2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ザク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ザク
外国語表記 Zaku
登場作品

ガンダムシリーズ

正式名称 ザクII
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MS-06F
全高 17.5 m
本体重量 58.1 t
全備重量 73.3 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 951 kW
スラスター推力

20,500 kg×2
1,000 kg×2

総推力
43,000 kg
装甲材質 超硬張力鋼(超硬スチール合金)
センサー有効半径 3,200 m
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオニック社が開発したジオン公国軍量産型モビルスーツ。正式名称は「ザクII(ツー)」であり、主に「ザク」と呼ばれる機体は本機の事を指す。

ジオン公国は地球連邦軍との開戦に備え、MS-05B「ザクI(いわゆる旧ザク)」を開発したが、運動性や排熱効率、耐久性等に問題を残し、また局地戦を想定してオプション装備を施すことで様々な戦局に対応するためのベース機にするには拡張性に乏しいという欠点があった。また諜報機関より連邦側もMSの研究に着手している可能性があるという情報を得ており、連邦がMSあるいはそれに類する兵器を投入した際に起こりうる近接戦闘用の武器が乏しいという指摘もなされていた。そのためまず動力パイプを機体外へ露出させ、その事により運動性を向上させ、同時に稼働時間の延長なども実現した。それに伴い装甲も強化され、モノアイカバーの前面にあった支柱を取り除くことができ、結果的に視野の拡大にもつながった。また近接専用装備としてヒートホークの他、ショルダースパイクやシールドも装備され、接近戦にも対応できるようになった。

こうして開発されたのがザクIIの初期型であるC型である。C型は1年戦争初期の1週間戦争~ルウム戦役において旧態依然とした大鑑巨砲主義に陥っていた連邦に対し圧倒的な戦果を挙げるものの、直後に締結された南極条約にて核兵器の使用が禁止された事により、新たに耐核用の装備を外したF型が開発されることとなった。この改良により機動性が大幅に向上するとともにある程度の地上戦闘も行えるようになり、更にさまざまなバリエーション機のベースとなった。その後戦場の中心が地球上に移ると共に、現場から更なる地上用に特化した機体が要求されるようになり、宙間戦闘用の装備を完全に取り外して地上戦用にしたJ型が開発された。

実は、ザクの装甲はガンダムの60mmバルカン砲でも余裕で貫通できてしまうほど貧弱なのだが、ゲームの影響もあってあまり知られていない。ゲームの都合上、どうしても被弾が避けられない仕様になる為、ジオン軍MSは強めに設定される事が多い(譬えるなら「第二次世界大戦期のドイツは強かった」と言えば、分かり易いか)。だが、逆にそんな能力しかもたない上に本来、空間戦用兵器であったMSで、物量でも劣っているというのに空挺・対空・砲撃・白兵までこなしてしまったジオン兵達の力とはいったいどれほどのものだったのか…想像を絶するものであった事だけは間違いないだろう。それのエースともなれば、色を塗って角も付けたくなるというものである。

バリエーション[編集]

機動戦士ガンダム』の劇中においては宇宙・地上を問わず活躍を見せているが、前述のとおり(後付けではあるが)「C型」「F型」と「J型」の3種類がある設定になっている。

C型は南極条約締結以前の、核装備を前提とした耐放射線装備がなされた初期生産型、F型は核使用に必要な装備を外して軽量化を図った、最も生産されたタイプ、J型は主戦場が地上に移ったことによりF型より地上戦向きに調整が施されたタイプとなっている。一応、F型でもコロニー内の戦闘も考慮されているため重力下の運用は可能ではあるが、性能が環境によって左右されやすくなってしまっている。 この為、ザクは汎用性が高いものの万能MSとは言い難く、その点に関してはガンダムジムに一歩劣る機体である[1]

その他にもザクIIは様々な環境に適応するために多数のバリエーション機体が開発されており、特にF型は全てのバリエーションの基となっている。

一年戦争終結後もジオン軍の残党や連邦軍などによって運用されているものも多い。

ジオンにとってのザク[編集]

