車弁慶 (OVA)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
車弁慶
読み くるま べんけい
登場作品

ゲッターロボシリーズ

声優 飯塚昭三
デザイン 羽山賢二(世界最後の日)
鈴木藤雄(真ネオ)
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 28歳 → 41歳(世界最後の日)
所属
世界最後の日
ゲッターチーム日本軍
軍階級 少佐(世界最後の日)
テンプレートを表示

車弁慶は「ゲッターロボシリーズ」の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

真ゲッターロボ 世界最後の日[編集 | ソースを編集]

元ゲッターチームのメンバーで、巴武蔵の後輩。ゲッターチーム解散後は、武蔵と共に日本軍に所属していた。の育ての親であり、彼女の素性を知る数少ない人物。

アニメ作品では初めて、武蔵と競演。スパロボの設定が逆輸入されており、大雪山おろしを使える。武蔵から直々に学んだようで「直伝、大雪山おろし!」と叫んでいる。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ[編集 | ソースを編集]

最終話のエンディングにカメオ出演(声は無し)しているが、格好はほぼTV版そのまま。

現時点ではスパロボには登場していない。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

スパロボでは全て『世界最後の日』準拠の設定。

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
今回は武蔵が真ゲッターに乗り続けるため声無しのNPC。終始完全な非戦闘員扱いでの登場。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
音声初収録。中盤、真ゲッターが参戦する頃から登場する。今回は旧ゲッターチームが真ゲッターに搭乗する第44話からパイロットとして使用可能。レベルと撃墜数は隼人のものが引き継がれるので、タワーを使えば使うほどエースボーナス取得は楽になる。そしてそのエースボーナスが真ゲッター3の使い勝手を左右するので早期に取得させたい。『破界篇』ではパイロットとして使える機会はなかったが、『破界篇』~『再世篇』プロローグの間で、2回に1回の割合で竜馬・隼人と組んで真ゲッターに乗っていた事が語られている。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦D
初登場作品。最初はと一緒に真ゲッターに乗り、それからと交代して旧ゲッターに乗り換える。隼人がパイロットに復帰すると、竜馬と共に各ゲッターに乗り換えられるようになる。TV版の車弁慶と違い、単独パイロットとして出撃機会がある上に、シナリオ上でのポジションもブルー・スウェアの首脳陣の一人という扱いで、存在感は大きい。

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦V
第27話より登場。隼人共にアメリカでゲッター線の研究をしていたがに竜馬の生存を聞かされ、半信半疑ながら號、隼人と真ゲッターで駆けつける。参戦作品の都合でただ一人の宇宙適正Bのパイロットになってしまった。
スーパーロボット大戦T
真ゲッタードラゴン用の新規音声がある。青年期では初めてのパイロットとしての参戦。加入は第40話で、撃墜数や習得させたスキルは武蔵のものを引き継ぐ。精神コマンドの努力応援になっている。実は格闘が武蔵より2高いが、射撃と防御が3低い。
今回は加入と同時に真ゲッタードラゴンに乗る事になるので、あえて真ゲッターに乗り換えて真ゲッター3に変形させる意味は薄く、サブパイロット状態になりがち。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
「聖バレンタインの騒乱」では愛娘である渓がチョコ作りをする際に複雑な反応をしている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後のため時空の彼方で戦い続けていたが、第4章にて時空の裂け目が開いた際に竜馬共々連れ戻されて帰還。以後は竜馬チームとチームで真ゲッターを共用する形で出撃可能となる。
スーパーロボット大戦X-Ω
2017年6月のイベント「光を求める乙女の願い」より登場。真ゲッター3のパイロット。他のゲッターではサブパイロットとなるが、真ゲッタードラゴンのユニットシナリオのみ青年期のグラフィックとなる。
本作ではTV版ゲッターと同時参戦となっているが、ユニットとしては同一人物扱いなので同時編成はできず、シナリオでも共演は叶っていない。
2018年10月のイベント「第3回スパクロフェスティバル」では野球チームの監督をしている
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド2から登場。第1話でのみ若い頃のグラフィックが見れる。ブライトミサトと言ったいつもの中間管理職組に加えてワールド2陣営におけるリーダー格の一人として扱われており、出番は多い。状況に絡めて一年戦争のホワイトベース隊のエピソードを持ち出すが、その殆どが変に誇張された内容で、どこかコミカルな印象を与える。ある時には声優ネタが披露された事も。
1章Part6からは真ゲッター1のサブパイロットとして参戦。当初はボイスが再生されないバグがあったが、Ver.1.9.0にて修正された。
2021年5月のイベント「ゲッターノワール 三つの魂」からは、真ゲッター3のパイロットとしてプレイアブル参戦。
スーパーロボット大戦30
今回は早乙女博士の反乱を鎮圧後、真ゲッターを駆って対テロリストの傭兵をやっていたと言う設定。初登場回でインベーダーの強襲によって隼人共々負傷し、日本で療養していたがキーミッション「覚 -MEZAME-」でのゼロロボのGアイランドシティの襲撃の最中に復帰する。今作ではサブパイロット固定。
本作では第一部に近い年齢設定なので、渓とは8~9歳程度の年齢差しか無い。にもかかわらず、第二部相応の親馬鹿になっている。
飯塚昭三氏は2023年2月15日に逝去、今作が飯塚氏にとって生前最後のスパロボ出演となった。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

