スーパーロボット大戦コンプリートボックス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
スーパーロボット大戦
コンプリートボックス
シリーズ 旧シリーズ
原作 第2次スーパーロボット大戦
第3次スーパーロボット大戦
スーパーロボット大戦EX
開発元 ウィンキーソフト
発売元 バンプレスト
対応機種 プレイステーション
プロデューサー 寺田貴信
森住惣一郎
シナリオ 阪田雅彦
キャラクターデザイン 河野さち子
メカニックデザイン
オリジナルメカデザイン
カトキハジメ
福地仁
守谷淳一
ゲストメカデザイン
藤井大誠
寺島慎也
宮豊
かげやまいちこ
山田隆弥
発売日 1999年6月10日
価格 6800円
テンプレートを表示

概要[編集]

第2次スーパーロボット大戦』・『第3次スーパーロボット大戦』・『スーパーロボット大戦EX』を『スーパーロボット大戦F』のシステムでリメイクした作品。

システムと難易度など[編集]

  • 難易度はシリーズにバラつきがあるが、エネミーフェイズ時の戦闘で「マニュアル」選択が可能となったため、難易度が下がることとなった。
  • Iフィールドオーラバリアにダメージ上限が追加されたことで、ビーム兵器に対して無敵ではなくなった。
  • 全体的に攻撃力がかなり低めに設定されており、運動性もあまり意味がない。むしろHP装甲を重点に。
  • 『第2次』のみ、オリジナルと違い『F/F完結編』のBGMが多用されている。
  • 精神コマンドや獲得資金などがオリジナルに準拠しているのに対して『F/F完結編』のシステムをそのまま導入したため、リアル系パイロットがほとんど使う機会のない「根性」「ド根性」「気合」ばかりを持っているのに対して「集中」「ひらめき」「」といったほぼ必須の精神コマンドをほとんど持たない、全体的に獲得資金が少なく圧倒的な資金不足に陥る、などの問題点も多い。

話題[編集]

2枚組で1枚目がゲーム本編で、2枚目はファンディスク的なデータ集である。また、バーチャルスタジアムで対戦が可能。バーチャルスタジアムでは本編で敵のキャラクターも使用できる。

また、お遊び要素として収録されているセリフ音声を単独再生できる他に、繋げて聞く事ができるモードもある。膨大なデータ量のためか大半の新録キャラ及び既存キャラの新録のセリフはトーンが低くなっている。

ストーリーとサブタイトルにナレーターによる音声収録が行われている。

後に『第2次』・『第3次』・『EX』はそれぞれ単品で発売されたが、セーブデータにコンプリートボックス版との互換性は無いので注意。

登場作品・バンプレストオリジナル[編集]

第2次スーパーロボット大戦』『第3次スーパーロボット大戦』『スーパーロボット大戦EX』をそれぞれ参照。

世界観[編集]

世界観/旧シリーズ

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

分類 記事
全話一覧 全話一覧/第2次
全話一覧/第3次
全話一覧/EX
隠し要素 ※各作品リンク先参照
精神コマンド 精神コマンド/コンプリートボックス
強化パーツ 強化パーツ/コンプリートボックス
特殊能力 特殊能力/コンプリートボックス
特殊技能 特殊技能/コンプリートボックス
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/第2次
メカ&キャラクターリスト/第3次
メカ&キャラクターリスト/EX

関連用語[編集]

商品情報[編集]

ゲーム本体[編集]

攻略本[編集]

その他[編集]

資料リンク[編集]