ザクIIF2型

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ザクIIF2型
外国語表記 Zaku II type F2
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
別名 後期量産型ザクII
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MS-06F-2
頭頂高 17.5 m
本体重量 49.9 t
全備重量 70.3 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 986 kw
スラスター推力

20,500 kg×2(背部)
3,100 kg×2(脚部外側)
3,100 kg×2(足部裏側)

総推力
53,400 kg
180度姿勢変換 1.7 sec
装甲材質 超硬スチール合金
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
地球連邦軍
主なパイロット ノイエン・ビッター
ジオン兵
テンプレートを表示

ザクIIF2型は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカ

概要[編集]

ジオン公国軍が開発した量産型モビルスーツ

外見的にはベース機となったF型と同様に見えるが、一年戦争で得たザクIIの戦闘データを参考に、元々対モビルスーツ戦闘を想定されていなかったザクIIが、モビルスーツ戦にも対応できるよう再設計した機体となっている。また、宇宙や陸上の両方で大掛かりな整備をする事無く安定した性能を発揮できる為、ザク改と同様に汎用性も大幅に向上しており、宇宙戦闘に特化したF型や陸上戦闘に特化したJ型よりも、総合的に優れている。

当時、ジオン公国軍マ・クベ大佐が推進していた「統合整備計画」の影響を少なからず受けたものともいえ、総合的性能と比べてみても、量産型のザクIIの中では、最上位の機体であったといえる。

デラーズ・フリートの主力機として用いられた他、地球連邦軍でも接収され、サンドベージュに塗り替えられた機体が運用されている。この機体のデータを元に、地球連邦は連邦仕様のザクであるハイザックを開発する事になった。

ノイエン・ビッター搭乗機は、頭部にブレードアンテナが付いた指揮官機であり、背部に『ラケーテン・ガルテン』と呼ばれるロケットブースターを装備している。それ以外は一般機と特に違いは無い。 劇中ではアルビオンを撃沈する寸前まで追い詰めたが、コウ・ウラキガンダム試作1号機に狙撃されて撃墜された。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
初登場作品。ジオン兵用、指揮官用、ビッター隊用、ビッター用が登場。『第2次α』ではこれに連邦兵用、連邦指揮官用を含め6種が図鑑に登録される。
今作ではゼンガー・アイビスルートでは連邦指揮官用をクロスボーン・ガンダムX2と二択で1機だけ入手できるが、流石に性能が低い。しかし地味に移動後射程が長い為、高性能レーダーを4個つければ移動力の低い敵を一方的に撃ち続けることが出来る。
連邦兵用はアラドルート1話にアラドが乗って登場するが、次のシナリオからアラドがヒュッケバインMk-IIIに乗り換えるため、入手はできない。が、入れ替わりに前述の連邦指揮官用を無条件で入手可能である。また、キンバライト攻略作戦に出てくる機体はパイロットの能力が高く、地形適応も陸Sであるため舐めてかかるとザクにスーパーロボット軍団が落とされるという悲劇を見る羽目になる程強い。
ビッター用は同マップに登場するザクも通常より性能が高く(陸適正S)、ザクファン感涙のステージ。なんと、HLVの盾になるイベントまであるほどの優遇っぷり。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
今作では、ジオン兵用と指揮官用のみ登場。リアル系序盤のテロリストやコロニー軍(ジオン兵)、ゾンダーが使用してくる。
サブシナリオでは、バイオネットが破棄した機体がゾンダーによって再生されたり、封印戦争時にミケーネ帝国と戦闘する連邦兵の機体として登場する。

関連作品 [編集]

バトルドッジボールII
前作のザクに代わり、連邦カラーの機体が「ザク0083」名義で出場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

シールド
右肩に固定装備された実体盾。
ヒートホーク
接近戦用の斧。刃の部分から高温を発し、敵機の装甲を焼き切る。横腰部にマウント可能。
MMP-78 120mmザク・マシンガン
本機の主兵装。上部にドラムマガジンを装備し、そこから給弾する。第4話では対空砲弾マガジンを装備。
グレネードランチャー
120mmマシンガンに追加装備されている実弾兵器。
280mmバズーカ
通称「ザク・バズーカ」。元々は核弾頭発射用に開発されていた。南極条約締結後は通常の弾頭が使用されている。

オプション装備[編集]

MMP-80 90mmザク・マシンガン
新たに開発された武装。形状がMMP-78と大きく異なっており、速射性と命中率を重視している。
シュツルムファウスト
モビルスーツ用のロケットランチャー。命中精度は低いが無反動で撃てて、かつ広範囲に爆風を起こす牽制用の武装。
ジャイアント・バズ
リック・ドムIIの主兵装。本機も宇宙で装備している。
脚部3連装ミサイルポッド
第4話で装備。本機体唯一の固定式武装。計2基まで装備可能。
ハンド・グレネード
第4話で使用。横腰部にマウント。
ロケットブースター
ビッター機のバックパックに装備された追加ブースター。アルビオンのブリッジ目がけてジャンプするほどの推力を見せた。小説版では「ラケーテン・ガルケン」という名称になっている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

対ドム・トローペン(アダムスキー機)
第2話より。濃霧の中を味方への援護射撃をしつつ前進するキースのザクだったが、前方の岩陰でアダムスキーのドム・トローペン(共にSRW未登場)が待ち伏せていた。不意打ちを受け、頭部を破壊されるキースのザク。パニックに陥るザクに止めを刺さんと突撃するドムだったが、キースは間一髪でこれを回避。ザクを突き刺すはずだったヒートサーベルは、そのままザクの背後にあった岩に突き刺さった。ヒートサーベルを抜くことが出来ず動揺するドム。まさに千載一遇のチャンス。振り向いたドムの脳天にヒートホークが振り下ろされ、一撃を食らったドムはたちまち爆散した。
一話前に呆気なく撃墜されたカークス機とは異なり、キースはベテランパイロット相手に大金星を上げることができた。
因みに小説版ではキースの状況判断が素人すぎてベテランであったアダムスキーが困惑した隙をついた結果になったとの事で、ビギナーズラック的な戦果だった事が窺える。

関連機体[編集]

ザクII
開発のベースとなった機体。
ハイザック
当機が開発のベースとなっている。
ドラッツェ
当機の胴体と腕部を流用している。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]