リアルロボッツファイナルアタック

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リアルロボッツファイナルアタック
発売元 バンプレスト
対応機種 プレイステーション
プロデューサー 山田俊彦
ディレクター 市川淳
キャラクターデザイン サンライズ
河野さち子
メカニックデザイン 石垣純哉
カトキハジメ
音楽 和久田貴浩
田中宏典
発売日 1998年1月8日
価格 6800円
テンプレートを表示

リアルロボッツファイナルアタック』はバンプレストが発売したコンピュータゲーム

概要[編集]

プレイステーションで1998年に発売された、所謂『電脳戦機バーチャロン』系の3Dシューティング対戦ゲーム。

メモリーカードは使用しない。クリア時に、ボスを選択できるコマンドが1つ表示される。

登場作品及び登場ロボット[編集]

(※)はこのソフトの発売当時、スーパーロボット大戦シリーズにおいては未参戦作品だった。後に、『ザブングル』と『ガンダムX』は『α外伝』にて、『ドラグナー』は『A』にて初参戦を果たす。

バンプレストオリジナル[編集]

登場メカ(オリジナル)[編集]

ゲトゥビューム
次元の裏の宇宙から白鳥座シグナスX-1ポイントに転移してきた謎のロボット。高い機動性と戦闘能力を持つ。また、単独での星間飛行や時空を越えるといった特殊能力も持っている。

登場人物(オリジナル)[編集]

アナ・スタシア
ゲトゥビュームを操る、謎の女性パイロット。

商品情報[編集]

ゲーム本体[編集]

攻略本[編集]