ゲッターロボG

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲッターロボG
原作 永井豪
石川賢
脚本 高久進
上原正三
田村多津夫
馬嶋満
キャラクターデザイン 小松原一男
音楽 菊池俊輔
制作 フジテレビ
東映動画
放送局 フジテレビ系
放送期間 1975年5月15日 -
1976年3月25日
話数 全39話
シリーズ ゲッターロボシリーズ
前作 ゲッターロボ
劇場版 劇場版マジンガーシリーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦
テンプレートを表示

ゲッターロボG』は、東映動画制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

ゲッターロボ』の好評を受けて制作された直接の続編[1]。当初は「前例のないことにチャレンジする」というダイナミックプロの方針の下、メイン主人公である流竜馬を戦死させる構想が練られ、彼に代わる新リーダー及びイーグル号の後継機たる新ゲットマシンの登場を伴って『G』編に突入する予定だったが、フジテレビ側が「主人公の死」に難色を示したため降板のお鉢が巴武蔵へとスライドし、現在の形に落ち着いた経緯がある[2]

開始当初は新メンバー・車弁慶の個性を視聴者に定着させるべく、彼の活躍にウェイトを置いたエピソードを続出させていたが、徐々に前作でも試みられていた「敵の悲劇性を強調したウェットなドラマ」を輩出するようになり、敵である百鬼帝国の構成員が角の有無を除けば人間と変わらぬ風貌を備えていることも相まって、「悪役なりの葛藤」という要素が前作以上の辛辣さを帯び始めていく。

また、ハードさを増したドラマに呼応するかの如く演出面でも続編という安定感に妥協しない「攻め」の姿勢が見受けられ、'70年代特有の破滅型青春ドラマをアニメへと換骨奪胎したかのような第26話や、早乙女ミチルの主観アングルで物語が進行する第28話など実験精神に富む注目回も多いが、その一方でゲッターロボG各形態の活躍頻度に前作以上の格差が生じるようになった[3]という問題も残している。

作画面では前作終盤から原画マンとしてスタッフに加わった故・金田伊功氏が本領を発揮し始め、既存のロボットアニメとは一線を画す躍動感に満ちたアクション描写を本作の時点で確立させている。

ストーリー[編集]

巴武蔵の犠牲によって恐竜帝国は滅び、地上に平和が訪れた。しかし、それから一か月後、新たな敵・百鬼帝国が現れ、人類に戦いを挑んできた。ゲッターチーム車弁慶を仲間に加えて、新開発のゲッターロボGで百鬼帝国に立ち向かう。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

初代ゲッターから登場している人物が『ゲッターロボG』名義で参戦している場合も下記に含めます。

新早乙女研究所[編集]

流竜馬
神隼人
車弁慶
映画『グレートマジンガー対ゲッターロボG』とTV本編ではゲッターチームに加わる過程が違う。
早乙女博士
早乙女ミチル
早乙女元気

百鬼帝国[編集]

ブライ大帝
ヒドラー元帥
グラー博士
百人衆
独眼鬼
白骨鬼
胡蝶鬼(胡蝶)
鉄甲鬼
暴竜鬼(イサム)
牛剣鬼
百鬼兵
リサ
牛餓鬼

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

新早乙女研究所[編集]

ゲッターロボG
ゲッタードラゴン
空中戦用のゲッターで色は赤。メインパイロットは流竜馬
ゲッターライガー
陸戦・高速戦用のゲッターで色は青。メインパイロットは神隼人。最終決戦時には早乙女ミチルも搭乗した。
ゲッターポセイドン
水中戦用のゲッターで色は黄。メインパイロットは車弁慶
ゲットマシン
ドラゴン号
ライガー号
ポセイドン号
レディコマンド

百鬼帝国[編集]

百鬼メカ
メカ一角鬼
メカ独眼鬼
メカ白骨鬼
メカ胡蝶鬼
メカ鉄甲鬼
メカ大輪鬼
メカ要塞鬼
メカ暴竜鬼
メカ角面鬼
メカ牛剣鬼
メカ雷電鬼
メカ雷獣鬼
合体百鬼ロボット
百鬼戦闘機
科学要塞島
地形として扱われることが多いが、『Z』ではユニットとして登場した。

用語[編集]

