車弁慶 (OVA)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
車弁慶
読み くるま べんけい
外国語表記 Benkei Kuruma
登場作品

ゲッターロボシリーズ

声優 飯塚昭三
デザイン 羽山賢二(世界最後の日)
鈴木藤雄(真ネオ)
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 28歳→41歳(世界最後の日)
所属
世界最後の日
ゲッターチーム日本軍
軍階級 少佐(世界最後の日)
テンプレートを表示

車弁慶は「ゲッターロボシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

真ゲッターロボ 世界最後の日[編集]

元ゲッターチームのメンバーで、巴武蔵の後輩。ゲッターチーム解散後は、武蔵と共に日本軍に所属していた。の育ての親であり、彼女の素性を知る数少ない人物。

アニメ作品では初めて武蔵と競演した。スパロボの設定が逆輸入されており、大雪山おろしを使える。武蔵から直々に学んだようで「直伝、大雪山おろし!」と叫んでいる。

本作品において数少ない、全話に渡って登場するキャラクターでもある(第2話での登場は過去シーンのみ、かつ台詞なし)。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ[編集]

最終話のエンディングにカメオ出演(声は無し)しているが、格好はほぼTV版そのまま。

現時点ではスパロボには登場していない。

登場作品と役柄[編集]

2018年時点、スパロボに登場しているのはいずれも『世界最後の日』準拠の設定。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
今回は武蔵が真ゲッターに乗り続けるため声無しのNPCに終始、完全な非戦闘員扱いでの登場。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
中盤、真ゲッターが参戦する頃から登場する。今回は旧ゲッターチームが真ゲッターに搭乗する第44話からパイロットとして使用可能。レベルと撃墜数は隼人のものが引き継がれるので、タワーを使えば使うほどエースボーナス取得は楽になる。そしてそのエースボーナスが真ゲッター3の使い勝手を左右するので早期に取得させたい。『破界篇』ではパイロットとして使える機会はなかったが、『破界篇』~『再世篇』プロローグの間で、2回に1回の割合で竜馬・隼人と組んで真ゲッターに乗っていた事が語られている。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
最初はと一緒に真ゲッターに乗り、それからと交代して旧ゲッターに乗り換える。隼人がパイロットに復帰すると、竜馬と共に各ゲッターに乗り換えられるようになる。TV版の車弁慶と違い、単独パイロットとして出撃機会がある上に、シナリオ上でのポジションもブルー・スウェアの首脳陣の一人という扱いで、存在感は大きい。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
第27話より登場。隼人共にアメリカでゲッター線の研究をしていたがに竜馬の生存を聞かされ、半信半疑ながら號、隼人と真ゲッターで駆けつける。参戦作品の都合でただ一人の宇宙適正Bのパイロットになってしまった。
スーパーロボット大戦T
真ゲッターロボ 世界最後の日』設定。青年期では初めてのパイロットとしての参戦になる。
加入は第40話で、撃墜数や習得させたスキルは武蔵のものを引き継ぐ。精神コマンドの努力応援になっている以外は武蔵と能力の違いはない。
今回は加入と同時に真ゲッタードラゴンに乗る事になるので、あえて真ゲッターに乗り換えて真ゲッター3に変形させる意味は薄く、サブパイロット状態になりがち。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後のため時空の彼方で戦い続けていたが、第4章にて時空の裂け目が開いた際に竜馬共々連れ戻されて帰還。以後は竜馬チームとチームで真ゲッターを共用する形で出撃可能となる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
「聖バレンタインの騒乱」では愛娘である渓がチョコ作りをする際に複雑な反応をしている。
スーパーロボット大戦X-Ω
2017年6月のイベント「光を求める乙女の願い」より登場。
本作ではTV版ゲッターと同時参戦となっているが、ユニットとしては同一人物扱いなので同時編成はできず、シナリオでも共演は叶っていない。
2018年10月のイベント「第3回スパクロフェスティバル」では野球チームの監督をしている
スーパーロボット大戦DD
PV1で登場。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

三号パイロットを代表する人物だけあり、典型的な格闘・防御型。

精神も努力や鉄壁など期待に応える内容であり、竜馬・隼人の二人を裏方として適確に支えてくれる。

精神コマンド[編集]

第2次Z再世篇
ド根性努力気合幸運鉄壁気迫
V
ド根性努力気合鉄壁気迫
T
根性信頼応援鉄壁気迫
武蔵の努力が応援に変わっただけであるが、真ドラゴンになってからはサブパイロットなのでこちらの方が都合がよいのも事実。
OE
鉄壁根性必中

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z再世篇
底力L7、ガード援護防御L2
V
底力L7、ガードL1、援護防御L2
OE
底力:防御、ガード無頼
T
底力L7、ガードL2、援護防御L2

固有エースボーナス[編集]

気力150以上で、被ダメージ0.6倍
第2次Z再世篇』。装甲を十分に改造してこれとガード、底力に鉄壁まで発動した真ゲッター3はかの鉄の城も真っ青な不沈艦と化す。というか、真ゲッター3の使い勝手はこれがあるかどうかで完全に左右される。
気力150以上で、被ダメージ0.7倍
第3次Z時獄篇』以降。効果が少しだけ下がった。
撃墜エース/防御(ダメージ20%軽減)
OE』。『NEO』の武蔵坊弁慶と同様のボーナス。

人間関係[編集]

流竜馬神隼人
仲間。
巴武蔵
先輩。
早乙女元気
自分の娘として育てた少女。
部下。

他作品との人間関係[編集]