そもそもにしてモビルスーツとは、ジオン公国が正面からの近代的物量戦争では地球連邦軍に勝てない事を悟り、造り出した兵器である。その思想の根幹は「優良種たる我々ならば、技術で持ってこれを克服できる」であり、この「物量で負けている分は技量で補えば良い」的思想は後の時代のジオン系MSにも連綿と受け継がれていく事になるのである。

「ザク」という機体は後のジオン系組織にとっては象徴的存在である(連邦に「ガンダム神話」があるように、ジオンにも「ザク神話」があると言える。メタフィクションな意味では尚更のこと)が、特に残党組織の傾向として見られる「過去の栄光」としてしがみつく対象であったり、ネオ・ジオンザクIIIギラ・ドーガあるいはギラ・ズールのコンセプトである「汎用的な高性能兵器」という意味合いであったりと、組織の懐具合や勢いに応じて様々な思いの込められている機体として語り継がれている。

劇中での様相[編集]

リギルド・センチュリー(『Gのレコンギスタ』)の時代においては「クラシックコレクション」として博物館にレプリカが保管されている。

登場作品と操縦者[編集]

ザク改が登場することが多いので、一般兵仕様のザクIIの参戦機会はそこまで多くない。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DC所属の兵器として登場する。
第2次スーパーロボット大戦G
ザコの役目をゾロ辺りに盗られている。珍しくクラッカーを標準装備。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場する。隠し要素バーニィ説得することで入手もできるが、その頃には終盤なので戦力にはならない。
スーパーロボット大戦EX
バーニィが乗る。『第4次』以降はザク改に出番を奪われるため、しばらく登場しなくなる。
第4次スーパーロボット大戦第4次スーパーロボット大戦Sスーパーロボット大戦Fスーパーロボット大戦F完結編
上記の通り、登場していない……が、ザク改のマップ上のアイコンはどう見てもザクIIである。
更に、『第4次S』ではオープニングデモに3Dモデルが登場している。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
マシンガン携行タイプとバズーカ携行タイプの2種類が登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
毎度のやられ役かと思いきや、今作独自のシールドシステム(HP方式)のおかげでかなり耐える。『A PORTABLE』へのリメイク時にスタッフから「肩にもう一機ザクが付いてる」と評される程。
システムが現行のものになったPORTABLEでは並みの耐久度になっており、やられ役に逆戻りしてしまった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
第1話などに登場。これといって特徴のない、ただのザコキャラ。HDリメイク版ではジーンを元にしたキャラ付けになっているが、ジオングで説得すると原作の上下関係からか露骨に下手に出る
スーパーロボット大戦64
スペシャルズやゲリラ兵が搭乗。ザクII表記だが、『F』『F完結編』のデータを流用しているのか、武装がザク改のものになっている。
スーパーロボット大戦GCXO
「ザクII」表記。一年戦争(含『08小隊』『0080』)メインのシナリオのおかげでザクII改との競演が実現。また捕獲システムの説明イベントでアムロに達磨にされる悲惨な出番も。非常食に変換できるのが何気においしい。
スーパーロボット大戦Operation Extend
ザク・マシンガン装備タイプ、ザク・バズーカ装備タイプが登場する。能力が貧弱なうえ、ザク・マシンガンは非常に攻撃力が低いので脅威とはならない。
ただ戦闘デモでは第1話の再現なのか、やたらと至近距離で撃ってくる(その時のパイロットはいないのだが…)。シャアも一緒になって撃つので妙に印象に残る。
ザクII改登場以降は徐々にフェードアウトしていくが、細々ながら出番は多い。中盤以降はスタック数の多さもあり、HP10000以上とザクらしからぬしぶとさを見せる

関連作品[編集]

SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ザコ敵。
ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ザコ敵。ザク、ザクII、ザクカスタム、ザク改の4タイプが存在するが、いずれも容姿は原作のザクIIのものである。
ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
冒頭からザコとして登場する他、ラルのグフに率いられ、中ボスとしても登場する。
またディザートザクの様なカラーリングの上位種(名称は単に「ザク」)も登場する。
バトルドッジボールシリーズ
『I』及び『III』に通常機が、『II』には『0083』に登場した連邦カラーの機体(「ザク0083」名義)がそれぞれ参戦。
リアルロボット戦線
序盤から敵として登場。名称表記は「ザクII 緑」。ハマーンロシュルートでは後半に1機のみ入手できるが、使い道は無い。
また「ザクの頭」なる隠しアイテムも存在し、入手すると資金が500増える。

装備・機能[編集]

以下の様に、固定装備は殆どなく、多種多様な装備を適宜用いることになる。この汎用性の高さこそが本機の最大の特徴であり、ガンダムシリーズ内部のみならず、外部のフォロワーにさえ影響を与えた。

武装・必殺武器[編集]

基本装備[編集]

シールド
右肩の固定装備である実体盾。耐久性は高くなく、流れ弾対策程度のもの。スパイク付きのものも存在する。
ヒートホーク
接近戦用の斧。刃の部分から高温を発し、敵機の装甲を焼き切る。対モビルスーツ戦を意識して、キシリア・ザビが提案した事がきっかけで装備される事となった。
威力は折り紙つきで、ルナ・チタニウム合金でできたガンダムのシールドをも溶断して見せた。横腰部にマウント可能。
120mmマシンガン
通称「ザク・マシンガン」。上部にドラムマガジンを装備し、そこから給弾する。本機の主兵装。
実は「口径だけならガンタンクの主砲と同スケール」という、機関砲系武装としては破格の大口径砲である。しかし、ガンダムの装甲の前にはかすり傷一つ負わす事ができない。
OE』では原作の発射音を再現している。
280mmバズーカ
通称「ザク・バズーカ」。元々は核弾頭発射用に開発されていた。南極条約締結後は通常の弾頭が使用されている。後腰部にマウント可能。

オプション装備[編集]

クラッカー
複数の突起が特徴的な球形手榴弾。この突起は本体が爆発した際に分離・射出されて着弾地点に更なる連鎖爆発を引き起こす子爆弾となっており、見た目よりもかなり広い効果範囲を持つため、目眩まし武器にもなる。
腰部にマウントしており、マニピュレーターで投げて使う。主に陸戦で使用される。
3連装ミサイルポッド
両脚に装着して使用する。こちらも主に陸戦に使用されるが、宇宙でも使用可能。また、グフなどに装備される事もある。
マゼラトップ
マゼラトップの主砲を取り外し、モビルスーツ用の携行兵装に改良したもの。劇中ではタチが使用した。
シュツルムファウスト
MS用のロケットランチャー。命中精度は低いが無反動で撃てて、かつ広範囲に爆風を起こす牽制用の武装。

合体攻撃[編集]

ランバ・ラル隊
ランバ・ラルグフアコースのザク、コズン・グラハムのザクでの合体攻撃。『XO』で実装。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第3次』にて。

対決・名場面[編集]

ガンダム
初のモビルスーツ同士の戦闘になった。
ザク対ザク
無人島で孤児達と暮らすジオン脱走兵ククルス・ドアンは追撃してきたザクに自らのザクで挑む。
ドアンはヒート・ホークすら装備していない中で果敢に立ち向かい、相手のザク・マシンガンで小破するものの最後は正拳突きで見事に勝利を収める。
なお、ドアンはSRW未登場だが、『リアルロボット戦線』に登場している。

関連機体[編集]

  • 本Wikiではスパロボ関連のものを取り上げる。未登場のものについてはガンダムwikiを参照されたし。

強化型・バリエーション機[編集]

指揮官用ザクII
通称S型。指揮官用のザク。
シャア専用ザク
赤色に塗装されているS型のシャア専用機。
ガルマ専用ザク
茶色に塗装されているFS型のガルマ専用機。
高機動型ザク
エースパイロット用に開発した機体。
宇宙用高機動試験型ザク
リック・ドムの試験機で、同機の脚部を取り付けた機体。
ザクIIF2型
大戦後期型。胸部装甲と推力を強化しつつ、軽量化を図った機体。一年戦争後のジオン残党はこの機体の使用率が高かった模様。
ザク改
最終生産型。統合整備計画で全体的に改修を行った機体。推力が初期型より70%も向上したが、反面稼働率が半減してしまっている。
ディザートザク
砂漠戦用のバリエーション。
SRW未登場だが『リアルロボット戦線』に登場。名称表記は『ディザートザク 青』「ディザートザク 茶」。

