのグン・ジェム
第37話 打倒! 毒蛇の青竜刀
第38話 登場! 究極のMAメタルアーマー ギルガザムネ
第39話 壮絶! グン・ジェムの最期 ギルガザムネ
第40話 狡猾! ハイデルネッケン少佐 ギルガザムネ
第41話 復活! ギガノスの蒼き鷹
第42話 発動! ギガノス無敵要塞
第43話 決断! 巨大要塞攻撃指令
第44話 非情! ドラグナー対ドラグナー
第45話 特攻! 復讐の蒼き鷹
第46話 突入! アオイ・ワカバ救出
第47話 肉迫! ミン大尉の猛追
第48話 大宇宙おおぞらの凱歌 ギルガザムネ

商品情報[編集]

DVD[編集]

小説・書籍[編集]

楽曲関連[編集]

脚注[編集]

  1. 1987年5月までは「日本サンライズ」表記。

資料リンク[編集]