三号パイロットを代表する人物だけあり、典型的な格闘・防御型。

精神も努力や鉄壁など期待に応える内容であり、竜馬・隼人の二人を裏方として適確に支えてくれる。

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

第2次Z再世篇
ド根性努力気合幸運鉄壁気迫
第3次Z
ド根性努力気合鉄壁
D
信頼気合努力必中鉄壁熱血
V
ド根性努力気合鉄壁気迫
T30
根性信頼応援鉄壁気迫
武蔵の努力が応援に変わっただけであるが、真ゲッタードラゴンになってからはサブパイロットなのでこちらの方が都合がよいのも事実。
OE
鉄壁根性必中
X-Ω
ド根性鉄壁必中
パイロットパーツ装備時
気合熱血
DD
気合信頼必中ド根性屈強

特殊スキル[編集 | ソースを編集]

第2次Z再世篇
底力L7、ガード援護防御L2
D
底力L7、援護攻撃L2、援護防御L2
V
底力L7、ガードL1、援護防御L2
T
底力L7、ガードL2、援護防御L2
OE
底力:防御、ガード無頼
DD
闘争心(弁慶)
気力が10上昇する毎に、攻撃力・防御力が増加する。
気勢(弁慶)
攻撃力・防御力が増加する。気力が120、150以上のとき、ステージ中一度「熱血」がかかる(LV20で追加される)。
[X]ゲッターチーム
気力上限・スピード・攻撃力・照準値が増加する。

エースボーナス[編集 | ソースを編集]

気力150以上で、被ダメージ0.6倍
第2次Z再世篇』。装甲を十分に改造してこれとガード、底力に鉄壁まで発動した真ゲッター3はかの鉄の城も真っ青な不沈艦と化す。というか、真ゲッター3の使い勝手はこれがあるかどうかで完全に左右される。
気力150以上で、被ダメージ0.7倍
第3次Z時獄篇』以降。効果が少しだけ下がった。
撃墜エース/防御
OE』。ダメージ20%軽減。『NEO』の武蔵坊弁慶と同様のボーナス。

サポートアビリティ[編集 | ソースを編集]

真ベアー号のパイロット
SR。攻撃力大アップ。

人間関係[編集 | ソースを編集]

流竜馬神隼人
仲間。
巴武蔵
先輩。
早乙女元気
自分の娘として育てた少女。
古田、団六
部下。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