新早乙女研究所(フォーダムG)
新たに建て直された早乙女研究所。非常時に上部のドームを閉じる独特の防衛システムが最大の特徴。
ゲッター線増幅炉
早乙女博士が新たに開発した、ゲッター線のエネルギーを10倍に増幅する装置。この装置の完成によって、ゲッターロボGは従来の10倍のパワーで戦えるようになった。
合成鋼G
新しいゲットマシンの装甲に使用されている特殊合金。ゲッター合金よりも強度に優れており、この合金を使用するが故に「ゲッターロボG」と呼ばれる。
百鬼帝国
ブライ大帝率いる鬼の一族。高度な科学力と強靱な肉体を持っているが、角を折られると死んでしまう。多くの人間を鬼に改造して仲間にしている。
百人衆(百鬼百人衆)
百鬼一族のエリート戦士。
百鬼メカ(百鬼ロボット、メカロボット)
百人衆が乗る巨大な戦闘ロボット。「一角鬼」の乗る「メカ一角鬼」というように、操縦者と同じ名前を持つ。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「ゲッターロボ!」
作詞:永井豪 / 作曲:菊池俊輔 / 歌:ささきいさお
前作に引き続きオープニングを担う。『A』『第3次α』『W』で採用。
エンディングテーマ
「不滅のマシン ゲッターロボ」
作詞:和泉高志 / 作曲:菊池俊輔 / 歌:ささきいさお&コロムビアゆりかご会
『COMPACT3』『MX』で採用。
挿入歌
「われらのゲッターロボ」
作詞:和泉高志 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:ささきいさお
『Z』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

前作同様、いるだけ参戦が非常に多い。敵である百鬼帝国がちゃんとした形で登場するのは稀で、第1話に登場したメカ一角鬼の操縦者・一角鬼に至っては現在までSRW未登場。「ベンケイが3号機に乗るのが普通として扱われている」という意味では恵まれていると言える。

ゲッターロボGは真ゲッターロボ入手後、一人乗りで運用される場合もある。

旧シリーズ[編集]

旧シリーズでは百人衆の一部がDCに参加しているくらいで、原作再現はほとんどされていない。

第2次スーパーロボット大戦
ムサシがゲッターポセイドンに乗るという稀有な作品。主な敵としては胡蝶鬼メカ胡蝶鬼)が登場し、説得イベントもある。
第2次スーパーロボット大戦G
メカ雷獣鬼がリストラされたが、胡蝶鬼を最後まで味方として使えるようになった。それ以外はリメイク前と概ね同じ。
第3次スーパーロボット大戦
今作でベンケイが初登場。敵としては胡蝶鬼(メカ胡蝶鬼)、鉄甲鬼メカ鉄甲鬼)が登場するが、以降の旧シリーズにゲッター系の敵キャラクターは一切登場しない。
スーパーロボット大戦EX
最初から最後までゲッターロボGで通すことになった初の作品。
第4次スーパーロボット大戦S
イベントによりゲッターポセイドンが大雪山おろしを使用できるようになる。改造が引き継がれるようになったが、ENの4段階以上と、スピンカッター、ライガーミサイル、ゲッターサイクロンは改造しても無駄になる。
スーパーロボット大戦F完結編
『F』のスーパー系第1話でゲッターロボGが奪われるイベントがある程度。

αシリーズ[編集]

