スーパーロボット大戦COMPACT

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

バンプレストのワンダースワン参入第1弾ソフト。初代『スーパーロボット大戦』以来となるバンプレストオリジナルが登場しない作品である。

他の作品では見られない特徴として、入手アイテムのランダム性がある。ステージクリア時の入手物資に「ランダム枠」とでも呼ぶべきものがあり、GP02Aレプラカーンなどの一部敵ユニットがその登場ステージで手に入る可能性がある。ハズレはプロペラントタンク等。クリア前にセーブして狙ってみると良いだろう。

スキルコーディネイトシステムV-UPユニット登場といった、弱いユニットやパイロットの救済措置も試みられた。現在シリーズでは当然とも思えるパイロット養成システムだが、特にスキルコーディネイトシステムは、その先駆けとなったシステムである。

携帯機ゆえの容量制限のためか、それともフリーオーダーシナリオシステムを採用したためか、自軍側の交流はともかく敵側組織同士の関係などはゲーム中ロクに説明されない。そのくせ複数作品を股にかけた混成部隊が和を乱すことなくこちらへ襲撃してくるため、やや違和感を覚える物語になってしまっている。 なおモノクロ画面では見分けがつきにくいためか、今作では第三軍や味方NPCユニットなどは登場しない。

ワンダースワン初参入作品かつ、久しぶりの携帯機スパロボ(第2次Gから8年ぶり)だが、グラフィック面ではモノクロであるものの戦闘アニメの演出は第4次なみによく動く。その皺寄せか、音楽は最適化アレンジされてるものの、やや残念な出来。また、本機の液晶の質のせいか、せっかくの動きが潰れたり滲んだりして見えるのが勿体無いところ。 それでもコマンドやインターフェイス等のGUI、ステータス数値のバランスなどが、ほぼスパロボFに準拠したものとなっており、劇的な進化が見て取れる。

システム[編集]

スキルコーディネイトシステム
本作から導入された新システム。ステージクリアターンに応じて付加可能な特殊技能を入手して、出撃していたパイロットに特殊技能を追加できるというもの。スパロボ初のパイロット養成システムであり、以降COMPACTシリーズでは基本実装となる。
フリーオーダーシナリオシステム
スキルコーディネートと並ぶCOMPACTシリーズの基本システム。章毎に区分けされたシナリオマップをプレイヤーが任意で選択できるシステム。
パーソナルデータテーブルシステム
WSのパーソナルデータにより、各パイロットの修得する精神コマンドが変化するシステム。
強化パーツ
V-UPユニットが初登場。これにより二軍ユニットと呼ばれていた機体の武器攻撃力の底上げが可能にった。本作でこの恩恵を最も大きく受けた機体の代表としてエルガイムが挙げられる。
パラメータ面
パイロット側に地形適応の概念が存在しない為、従来シリーズのボスのような地形適応が劣悪なパイロットというのが存在しない。地形適応は全て機体側に依存する形になった。これは後の携帯機系作品にも受け継がれている。

難易度[編集]

  • F完結編程ではないが、本作もニュータイプ強化人間聖戦士技能を持つパイロットを基準にしたかのような敵の命中率の高さであり、また2回行動ニュータイプ勢は圧倒的に早いため、それら以外のリアル系(オールドタイプやエルガイム系)は使いにくい部類に入ってしまう。 ただし、修理・補給装置でのレベル上げやV-UPユニットの活用次第では充分に1軍として使える程度。
  • 当たれば落ちる「一撃必殺」のシステムもF完結編時代のものを引き継いでおり、特に序盤から登場するスーパー系(ダイモスライディーン等)はHP装甲も低く、厳しい戦いを強いられる。中盤以降、手に入る敵ユニットMSはスーパー系のお株を奪うような豊富なHPと強固な装甲を持っている。ただしこの2機には優秀なP兵器や長射程武器(隠し要素で広範囲MAP兵器も)という一芸があるので、扱い方が分かってくるとそれなりに活躍させることも可能。
  • 他の作品には無い特徴として、ブルーガーガルバーFXIIのようなサポート機・二軍機が加入時点で数段階改造済みになっているため、即戦力としては下手な主役格の機体よりも使いやすいという謎の逆転現象が起こっている。
  • 最初期からABが続々と出現しジ・OキュベレイMk-IIのような強敵が早い段階で登場することもあって、慣れないうちは結構苦戦させられる。 ……が、戦力が整う終盤に再登場する際も何故かかつてと同じ無改造状態だったりするため今度は楽勝に、という謎の難易度調整がされていたりする。
  • 「初加入の味方増援で改造済みである機体に限り、全滅プレイ時には改造段階が更に上乗せされる(普通なら不可能な10段階目を越えることも)」という裏技があり、これを上手く活用する事で「HP40000弱のハイパーボチューン(ニー機)」とか「サイコガンダムMk-IIよりも遥かに強いスーパーガンダム」といった超ユニットを用いる事もできる。 ただしゲームバランス崩壊は必至のうえ、これらのバグ機体には精神コマンドでのHP回復が正しく機能しなかったりするので、運用には要注意。

話題[編集]

登場作品[編集]

本作からの新規参戦作品は無し。またバンプレストオリジナル枠も無し。

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』は本作で正式参戦。『超獣機神ダンクーガOVA』の展開が一部再現される。

バンプレストオリジナル[編集]

先述の通り本作ではバンプレストオリジナルのメカ及び登場人物は登場せず、第2次以降初めてオリジナル要素が一切含まれていない作品となっている。

本作と初代を除いて、唯一オリジナル要素が一切含まれていない作品は2014年現在『スーパーロボット大戦モバイル』のみ。

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

分類 記事
全話一覧 全話一覧/COMPACT
隠し要素 隠し要素/COMPACT
精神コマンド 精神コマンド/COMPACT
強化パーツ 強化パーツ/COMPACT
特殊能力 特殊能力/COMPACT
特殊技能 特殊技能/COMPACT
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/COMPACT

商品情報[編集]

ゲーム[編集]

攻略本[編集]

資料リンク[編集]