マクシミリアン・ジーナス
D』ではインベーダーに対して共闘した戦友である。
オリファー・イノエ
『D』では部下。
金竜
『D』ではチームのまとめ役同士で、仲が良い。
アムロ・レイ
『D』ではチームのまとめ役同士で、仲が良い。
『DD』では一年戦争当時の武勇伝から、年下ながら敬意を払っている。
しかしその内容は出典が怪しげなものが殆どで、彼やブライトから鵜呑みにしないでくれと釘を刺されることに。
ブライト・ノア
『DD』では戦友。その姿や声は亡き友人を思い起こさせるとの談。
ヴィラル
第2次Z再世篇』ではヴィラル率いる反政府ゲリラに協力しているという設定。娘の共々関係良好。
ヒビキ・カミシロ
第3次Z時獄篇』では海中戦闘のシミュレーションに付き合うが、その際水中戦闘の機会がない事を愚痴っていた。
碇シンジ綾波レイ式波・アスカ・ラングレー
V』のDLC「三つの心」では足並みの揃わない三人にチームワークを教えるべく特訓を科すが、現代っ子の思考についていけなかった。
葛城ミサトレイラ・マルカル
『DD』ではブライトと共に中間管理職どうしとして絡むことが多い。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「すまねえ…すまない、元気。俺達は今度こそ、今度こそ竜馬に間違いを犯させるかも知れん。なのに…なのに止めることができないなんて…!すまねえ、すまねえ元気…!!」
第1話。早乙女と隼人への復讐に燃える竜馬を止められず、ただ元気に謝罪することしか出来なかった。
「本当に…どうして、こんなことになっちまったんだろうな?元気…」
第4話。元気はシェルターに避難することよりも落下していくICBMを見つめるほうを優先し、その爆発の中に消えてしまい、13年ぶりの地上において、弁慶は当時のことを思い出すのだった。この回想内で弁慶はまだ幼かった渓をおぶっていたのだが第6話で明かされた真相から史実は異なっていたことが判明。この矛盾に関しては弁慶が渓=元気に嘘を付いていることへの後ろめたさから虚構を思い浮かべてしまったのであろう。
「に…逃げるぞ」
渓「えっ? 親父!」
「逃げるぞ、こっから逃げるぞ急げ!」
渓「ちょ、ちょっと待ってよどうしたの?」
「いいから来い、此処は…此処はゲッター線の爆心地だ…」
渓「えっ?」
「此処で何人もの俺の友が死んだ…そして俺達の未来に終止符を打ったのも此処だ…いいか、こんな所に居てみろ…今度は何が起こるか分からん!」
渓「でも…」
「煩い、お前だってこんな所が無けりゃ今頃は…」
早乙女研究所の地下で半壊したゲッター3の前で武蔵の帽子を握りしめながら。
「所詮、ゲッターからは逃れられない運命ってわけか…」
第5話。荒廃化した早乙女研究所にて、真ゲッター2と共に姿を現したの指示でと共に真ゲッターロボに乗り込むことになった弁慶。ゲッターにより多くのものを失いながらもインベーダーと戦うために再びゲッターに乗り込む。そんな皮肉を自嘲しながらも戦う決意を固めた。
「速すぎたんだよ、合体のスピードがな…。あのまま居やぁ、3機揃ってあの世行きだったぜ…」
第6話。號が真ゲッター3の合体を中断した事に対して渓が説明を要求した際に。重傷を負いながらもゲッターロボのパイロットだったため、的確に指摘している。
「こいつは早乙女の息子なんかじゃない!俺の娘渓だ!」
早乙女博士によって、世界がゲッター線によって汚染され、その忘れ形見である元気の身を案じた弁慶の気転で暴動から守った時の台詞。
「ゲッターチームの復活だ!底力を見せてやる!!」
第11話。13年の時を経て、再び揃ったゲッターチームは真ドラゴンに立ち向かう。
「任せてくれ、先輩…渓は、この俺が必ず…!」
インベーダーの精神攻撃を振り切り、武蔵から「元気を頼む」と激励された弁慶。武蔵の形見である帽子を被り直し、彼は娘を守る決意を新たにする。
「見たな、竜馬!隼人!」
メタルビースト・ドラゴン合体スピードが遅いことに気付いた際に発言。ちなみに原作漫画版では弁慶だけが気付いていなかった。
「直伝!大雪山おろし!!」
第13話(最終回)大雪山おろしを使った際に。地味に宇宙空間で大雪山おろしを使っていたりもする。
「號だけじゃない、過去を未来に繋ぐために現在を生きる…それが人間ってやつなんだ!!」
コーウェンスティンガーとの決戦の最中、號の真実を悟った竜馬の台詞の後で。
「ここから先は俺達だけで充分だ。渓、お前達は…!」
時の狭間でインベーダーと戦い続けるゲッターエンペラーを初めとしたゲッター軍団を見た弁慶は竜馬、隼人と共に新たな戦いに身を投じるが渓たちの真ドラゴンは地球に帰還させる。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集 | ソースを編集]