マクシミリアン・ジーナス
D』ではインベーダーに対して共闘した戦友である。
オリファー・イノエ
『D』では部下。
アムロ・レイ金竜
『D』ではチームのまとめ役同士で、仲が良い。
ヴィラル
第2次Z再世篇』ではヴィラル率いる反政府ゲリラに協力しているという設定。娘の共々関係良好。
ヒビキ・カミシロ
第3次Z時獄篇』では海中戦闘のシミュレーションに付き合うが、その際水中戦闘の機会がない事を愚痴っていた。
碇シンジ綾波レイ式波・アスカ・ラングレー
V』のDLC「三つの心」では足並みの揃わない三人にチームワークを教えるべく特訓を科すが、現代っ子の思考についていけなかった。

名台詞[編集]

「すまねえ…すまない、元気。俺達は今度こそ、今度こそ竜馬に間違いを犯させるかも知れん。なのに…止めることができねえなんて…!すまねえ、すまねえ元気…!!」
第1話。早乙女と隼人への復讐に燃える竜馬を止められず、ただ元気に謝罪することしかできない弁慶。
「所詮、ゲッターからは逃れられない運命ってわけか…」
第5話。荒廃化した早乙女研究所にて、真ゲッター2と共に姿を現したの指示でと共に真ゲッターロボに乗り込むことになった弁慶。ゲッターにより多くのものを失いながらも、インベーダーと戦うために、再びゲッターに乗り込む。そんな皮肉を自嘲しながらも戦う決意を固めた。
「こいつは早乙女の息子なんかじゃない!俺の娘渓だ!」
第6話。早乙女博士によって世界がゲッター線によって汚染され、その忘れ形見である元気の身を案じた弁慶の気転で守った時の台詞。
「ゲッターチームの復活だ!底力を見せてやる!!」
第11話。13年の時を経て再び揃ったゲッターチームは真ドラゴンに立ち向かう。
「任せてくれ、先輩…渓は、この俺が必ず…!」
インベーダーの精神攻撃を振り切り、武蔵から「元気を頼む」と激励された弁慶。武蔵の形見である帽子を被り直し、彼は娘を守る決意を新たにする。
「見たな、竜馬!隼人!」
メタルビースト・ドラゴン合体スピードが自分達より遅い事に気付いて。ちなみに原作漫画版では弁慶だけが気付いていなかった。
「直伝!大雪山おろし!!」
第13話(最終回)大雪山おろしを使った際に。地味に宇宙空間で大雪山おろしを使っていたりもする。
「號だけじゃない、過去を未来に繋ぐために現在を生きる…それが人間ってやつなんだ!!」
コーウェンスティンガーとの決戦の最中、號の真実を悟った竜馬の台詞の後で。
「ここから先は俺達だけで充分だ。渓、お前達は…!」
時の狭間でインベーダーと戦い続けるゲッターエンペラー、そしてゲッターの軍勢を見た弁慶は竜馬、隼人と共に戦う事を選び、真ゲッターロボを真ドラゴンから分離させ、渓らを地球に帰還させる。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

D[編集]

「ふん、どうもなれなくてな。それはそうと、俺のことも昔の階級で呼ぶのはやめてもらおう。もう統合軍なんざ残っちゃいねぇんだ」
「憎しみは激闘の中」シナリオデモ中。隼人をジン・ジャハナムと呼ばないことでヤマザキから指摘を受けるも、隼人から「こいつは昔からこう言う男だ」と流され、ヤマザキに反論する。
「お前ら、なにぼやぼやしてやがる。こいつらを倒せば、地球はもとに戻るかもしれねぇんだ。気合いを入れろ!」
「憎しみは激闘の中」戦闘マップ。ゲッター1で出撃し、渓達真ゲッターチームに喝を入れる。
「武蔵先輩…?ダメだ、早くそこから逃げてくれ!!」
エンジェル・ハイロゥの影響を受けた際の台詞。

Zシリーズ[編集]

「待ちに待ってた出番が来たぜ! 近づく奴は片っ端から海の藻屑にしてやる!」
第3次Z天獄篇』残されの海ルート第26話「深海の秘密」での戦闘前台詞より。このステージは深海での戦いであり、水中固定で空が飛べない、というまさに真ゲッター3のためのような舞台。そのためなのか非常に生き生きしているのが見て取れる。というか、今は亡き先輩と同じ事を言っている…。
ちなみに『第3次Z時獄篇』ではメリダ島ルートで同様のステージがあったが、弁慶は分岐で反対のルートにいたため、参加できなかったことをヒビキが嘆いていた。

V[編集]

「戦場にも問題がある。もっと水中での戦いが増えれば、この俺の活躍も増えるのに、それを…」
エーストークにてナインに「縁の下の力持ち的な頑張り」と褒められてチームメイトのサポートをしている話から…。ナインからもストレスが溜まっていると思われている。そのためか、ボーナスシナリオ「三つの心」では張り切る場面が見られる。

CC[編集]

「確かに渓も立派な大人だ…。 ああ…いや、だがしかし…」
「聖バレンタインの騒乱」にて、娘の渓が想いを寄せている相手にチョコを作る光景を見て、複雑な表情を見せる。
…まあ、その相手が亡き姉の細胞から作られたゲッタークローン――即ち、遺伝子的・血縁的な立場からヤバイ存在であるので…。
ちなみにイアンその愛娘をたぶらかしている(?)人物に憤慨している…。

搭乗機体[編集]

真ゲッターロボ
真ゲッター3
『真ゲッターロボ 世界最後の日』最後の搭乗機。真ゲッターロボの海戦形態。

SRWでの搭乗機体[編集]

真ゲッタードラゴン (大決戦)
T

余談[編集]