ドラグナー1型カスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ドラグナー1型カスタム
外国語表記 DRAGONAR-1 CUSTOM
登場作品 機甲戦記ドラグナー
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メタルアーマー
生産形態 改修機
型式番号 XD-01SR
頭頂高 17.6 m
運行自重 78.7 t
最大発進重量 121.6 t
動力 FPW-4M型 超小型核融合炉×2
出力 24万ポンド(ドライ)
39.5万ポンド(CMP)
※アフターバーナー使用時9.5万ポンドをプラス
最大戦闘出力維持時間 32秒(MAX)【回復時間 CMP≦5 1.8秒~CMP=328秒】
出力・重量比 0.987(ドライ)
2.015(CMP)
メインノズル数 6
アポジモーター 16
最高速度 M0.98/SL(海面高度)
M1.64(32000フィート)
航続距離 2,460ノーチカルマイル
(4,556 km)
装甲 トリプルハードニス型 ヘビーコーティング
装甲厚 MAX155 mm
探知装置 イメージセンサー TAS15型
重力場感知システム:WG3S型
ハードポイント数 2
(ハイペロード総量:18 t)
原型機 ドラグナー1型
改修 ラング・プラート
所属 地球連合軍
乗員人数 1名
パイロット ケーン・ワカバ
テンプレートを表示

ドラグナー1型カスタムは『機甲戦記ドラグナー』の登場メカ

概要[編集]

ドラグナー1型重慶基地で強化改造した姿。D-1カスタムとも呼称。

量産機のドラグーン同様リフターと一体化し、それ以上の性能を誇る。装甲を追加した左肩には重力場感知システムが内蔵された。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初参戦作品。原作とは異なり、グン・ジェム隊壊滅後にカスタム化される(他の2機も同様)。
運動性が更に上がり、リアル系でもトップクラスの高さに。武装は光子バズーカが追加され、遠距離戦にも強くなり、ビーム兵器であるため対ディストーションフィールド用の武器としても有用。ファルゲンとの合体攻撃も可能になる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
本作では敵の回避が高い為、命中率がかなりのマイナス補正な光子バズーカでは当てづらい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
原作同様に重慶基地でカスタム化。Dフォーメーションアタックや恐怖のトリプルアタックの攻撃力もかなりの物だが、終盤参入するファルゲン・マッフとのツインレーザーソードはさらに凄まじい威力となる。無論、単機でも十分な性能を持つ。全てが終わった後、EDでは他の二機共々解体処分が決定する。
スーパーロボット大戦GC
Mサイズである本機は、部位システムの影響とMXと比べ火力ダウンしたことも相まってLLサイズの敵を撃墜しづらい。また、リフター1より地形適応が悪くなっている(空Sが空Aに)。それでも前者は狙い撃ちスキルパーツ、後者はフル改造ボーナスに全適応Sを選択でカバー可能。
スーパーロボット大戦XO
合体攻撃のDフォーメーションアタックが2種類に変更された。
スーパーロボット大戦X-Ω
R・SRアタッカー、SSRアタッカー・シューター、大器SSRファイターが実装。
SSRシューターは2016年7月のイベント「運命の騎兵隊」にて実装され、後にレアリティ覚醒ユニットとしても登場。回避・命中面に優れた典型的なリアル系で、味方全体へのバフアビリティ「Dフォーメーション」が見どころ。
R・SR・SSRアタッカーは、2017年4月のイベント「じぶんらしくあるために」にて報酬ユニットとして登場。敵機撃破に伴い能力が向上する、所謂「キルアップ」系のアビリティを持つ。その後のイベントの報酬ユニット仕様変更に伴い、報酬Rユニットが登場した最後の機体となった。
大器型SSRファイターは2018年4月、ニューカマーガシャで実装。味方の生存数に比例して能力が上がる「連合軍の旗印」と、回避率を中心にした味方への強力なバフアビリティ「重力場感知システム」のおかげで、攻守ともにスキがないハイバランスなユニットに仕上がっている。
アリーナではSSRファイターが強力で、タフネス、支援攻撃、隣接ユニットの強化とシンプルに強力なアビリティを取り揃える。通常攻撃・必殺スキルともに防御・分身無効、かつバリアを貫通するため相手を選ばないのが強み。また必殺スキルは希少な状態異常「強化スロウ」を付与可能で、ダメージを与えつつ相手の足止めが可能。

関連作品[編集]

