暴竜鬼

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
暴竜鬼
読み ぼうりゅうき
外国語表記 Bouryuki
登場作品

ゲッターロボシリーズ

声優 森功至
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 イサム
種族 地球人(百鬼一族)
性別
年齢 隼人と同年代
所属 百鬼帝国
役職 百鬼百人衆
テンプレートを表示

暴竜鬼は『ゲッターロボG』の登場人物。

概要[編集]

第26話「鬼になったあいつ!」に登場した百鬼百人衆の一人。その正体は神隼人の幼馴染・イサム

母親を失い、新宿の街を塒に何か大きな事をする夢を抱き、喧嘩の助っ人やラーメン屋の宣伝をしながら資金を稼いでいたが、不慮の事故から百鬼帝国新宿支部長を失ったヒドラー元帥の「金と新宿の街は思うがまま」という甘言に乗り、暴竜鬼となる。

暴竜鬼となった後は新宿征服のため動くが、隼人と対峙。彼に計画を阻止され、メカ暴竜鬼を出撃。隼人の説得に耳を貸さずゲッターに挑むが、敗退する。

その後、母親への思いと鬼になったことを後悔しながら、隼人の腕の中で息絶え、角も彼の手により撃ち抜かれた。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
スーパー系ルートにのみ登場。マップ開始直前に隼人が思い返し、自軍を追撃した際に彼と対峙する。『64』の世界設定から金の他にもA級市民への登録の言葉に乗り、鬼兵士にされたことが告げられる。

人間関係[編集]

母親
彼女の他界を契機に郷里から新宿へとやってくる。彼女手作りのおはぎが自慢で、幼少時代の隼人にも振舞っていた。SRW未登場。
神隼人
幼馴染。再会を果たすが、最後は彼の手で討たれる。
新宿支部長
前任者。百人衆の中で一番の切れ者だったが、車に撥ねられて死亡した。SRW未登場。
ヒドラー元帥
上司。彼からのスカウトを受け、暴竜鬼に改造される。
老婆
車に轢かれそうになった彼女を隼人と共に救出。イサム曰く「ちょっぴりお袋に似てやがる」との事だったが、そんな彼女ですら暴竜鬼は殺めてしまう。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

暗黒大将軍
64』では初登場時、共闘する。

名台詞[編集]

イサム「金だよ、金さえありゃなんでも出来るんだ。だからがめつく稼いでんだよ。今に必ずでっかいことをしてやるからなぁ」
隼人「でっかいことって?」
イサム「ああ、何かでっかいことさ、俺はこの新宿の街が大好きなんだ。この新宿で何かでっかいことをやるんだよ」
暴竜鬼となる前に新宿で隼人と再会。公園で自分の夢を語る。
「この世は金と力よ。何でもやってやる!条件は何だ?」
「やると言ったらやるぜ。『イサム』の名ぐらい何時でも棄ててやらあ!」
新宿スバルビル地下の「新宿の目」に偽装した百鬼帝国新宿支部へと赴き、ヒドラーから示された「イサムの名を棄てろ」との条件に威勢よく啖呵を切るが、この選択肢がイサムの運命を大きく変える事となる。
「俺は暴竜鬼だ!」
「この新宿の街を俺の物にするんだ。あの聳え立つビルのように、俺はこの街を見下ろしてやる!」
2代目新宿支部長・暴竜鬼として百鬼兵へと下した初指令。「イサム」の頃に愛着を寄せていた街・新宿は、「暴竜鬼」にとって単なる制圧対象へと摩り替わってしまった。
「人にはそれぞれの生き方がある。ハヤト、お前にはお前の道がある。俺には俺の道がある」
「それは戦いが決めてくれる。勝った者が正義で、負けたものが邪悪になるのだ」
メカ暴竜鬼を駆り、隼人と対峙した際の台詞。自分の選んだ道が正しかったと思い、闘うが…。
「嫌だっ、やだやだっ、母ちゃん、助けてくれよぉっ、鬼なんて嫌だ!」
ゲッターライガーに敗北後、昼間に交通事故から助けた老婆を巻き添えにしてまで力を得たことを隼人から指摘され、同時に鬼になったことへの後悔と母親のことを思い出し泣き叫ぶ。
「やだ…鬼なんて…せめて、人間に戻って死にたかった…」
幼児退行したかの如く一頻り泣き叫んだ後、母親からの「他人様に迷惑を掛けるな」という戒めを思い出し、弱々しく隼人へと縋り付く。
「ハヤ…ト……」
隼人の胸の十字架で、彼の流した涙で濡れて遮るという形ながら角がないことに安堵し、息を引き取った際の台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ふふふ、俺はついているな。奴らを追ってきて正解だったようだ」
64』「その名は草間大作」より。2度目の登場で増援としての登場した時の台詞。同話では一応ボス的存在である。

搭乗機体[編集]

メカ暴竜鬼