その他ザク[編集]

ザクI
旧型のザク。宇宙世紀史上初のMS。
ハイザック
地球連邦軍ティターンズ)が開発したザク系列。ジェネレーター等は連邦系、駆動系はジオン系の技術が使われているハイブリット機。
ティターンズ所属機は威圧目的で敢えてジオンカラーと同一になっており、残党勢力からは憎悪を買っている。
ザクIII
連邦のザクであるハイザックに憤ったネオ・ジオンアクシズ)によって開発されたザク。重MS的フォルムながら高い汎用性を持つ反面で、量産には向かない機体となっている。
ボルジャーノン
レプリカだと考えられる。

関連機[編集]

グフ
ザクをベースに開発された、対モビルスーツ戦を意識した陸戦用。登場当初は「新型ザク」とも呼称された。
アッガイ
ザクのジェネレーターを流用している。
ギラ・ドーガ
シャア率いるネオ・ジオン軍の主力機。"ザク"の直系ではない[2]がその思想を受け継いでいる。
ギラ・ズール
ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の主力機。流用元の機体ギラ・ドーガと比較して、外見がザクにより近付いている。
ガンダム
本機を徹底的に解析して開発された連邦軍のモビルスーツ。

デザイン等[編集]

リーオー
A.C.世界におけるザクに相当する機体。デザインもザクを反転させたものがモチーフになっている。
ジェニス
A.W.世界におけるザク。宇宙革命軍の主力MS。
ザクウォーリア
C.E.世界のザクだが、高性能量産機である。パイロットの腕次第では大気圏突入も可能(ただし飛行不可能)。
ティエレン
西暦世界のザク。本家のザクと比較すると、無骨な外見が特徴的。

余談[編集]

  • ガンダムが直線的なデザインに対し、曲面を多用したデザインが特徴になっているが、双方のデザインを担当した大河原邦男氏は2015年のインタビューで「曲面が多いとおもちゃは作りづらいし、アニメーターも形を理解しやすい」「当時は敵(のデザイン)に関してかなり自由度があって、そのなかでザクを作りました」と回想している[3]
  • ザクは『コンパチヒーローシリーズ』においてショッカー戦闘員と並び序盤から最弱クラスのザコとして登場する。
    • 主役機であるガンダムが登場しない作品にも多数出演しており、毎回のようにヒーロー達に蹴散らされている。
  • 高橋良輔監督はNHK総合の番組『ニッポンアニメ100 ロボットアニメ大集合』(2017年4月7日放送)において「ザク等、モノアイになっている機体(のデザイン)を初めて見た時には、とても衝撃を受けた」と述懐している。
  • GEAR戦士電童』に登場する「フルアーマー電童」が装備する「脚部3連ミサイル」は本機の武装のパロディ。

脚注[編集]

  1. 地球方面軍総司令として北米戦線で戦っていたガルマ・ザビはザクの地上運用に関しても「所詮は陸戦兵器の一つ」と慎重な姿勢であり、ガウやドップの航空戦力やマゼラアタック等の射程と安定性を重視した兵器構成を行っている。
  2. アクシズマラサイのフレームをベースにザクのコンセプトである「人間の機能を拡大した汎用性の高い機動歩兵」を志向して開発された。
  3. 大河原邦男氏インタビュー いま振り返る「機動戦士ガンダム」の仕事

商品情報[編集]

※ここでは見た目に大差ないJ型とJC型、どのタイプか説明されていない「HGUC 量産型ザク」のような商品も扱う。

プラモデル[編集]

  • 1/144

  • 1/100

  • その他

フィギュア[編集]

書籍[編集]

資料リンク[編集]