シャッフルファイト
「D-1カスタム」名義で登場。戦闘時に振れるダイスが2個とパンチ力に欠けるものの、初期メンバーの中では素早さに優れているので中盤以降も或る程度は運用可能。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

2連式 25mm 機関砲
手の甲にあるバルカン。発射速度毎分1500発、携行弾数800発。鉄甲弾および爆裂弾を装填可能。
元々カスタム前からある武装だが、SRWではカスタム後しか使用していない。
6連デュアルミサイルポッド
リフター両翼に1基ずつ計2基装備。
ショルダーボム
左肩にアーマーと重力場感知システムを追加したため、右肩にのみ装備。
スローインボム
右腰に装備。
ショルダーボムと被るせいかSRWでは使われない。リアルロボッツファイナルアタックでは使用。
迫兵戦用アサルトナイフ
格闘戦用武器。ふくらはぎに2本装備。
白兵戦用レーザーソード
2本装備しているが、装備箇所は両腰ではなく2本とも左腰に纏められている。さながら侍の二本差し。
55.6mm ハンドレールガン LPS32型
主兵装の手持ち式実弾マシンガン。カスタム前と比べ小口径だが発射速度は向上。発射速度毎分2200発、携行弾数1620発。鉄甲弾および爆裂弾を装填可能。
マルチディスチャージャー
アンダーバレルに装備した多目的ランチャー。携行弾数5発。鉄甲弾、爆裂弾、プラズマ化弾を装填可能。
スーパーハイブリッドシールド
防御用のシールド。
光子バズーカ砲
メタルアーマーにはレアなエネルギー兵器。
SRWではビーム兵器扱いドラグナー1型カスタムにとっては貴重な高火力の遠距離攻撃武器だが、合体攻撃にENを使いたいので多用はしづらい。

合体攻撃[編集]

Dフォーメーションアタック
ドラグナー1型カスタム、ドラグナー2型カスタムドラグナー3型のコンビネーション攻撃。使用武器が、カスタム前のハンドレールガンから光子バズーカ砲に変更(GC・XOではカスタム前と同じ)。Aでは攻撃力は高いがビーム扱いではなくなるため、木連相手には単体版の光子バズーカ砲でディストーションフィールドを破る方が有利。
DフォーメーションアタックS
ドラグナー1型カスタム、ドラグナー2型カスタム、ドラグナー3型のコンビネーション攻撃。光子バズーカによる一斉射撃を行う。MXやXOでは、この名称が採用されている。この場合攻撃力が恐怖のトリプルアタック以上だが、ビーム兵器扱いになる。またXOではP属性でなくなり長射程に。
恐怖のトリプルアタック
ドラグナー1型カスタム、ドラグナー2型カスタム、ドラグナー3型のコンビネーション攻撃。2型と3型で組み付いて動きを封じた所に、1型のレーザーソードによる一閃で斬り捨てる。原作では3機で組み付き垂直降下して地面に叩きつける「恐怖のトリプル子泣き爺」で、ドラグーン2機とケーンが奪ったドーラで敢行した。
ツインレーザーソード / ダブルレーザーソード
マイヨ・プラートファルゲン・マッフとの合体攻撃。ダブル~はGC以降での名前。1型とレーザーソードによる連撃を加えた後、挟み撃ちの形で一閃を加えて斬り捨てる。ダブル~の方は止めに同時にレーザーソードを突き込む(原作でのドルチェノフ専用ギルガザムネへの止めの一撃の再現)。MXでは高威力、低燃費、低必要気力の有射程P武器ととんでもなく高性能で恐怖のトリプルアタックの完全上位互換。DフォーメーションアタックSには威力と射程は若干劣るものの、燃費の良さや2機での合体攻撃という点でこちらの方が使い勝手がいい。何より、強化を最大まで施した場合、攻撃力はDフォーメーションアタックS同様9999になるが消費ENがたったの10で気力制限110。ケーンとマイヨに援護攻撃を持たせておけば終盤のボス戦でより楽になる。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
盾装備
シールドは新しくスーパーハイブリッドタイプに変更。シールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

リフターと一体化しているためデフォルトで飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

格闘武器の攻撃力+200
A PORTABLE

機体BGM[編集]

「夢色チェイサー」
「スターライト・セレナーデ」
リアルロボッツファイナルアタックでの専用BGM。SRWでは未使用。

関連機体[編集]

ドラグナー2型カスタム
ドラグナー3型