恐竜帝国が全体を通しての敵なので、ゲッターロボGとレディコマンドだけの完全ないるだけ参戦。

スーパーロボット大戦α
初めてゲッターレーザーキャノンが実装。
スーパーロボット大戦α外伝
ゲッターロボGがゲッターチームの初期機体として登場。条件次第で最後まで使える。
第2次スーパーロボット大戦α
レディコマンドが初登場。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
冬月コウゾウ並行世界における百鬼帝国の存在を示唆するイベントがある。ただし単に「鬼」としか呼称していないため、『新ゲッターロボ』のである可能性もある。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
なんと、百鬼帝国が日本をほとんど手中に収める。まあ、すぐにZEUTHに叩き出されるのだが……。他に、元気がSRW初登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT2
百鬼帝国が敵勢力の一つとして登場。ネームドキャラはブライ大帝のみだが、科学要塞島での決戦も行われた。
スーパーロボット大戦IMPACT
扱いは『COMPACT2』に準ずるが、登場キャラにヒドラー元帥が追加された。
スーパーロボット大戦COMPACT3
原作終了後で、胡蝶鬼と鉄甲鬼が百鬼帝国の残党として登場。ほぼいるだけ参戦。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
百鬼帝国が敵勢力の一つとして登場。真ゲッターロボ入手後に一人乗りのゲッタードラゴンを運用できる。
スーパーロボット大戦W
TV版ゲッターチームを真ゲッターロボに乗せるだけの完全ないるだけ参戦。ダイナミックプロ作品の一つとして、OVA版『マジンカイザー』のマジンガーチームに組み込まれたような扱いになっており、同作のゲストキャラクターと呼んでも差し支えないほどの様相をなしている。
多くの敵勢力があのゲッターを匂わせる台詞をたびたび口走り、世界観に深く関わっている可能性が示唆されている。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
攻撃力はトップクラスだが他の形態に変形できない。恐竜帝国が敵。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
いるだけ参戦だが、ライガーやポセイドンが活躍する話もある。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
初参戦作品。登場ユニットはゲッターロボGとメカ一角鬼のみ。
スーパーロボット大戦64リンクバトラー
シリーズで初めて百鬼帝国が登場。
スーパーロボット大戦MX
最初から最後までゲッターロボGに乗る。劇場版込みで再現度は高い。
スーパーロボット大戦X-Ω
第2期追加作品として登場。『Z』以来約8年ぶりの参戦となるが、設定がOVA版と混在している。
2020年10月現在、ユニット化されたのはゲッタードラゴンのみ。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 甦れゲッターロボ!! メカ一角鬼
第2話 恐るべき百鬼帝国の謎 メカ一角鬼
メカ独眼鬼
第3話 悪の罠!空飛ぶ船団 メカ牛面鬼
第4話 ベンケイ!涙の勝利 メカ針千本鬼
メカ白髪鬼
第5話 恐怖の水爆大作戦 メカ暗黒鬼
第6話 夢を裂く百鬼一族 メカ小竜鬼
第7話 追跡!黒いジェット機 メカ三頭鬼
第8話 夜空に輝く二つ星 メカ白骨鬼
第9話 SOS!ゲッターロボ応答せよ メカ飛竜鬼
第10話 悪魔の島を攻撃せよ! メカ海王鬼
第11話 百鬼帝国!将軍への道 メカ自雷鬼
第12話 遥かなる荒野の決闘! メカ邪角鬼
第13話 こうもり爆弾!危機一髪 メカ紫電鬼
第14話 友達は風になった メカ地虫鬼
第15話 赤い蝶のバラード メカ胡蝶鬼
第16話 死闘!嵐吹く男の道 メカ鉄甲鬼
第17話 コロよ明日に吠えろ! メカ闇竜鬼
第18話 危うし伊豆半島沖! メカ妖剣鬼
第19話 早乙女博士を救出せよ! メカ金剛鬼
第20話 大攻撃!メカ要塞鬼 メカ大輪鬼
メカ半月鬼
メカ要塞鬼
第21話 大決戦!シャインスパーク メカ半月鬼
メカ要塞鬼
シャインスパーク登場
第22話 海底に消えたジャンボ機 メカ獣王鬼
第23話 月光に踊るピエロ メカ剣王鬼
第24話 海に叫ぶ少年! メカ百足鬼
第25話 湖に消えたミチル メカ大角鬼
第26話 鬼になったあいつ! メカ暴竜鬼
第27話 ツバメよ元気にとべ! メカ鋼頭鬼
第28話 緑の地球が死ぬ! メカ蛇王鬼
第29話 涙のあとに口笛を メカ天魔鬼
第30話 ドライスノー奇襲作戦! メカ鉄丸鬼
第31話 燃えろ!リョウの剣 メカ大剣鬼
第32話 元気あの子ってなんなのさ! メカ鉄光鬼
第33話 夕焼け空が知っている メカ恐角鬼
第34話 対決!百鬼三兄弟 メカ角面鬼
第35話 百鬼老兵は死なず メカ牛剣鬼
第36話 ベンケイ暗殺計画 メカ電光鬼
第37話 危機迫る日本近海! メカ雷電鬼
メカ闇虫鬼
メカ甲角鬼
メカ輪魔鬼
メカ十方鬼
メカ雷獣鬼
合体百鬼ロボット
第38話 ブライ大帝決死の大反撃! メカ闇虫鬼
メカ甲角鬼
合体百鬼ロボット
 
第39話 大決戦!日本上空 メカ輪魔鬼
メカ十方鬼
メカ雷獣鬼
合体百鬼ロボット

脚注[編集]

  1. 場合によっては、『ゲッターロボ』から続けて話数を数え、全90話とされることもある。
  2. 原作漫画版ではゴールタワーとの戦闘時における竜馬の行方不明→記憶喪失状態での帰還までの流れに初期構想の名残が見受けられる。
  3. 科学要塞島も含めた45体(合体百鬼ロボット分離時の各機体を個別にカウント)の百鬼メカのうち27体をゲッタードラゴンが仕留めているが、ゲッターポセイドンは6体、ゲッターライガーに至ってはライガー号単独で撃破したものを含めてもわずか4体という戦績に終わっている。それ以外は自爆や落雷の直撃など、外的要因による勝利。

商品情報[編集]

DVD[編集]

書籍[編集]

その他[編集]

レンタルビデオ・動画配信[編集]

サイト名 取扱いの有無 備考
レンタルビデオ
ツタヤディスカス ×
DMM ×
サイト名 取扱いの有無 備考
動画配信
ツタヤディスカス ×
DMM 配信期限あり
バンダイチャンネル ×
GYAO!ストア 配信期限あり
東映アニメオンデマンド 見放題対象の時期あり
ビデックス
ビデオマーケット