D[編集 | ソースを編集]

「ふん、どうもなれなくてな。それはそうと、俺のことも昔の階級で呼ぶのはやめてもらおう。もう統合軍なんざ残っちゃいねぇんだ」
「憎しみは激闘の中」シナリオデモ中。隼人をジン・ジャハナムと呼ばないことでヤマザキから指摘を受けるも、隼人から「こいつは昔からこう言う男だ」と流され、ヤマザキに反論する。
「お前ら、なにぼやぼやしてやがる。こいつらを倒せば、地球はもとに戻るかもしれねぇんだ。気合いを入れろ!」
「憎しみは激闘の中」戦闘マップ。ゲッター1で出撃し、渓達真ゲッターチームに喝を入れる。
「武蔵先輩…?ダメだ、早くそこから逃げてくれ!!」
エンジェル・ハイロゥの影響を受けた際の台詞。

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

「待ちに待ってた出番が来たぜ! 近づく奴は片っ端から海の藻屑にしてやる!」
第3次Z天獄篇』残されの海ルート第26話「深海の秘密」での戦闘前台詞より。このステージは深海での戦いであり、水中固定で空が飛べない、というまさに真ゲッター3のためのような舞台。そのためなのか非常に生き生きしているのが見て取れる。というか、今は亡き先輩と同じ事を言っている…。
ちなみに『第3次Z時獄篇』ではメリダ島ルートで同様のステージがあったが、弁慶は分岐で反対のルートにいたため、参加できなかったことをヒビキが嘆いていた。

V[編集 | ソースを編集]

「戦場にも問題がある。もっと水中での戦いが増えれば、この俺の活躍も増えるのに、それを…」
エーストークにてナインに「縁の下の力持ち的な頑張り」と褒められてチームメイトのサポートをしている話から…。ナインからもストレスが溜まっていると思われている。そのためか、ボーナスシナリオ「三つの心」では張り切る場面が見られる。

T[編集 | ソースを編集]

「いいぜ!そういう力押しは、嫌いじゃない‼」
『T』エキスパンション・シナリオ激闘ルート最終話ラスボス戦闘前会話。力を誇示するネバンエンデに対し真っ向勝負で答えるゲッターチーム。

CC[編集 | ソースを編集]

「確かに渓も立派な大人だ…。 ああ…いや、だがしかし…」
「聖バレンタインの騒乱」にて、娘の渓が想いを寄せている相手にチョコを作る光景を見て、複雑な表情を見せる。
…まあ、その相手が亡き姉の細胞から作られたゲッタークローン――即ち、遺伝子的・血縁的な立場からヤバイ存在であるので…。
ちなみにイアンその愛娘をたぶらかしている(?)人物に憤慨している…。

DD[編集 | ソースを編集]

