ゲッターロボ (兵器)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ゲッターロボ(Getter Robo)とは、『ゲッターロボシリーズ』に登場する機動兵器。

本項では、『ゲッター』の名を冠する機体の総称として、各機体について大まかな説明を記載する。より詳しい解説は、それぞれの項を参照されたし。

機種[編集]

スパロボに登場した機体のみ記載する。

TVシリーズに登場[編集]

プロトゲッターロボ
プロトゲッター1プロトゲッター2プロトゲッター3変形する。操縦者は早乙女達人(SRW未登場)を始めとする三名。
ゲッターロボ
ゲッターロボ』に登場。ゲッター1ゲッター2ゲッター3変形する。操縦者は流竜馬神隼人巴武蔵
ゲッターロボG
ゲッターロボG』に登場。ゲッタードラゴンゲッターライガーゲッターポセイドン変形する。操縦者は流竜馬神隼人車弁慶
ゲッターQ
ゲッターロボ』に登場。変形機構は無い。早乙女ミユキ(ゴーラ王女)が搭乗。ゲームでは早乙女ミチルが搭乗する事も多い。

漫画版・OVA版に登場[編集]

ゲッターロボ號
原作漫画版『ゲッターロボ號』に登場。ゲッター號、ゲッター翔、ゲッター剴に変形する。操縦者は一文字號橘翔大道剴
真ゲッターロボ
原作漫画版『ゲッターロボ號』、『真ゲッターロボ』を始め、他多くの作品に登場。真ゲッター1真ゲッター2真ゲッター3変形する。
原作漫画版での操縦者は流竜馬神隼人一文字號車弁慶、他数名。『世界最後の日』では、後に流竜馬神隼人車弁慶。『真対ネオ』では一文字號橘翔大道剴。団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』では闇の帝王に造られた巴武蔵クローン三人が操縦している。
ブラックゲッター
世界最後の日』に登場。初代ゲッターロボを改造した機体。操縦者は流竜馬
量産型ゲッタードラゴン
『世界最後の日』に登場。ゲッターロボG量産型。ライガー形態やポセイドン形態にも変形可能。
メタルビースト・ドラゴン
『世界最後の日』に登場。ゲッターロボGの姿を模したメタルビースト。操縦者は早乙女博士コーウェンスティンガー
真ゲッタードラゴン
『世界最後の日』に登場。真ドラゴン真ライガー真ポセイドン変形する。操縦者は
邪真ドラゴン
真ゲッタードラゴンの成長段階の一つ。
ネオゲッターロボ
真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』に登場。ネオゲッター1ネオゲッター2ネオゲッター3変形する。操縦者は一文字號橘翔大道剴
プロトタイプ・ゲッター
『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』に登場。恐竜帝国キャプテン・ニオンが搭乗したゲッターロボのプロトタイプの一機。
神ゲッターロボ
『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』に登場した、真ゲッターロボの更なる進化形態。
ゲッターエンペラー
真ゲッターロボ (原作漫画版)』で初登場した、ゲッターロボの最終進化系。PSゲーム『ゲッターロボ大決戦!』でも自軍の戦艦として登場する。
ゲッターロボ (新)
新ゲッターロボ』に登場。ゲッター1 (新)ゲッター2 (新)ゲッター3 (新)変形する。操縦者は流竜馬神隼人武蔵坊弁慶

パイロット[編集]

スパロボに登場した人物のみ記載する。

流竜馬
ゲッター1ゲッタードラゴンを操縦。原作漫画版では真ゲッター1も操縦。
神隼人
ゲッター2ゲッターライガーを操縦。原作漫画版では真ゲッター2も操縦。
巴武蔵
ゲッター3を操縦。
車弁慶
ゲッターポセイドンを操縦。原作漫画版では真ゲッター3も操縦。
早乙女博士
原作漫画版では一時的にゲッター3のパイロットを担当していた。
早乙女ミチル
ゲッターロボG』終盤にゲッターライガーを操縦。
早乙女ミユキ
ゲッターQに搭乗。
流竜馬 (OVA)
ゲッター1ブラックゲッター真ゲッター1ゲッター1 (新)を操縦。
神隼人 (OVA)
ゲッター2真ゲッター2ゲッター2 (新)を操縦。
巴武蔵 (OVA)
ゲッター3を操縦。『真対ネオ』ではゲッターロボを一人で操縦した。
車弁慶 (OVA)
真ゲッター3を操縦。
早乙女博士 (OVA)コーウェンスティンガー
メタルビースト・ドラゴンを操縦。
真ゲッター1真ドラゴンを操縦。
真ゲッター2真ライガーを操縦。
真ゲッター3真ポセイドンを操縦。
一文字號
ゲッター號ネオゲッター1真・ゲッター1神ゲッターロボを操縦。
橘翔
ゲッター翔、ネオゲッター2真・ゲッター2を操縦。
大道剴
ゲッター剴、ネオゲッター3真・ゲッター3を操縦。
武蔵坊弁慶
ゲッター3 (新)を操縦。

関連用語[編集]

ゲッターロボ (ロボット)
早乙女博士OVA)が宇宙開発用に開発したロボット。全てのゲッターロボの始祖(厳密に言えば、プロトゲッターロボがそれにあたるが)である。
ゲッター線
殆どのゲッターロボの動力源。
ゲットマシン
変形合体する事でゲッターロボを構成する戦闘機。
オープンゲット
合体状態から分離する。

余談[編集]

  • TV版『ゲッターロボG』終盤にて早乙女ミチルゲッターライガーに乗ったことから、女性のゲッター操縦者は、ゲッター2に相当する形態をメイン操縦する傾向にあった。これはキャラクターの性差に広く見られる「女性は男性に比べて攻撃力や防御力が低いがスピードは高い」特性が他の形態よりもゲッター2系統にマッチしていることとも無縁ではないだろう。
  • 近年では、PSゲーム『ゲッターロボ大決戦!』に登場したゲッターロボ斬の操縦者である水樹茜(ゲッター1相当を操縦)、柴崎楓(ゲッター3相当を操縦)、漫画『偽書ゲッターロボ ダークネス』に登場するゲッターロボ(偽書)のムサシ(ゲッター3相当)のように、ゲッター2相当に拘らない人選も見せている。