「ええ。赤い彗星が襲ってきたせいでホワイトベースの突入角度がおかしくなり… 結局、ガンダムが艦を持ち上げて修正したんでしたっけ?」
1章Part6「オールド・ネスト」で大気圏突入の際にギャラルホルンが仕掛けてこなかったことに対して、一年戦争時のエピソードに例えて。しかし後半は全く異なるため、ブライトから「…何の記録を読んだんだ」とツッコミが入った。
「一年戦争の時、アムロ大尉がガンタンクで飛び出して、ザクを数十機撃破し…ホワイトベースの針路を切り開いたって話ですか」
1章Part9「わだつみの行方」で、手掛かりが少ない中での状況をやはり一年戦争時のエピソードに例えて。一応一年戦争の時にガンタンクで出撃したのは事実ではあるが…。アムロ自身も直後に弁慶に対して「怪しい戦記物を鵜呑みにしないで下さい」と釘を指している。
「一年戦争の時、ホワイトベースがジャブローで待機していたら、シャアが出し抜けに現れたって話ですか」
1章Part10「あしゅら男爵、起死回生の作戦」で「待機中に想定外のことが起きた経験が何度かある」と漏らしたブライトに対して、やはり一年戦争時のエピソードに例えて。直後に渓に「怪しい戦記物を鵜呑みにするなって言われてたでしょ」と言われるが、ブライトが事実だと肯定している。
「まるでジオンの勢力圏に降下した後のホワイトベースだな」
渓(あっ、また余計なことを…)
「ドップの大群に囲まれて、ガンダムで空を飛んだ上に、ゲッターロボばりの空中ドッキングをやったんだろ?」
アムロ「ガンダムで空中戦をやったのも、空中換装をやったのも事実ですが、同じタイミングじゃないですよ」
「そうか、惜しかったな」
渓「そういう問題じゃないでしょ」
アムロ「それに、ゲットマシンと違って、ガンダムのAパーツとBパーツは自力で飛行できませんから」
1章Part11「仕組まれた大義名分」で、ワールド03の状況を顧みての発言。
「一年戦争の時も、単身でア・バオア・クーの司令室まで乗り込んだんだろ?」
2章Part6「エクスキューショナー」で無事に戻ってきたアムロに対して。即座に「…そんな所まで行ってませんよ」と否定されている。ちなみに、TV版が打ち切られていなければ本当にアムロがギレンを倒すという案もあったらしい。
「出撃を嫌がったアムロを背負い投げでガンダムのコックピットへ放り込んだんでしたっけ?」
2章Part8「復元されし者」にて、ガンダムに乗ったばかりのアムロに対して厳しかったブライトに、自身の知っている逸話を持ち出して。別の人が混ざっています。
「いっそのこと、ガンダム・ビームでどうだ?」
アムロ「いえ、ゲッターロボではないので…」
2章Part9「ラプラスの呼び声」。Hi-νガンダムのハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーが届いた際、名前が長いという話題になって。あんまりにも直球である。
「ネーミングってのはな、ちょっとダサめにするのがコツなんだ。なあ、アムロ大尉?」
第8回共闘戦のストーリー内にて、大門恵留に対してのネーミングのアドバイス。誰かと発想がそっくりである。にしても上述のガンダム・ビームは振り切れすぎではないだろうか。
台詞自体は、寺田貴信スーパーバイザーが過去に勤務していた別会社の先輩から実際に受けたアドバイスが基となっている[1]

30[編集 | ソースを編集]

「先輩!見ててくださいよ!」
以前からある戦闘セリフ。これ自体はおかしいものではないが、当の先輩は『30』では死亡する展開がなく別地域で普通に任務に就いているため、結果として若干シュールなセリフとなってしまっている。
「こら、シロー! 渓をいやらしい目で見るな!」
シロー「勘弁してくれよ、弁慶さん! 今さら、元気を女の子として見られるかよ!」
「何を言う! こんなに渓は美人になったのに!」
キーミッション「光と闇の果て」エンドデモより。元気が本当は女の子だった事に驚いたシローに対して。完全に親バカである。
「俺達が侵略者に…」
各ルート最終話にて「先生」から「地球人類の持つ攻撃性はいずれ他の文明を侵略する危険性がある」と批判された際に。事実、『アーク』においてはその未来の可能性が描かれている。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

真ゲッターロボ
真ゲッター3
『真ゲッターロボ 世界最後の日』最後の搭乗機。真ゲッターロボの海戦形態。

SRWでの搭乗機体[編集 | ソースを編集]

ゲッター1
D
ブラックゲッター
SRWでは竜馬、隼人と3人で搭乗可能。
真ゲッタードラゴン (大決戦)
T』『30

余談[編集 | ソースを編集]